情炎の女サロメのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 情炎の女サロメ
 > (レビュー・クチコミ)

情炎の女サロメ

[ジョウエンノオンナサロメ]
Salome
1953年【米】 上映時間:103分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマ歴史もの
新規登録(2014-07-19)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2014-07-22)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィリアム・ディターレ
キャストリタ・ヘイワース(女優)王女サロメ
スチュワート・グレンジャー(男優)司令官クローディアス
チャールズ・ロートン〔男優〕(男優)ヘロデ王
ジュディス・アンダーソン(女優)王妃ヘロディアス
セドリック・ハードウィック(男優)ローマ皇帝ティベリウス
アラン・バデル(男優)洗礼者ヨハネ
ベイジル・シドニー(男優)ポンティウス・ピラト
脚本ハリー・クライナー
ジェシー・ラスキー・Jr
音楽ジョージ・ダニング〔音楽〕
ダニエル・アンフィシアトロフ
モリス・W・ストロフ
撮影チャールズ・ラング〔撮影・1902年生〕
製作バディ・アドラー
リタ・ヘイワース
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術ジョン・ミーハン〔美術・1902年生〕
ウィリアム・キアーナン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.サロメの物語はいくらかは知っていたが、これはまた大規模なスケールを持った歴史ドラマになっている。預言者ヨハネなど聖書に疎い私には結構勉強になったのだが、生首にキスをするおぞましさは影を潜めている。だが見所はやっぱり「七つのヴェールの踊り」リタ・ヘイワースの妖艶さだろう。チャールズ・ロートンのヘロデ王もなかなかだし、ジュディス・アンダーソンのヘロディアスも良い。そうか、「レベッカ」のダンヴァース夫人
なのか、納得。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2014-07-22 20:13:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS