Menu
 >
 >
 > セイフ ヘイヴン

セイフ ヘイヴン

Safe Haven
2013年【米】 上映時間:116分
平均点: / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスラブストーリーロマンス
[セイフヘイヴン]
新規登録(2014-09-07)【あろえりーな】さん
公開開始日(2013-10-26
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ラッセ・ハルストレム
キャストジュリアン・ハフ(女優)ケイティ・フェルドマン
ジョシュ・デュアメル(男優)アレックス・ウィートリー
原作ニコラス・スパークス「セイフ ヘイヴン」
撮影テリー・ステイシー
製作ウィック・ゴッドフレイ
ライアン・カヴァナー
ニコラス・スパークス
製作総指揮タッカー・トゥーリー
配給ポニーキャニオン
編集アンドリュー・モンドシェイン
その他レナ・オリン(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 明らかにミスリードされるも、不覚に泣きました。彼はかっこいいし、子供はかわいいし、ずるいのであります。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-04-13 17:06:21)
4.ラッセ・ハルストレムが「親愛なるきみへ」に続いてニコラス・スパークスの原作を取り上げたヒューマン・ラブストーリー。
ジュリアン・ハフ演じる主人公の女性の置かれた境遇は同監督作「アンフィニッシュ・ライフ」を思い起こさせます。
両作品共に、傷ついた主人公の女性が穏やかな日常のある田舎町にやってくるところからストーリーが動き出す。
本作はアメリカ南部の海沿いの小さな町が作品の舞台ですが、ハルストレムの作品にはこんな小さな田舎町がよく似合うし、
やはり本作でもハルストレムの映画らしい田舎町の風景がとても綺麗な作品です。
終盤はかなり予想外の展開となりましたが、ハルストレムが得意とする、
重さのある事情を抱えた人間ドラマを描きながらも鑑賞後の後味の良さは変わらずです。
ヒット作を連発していた全盛期と比べると、いつの間にかひっそりと公開され、ひっそりと公開終了になってしまう。
扱いがすっかり地味になってしまった感がありますが、きっちりと良質のドラマを見せてくれる監督です。
とらやさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-01-07 20:30:05)(良:1票)
3.《ネタバレ》 ファンタジー、サスペンス、ラブストーリーと様々な顔を持つ作品で、なんだかどれも中途半端な印象。個人的な好みから言えば、作品の世界観にどっぷり浸かることができるような作品が好きなのだが、、、。
lalalaさん [DVD(字幕)] 4点(2015-02-01 12:07:55)
2.《ネタバレ》 「久し振りです、あの時は助けてくれてありがとう。落ち着いたら連絡する約束だったわね。おかげで、私は今、安全な場所に居るわ。心配掛けてごめんなさい。でも、ここは本当に良いところなの」――。第一級の殺人事件の容疑者として、警察から追われる身となったケイティ。刑事の決死の追跡をなんとか逃れた彼女は、高速バスへと乗り込み、アメリカ南部の小さな港町へと辿り着く。身分を隠し、何もかもを捨てて、そんな小さな港町で新たな生活を営むことになったケイティは、そこで男手一つで幼い2人の子供を育てる雑貨店店主アレックスと出逢うのだった。数年前に妻を癌で亡くしたという彼に、次第に心惹かれていくケイティだったが、執念深い刑事の捜査網がそんな彼女の幸せな日々を次第に追い詰めてゆく…。これまで、市井の中に生きる様々な人々の人生の一瞬のきらめきを瑞々しく切り取ってきたラッセ・ハルストレム監督の最新作は、そんな恋愛小説の新たな名手と称される作家のベストセラーを原作とした大人のラブストーリーでした。小さなヨットが美しい波間に揺れる静かな港町を背景に、色んな困難を抱えながらも常に前向きに生きる純朴な田舎の人々や、大人社会に翻弄される何も知らない無垢な子供たち、そして現れる女を暴力で支配しようという自己中心的な男…、もうまさにハルストレム節と言ってもいいようなそんな個性豊かな魅力に満ち溢れた田舎の人々をセンス溢れる映像で描き出す手腕は今回も安定感抜群でしたね。さすがにちょっぴりマンネリ気味な感はなきにしもあらずだけど、主人公ケイティが殺人事件の容疑者というミステリアスな設定が良いアクセントとなっていて素直に面白かったっす。スタイル抜群のそんな超美人な彼女が、胸元ざっくり開いたTシャツ&短パン姿でチャリンコこいでるとこなんか超チャーミングで劇中のアレックス同様、僕のハートもイチコロでした(笑)。ただ…、最後のあのまさかのオチは、僕的にはちょっぴり蛇足感があったけど(あの唐突な夢のお告げはそういうことだったのですね!)。うーん、自分としては最後までリアル路線で貫き通して欲しかったかな~。それでも、いかにもハルストレムらしい、理不尽な現実に翻弄される男と女の切ないラブストーリーとして充分魅力ある作品に仕上がっていたと思います。うん、7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-17 23:56:06)(良:1票)
1.《ネタバレ》 「親愛なるきみへ 」でも思ったのですが、ラッセ・ハルストレム監督の
ラブストーリーはほんと良いですね。
語り口が絶妙で、鑑賞してる自分のこれまでの恋愛模様を、
ついつい重ね合わせてしまう。
特に切なさとか、愛してたのになにかの出来事で
別れてしまうとか、そういう展開にぐっときますね。
本作は、刑事だと思っていた人物が実は○○で、
犯人だと思っていた彼女が実は○○というどんでんが
中盤で披露されます。でっちあげで指名手配とか勝手に出来るの?という
疑問はさておき、このどんでんはなかなか巧い。
そしてそれ以上に驚きだったのはラストのもう一つのどんでん。
「え!?」って思わず声が出ちゃった。
これがまた不思議な余韻となってストーリーを終わらせるんだな。
このラストで評価分かれそうな気はするけど、
自分は割とすんなり受け入れられたので7点いれときます。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-09 09:53:22)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
500.00%
600.00%
7480.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS