ドラフト・デイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドラフト・デイ
 > (レビュー・クチコミ)

ドラフト・デイ

[ドラフトデイ]
Draft Day
2014年【米】 上映時間:111分
平均点:7.27 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-01-30)
ドラマスポーツもの
新規登録(2015-01-06)【TOSHI】さん
タイトル情報更新(2019-01-13)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アイヴァン・ライトマン
キャストケヴィン・コスナー(男優)ソニー・ウィーヴァー・ジュニア
ジェニファー・ガーナー(女優)アリ・パーカー
デニス・レアリー(男優)ヴィンス・ペン
フランク・ランジェラ(男優)アンソニー・モリーナ
エレン・バースティン(女優)バーヴ・ウィーヴァー
サム・エリオット(男優)ムーア
チャドウィック・ボーズマン(男優)ヴォンテ・マック
ロザンナ・アークエット(女優)ロージー
テリー・クルーズ(男優)アール・ジェニングス
ケヴィン・ダン(男優)マーヴィン
チー・マクブライド(男優)ウォルト・ゴードン
ジム・ブラウン(男優)本人役
森田順平ソニー・ウィーヴァー・ジュニア(日本語吹き替え版)
安藤麻吹アリ・パーカー(日本語吹き替え版)
木下浩之ヴィンス・ペン(日本語吹き替え版)
楠見尚己アンソニー・モリーナ(日本語吹き替え版)
音楽ジョン・デブニー
撮影エリック・スティールバーグ
製作アイヴァン・ライトマン
ジョー・メジャック
配給キノフィルムズ
編集デイナ・E・グローバーマン
字幕翻訳石田泰子
あらすじ
2014年のNFLドラフトの日。クリーブランド・ブラウンズのGMを務めるソニー・ウィーヴァーJr.(ケビン・コスナー)は、シアトル・シーホークスのGMであるトム・マイケルズ(パトリック・セント・エスプリト)から、彼らのドラフトのトップ指名権とブラウンズの向こう3年の第1ラウンドの指名権をトレードしないかと持ち掛けられる。この申し出を受けるとハイズマン賞受賞の大本命QB、ボー・キャラハン(ジョシュ・ペンス)の獲得が現実的なものとなるが、ソニーは断ってしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.《ネタバレ》 面白かったです。
自分はNFLが大好きで、話の中に出てくる色々なネタもある程度理解出来たし、カメオも楽しめました。
ブラウンズオーナーの「ディフェンスは水しぶきを上げない」などはクスリとさせられるし、アメリカプロスポーツのドライな面も良く描けていますね。
日本のプロスポーツとは異なり、NFLのドラフトは完全ウェーバー制度を採用し、且つその上でのトレードも可能であり、正に試合さながらの戦術合戦。 何が何でも近々で補強が必須なのか、各チームのポジションのウィークポイント、そしてチーム事情、それらが複雑に絡んだ情報戦でもあります。この映画はフィクションですが、その裏の攻防の雰囲気は遠からずこの様な感じなんでしょう。
日本ではあまり表に出てこないGMというポジションは「マネーボール」などでその役割が見れますが、並みの精神力では務まらない重責なんでしょうね。
最終的にハインズマンを獲得したほどの名QBでも、調査の結果浮かんできたその人格により指名をしなかったり、他の球団もそれに影響され指名を回避したり、多少の脚色はありますが、アスリートとはいえ「人」を選ぶという事に違いは無いというところがとても良かったと思います。
アメリカプロスポーツは、良い面も悪い面も素材の宝庫で、良い作品が多い。この作品もその代表の一つだと思います。
夜光華さん [DVD(吹替)] 9点(2020-06-01 18:37:10)
14.ドラフトがお祭り騒ぎになることも、その1日だけを切り取って作品に仕上げたことも驚き。実在のチームをモデルにしてフィクションを作るというのは、かつての「メジャーリーグ」と同じ手法ですね。そういえばインディアンズもクリーブランドのチームでした。
家族がらみの話とか、同僚が愛人で懐妊するとか、ちょっとベタベタして鬱陶しい感じもします。また終盤は出来すぎで、いささか興醒め。しかし、交渉の駆け引きはそれなりに楽しめました。
実在のブラウンズがかつてのインディアンズと同様、万年低迷チームだと事前に知っていれば、「向こう3年間の1位指名権」の重みがわかってもっと楽しめたかもしれません。ちなみに直近も下位を独走中とのこと。ケビン・コスナーは、とうの昔に解任されているはずです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-01-12 03:04:52)
13.NFLにはさっぱり興味ないし、ましてやそのドラフトなんて、もうまるっきりどうでもいいオハナシ、のはずなんですが、真っ向からその題材で、惹きつけてくれます。
デ・パルマ作品あたりで画面分割が出てきたら、「ああ、またか」ってなもんですが、本作はなかなか新鮮です。ドラフトを迎えるまさにその「運命の日」が舞台、まさに大詰めの一日。だもんで互いに離れた場所同士のやり取りの描写も多くなりますが、そのやり取りする両者の姿を画面分割で描くことで、連続感のある描写になってます。しかも本作の登場人物、分割された画面に収まらず、平気で画面からハミ出てきちゃって、ホント、何て厚かましいんでしょうか。
ドラフト会議(と言うんですかね、NFLでも?)が始まるまでのカウントダウンが挿入されるのも意外に効果的で、会話中心という点ではそれなりに地味なオハナシの映画ですが、時間が迫ってくるのを見るとやっぱり気分は盛り上がってきます。
それにしてもダサさあふれるのがケヴィン・コスナー。オハナシ自体もちょっとクサいところがありますが、それがケヴィン・コスナーにしっかりマッチしてます。カッコ良さの点では、ジェニファー・ガーナーの方が数枚ウワテかな。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-12-22 15:46:31)
12.《ネタバレ》 アメフトのドラフトのお話
日本のプロ野球のドラフトでも面白いですが
さすがアメリカ指名権まで取引してしまうとは
まあいくら前評判がよくてもプロで活躍すかは全くわからないですが
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-09-01 15:19:28)
11.絶頂期にはもう見飽きるほど、当たり作続きだったケビン・コスナー。水映画でコケてから、長い低迷期に入るとは人生分からないものだなあと思っていた。今作、「どれどれ」の気分でナメてかかって観ましたら、おやこれがなかなか”見せる”ドラフトドラマなのでした。コスナー復活の狼煙となるか。
プロスポーツの経営ドラマといえば、ブラピの「マネーボール」が記憶に新しいし、評価も高い。二番煎じというハードルもなかなか高いぞ、と思ったのですがこちらはアメフトのドラフトの一日に絞ったのが功を奏しました。
ライバルチームの腹の探りあいや、旧知の選手とのわだかまり、オーナーやファンからの圧力といったマネージメント業のストレス要素をみごとドラマに変換し、さらに一人の目玉選手について「マイナス点の有無」を観る者にも投げかける引っ張り方も巧い。
コスナー個人の恋愛ネタがちょっとうるさかったですが。ここ職場だよ。
苦悩しつつ、毅然と考えを貫くGMにコスナーが久々にかっこよくハマりました。長らく御無沙汰でもスクリーン映えするその姿。きちんと容姿をキープしているプロ根性に、ケビン・コスナーやるなあとちょっと感動しました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-08-09 00:45:26)(良:1票)
10.アメフトのドラフトでこんなに盛り上がるとは、凄い映画。
単純に人間模様かと思いきや、実は交渉による二転三転もあり、面白い作品作ったな、と感じる。アメリカンフットボールのドラフト制度にもちょっと触れた気がした。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-09-18 16:29:12)
9.久々にケビンコスナー主演の傑作映画を見た気がします。ウォーターワールドあたりからハズレ続きで、あえて彼の作品を見るということはなくなっていたのですが、この作品はたまたまGyaoに入っていて評判もよかったので見ることにしたのですが、本当に当たりでした。
正直NFLのことは全く詳しくありません。
しかし、この映画の主人公はアメフトをテーマにしていても、スーパースターでも監督でもなく、GMという経営者なので、スポ根が苦手という人にも十分楽しめる、ブラピのマネーボールのような感じの作品ですね。
そして、経営者側の地味そうな内容も、駆け引きや、タイムリミット、調査といったものでサスペンスのようなスリリングな展開を起こさせ、飽きさせずに引き込まれる内容になっています。
そんな映画を誰が監督したのかと思ったら、なんとあのツインズやゴーストバスターズ等のコメディ映画監督アイヴァン・ライトマンだから驚きです。
こんな笑いの一切ない映画もちゃんと面白くとれるんなら、もっと昔からとってればいいものを・・・と感じてしまいます。
というわけで、重すぎず、軽すぎず、非常にバランスの良い映画で見た後味も良い映画でした。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 8点(2016-09-15 18:53:29)
8.《ネタバレ》  アメフトには詳しくない自分ですが、それでもジョー・モンタナやジョン・エルウェイの名前が出てきたり「ザ・ドライブ」の映像が流れたりすると、興奮するものがありましたね。

 本作は、そんなスター選手の再来になれそうなくらいに将来有望なクォーターバックの指名権を獲得する為、GMである主人公が悪戦苦闘するというストーリー。
 ドラフト全体の一位指名権を手に入れる為「三年分のドラフト一巡指名権」を手放してみせる冒頭の決断にも驚かされましたが、終盤にはそれを凌駕する程の「魔法の如き交渉術」を見せてもらう形となり、気持ちの良いドンデン返しを味わえました。

 基本的に劇中では情報収集と交渉を重ねるだけで、派手なアクションは殆ど出て来ないのですが、それでも飽きずに最後まで観られるのだから、これは凄い事です。

 恋愛模様やら、家族との感動エピソードやらも絡めている点に関しては、個人的には然程楽しめず
(ドラフトの駆け引きオンリーに絞って欲しかったなぁ……)
 と思わされたりもしたのですが、それらに長尺を割いている訳でもない為、何とか許容出来る範囲内。
 今になって振り返れば、そういった諸々の要素も、ハッピーエンド色を強める効果があって、良かったんじゃないかと思えてきます。

 上述の一位指名候補に対し、疑問符を抱く最大のキッカケが「誕生日会にチームメイトが誰も来ていない事」だった辺りも面白い。
 こういった些細な情報から「こいつはプロで通用するか否か」を見極めていく流れが、良質なミステリーのように、観客の知的昂奮を誘う形となっているのですよね。

 最終的に、主人公は元々自チームに所属しているクォーターバックの能力、人格を再評価して、ドラフト指名は他のポジションに移す事となる訳ですが、そうなるに至るまでの描写も、実に丁寧。
 「作戦書の最終ページに張り付けておいた百ドル札」のエピソードなんかは、特に良かったですね。
 それまでの積み重ねも併せ
(あんな奴を指名するより、このクォーターバックに投げさせて欲しい!)
 と思わされるからこそ、ドラフト指名の瞬間に痛快さがある訳で、本当に上手いなぁ……と感心させられます。

 不満点というか、ちょっと気になった点としては、作中における主人公のドラフト戦略が「いくらなんでも絶賛され過ぎな事」が挙げられるでしょうか。
 全体の流れを把握している観客ならともかく、断片的な情報しか知らないはずの地元のファンまで完全に掌を返して騒いでいるのは、少しやり過ぎな気がしましたね。
 特に、成功の代償として「三年間の二巡目指名権」を失っている事が、終盤では意図的に無視されているような辺りが、どうも引っ掛かります。
 また、上述の一位指名候補は、人格に問題ありとして指名を回避したはずなのに、暴行事件を起こした過去があるランニングバックを指名する辺りも、ちょっと一貫性を感じられなくて、残念。
 クォーターバックの対比において「真に優れたプレイヤーは、人格的にも優れている」というメッセージ性があり、一位指名したラインバッカーも家族想いの良い奴だという描写があったのだから、暴行事件に関しても「あの時はイカれてた」で済まさず「実は冤罪だった」とか、もっと明確なフォローが欲しかったところ。

 そして何といっても物足りないのは、このドラフトの結果が成功だったのか失敗だったのか、答え合わせが行われるシーズン開幕と同時に、映画が終わってしまう点ですね。
 これはもう、実に残酷。
 あそこで終わるからこそ「ドラフト」の映画として完成されるのだという事は分かりますが、だからといって納得出来るものでもありません。
 無粋かも知れませんが、エンドロールにて「それぞれの選手達が、どんな活躍を果たしたのか」を、テロップで表示して欲しかったなぁ……と思わされました。

 そして願わくば、チームがスーパーボウルを制し、勝利の喜びに包まれる瞬間まで、是非ともお付き合いさせてもらいたかったところです。
ゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2016-08-31 15:04:11)
7.《ネタバレ》 いいね! 久々一気に観れたなーー、こういう役のケビン・コスナーはカッコいいな~。多少恋人や母親や元嫁wとかが絡んでくるけど、あまり出てくることないいい塩梅で物語の邪魔をしない感じがとてもお上手。最後の展開はなかなかエキサイティングです。面白かった!8点!
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2016-07-26 10:48:57)(良:1票)
6.《ネタバレ》 久々に素直にどんでん返しを楽しめた作品。
あの第1位指名の瞬間には、ああやっちまった。オーナー大激怒で首だわ、って思ったらそこからの怒濤の展開が面白いのなんのって。
アメフトそのものに興味もわいてきた。かなり戦略性が高そうで。
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-06-05 20:12:42)
5.《ネタバレ》 画面を割る手法が斬新でかっこよかった。ドラマチックな展開もよし。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-02-14 20:01:37)
4.電話を通しての駆け引きを満遍なく見せるのにはやはりこの方式か。

対話をしながら、仲間達に暗黙の目線と表情でリアクションを
示し、身振りで指示を出すGMら双方の芝居がスプリットスクリーンで展開する。

そのアクション‐リアクションが同時進行する画面が
スリリングで飽きさせない。




ユーカラさん [映画館(字幕)] 8点(2015-03-22 00:00:21)
3.《ネタバレ》  ライトマンってここまで魅せる人だったっけ? なんかバカっぽい大味なコメディばっかり撮ってる人って印象が強かったんですけど。

 日本でNFLがブームになったのって今から40年ほど昔の事で、その頃に私も多少ブームに乗っかりはしたものの、当時とはチームもかなり変わっているようですし、ドラフトのルールなんてモノまでは知る由もなく、でも、そこが判らなければこの映画の魅力は半減どころの騒ぎじゃない訳で、映画が始まる前の解説はとても重要でした。

 ドラフトの日のGMの混乱劇を追った映画で、銃撃戦も死人も殴り合いもありませんが、スリリングなサスペンスに溢れた娯楽映画となっております。
 GMに襲い掛かる数々の難題は、ちょっと盛り込み過ぎな感もありますが(ドラフトの駆け引き、自分の意志と周囲との摩擦に加えて、恋人の妊娠や母との確執や初勤務の使えない見習いや・・・大切な日だって事は判ってると口では言いながら判ってないとしか思えない人達ばっかり!)、それら大問題を全て抱え込んだ上でのクライマックスの盛り上がりっぷり、そして逆転の爽快さときたら。

 駆け引きのシーンで頻出する分割画面は会話をスピーディに切り取ると共に、その意外に複雑な画面の構造によって(被写体が画面からハミ出し、重なり、横切り、さて、その多層構造は今どういう構えになってるかな?)そこから状況を読む面白さが加味されています。

 結果的にそれはトクだった、んだよね? オーナーはそれで満足、なんだよね? みたいな事をちと考えないとならないくらいにはややこしかったりもするのですが(最終的にトレード条件チャラ+αにした時点で十分トクなんですけどさ)、それまで翻弄されてきた人々がそれぞれ納得のゆくところへピタッと収まってゆく、そのまとめっぷりの気持ち良さに面白いものを見たと満足。

 結局、獲得した選手達がどんな成績を上げたのか?というのが気になりますが、それはまた別の話。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 8点(2015-02-19 22:36:10)(良:1票)
2.《ネタバレ》 ○アメフトに詳しければより楽しめたんだろうなと。○アメフトが国民的スポーツでない日本に対し、配給会社の上映前の配慮があり、割と詳しくない人でも楽しめるつくりにはなっている。○ただ、1日の出来事としてまとめた故の無理とアメフトにあまり関係のないサイドストーリーがどうも蛇足。恋人は必要か。○とはいえ、現実的ではないがラスト20分は十分楽しめた。
TOSHIさん [映画館(字幕)] 6点(2015-02-05 23:35:01)
1.《ネタバレ》 冒頭に配給会社によるワンポイント解説もあり、アメフトが全然わからずとも興味を持って観る事が出来ました。ビジネスもの、推理ものの要素が強くて大好きです。展開も上手く、出だしからラストまで釘付けでした。ケビン・コスナーはピンチをものともしない偉丈夫ぶりで、各チームのGMも皆狡猾な感じで良いキャスティングでした。クリント・イーストウッドの「人生の特等席」を観た方は「ボーはやめとけw」ときっと思うはずです。ボーの苗字がキャラハンなのもイーストウッドが由来なのか、面白いです。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 8点(2015-01-31 02:17:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 7.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6320.00%
7640.00%
8533.33%
916.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS