クリード チャンプを継ぐ男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ク行
 > クリード チャンプを継ぐ男の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

クリード チャンプを継ぐ男

[クリードチャンプヲツグオトコ]
Creed
2015年上映時間:133分
平均点:6.71 / 10(Review 62人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-12-23)
公開終了日(2016-04-20)
ドラマシリーズものスポーツものスポコンもの
新規登録(2015-11-14)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2023-05-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ライアン・クーグラー
キャストマイケル・B・ジョーダン(男優)アドニス・ジョンソン
シルヴェスター・スタローン(男優)ロッキー・バルボア
テッサ・トンプソン(女優)ビアンカ
フィリシア・ラシャド(女優)メアリー・アン・クリード
ウッド・ハリス(男優)トニー・“リトル・デューク”・バートン
羽佐間道夫ロッキー・バルボア(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎【声優】(日本語吹き替え版)
出演カール・ウェザース
脚本ライアン・クーグラー
音楽ルドウィグ・ゴランソン
ゲイブ・ヒルファー(音楽監修)
撮影マリス・アルペルチ
製作ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
チャールズ・ウィンクラー
ウィリアム・チャートフ
デヴィッド・ウィンクラー
ケヴィン・キング・テンプルトン
シルヴェスター・スタローン
配給ワーナー・ブラザース
あらすじ
アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)はかつてのボクシングヘビー級チャンピオンである今は亡きアポロ・クリード(カール・ウェザース)の息子であり、実母の死後は里親や施設を転々とした後、アポロの本妻メアリー・アン(フィリシア・ラシャド)に引き取られた。彼はビジネスマンとして成功していたが、父と同じプロボクサーの道を進むために仕事を辞めて家を離れる。彼はフィラデルフィアで余生を送っていた、父のライバルであり親友であったロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)と出会い、自分のトレーナーになって欲しいと頼み込む。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
62.名作「ロッキー」の新章として、各方面からの激賞を聞き及びつつも、気が付けば8年の歳月を経てようやく鑑賞。既に人気シリーズと化し、劇場では第三弾が公開されている状況。

観れば間違いないんだから、観ればいい。
にも関わらず、なかなか鑑賞に至れなかった最たる要因として、あまりにも容易にストーリー展開が想像できてしまうということがあった。
年老いて隠遁生活をしているロッキー・バルボアの前に、かつての強敵(と書いて「友」)アポロ・クリードの息子が現れ、師弟として絆を深めつつ、稀代のボクサーとして大成していく……というストーリーテリングが、鑑賞前からくりっきりと脳裏に広がっていた。
無論、それこそが「ロッキー」に通ずるまさしく“王道”であることは理解していたが、王道なのであれば逆にこの先いつ鑑賞しても満足するだろうという思いも働いてしまい、今に至ったのだと思う。

実際に鑑賞し、率直に感じたことは、想像以上に想像通りな王道サクセスストーリーだったということ。

ボクサー王者アポロの私生児として辛い幼少期を過ごした主人公ドニーが、アポロの正妻メアリー・アンに引き取られるところから物語は始まる。
自身がチャンピオンの息子だなんて露知らず、愛する母にも先立たれ、孤児院で喧嘩に明け暮れる孤独な少年の心情は、とても悲痛だ。
この少年がボクサーとしての血統と才能に目覚め、少年から大人へと成長しながら、自ら人生を切り開いていくという王道的プロットは、想像しただけで十分に胸熱だ。

ところが、少年ドニーの登場シーンはその冒頭のみで、次のシーンでは、既に筋骨隆々の大男に育ったドニーもといマイケル・B・ジョーダンが登場し、メキシコの場末のリングとはいえ、強者としての片鱗をいきなり見せつけてしまう。さらに本業は、一流証券会社勤務、実家は大豪邸、地元のジムの先輩ボクサーにはスパーリングに挑む代償として高級車のキーを放り投げる始末。
その様からは、少年ドニーからほとばしっていた反骨心とハングリーさはすっかり消え去っていて、正直なところ、彼がボクサーへの道に固執する理由がぼやけて見えてしまったことは否めない。
無論そこには、亡き父に対する憧れと、呪縛のような血脈があることは明らかだけれど、“トントン拍子”過ぎる展開に対して、乗り切れないとまでは言わないが、少し俯瞰した立ち位置で見ざるを得なかった。

“トントン拍子”は、ロッキーとの師弟関係の構築、恋人との都合の良い出会い、大物ボクサーからのビッグマッチのオファーへと、わりと終盤まで淀みなく続くが、2つの試合シーンで、文字通りリングの只中へと一気に引き込まれた。
文字通り息をつく暇も与えてくれない圧倒的なファイトシーンが、本作をボクシング映画の新たな金字塔へと引き上げていることは間違いなく、それはやはり「ロッキー」の新章として相応しいストロングポイントだったと思う。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 8点(2023-06-03 01:00:52)
61.《ネタバレ》  良くも悪くもザ・定番という感じのスポ根もの。いや、スポ根というにはトレーニングの描き方がやや薄味すぎるか。
 私はロッキーシリーズを見たことがないので、見ていれば何か感慨深いものを感じることもできたのかもしれません。
 ロッキーは最初断っていたのに、特にこれといった理由もなくコーチを引き受ける。ヒロインも何か特別なイベントがあったわけではなくいつの間にか恋仲になっている。トントン拍子にビジネスとして試合が組まれ勝ってしまう。もっというなら主人公がこれといった理由なく、向いていないからという理由で会社を辞め、ボクシングの世界へ転向してしまう。
 もちろん人が何かを始めるときってそんなもんかもしれませんがこれは映画。見ている私たちが共感し、感情移入できるような動機付けがあったほうが良いんじゃないでしょうか。出来事だけが淡々と羅列されて、あまりにドラマ性が足りない気がするのは私の感受性が鈍いから?
 少し期待していたせいもあって、全然つまらないとは言いませんが、はっきり物足りない映画でした。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2021-10-11 12:47:45)
60.《ネタバレ》 ロッキーシリーズの後日談。ちょっと主人公が強過ぎる気がします。もうちょっと挫折とかあっても良いんじゃないか。メインテーマはボクシングではないのかも知れませんが、ちょっとトントン拍子な感じです。ただロッキーを懐古するそれぞれのシーンは胸が熱くなります。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-07 12:14:48)
59.ロッキーの続編として期待をしてしまいがちですが、そうではなく、完全なスピンオフとしてアポロの息子を軸にしたストーリー展開を楽しむという心づもりであれば、それなりに良い作品だと思います。主人公が黒人青年に変わったので音楽もうるさいブラックミュージックになってしまったのが辛かったすが、最後少しだけロッキーのテーマが流れるのが救いです。1試合目の長回しの撮影は臨場感があって良かったです。不死身と思っていたロッキーがまさか癌にかかるとは、、、。メイクがあまりにもリアルすぎて最後はロッキーは死んでしまうのかと思いました。。。またいつの間にかポーリーが亡くなったいたのも残念でした。。。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2020-01-04 15:01:55)
58.《ネタバレ》 ロッキーシリーズの新作かと間違った予想で観てしまった。これはロッキー新章でなく、主人公はドニーなのだね。ロッキーはセコンドとして脇に退いているけど、でも画面に映ったときの吸引力はさすがにスターです。年をとった武骨な優しさに渋みも加わっての存在感は、どうしても若武者を食ってしまうオーラがありました。
新世代の若きチャンプの人生を新たに織り成そうという意気込みはわかります。でも、ロッキーの若い頃と比べるのは酷でしょうが、人生=ボクシングへの熱量、画面からあふれ出る生活のリアルといった話の厚みがかの名作よりぐっと劣ります。だってさあ、ドニーはかっこいいもん。しゅっと引き締まった筋肉美、賢そうな顔つき。ガールフレンドは美人の歌姫、何不自由のない養母宅での育ち。どこにも客が共感し得るハングリー要因が見当たらんのですよ。イタリアの種馬ロッキー・バルボアの野暮ったさ、不器用さを愛したファンにはぴんと来ない造型の主人公なのでした。
ワタシがどっと落涙した場面はドニーがなんとか敗けずに試合をやり遂げたシーンではなく、ロッキーがフィラデルフィア美術館の階段をやっと登りきり「誰か階段を足したな」と冗談をとばすラスト。ああ一緒に年をとったんだなあとしみじみし、心から老ロッキーに労わりと感謝の念を覚えましたよ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-07-29 21:24:13)(良:1票)
57.《ネタバレ》 ファンにはたまらないスピンオフ。
ロッキーのテーマが流れて熱くなったりもしたが良くも悪くも無難でした。
挑戦者に魅力が薄いのと急転の王者挑戦はドラマチックすぎる。
そう、ロッキー1と類似しすぎ。試合結果も同じ。
ボクシングを通した人間臭さ、ファイティングスピリットはロッキーシリーズの素晴らしい伝統だとおもいます。
ただ気持ちが出すぎて、新しいものを常に求める自分には捻りが無さ過ぎるラストが残念でならない。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-05-29 12:27:23)
56.ロッキーファンなら楽しめる作品。
ありがちなストーリー展開と言われればそれまでだけど、何度もジーンとするシーンがあり、
試合のシーンの撮影技術の進歩も感じられました。
ロッキーもいい歳の取り方をしたなぁと感慨無量。続編も期待。
tonaoさん [DVD(字幕)] 8点(2019-05-06 13:05:27)
55.真面目に作られてるな、と。なんか熱量不足でね。時折グッとくるシーンもあったけどさ。対戦相手にインパクト無さすぎも残念な点である。
真尋さん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2019-03-31 18:17:42)
54.いきなりチャンピオンに挑戦できるってところは、かなり無理があると思うが、懐かしさもあってそこそこ楽しめた。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2019-03-05 21:13:20)
53.《ネタバレ》 中盤のレオ戦の長回し撮影のカメラワークが非常に素晴らしかったため、逆に最後の試合が平凡にみえてしまい気持ちが乗らなかったのと、試合も負け続編の構想のためかロッキーの病気のその後も描かれないためストーリー的にも凄く尻つぼみに感じてしまいました。普通にロッキーとアポロの二人の男の力を受け継いだ男がチャンピオンを倒す展開の方が良かったかな。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-01-24 02:02:04)
52.《ネタバレ》 ラストのボクシングシーンが素晴らしい。名作のリブート作品の逸品。
にけさん [映画館(字幕)] 10点(2019-01-09 16:48:30)
51.《ネタバレ》 手堅く作られているとは思う。若い監督だけどロッキーシリーズの大ファンらしく、作品からもそういった敬意は伝わってきた。とはいえ、自己流でやってた選手が、ロッキーがコーチについただけで、最後には世界チャンピンを追い詰めている訳だから、階段を駆け上がりすぎた感は否めない。そんなに甘い世界じゃないでしょうって思っちゃう。2が決まった今だからこその結果論というか、後出しじゃんけんみたいだけど、クリードジュニア1作目で何も世界タイトル戦まで行かなくてもよかったな…というのが正直なところ。しっかり体を作ってきた主演俳優と、円熟の演技を見せたスタローンには拍手。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-22 18:36:39)
50.ロッキーの終盤の作品はちょっとストーリーに無理があったが、ロッキーバルボアから新しい主人公の引継ぎはうまくいってるとおもう。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-10-19 19:33:00)
49.《ネタバレ》 ロッキー1・2が大好きな私にはなかなか良い作品でした。

アポロの息子? ロッキーがセコンド?
ベタな続編作るもんだなぁー
ロッキーを追いかけてる身としては観るけどもねー

泣いちゃいましたよ(安い涙)
過去作へのオマージュも多々あり、息子が知らなかった父アポロを思いアイデンティティーを見出すところで(泣)
お安い展開といえばそうかもしれないが、ロッキー好きならぜひ観て頂きたい。

2ではドラゴの息子と戦うとか、
そりゃまた4のニオイがしますな、ドラゴ好きなんで観ますよ。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-15 22:13:29)
48.ロッキーを別の状況で焼き直した作品。
こういう映画が好きなら観てもいいと思うが、新しいものを観たいならちょっと違う。
simpleさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-08-09 18:20:01)
47.《ネタバレ》 ロッキーシリーズを見たことがありませんでしたが、十分楽しめました。ラストに対戦相手が「次はお前だ」というシーンは要らなかったかも?。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-01 12:59:18)
46.高評を聞き、観てみた..う~ん どうしようもない、誰でも予想がつく予定調和な物語..面白くも可笑しくもない、ひどい凡作..駄作とは言わないが、映画として、ボクシング映画として、4点..残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 4点(2018-04-30 20:48:07)
45.《ネタバレ》 ロッキーファンの自分としては、期待度には関係なく観ざるを得ない作品である。ミッキーのジムや、ロッキーのアパート風の建物が出てくるだけで泣きそうになってしまう。ポーリーやエイドリアンへの変わらぬ愛情も描かれており、そういう意味での第1作へのリスペクトがあり、観て良かったなと思わせた。ただ、その時点で最後の結末は何となく予想出来てしまったね。勝つことが目的で戦うのではなく、父の名を受け継いで恥ずかしくない戦いが出来れば良いんだもんね。好み40/50、演出10/15、脚本8/15、演技8/10、技術7/10、合計73/100→7/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 7点(2018-02-18 10:54:13)
44.《ネタバレ》 アマゾンプライムビデオで無料だったので鑑賞。
ロッキーは大好きな作品だが、ハードルを高くしたせいか全く感動できなかった。
主人公は金持ちでハングリー精神ゼロ。
ロッキーの元へ来てすぐ彼女は作っちゃうし、練習もほとんどしない。
それで世界チャンピオンと戦って勝てると思う?
感情移入できたのは、ロッキーがガンになって、その症状がエイドリアンと同じだったことを考え、投薬治療を拒否したシーン。
そこで、クリードの息子に一緒に闘おうと言われたところはよかったのだが……。
この映画。トレーナーのロッキーがいなかったら、存在価値がないと思う。
スタローンが助演男優賞をノミネートされただけの理由はわかる。
クロエさん [インターネット(吹替)] 3点(2017-08-27 22:46:38)
43.ロッキーシリーズはじっくり観たことがありません。誰と誰の関係がどうと言うのもイマイチです。それでも、1本の映画として楽しめた。スタローンの哀愁漂う描き方がすばらしい。スポーツものに大事な音楽も良い。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-04-17 01:13:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 62人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
311.61%
423.23%
5812.90%
62032.26%
71422.58%
81016.13%
934.84%
1046.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 7.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.40点 Review5人
4 音楽評価 6.80点 Review5人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
助演男優賞シルヴェスター・スタローン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2015年 73回
助演男優賞シルヴェスター・スタローン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS