チョコレートドーナツのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チョコレートドーナツ
 > (レビュー・クチコミ)

チョコレートドーナツ

[チョコレートドーナツ]
Any Day Now
2012年【米】 上映時間:97分
平均点:7.02 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-04-19)
ドラマ法廷もの実話もの同性愛もの
新規登録(2014-05-17)【くーちゃん】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トラヴィス・ファイン
キャストアラン・カミング(男優)ルディ・ドナテロ
ギャレット・ディラハント(男優)ポール・フラガー
フランシス・フィッシャー(女優)マイヤーソン判事
グレッグ・ヘンリー(男優)ランバート
クリス・マルケイ(男優)州検察官ウィルソン
ジェイミー・アン・オールマン(女優)マルコの母 マリアンナ・ディレオン
ケリー・ウィリアムズ(女優)ミス・フレミング
ミンディ・スターリング(女優)ミス・ミルズ
マイケル・ヌーリー(男優)マイルズ・デュブロー
ルイス・ロンバルディ(男優)ブルム氏
クライド・クサツ(男優)医師
内田夕夜ルディ・ドナテロ(日本語吹き替え版)
てらそままさきポール・フラガー(日本語吹き替え版)
沢田敏子マイヤーソン判事(日本語吹き替え版)
脚本トラヴィス・ファイン
撮影レイチェル・モリソン
製作トラヴィス・ファイン
配給ビターズ・エンド
編集トム・クロス〔編集〕
あらすじ
1979年。カリフォルニア州のとあるゲイバーで働くルディ・ドナテロ(アラン・カミング)はある夜、弁護士のポール・フラガー(ギャレット・ディラハント)と出会いお互いに惹かれ合う。ある日、ルディの隣人であるダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)の母親(ジェイミー・アン・オールマン)が麻薬所持で捕まる。ルディとマルコはポールの家に転がり込み、3人の共同生活が始まる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.ゲイのカップルと、育児放棄されたダウン症の男の子。
特殊な3人が出会い、家族となるお話。
性別・障害といった垣根を超えた「人の愛」
偏見や差別といったものを考えさせてくれる映画。

いい映画だけど、ただ結末がどうにもやるせなくてなぁ…。
結末で大きく点数を落としました。結末を除けば8点。
愛野弾丸さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-06-13 07:42:09)★《新規》★
48.《ネタバレ》 相当に手酷いバッドエンドだと思いますが、描き方自体はこのラストだけはかなりサラっとしているのですよね。モチロン、狙ってのコトだと思います(ココをネットリ描いたら、本当に絶望したまま終わってしまうことになるでしょうし)。ただ個人的には、そこまでがかなりシリアス、で在りながら一方では十分にハートフルにも描かれた総じて非常に密度の高いお話だったのに、ラストで少し肩を透かされたというか、若干ながら「描き切れていない」と感じたのも事実なのですよね(少しバカリ「遠慮」とでも言うモノが感じられた、と言いますか)。

しかし、それを含めても十二分に優れた映画だった、とは思います。今作から10年ほどが経過し、それこそ昨今、このジャンルの映画とゆーのは供給過多とも言えるホドに大量生産されていますが、シンプルでコンパクトながら要点を確実・着実に押さえた本作は、ある種このジャンルの基準点とも言ってよいクオリティを備えている、とも思いました(前述どおり、私はラストだけはややしっくり来ていないのですケド)。一番好きなシーンは、ギャレット・ディラハントが「ダウン症の子供を養子にする人間などいない!」と法廷で叫ぶシーン。心に突き刺さる、強烈な言葉でした(逆にココは「遠慮」が無かったですね)。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-05-31 20:50:21)
47.とにかく俳優陣の演技が素晴らしく、感情移入せざるを得ない。
ゲイとダウン症児、二つのマイノリティの悲劇と愛情を描いた良作でした。
poppoさん [映画館(字幕)] 9点(2021-05-16 19:27:21)
46.《ネタバレ》 コレを見終わった後、とてつもく嫌な気持ちになった。障害者のマルコはいつでもハッピーエンドを望んでいるんじゃなかったのか。それでいてこのバッドエンド。製作者は皮肉のつもりなのか、それとも洒落のつもりなのか。そもそもこの映画で一体何を訴えたかったのか。あえて恣意的に解釈すれば司法に携わる者は偏見で判断することはあってはならない、あくまでも人間としての観点で事案を判断すべきという警鐘ぐらいだろう。マルコが不慮の死を遂げたとわざわざ該当者に手紙で知らしめて己の所業の是非を尋ねている。それを言いたいのなら別のアプローチですべきだ。わざわざゲイのカップルと障害者を絡ませる必要はない。非常に胸糞の悪くなる映画、近年で見た最低の映画だ。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 0点(2021-01-21 21:24:48)
45.《ネタバレ》 ゲイの性描写がやや長くて自分にはつらかったです。
ですが、俳優さんの演技はすごくよかったです。
ラストは嗚咽するほど悲しくなりました。
まっかさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-01-11 10:46:25)
44.《ネタバレ》 自分は偏見がある人間なのでゲイは観てられない。
この作品を観ててもどうしても違和感がなくならなかった。
いろんな愛の形があるのは知ってるが観てて気分が悪くなるのでこればっかりは仕方ない。
この作品が感動作品であるのは分かるし
なんとなく雰囲気は伝わってくるが素直に楽しめなかった。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 6点(2020-11-29 01:13:27)
43.《ネタバレ》  この映画はフィクションですか?ならば

「よかった。不幸な子供はいなかったんだ」

・・・などと言えない残念な世の中です。
 虐待の果てに命を落とした子供のニュースを見るにつけ、悔しい気持ちでいっぱいになります。
児童相談所に期待するのは止めました。ほとほと愛想が尽きました。
 もういい加減「実の親が子どもにとって最良の親である」という幻想を捨てましょう。
 子作りだけならサルでもできる。親の役目は産んだら終わりではない。男女ペアの親で虐待してきたんです。
男女ペアだから正常に機能するとは絶対に限りません。

 子供の幸せを願いながら育てられる者こそが親です。子供の成長を喜べる者こそが親です。
たとえ血がつながらなくとも、夜中に何度も寝顔を見に行く、危険な場所では手を繋いで放さない、野良猫の
鳴き声を子供のかと心配し、卒業式では泣いちゃう。そんな人がきっといる。
 家族という最小単位の社会で優しく見守られ愛情を受けて育った子供は、大人となってもっと大きな社会に
出た時に、同じ愛情を、新たに生まれる命へ施すことができるでしょう。

 惨めにも、自分はこの場をお借りすることでしかキャンキャン吠えられない小人です。
極端すぎてアブない奴と気味悪がられても仕方ありません。
 でもどなたかの目に触れ、この映画をご覧になって何かを感じ取っていただき、その方なりに考え、伝え、
話し合い、世間に広まり、子供にとって社会が少しでも良くなってくれればという思いで記させていただきました。
 
 マルコが食べたチョコレートドーナツの真ん中には、見えないけれども愛情が詰まっているんですよ。
 いつか本当に、不幸な子供がいなくなる日が来ますように。
ぱいなぽさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2020-06-30 00:54:12)(良:1票)
42.《ネタバレ》 主役の俳優さんどっかで見た事があるけれど名前が出てこなかったので映画を見終わった後
調べたらドラマによく出てた俳優さんでした予想以上に歌がうまかった
話はいくら毒母でも母親から子供を取り上げるのは無理だろう
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-09-13 22:54:53)
41.《ネタバレ》 もう何年も前に録画してあったんですが、あらすじを読むとどうも悲しいラストのようで今まで観てなかったんです。
オープニングもラストも人形を抱えて夜の街を彷徨うマルコだもの、あーいやだ、いやだ酷いじゃないの。
結果はどうであろうと海岸で、そしてハロウィーン、誕生日のホームビデオの映像をラストにしないっていうのは何年経とうが懐かしくきれいな思い出にはならないからかな。
作品としてはマルコの存在と権利というより、ゲイへの偏見に対するものが中心と感じました。家を探し何を思い、いったい何日彷徨っていたのか。。。裁判で自分たちの主張が認められなければ絶対に全くマルコの世話ができなかったんでしょうか。
もうやだ、こんな悲しいラスト。
鑑賞後「トーチソング・トリロジー」を思い出しまして、機会があったらまた観たいなあと。NYとロスの違いはあるけど年代は本作とそれほど変わらないと思います。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-08-20 12:53:27)(良:1票)
40.同性愛者の作品は、自分の偏見でどうも入り込めないのだが、本作も偏見差別で可哀想に、でも世間からそう言われるのは仕方がないかなと思ってしまう自分がいた。彼らの意見は正しかったのに、心が傷む作品。苦手です。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 4点(2019-01-20 19:39:55)(良:1票)
39.《ネタバレ》 人種、性別、学歴、職歴、出身、持病、ルックス、性格、etc・・・とにかく人は、人間はやたらと壁を作りたがる。やたらと違うレッテルを貼りたがる。そして蔑んだり憐れんだりする。そうすることで自分たちが何者かを誇示したがる。ただ知的障害を持ったマルコにはそんなこと関係ない。関係ないのに翻弄され命を奪われる。何なんだよまったく!ほんと人間て、何様なんでしょうね?

裁判所で争ってたのって結局法的な問題でしょ。母親に親権を持って行かれたとしてもだ、あの母親は子育てなんて面倒くさがってるんだから、私たちが無料でベビーシッターでもなんでも引き受けますからどうぞご自由に、とでも交渉するとかさ、法にこだわりさえしなければ、いくらだってマルコを救うことは出来たかもしれない。ゲイカップルの二人の愛は本当に素敵だし、マルコにとってよい環境かもしれない。だけどさ、どうしてもマルコを通して自分たちの存在を、認めさせようとしているようにも見えちゃうんですよね。裁判に勝てれば世間にゲイの存在を認めさせられる、てね。
なんてことをうそぶいてはみたものの、やっぱりコソコソするよりも、正々堂々とマルコを育てたい、てか親権をとって親子になりたいて気持ち、めっちゃ分かるから、ほんとやるせないし切なくなる。

そんな風に世の中の性についてあれこれと考えをめぐらせられた、実に味わい深い作品でした。はい。

アラン・カミングの演技が素晴らしすぎ。もっと活躍してもいいのに。もったいない。
Dream kerokeroさん [地上波(字幕)] 9点(2018-08-09 21:03:12)
38.人類進化の過程で染みついてしまった偏見や差別の意識を完全に消し去るには時間がかかりそうです。法律も人間が定めるものなので社会の変化への対応が遅れがちになりますが、進みつつある環境が後戻りしないことを祈ります。
ProPaceさん [地上波(字幕)] 6点(2018-07-14 20:59:09)
37.良い映画であると同時に、救いのない映画だった。
自分には合わない映画だったのかな。
misoさん [地上波(字幕)] 5点(2018-06-20 23:20:12)
36.《ネタバレ》 ルディとポールがマルコをあそこまで、自分たちで引き取ろうとしたのは、
ヤク中の母親が逮捕され、このままではマルコが施設に入ることを不憫に思うだけでなく、
ダウン症という病気に対する偏見と、自分達がゲイであり、世間から理解されず暮らしていかなければならない境遇が重なったからなのかなと思った。
(その辺はドラマで描かれてなかったけど)
へまちさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-01-22 22:58:15)
35.《ネタバレ》 世界観が斬新でレア。
ダウン症児を支える同性愛男2人の努力や愛が光る。
本当の幸せって、近いようで遠くて掴みづらい……そんな時もあるんだなと感じさせられた映画。
エンディングは、かなり衝撃的なはずなのに結構アッサリ描かれていて、やや肩透かし。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 6点(2017-07-21 19:17:25)
34.マイノリティは、いつの時代も苦労する。ダウン症、ゲイという社会的少数者は、どのようにこの社会を生きるべきなのか。
当事者ではない僕には、全く検討も使いない問題だ。映画の中での社会のように、問題を権力でひねりつぶすことは簡単だろうが、解決の仕方が、良いのか悪いのかは、全く分からない。男性が男性を愛そうが、染色体が異常でも、人間の根本にあるものは、たいして変わらない気がした。
杉下右京さん [地上波(字幕)] 7点(2016-11-14 18:37:16)(良:1票)
33.いくつかの具体的な問題を提示する、なかなか素晴らしい映画。
ゲイを主題として扱っていて、もすかするとちょっとコメディタッチかと思ったが、かなりシリアスな内容になっている。
惜しいのは、マルコに対する愛情や執着が観ている側にそこまでは伝わってこないことか。
simpleさん [地上波(字幕)] 7点(2016-11-13 16:19:36)(良:1票)
32.《ネタバレ》 ここのところ、ホラー映画ばっかり見てた我が身を恥じてしまいました。
ちゃんとしたドラマも観ないと、人間的に浅いですよね。
ルディ役の俳優、演技力すごいね。マルコの笑顔も天使みたいでした。
バッドエンドなのが、ちょっとツラかったです。
プラネットさん [DVD(字幕)] 8点(2016-09-30 23:11:13)
31.《ネタバレ》 男同士の愛の深さに羨ましさを生れて初めて感じた作品。条理を尽くさない法律家の罪深さを見せつけられる。出所した実母がマルコの前で晒すどうしようもない醜態を、ゲイが養育すると悪影響を及ぼすという判断を下した判事達に見せて感想を聞いてみたい。バッドエンドに呆然となるがマルコの死顔を見せない演出が救い。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2016-06-30 23:44:28)(良:1票)
30.今のアメリカでは、同性愛者でも市民権を得ている、っていうイメージしかないんだけど..70年代のアメリカって、ゲイに対してあんなに偏見を持ち、風当たりが強かったとは、少し驚き..ルディたちは、ダウン症のマルコに1人の人間として接し愛情をそそいでいるのに..凝り固まった自分たちの価値観でしか物事をはかろうとしない社会..その不条理さ..無力感..それを考えさせてくれる良作..主人公 ルディ とパートナーの ポール..演技が上手い、本物?かと思うくらい..色んなところでの、本作の高評価、納得です..
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-17 19:56:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 7.02点
012.04%
100.00%
200.00%
300.00%
412.04%
548.16%
6816.33%
71428.57%
81530.61%
9612.24%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review2人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS