起終点駅 ターミナルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 起終点駅 ターミナル
 > (レビュー・クチコミ)

起終点駅 ターミナル

[ターミナル]
Terminal
2015年【日】 上映時間:111分
平均点:6.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-11-07)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2015-10-30)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督篠原哲雄
キャスト佐藤浩市(男優)鷲田完治
本田翼(女優)椎名敦子
中村獅童(男優)大下一龍
尾野真千子(女優)結城冴子
泉谷しげる(男優)南達三
音尾琢真(男優)大村真一
脚本長谷川康夫
音楽小林武史
作詞小林武史「ターミナル」(トイズファクトリー)
作曲小林武史「ターミナル」(トイズファクトリー)
主題歌My Little Lover「ターミナル」(トイズファクトリー)
製作東映(「起終点駅 ターミナル」製作委員会)
小学館(「起終点駅 ターミナル」製作委員会)
ポニーキャニオン(「起終点駅 ターミナル」製作委員会)
木下グループ(「起終点駅 ターミナル」製作委員会)
東映ビデオ(「起終点駅 ターミナル」製作委員会)
配給東映
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 結構良かったです。国選弁護を担当した若い女性に自殺した昔の恋人の面影を重ねて交流する主人公。佐藤浩市の重厚な演技と、今風な本田翼が結構いいバランスでほのぼのします。二人が恋愛関係にならないのも良いです。尾野真千子が自殺した理由がよく判らないのと息子が主人公に感謝しているのがちょっと納得できないかな。あと、本田翼の箸の使い方がすごく変でしたが、これも演出でしょうかね。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-11-12 11:30:15)
5.始まってすぐに尾野真千子が自殺するのだが、その理由が今一わからないのが珠にキズ。(男は理解できないのかもしれないが・・・)
しかし、北海道らしさが感じられなかった。道東なんだからもう少し北海道らしい映像が欲しいところ。
どうでも良いけど、釧路から東京まで電車で行くか? どう考えても釧路空港か、新千歳空港から飛行機だろう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2017-05-05 22:25:28)
4.《ネタバレ》 まず、佐藤浩市と尾野真千子が学生時代の恋人という設定に入っていけない。二人の実年齢差20歳だよ?(笑) よかった点もある。 思いのほか、「食」の映画としてよかった。特に、ザンギのうまそうなこと。来る日も来る日もザンギを作り続けること、、彼にとってそれが罪の懺悔 (ザンゲ) なのである。(あ、言っちゃった)  北海道の「風景」も、それなりによかった。序盤のスナック通りの場末感とか、雪が降り積もる駅の情景とか、、たぶん実際に生活するには寂しいだろうけど、映画で見る分には北海道の片隅として旅情をそそるから不思議なものだ。 登場人物では、中村獅童の得体の知れないところ、敵か味方かもわからないその存在自体が、映画のよいアクセントになっていた。思うに、仕事の依頼は口実だろう。本当は、鷲田完治その人に会いたいだけ。仕事の利害関係抜きで出会っていたら、二人はよい友人になれたかもしれない、、そういう微笑ましい関係だった。
タケノコさん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-10 20:07:44)★《更新》★
3.《ネタバレ》 なかなか良い感想が出てこない。雰囲気は良くできているとは思うし
タイトルより後は話は丁寧で深みや味わいがあります。じっくり見るのに丁度良い。
春に見るより晩秋に見るのがよさそうな映画。
でも、タイトルが始まる前の尾野真千子が何故そうしてしまったのか・・・。
原作を見ればスッキリするのかもしれないが、映画ではそれに触れていない。
佐藤浩市も恐らくは苦悩し逃げ込んでやがて答えが見つからず
考える事も向き合う事も辞めたのかもしれない。勝手にそう思った。
学生運動や男が残したと言う薬に意味深な言葉の数々、ネイルなどが意味ありげな余韻を残す。
多分本当にそられらに意味がある事が重要なのではないのだろう。
また中村獅童の最後のつぶやきも、彼は彼で色々な出来事があって、ああやって
佐藤浩市の元に通ってるのだろうと思うと、彼視点のストーリーを想像すると
これはこれで感慨深い物がありそうだ。
また様々な事を拒絶している佐藤浩市が唯一料理にこだわりを見せるのは
命を頂くと言う事に向き合っているのかと想像してみたり。
しかし映像で美味しそうな物を一杯見せられると何か食べながら見たくなる。
夜中に見るにはちょっと注意が必要かも知れない。
デミトリさん [DVD(邦画)] 7点(2017-04-06 00:39:51)
2.本田翼が「何も要らなくなったんです。」と言い、佐藤浩市が「うらやましい。男にもそれが出来たら。」と言う。そんなシーンがあったのですが、確かに男の僕には出来ません。こうしてホームシアターで映画鑑賞する事が出来なくなりますから・・・。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2016-05-29 00:30:19)
1.《ネタバレ》 佐藤浩市は『愛を積む人』に続いての北海道・不器用男路線。
降旗康男と高倉健コンビ作のようなローカル・スタティック・ハートフル・ナルシズムに落ち着くにはまだ早かろうに。

めぼしいロケーションは佐藤の暮らす寂れた一軒家に釧路駅、そしてお馴染みの幣舞橋といったところでバリエーションに乏しい。
北海道ロケの割に画面は奥行きが浅く、縦の構図を意識したのは、振り返らずに駅舎へと去る本田翼とそれを
車から見送る佐藤のショットくらいだ。

料理の映画でもありながら、調理シーンは手許の接写と、佐藤の表情のアップをつなぐばかり。
彼本人が実演しているとわかるのは筋子をほぐすショットただ一つである。

ロケハンといい、調理シーンといい、かなりの省エネ映画だ。

これでは、料理はただ単に食の観光アピール、コマーシャルに過ぎない。
音楽なら演奏を、料理ならその調理を、俳優が実演してみせるその身体性こそ、美味しさを映画で伝える上で要となると思うが。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 4点(2015-11-15 13:55:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
5116.67%
6116.67%
7350.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS