SHORT PEACEのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > SHORT PEACE
 > (レビュー・クチコミ)

SHORT PEACE

[ショートピース]
2013年【日】 上映時間:68分
平均点:5.94 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-07-20)
アクションSF時代劇アニメオムニバス漫画の映画化
新規登録(2013-07-30)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森本晃司「オープニング」
大友克洋「火要鎮」
森田修平「九十九」
石井克人「GAMBO」(クリエイティブディレクター)
カトキハジメ「武器よさらば」
演出森田修平「武器よさらば」
山寺宏一男(「九十九」)
悠木碧反物小町(「九十九」)
草尾毅蛇の目蛙(「九十九」)
早見沙織お若(「火要鎮」)
森田成一松吉(「火要鎮」)
石田太郎鶴之介(「火要鎮」)
落合るみ仲人夫人(「火要鎮」)
飯島肇お若の父(「火要鎮」)
久保田民絵お若の母(「火要鎮」)
神奈延年番頭(「火要鎮」)
小林ゆうお梅(「火要鎮」)
田村睦心カオ(「GAMBO」)
浪川大輔二元次(「GAMBO」)
室園丈裕鬼(「GAMBO」)
二又一成マール(「武器よさらば」)
檀臣幸ラム(「武器よさらば」)
牛山茂ギムレッド(「武器よさらば」)
大塚明夫ジン(「武器よさらば」)
置鮎龍太郎ジャンキー(「武器よさらば」)
原作石井克人「GAMBO」(原案)
大友克洋「武器よさらば」
脚本大友克洋「火要鎮」
森田修平「九十九」
石井克人「GAMBO」
カトキハジメ「武器よさらば」
佐藤順一「武器よさらば」(ストーリーアドバイジング)
製作内田健二
川城和実
バンダイナムコゲームス
バンダイビジュアル
電通
サンライズ
松竹
制作サンライズ(アニメーション制作)
配給松竹
作画森本晃司「オープニング」
貞本義行「GAMBO」(キャラクター原案)
カトキハジメ「武器よさらば」(メカニカルデザイン/絵コンテ)
山根公利「武器よさらば」(メカニカルデザイン)
吉成曜「GAMBO」
桟敷大祐「九十九」(キャラクターデザイン)
橋本敬史「火要鎮」(エフェクト作画監督)
美術森本晃司「オープニング」(デザインワーク)
小倉宏昌「武器よさらば」(美術監督)
編集瀬山武司「武器よさらば」
録音鶴岡陽太(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.こういうオムニバス作品はあまり最近みかけないので貴重ではあるものの、出来としては全体的に普通であまり記憶に残らないかな。
映画大好きっ子さん [インターネット(邦画)] 5点(2020-05-31 22:44:06)
15.4作品によるオムニバス形式の作品 
「九十九」 監督 森田修平 人物もCGと思われるが、まだまだ違和感がある..6点 
「火要鎮」 監督 大友克洋 火事場の群衆と火消したちが往き交うシーン、そして瓦屋根の家屋が崩れるシーンを観て、鳥肌が立った..これは 意図的? 宮崎駿がこだわった 震災のモブ(群衆)シーンを思い出した..9点 
「GAMBO」 監督 安藤裕章 少しグロく 斬新なストーリー、ただ白い熊の怪力に違和感..7点 
「武器よさらば」 監督 カトキハジメ 派手な戦闘シーン 作画は頑張ってるけど、微妙に兵器にリアリティがなく 退屈..6点
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 7点(2019-06-23 11:59:03)
14.やっぱり火要鎮が1番迫力があって良かったかな。大友氏はもう世に作品を出さないのでしょうか?だとしたら残念です。物語としては九十九が良かったけど、これらが日本最高峰のクリエイターの作品と言われるとちと疑問が残る。夢で逢いましょうが素晴らしかった。
Kの紅茶さん [インターネット(邦画)] 6点(2019-03-16 09:32:10)
13.『武器よさらば』、そういえば昔ヤングマガジンかなんかに載っていたのを読みましたよ。あのころの大友克洋は『童夢』も描いていたし、この人の才能が満開に近かった時期ではなかったかな。それがこうやって30年の月日が過ぎてアニメになって甦るとは感無量です。彼の画はとてつもなく緻密だから、これぐらいの短編の尺が製作側としてもちょうど良いんじゃないでしょうか。いかにも大友らしいオチが微笑ましいとも言えます。他の三篇は時代設定が戦国時代や江戸時代という最近の彼の趣味が反映している感が強いですが、『武器よさらば』との組み合わせは映画としてはどうなのかなと首をかしげるところがあります。でも個人的には『火要鎮』の独特の世界感がツボでした。 大友克洋と言えば『気分はもう戦争』や『童夢』のアニメ化が実現する可能性はないんでしょうかね?やっぱり『童夢』はあまりに画が凄すぎて無理かもしれない。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-02-27 23:38:10)
12.《ネタバレ》 「武器よさらば」だけは面白かった。ほかの作品は普通かな。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-10-07 22:17:50)
11.《ネタバレ》 大友克洋の短編集が好き(『さよなら』『ハイウェイ』『ショート』)。そして全一巻の『童夢』が大好き。スゴイ構成力だし、画力に圧倒される。●さて、この作品である。オープニングの少女の演技が「フリ」にしか見えなかった。スペシャルに上手いアニメーターのはずの「森本」が担当と知って思った。「森本は終わってる」。すごく上手い人なのに、なぜ?●大友の新作だぜ。少し期待した。でも、たぶん…。で、その通り。悲しい。●オムニバスだけに統一感がない。特に白熊のは大友らしさがないと思う(一番迫力があったが)。■大友は1980年代に終わってる。でもいいんだ。次回作も観たい。★7点
焼肉の掟さん [DVD(邦画)] 7点(2014-10-10 01:02:36)
10.《ネタバレ》 オープニングのイメージがまどマギである これはいただけない まどマギ以前ならホウーって思っただろうに余りにも公開された時代が近いので、オマージュではなくパクったとしか思えなかった 映画は全四話のオムニバスだが既に二話は公開されてて、残り二話を加えてオリジナルタイトルを付けた映画らしい なので統一感が無い 似た様なコンセプトのアニメ、95年の「MEMORIES」よりもやっつけた感じが強い 最初の三話はほんとになんのこっちゃである 教訓物なのかと思えば八百屋お七だし、シロクマにエイリアンな赤鬼には笑った(悪い意味で)タッチも同時期の「風立ちぬ」風でいただけないな こりゃだめだと思った後に「武器よさらば」である まじめに大友らしい原作はこれのみだけど、これがとにかくイイ♪ この「武器よさらば」クラスの短編を後3話集めたら手を合わせて拝んであげるのに とにかく近未来な武器の設定が超リアル 武器ひとつひとつのガジェットが素晴らしいし、オチもいかにも大友マンガでまさに「キター!」って感じ ラストのチ○コ丸出しで怒る主人公はまさに大友のチ○コっちょう(真骨頂です くだらなくてスマン)である 「夢であいましょう」の名曲で終わるのも最高にクール しばらくは耳に残った 本当にこの「武器よさらば」は抜群でクソつまらない前半をすべて蹴飛ばした はっきりいって点数の7点はこの話のみである 時間がない人は早送りしてこの話のみを見る事をオススメします
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-05-10 13:32:49)
9.《ネタバレ》 絵としては上手いけれど、それが動くことに対する感動があまりない。オープニングなどはもう許せないレベルで、お気楽CGと軽薄そうな声優の声が作品の第一印象を凄く悪くしている。「ちょっと上手いアニメおたくがパソコンで作りました」レベルを見せられている感じ。虫唾が走る。どうしてこんなもんをフィーチャーしたのか「?」でイッパイ。第一話「九十九」で軽薄さは消えたけれど、CG的動きで味がない。この段階でもう「昔のアニメは心血がこもってたよなー。CGのプログラムで絵が動いても感動ないなー」という印象が強烈に定着してしまう。「火要鎮」の絵はとても上手くて、とくに主人公女性の表情が美しい。大友克洋の描く女性としては珍しいタイプ。「ガンボ」は「キングコング」の巨大ゴリラと恐竜の死闘と同じノリで、そこに「もののけ姫」が混ざって来たような感じ。全く新鮮さがない。オリジナルのマンガから唯一映像となった「武器よさらば」は、絵の緻密さはあるし、動きもイイけれど、やっぱり「コンピューターに制御させてちゃ、アニメは芸術の域にまでは昇れないなぁ~」と感じてしまいました。全体を通してみて、やっぱりオープニングの軽薄オタク感は凄く許せない。『迷宮物語』再びのつもりだったのだろうか?
だみおさん [ビデオ(邦画)] 5点(2014-05-07 01:24:44)
8.《ネタバレ》 目当ては大友克洋の「武器よさらば」のみ。だけど、これが原作を超えるとは全く思ってない。なら見なきゃいいのに日本映画の将来を占う作品だろうと言う思いと、このような作品をあえて作ろうと言う気概は買ったので、劇場に見に行きました。しかしフルでの料金設定はやはりきついですね。それでも見たいと言う者のみ来いと言う事でしょうか?
見た感想だけど、「武器よさらば」はストーリーを追加して戦闘シーンを大幅に拡充してました。だけど予想通りヤングマガジンで読んだ時の衝撃には遠く及ばなかった。そのくらいこの作品は当時進みすぎていたのでしょう。漫画と言う媒体でこれをやったのも大きかった。もとよりフルカラーの映画でこれをやっても効果は薄まるばかり。意気込みは買うけど。
全体的にはおどろおどろしさの目立つ「GAMBO」が一番見れた。絵だけではもう今の日本アニメは海外のCGにも追いつかない。いつの間にか追いつき追い越されたと実感する作品群でした。「武器よさらば」がヤングマガジンに掲載されたのは1981年。30年以上前なんだよねぇ。当時はこの作品は間違いなく世界の先頭に立ってました。残念です。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 6点(2014-03-09 15:08:46)
7.「GAMBO」「武器よさらば」が好き。
黒ネコさん [DVD(邦画)] 6点(2014-01-18 15:31:46)
6.《ネタバレ》 ◆OP…最後の早着替えはかわいかった。5点◆九十九…佳作だが、ネットムービーで充分な感じもした。5点◆火消し…絵や、描いているモチーフはとても面白かったが、ストーリーがあそこで終わるのはどうか。6点◆GANBO…鬼にさらわれた娘さんのとこがこわかった。キャラクターデザインはよかった6点◆武器よさらば…とても面白かった。尺的にもちょうどよかった。7点◆結論…夢で逢いましょうっていい歌だなぁと思いました。
コダマさん [映画館(邦画)] 6点(2013-10-01 03:32:38)
5.《ネタバレ》 巨人、大友克洋の問題意識についてこられる人間を集めて創られた、日本アニメの最前線。手書きにこだわるジブリに対して、大友たちは最先端の技術を使うことをためらわない。そこで表現される日本の伝統美の再発掘。矛盾のようにも思えることをこのスタッフはやってのける。大友さん、あなたはそんなに急いでどこに行くつもりですか?ついていこうとする人間は、もう息切れ切れですよ。まるであなたの初期の作品「聖者が町にやって来る」の売れない3人のアマチュアバンドのように・・。かつてあなたも誰かを追いかけてたってことでしょうか?
トントさん [映画館(邦画)] 7点(2013-08-17 01:11:56)
4.《ネタバレ》 日本がテーマの短篇集。大友克洋の名で観に来る人も多いでしょうね。おそらく大多数の方がお目当てだったと思われる大友の作品、ビジュルは凄いけど一番微妙だったかな。その大友原作のカトキハジメ監督作『武器よさらば』が作品としてのシメですが、エンタメ要素抜群なので溜飲を下げた方が多いんじゃないでしょうか。それぞれのお話はまずまずなものの、トータルの上映時間が68分と短いので多少食い足りない感じ。 OPで女の子の衣装が目まぐるしく変わっていきますが色んなネタがありそう。クラッシャージョウのアルフィンを思わせるクラッシュジャケットみたいなのもあったな。
ロカホリさん [映画館(吹替)] 5点(2013-08-16 23:12:54)
3. 見終わって「で?」って感じで。

 どれもこれも「これが日本のアニメの技術力ですよ」みたいなシロモノで、デザインや作画力を誇示しているような感じばかりがして、でもあまり魅かれるものがない状態。その絵から一発で心掴むモノが感じられません。そこそこワクワクできたのはオープニングくらいでしょうか(それすらも予告を見て期待したほどでは、という状態でしたが。あの超高速着替えの中に既成アニメのデザイン入っちゃってますよね? 褪めますわ)。

 その技術力にしてもデジタルが主流になった今となっては何の優位性もなくなってしまっていて、たとえばカトキハジメデザインの『武器よさらば』のメカニックなど、これ見よがしに線いっぱいのデザインだったりする訳ですが、CGIで動かしてるのならばどうとでもなるんじゃ?としか思えなかったりするんですよね。
 『九十九』の反物だって、そういうテクスチャー貼ってバーッて、って。

 もうデジタルの匂いがプンプンしてきちゃうの。フルデジタルな世界からデジタル臭を消す努力をしている海外のアニメーションとは違って、むしろ露悪的にデジタル匂わせてない?って感じがして。和とデジタルのミスマッチ感覚こそが今の日本のアニメです、みたいな主張でもしてるのでしょうかねぇ?

 もっとも最大の問題はコレが今の日本のアニメのメインストリームからはちょっと外れてるって事ですかねぇ。確かに『AKIRA』とかって海外ではウケがいいけれど、これこそがアニメだ!っていうと、ちと違う気がして。

 オリエンタリズムを強調して海外向けにパッケージングされた、なんか『ミカド』とか『ゲイシャ』とか商品名付けたシロモノみたいな映画って印象でした。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 5点(2013-08-01 14:51:21)
2.《ネタバレ》 ○オープニング
『昭和版不思議の国のアリス』的雰囲気で悪くない。

○九十九
九十九神化したゴミに襲われた旅人が片っ端から修理して供養していくお話。
話の内容や分かりやすさ、そして程よい尺等から『ハイグラフィックなまんが日本昔話』といった感じで、掴みの作品としては上々。

○火要鎮
火消しの男性に恋をした箱入り娘が火事を起こして男との約束(具体的内容は不明)を果たそうとするも・・・と、話自体がオーソドックスと言うか微妙なのだが、その説明すらかなり端折り気味で『火消しのお仕事』を少し勉強できる位。
作画は巻物の上で描かれている画が動いているような演出を『最初』はしている(ケロロ軍曹のコミック先頭のカラー部分でやっていたようなやつ)が、後半はカメラワーク等普通のアニメになってしまい、ただ上下の黒い部分に柄が付いてるだけになった。

○GAMBO
村から娘をさらう鬼(宇宙人?)が目を付けた少女を守るため白熊が戦うだけ。少女と白熊の関係や鬼の正体等何一つ掘り下げずただただバイオレンスに血しぶき撒き散らして戦うだけ。『ハイグラフィックで残酷描写』的なコンセプトなのかもしれないが、正直AKIRAの方が断然エグい。

○武器よさらば
荒廃した東京を舞台に、危険な武器を回収、破壊するお仕事に勤しむおっさん達の話。
簡単に言うと『近未来版スプリガン』。
真新しさは無いが綺麗且つ迫力有る作画、パワードスーツを着た登場人物達が無人兵器を倒す方法もかく乱やけん制、トラップに包囲・飽和攻撃と合理的且つ目まぐるしいアクションが繰り広げられるので『SF版狩りゲーのアニメ』みたいで1番面白かった。
キャラの個性付けも最低限できていたり、ラストのオチもベタだが、そこに至るまでの過程の重さに反して生き残った男の馬鹿馬鹿しい行動などでブラックジョーク的な皮肉を利かせてあり良かった。

総評
あまりにも各話ショート過ぎる。OPと九十九はその尺にあわせた構想になっているし、武器は一番尺を貰えていたが、残り2作は尺を考慮していないためまともな起承転結すら描けていない。
演出や作画の披露作品と見ても何一つ魅力が無く、作画技法で言えば『あしゅら』のほうがよっぽどすごかった。
とりあえずレンタルで十分かな。
ムランさん [映画館(邦画)] 4点(2013-08-01 11:25:56)
1.《ネタバレ》 4作品全て非常に見応え有り。
観客に決して媚びず、己の創りたい作品を世に送り出す力強い姿勢が素晴らしい。
これぞジャパ二メーションの真髄。
(唯一の難点は予告編が余りにも多く・長すぎた事。計20分もの予告はやり過ぎ)

たくわんさん [映画館(邦画)] 8点(2013-07-31 13:22:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.94点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
416.25%
5531.25%
6531.25%
7425.00%
816.25%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
短編アニメーション賞 候補(ノミネート)「九十九」

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS