Menu
 >
 >
 > ミニオンズ

ミニオンズ

Minions
2015年【米】 上映時間:91分
平均点: / 10(Review 16人) (点数分布表示)
コメディファンタジーCGアニメ3D映画
[ミニオンズ]
新規登録(2015-07-12)【+】さん
タイトル情報更新(2016-03-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(2015-07-31
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピエール・コフィン
カイル・バルダ
サンドラ・ブロックスカーレット・オーバーキル
ジョン・ハムハーブ
マイケル・キートンウォルター・ネルソン
アリソン・ジャネイマッジ・ネルソン
スティーヴ・クーガンフラックス
ジェフリー・ラッシュナレーション
スティーヴ・カレルグルー
ピエール・コフィンミニオンズ
真田広之どうも・ザ・スモウ(オリジナル言語)/ナレーション(日本語吹き替え版)
天海祐希スカーレット・オーバーキル(日本語吹き替え版)
設楽統ウォルター・ネルソン(日本語吹き替え版)
日村勇紀ウォルター・Jr・ネルソン(日本語吹き替え版)
宮野真守ハーブ(日本語吹き替え版)
笑福亭鶴瓶グルー(日本語吹き替え版)
山寺宏一VNCスポークスマン(日本語吹き替え版)
雨蘭咲木子女王(日本語吹き替え版)
銀河万丈王冠係(日本語吹き替え版)
青山穣英キャスター(日本語吹き替え版)
高乃麗窓口女性(日本語吹き替え版)
安達忍エージェント2(日本語吹き替え版)
神代知衣馬車の女(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
音楽ヘイター・ペレイラ
挿入曲ザ・フー"My Generation"
ザ・ビートルズ"Love Me Do" 他
ドノヴァン"Mellow Yellow"
ジミ・ヘンドリックス"Purple Haze"
ザ・ドアーズ"Break On Through"
ザ・ローリング・ストーンズ"19th Nervous Breakdown"
製作クリストファー・メレダンドリ
製作総指揮クリス・ルノー
制作イルミネーション・エンターテインメント
配給東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.大好きです。アニメは概ね、見始めて10分で挫折するのですが、これは最初の30分くらいが最高に面白いので最後まで見続けました。
ケビンがボブの頬の汚れを拭いてあげるシーンが可愛いです。あと、寂しがってるときにクマのぬいぐるみを渡すシーンとか・・可愛すぎて、繰り返し録画したものを観てます。日々のストレスが解消できます。
たぬき野郎さん [地上波(吹替)] 10点(2017-09-12 20:59:11)
15.ミニオンズがいったい何語で話しているのか、がミステリアスで良かった。
英語に近いものが軸であろうが、時にスペイン語っぽく、インドネシアっぽかったり、吹き替えだからなのか日本語っぽいのも出てくる。
ストーリーはハチャメチャだが、この一点で飽きずに見られた。
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 6点(2017-09-10 22:31:40)
14.この関係の映画はこれが初めてです。正直何が面白いのかよくわかりませんでした。
爆発で内部から吹っ飛んだはずが平気だったのはなぜ?
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2017-09-09 10:28:53)
13.《ネタバレ》 難しいことを考えず、笑って観れる映画っていいよね。ミニオンズって仲間を大事にするところも良いし、純粋に悪のボスに仕えたいってのがおもしろすぎる。
リニアさん [地上波(吹替)] 8点(2017-08-12 01:14:50)
12.人類が誕生するよりも前、恐竜の時代からミニオンは活動していたんだ~。でもどうやって誕生したのかとかどうやって増えるのかとか寿命とか謎のまま。
いつの時代も全く行動が変わらないミニオン達はやっぱかわいい。ストーリーはイマイチだったけど選曲が子供向けとは思えない懐かしい曲ばかりでテンション上がった。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 6点(2017-08-09 14:51:12)
11.《ネタバレ》 ミニオンズ=仕える悪党を探しているという設定が斬新で着眼点がいい。最初は、見た目も声も個性的だから親近感すら沸かなく、退屈だろうなと思っていたが、見終わった後には愛らしいと思える不思議。随所に散りばめられたユーモアのセンスがよく、軽快に笑える。ミニオンたちの話す言葉が敢えて訳されていない点は評価したい。鑑賞者に推測の余地を与えてくれている。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-01-27 23:08:41)
10.《ネタバレ》 ミニオン作品のひとつ
ミニオンの作品内での歴史的に見れば一番初めの作品
もしかして完全なルーツとかもわかるのかと思ってましたが案の定よくわからないまま進行してました。(おそらくそんな細かい設定なんてないのでしょう)
出てくるキャラクターはみんなユニークでおもしろい

ただの娯楽作品だけどミニオンが可愛くてなにげなし全作品しっかりみてしまってます
メメント66さん [DVD(字幕)] 5点(2017-01-08 12:03:34)
9.グルーもよかったけど、「ミニオン」ってなんだか分かって?すっきり。「ミニオン」ってキャラクターとしてかわいいし、面白いし、何も考えないで笑える映画っていいよね。
木村一号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-09-25 22:02:16)
8.《ネタバレ》 グルーのミニオンたちが主役! ということで、いやがおうにも高まる期待。マダガスカルのペンギンズの映画を見るような期待。しかし、それなりにおもしろいんですが、ペンギンズとは違い、あのミニオンたちのおもしろさは、グルーの映画の味付けとしてのおもしろさだったのだと実感。ミニオンたちが主役だと、ストーリーが薄っぺらい感じ。ラストシーンでグルーとの出会いが描かれており、それを見て、やっぱりグルーがいなくっちゃね、と思いました。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 5点(2016-08-04 09:00:03)
7.《ネタバレ》 タタターンターンタタタタターン!と歌う冒頭のユニバーサルロゴからすでにツボでした。
よく考えられた、笑えるネタが随所にあって存分に楽しめる。
本作は派生作品ではあるけど、本家のシリーズよりこっちの方が好きかも。
なんたって、ミニオンズたちがすごく可愛い。
こんな奴らが現実にいたら、世界はもっと平和になるのになぁなんて思ったり。
舞台は主にイギリスで、そのイギリスのいろんな要素をミニオンズ越しで見ればみんなご機嫌愉快に見えるから不思議。
ただちょっと気になったのは、人間たちがアホというか、中身空っぽな点。
そのせいか作品そのものが良くも悪くも軽いんですけど、まぁ視聴年齢層を鑑みるとこんなんでもいいのかな。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-12-22 20:55:21)
6.ミニオンたちは相変わらず愛らしくて良かったけど、
作品全体としては期待ハズレだったかな。
スカーレットがいまいち魅力的じゃなくて、薄っぺらい物語になってしまった。
改めてグルーの素晴らしさに気付かされる作品でした。
小ネタの中ではフラックス教授が面白かった。
もとやさん [DVD(吹替)] 4点(2015-12-08 14:55:42)
5.《ネタバレ》 ミニオンの可愛さが出ていたがグルーがいたほうが物語に波が出きしっくりきますね。
とむさん [映画館(吹替)] 6点(2015-09-23 23:15:02)
4.中身スッカラカンとでも言うのか、まー実にバカバカしいのですけれども、意外に満足度の高い作品でした。要するに、とことん、スラップスティックなんですね。ミニオンとは何モノなのか(UMAの一種ですかね)、最初の方では一応ナレーションで語られるものの、およそマトモな説明にはなっておらず、とにかく全てどうでもいいんですね。画面の上ではひたすら、同じ見せるんならこう見せりゃオモシロかろう、と、アイデアの凝らされたドタバタが展開されていきます。ミニオンたちには、悩みだの迷いだの深刻さだといったものは無く、やってることはただバカバカしく、でも、間違いなく一生懸命生きている、だからこそ彼らから目が離せないのです。一方で、彼らの今回の主人というのか敵役というのか、悪党界の女王ともいうべきスカーレット、彼女がミニオンたちに負けず劣らずのバイタリティを持っている(はっきり言って不死身)のも、楽しくって。ミニオンたちが、サン・ジェルマン伯爵もかなわぬくらい、歴史の方々に顔を出す、というのもパロディ色豊かでなかなかに楽しい(何しろ恐竜時代からエリザベスⅡ世時代まで)のですが、さすがにビートルズネタは、子どもたちには通じませんけどね、これもご愛敬。理屈抜きで楽しめる、理屈を抜かなきゃ楽しめない、一種の怪作であり、快作です。
鱗歌さん [映画館(吹替)] 7点(2015-09-23 20:39:09)
3.キャラクターを活かしきれていないとはこのことだな、と感じました。怪盗グルーや映画上映前のちょっとした顔見せでは、あんなにおかしく感じられたものが、映画になると、こんなにもつまらなく感じるものかと思いました。ストーリーが多少つまらなくても、キャラクターを活かしていれば、それなりに楽しい映画になったと思います。主格3人のミニオンたちは個性的ではありますが、まるで違う行動をするので、ミニオンたちの可笑しさである”他と違う変な動き”が全然スクリーン上に現れないのです。映画の作り手が、ミニオン人気の理由を理解できていなかった結果だと感じました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 4点(2015-08-28 23:14:11)
2.よくできてるが、自分史上インクレディブルには勝らなかったな。かわいかったけどね。
HRM36さん [映画館(吹替)] 7点(2015-08-18 09:50:18)
1.《ネタバレ》  ミニオン達の可愛さが第一。なのでブラックな笑いとかSF的ガジェットの世界とかを、これまでの『怪盗グルー』シリーズからの流れで期待してしまうと何やらハンパな感じで。まあまあ、そこそこ、良くも悪くもイルミネーション作品ってこのくらいだったっけねぇ、と。

 60年代のイギリスを主舞台にする事でブリティッシュロック流れるレトロなユニオンジャックワールド(『オースティン・パワーズ』にイメージが直結するような)を堪能できたりするのですが、いや、そこってそんなに求められてるモノなのか?っていう疑問も湧いてしまって。そこに拘り過ぎちゃいませんか?とツッコミ入れたくもなる世界で。

 それからいくらミニオンの言葉が意味不明だからって冒頭からしばし延々とナレーションで状況説明をしてくるのがなんかとても不粋な感じ。二度目の鑑賞時に注意して見ていたのですが、本来ナレーションが一切無くても映像だけで話は判るように出来ているんですよね。親切のつもりが逆に客観的な視点になって何かよそよそしいモノを生んでしまっている感じがしました。

 スカーレット・オーバーキルはビジュアルは魅力的なのですが、彼女に与えられた設定、背景がどうもキャラの魅力に直結していない感じで惜しいなあ。天海祐希の見事な吹き替えによってキャラは立っておりましたが。
 犯罪者一家とか犯罪者集団とかエリザベス女王とかの脇キャラが魅力的だったりする一方で、グルーは前2作を見ていてナンボ程度のポジションだったり、肝心のミニオンズはメイン3人(その関係性は『グルー』シリーズのマーゴ、イディス、アグネスのポジションに通じています)以外殆ど個体の見分けが付かないくらいの扱いだったりと、シリーズのファン大満足、ってレベルに達してはいない気がしました。

 最も気になったのは『映画ひつじのショーン』との大量ネタカブリっぷりですが(主人探しの旅、イギリスが舞台、上に重なって人に化ける、ちびっこいのが熊のぬいぐるみ抱いてる、アビーロードのビートルズジャケパロ等々)、これはまあ題材的に似ちゃうモンだと。

 いっそ「ミニオンズかわい~、ボブかわいい~」っていうそこだけに特化していてもいいんじゃないかと思うのですが、あれもこれもと八方美人的に、あるいは拘りを盛り込んでちょっと雑音が多かったかな。
 とはいえやっぱりミニオンズは魅力的で彼らの奮闘っぷりにおっさん、ちょっと泣けましたわ。
あにやんさん [映画館(吹替)] 6点(2015-08-12 21:03:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4212.50%
5318.75%
6425.00%
7531.25%
816.25%
900.00%
1016.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS