十字架のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 十字架
 > (レビュー・クチコミ)

十字架

[ジュウジカ]
2015年【日】 上映時間:122分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-02-06)
ドラマ青春もの学園もの小説の映画化
新規登録(2016-01-25)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2016-02-10)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督五十嵐匠
キャスト小出恵介(男優)真田祐(ユウ)
木村文乃(女優)中川小百合(サユ)
富田靖子(女優)藤井澄子
永瀬正敏(男優)藤井晴男
葉山奨之(男優)藤井健介
飯島大介(男優)
笛木優子(女優)真田瑛子
榎木孝明(男優)田原昭之
原作重松清「十字架」(講談社文庫)
脚本五十嵐匠
美術池谷仙克
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 蜃気楼の浮かぶ田舎道を神妙な面持ちで歩む礼服の教師と学生達の列。そのどこか異様な風情の望遠ショットがまず印象深い。

いじめを受けている少年が登校するのを背後からカメラが縦移動で追う。通学路から学校玄関、廊下を通って教室へ。
その間、無視され、忌避され、罵られる彼に同化したカメラが我々に疎外感と痛みを直截に伝えてくる。

幾度も登場する、藤井家の仏壇の置かれた居間の空間。仏壇を前にした小出恵介と木村文乃の複雑な表情。
隣の卓袱台で精神的な危うさを見せる富田靖子と葉山奨之。
そして庭の見える窓際に座りこんでいる寡黙な永瀬正敏。その五人が一つのショット内に配置された縦構図と時間がただならぬ緊張をもたらしている。

時を経て小出と永瀬が佇むその窓際に突然降りだす夕立と稲妻に、わけもなく心を揺さぶられる。

10代から30代までを演じることを主演二人に課したことで、時間の経過とそれぞれのキャラクターの成長が鮮明となった。作り手の英断である。
時間のコントロールこそ、映画の要なのだから。それに応えた二人の芝居も素晴らしい。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2016-02-10 05:06:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS