ライト/オフのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライト/オフ
 > (レビュー・クチコミ)

ライト/オフ

[ライトオフ]
Lights Out
2016年【米】 上映時間:81分
平均点:5.61 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-08-27)
ホラー
新規登録(2016-08-25)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2018-09-14)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・F・サンドバーグ
キャストテリーサ・パーマー(女優)レベッカ
ビリー・バーク〔男優〕(男優)ポール
マリア・ベロ(女優)ソフィー
潘めぐみレベッカ(日本語吹き替え版)
製作ジェームズ・ワン
エリック・ハイセラー
製作総指揮ウォルター・ハマダ
配給ワーナー・ブラザース
美術ジェニファー・スペンス(プロダクションデザイン)
あらすじ
父親の突然の死で母一人子一人となってしまったマーティンは、心を病み療養中の母の行動に危険を感じ、家を出て一人暮らしをしている姉のレベッカを頼る。母親はいつも誰かと話している。そして、その相手は暗闇の中にいる。弟から事情を聞くうち母親の話し相手の名前を聞いた彼女は、幼かったころに感じた恐怖を思い出し、母に服薬管理し療養に専念するよう説得に動き始めるのだったが…。インターネットの動画サイトに投稿されるや否や驚異的なアクセス数を記録した恐怖映像を元に、ソウシリーズなどのジェームズ・ワンが映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 幽霊は病人の割に動きがパワフルすぎる。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-25 00:28:12)★《新規》★
17.《ネタバレ》 冒頭の明かりをつけたり消したりして確認している内によくわからない者が徐々に近づいてくる描写はなかなか良くてゾクっとくる怖さがある。

しかし、それの正体が分かってくるとその現実味の無さとかで少しずつ冷めてきてしまうのが難点か。いっそのこと本当に正体がわからない理不尽なものとして描いた方が潔かったかもしれない。オチも姉弟の意に沿わないものだし、それをやるならもっと早くやってよとあの世でレベッカの父親は嘆いているに違いない。

レベッカを演じたテリーサ・パーマーがなかなかの美人さんで良かった。あの大きな目は暗闇でも表情がわかるし適役だと思う。あんな姉がいたら母親云々じゃなくても泊まりに行きたいよなあ弟よ!恋人役のチャラチャラしたような兄ちゃんもとてもいい人で好感が持てる。

案外綺麗にまとまっていて80分と短く手軽に観られる作品だと思う。
さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-10-02 15:12:20)
16.《ネタバレ》 冒頭、なかなかに恐ろし気なスタートと(この部分が元ネタなのね)、死にそうもない役っぽく登場した父親があっさり死亡した意外性で、すっかり釘付けになりかけたけれど、だんだんとお約束度が増し、ご都合主義が横行し出して興覚め。特に母親とダイアナの馴れ初めのところでエンディングは見えてしまい。折角のオチが「やっぱりね。思ったとおり。」となってしまったのは残念。ショートムービー程度の尺で、このテーマは十分伝えられたんじゃないだろうか。この手の内容に理詰めの説明は不要と思うけれど、やっぱ矛盾をはらんではいけないと思う。ダイアナvs光の関係とか、そもそもダイアナは、母親の心が病んでいるときのみの存在なのか?既に精神に入り込んでいるから、病状がどうだとか意識を失っているからどうだとかは関係ないのか?物理的に作用できるのだけれど物理的な攻撃は受付けないのか?光が当たると見えなくなるばかりか存在さえも消失してしまうのか?他にもいろいろあるけれど、もう少し緻密に描いてほしかった。全体の色調、光のバランス、キャスティングなどなど、いいなと思うところが沢山あるだけに、迷いに迷って5点献上。
ぽこたさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-09-02 14:52:12)
15.《ネタバレ》 暗い中においてハッキリと映る全身造形。黒いダイアナ(ママのお友達。)
だが、ダイアナとはいえ、ダイアナ妃なんぞイメージしてもらっちゃ大ハズレ。どちらかっていやダイアナ・ロス。
ただ、最後まで黒い影のまんまでいてほしかったという残念な思いが残ります。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-09-01 22:27:06)
14.《ネタバレ》 最近ありがちのネタ映画かと思っていたら結構しっかり作ってあって楽しめました。(ツンデレのお姉ちゃん可愛いぞオイ) しかしながら途中からダイアナの設定にブレが目立つのが少し気になります。ブラックライトなら見えるとか、明るい場所にもチラホラ現れてみたり、挙句には懐中電灯で火傷させることができたりとか・・
その他、訓練を積んだ警官コンビが瞬殺されて、か弱いお姉ちゃん&小学生コンビが生き残るのもご都合主義ですが、まあこれはこれでダイアナさんの忖度が働いたと推測できます。しかしブレッドさん、あんたはダメだ。ホラー映画定番の流れでは彼も目を繰りぬかれてお亡くなりになるべきだったはずが、ラストでまさかの綺麗なお姉さんとイケメンブレッド(ついでに弟)のワンカットには違和感でした。(ここは綺麗なお姉さんと腹違いの弟だけだろ)

粗やご都合主義感もあり「見たらすぐ忘れる系」の映画の域を超えませんが、全体的にはとても綺麗にまとまっていて見やすい映画です。まとまり具合で比べると「エスター」「ドントブリーズ」「ゲットアウト」などよりよくできていたように思います。せっかくの上々の仕上がりですから、寒い続編ができないことを祈るばかりです。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-08-27 11:04:00)
13.《ネタバレ》 久しぶりにいい感じのさわやかなホラー映画を観て、後悔はない作品。
お母さんが誰かとしゃべってる。
お父さんは死んじゃうし、かわいそうな少年。
レベッカがカッコイイお姉ちゃんやりましたね。
レベッカが弟から初めて「ダイアナ」と聞いたシーンが良かった。

大抵ザコキャラはお亡くなりになるお約束ですので、
レベッカの彼氏が最後まで生きていたことに、
新しいホラー映画界を感じました!
新しい生物さん [インターネット(吹替)] 7点(2018-07-08 02:24:32)
12.なかなか楽しめた。病院のエピソードやダイアナの造形はジャパニーズホラーの影響もありそう。でも最初は明かりが点くと一瞬で消えてたのに、最後の方はしっかり光が当たって火傷したりして、一貫性がない。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-03-14 22:59:07)(笑:1票)
11.《ネタバレ》 一番良かったのは冒頭のライトオンオフくらいでしょうか。
ブレットが死ぬ臭プンプンで心配でしたが最後までかっこよくてよかった。
けど時に電気を消し、時に懐中電灯の電池を切らせることができるならあんな遠回りな方法とらなくていいだろ。
後未公開シーンのあれはさすがに笑った。
一番最後はあのパトカーのパトランプも全て切れてバッドエンドになると期待したのに。
悲喜こもごもさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-02-12 03:00:14)
10.《ネタバレ》 明かりを消すと襲ってくる怪物の恐怖を描いたホラー。なんですけど、全然怖くなかった(笑)。アイデアはいいんですけど脚本がグダグダなのが玉に瑕。怪物の正体がお母さんの妄想の産物って…。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2017-10-04 12:34:00)
9.マリア・ペロの追っかけで借りた作品。見たら、ヒロインが魅力的だし、弟も彼氏も序盤に殺される夫役の俳優さんも、みーんなビジュアルがよくて好感度大でした。
なぜこんなしょーもない事を書くかというと、「そこそこの映画を楽しむには、登場人物たちのビジュアルは非常に大切」と思ったから。
明かりをつけると消える幽霊(暗闇の中では最強の幽霊)というアイデアがとても良くて、最初の登場シーンはとても怖かった。が。だんだんモンスターみたいに暴れだして、まったく怖くなくなり、正体を知りたいと思う気もなくなってしまいました。
大体、幽霊じゃないし、妄想でもないし。治療で紫外線を当てたら現実に消えちゃって、消滅から何十年たってもママの心が弱ると闇の中でだけ実体化する存在。って、なんなのさ。
いや別に科学的に証明しろとか思ってるわけじゃないけど、そんなんいねぇよって観客に思わせたら失敗なんじゃないでしょーか。もう少し彼女の存在に説得力が欲しかった。
そういう大事な部分を突っ込んで描いていないから、話がつまらなくなるんだよなぁ。
登場人物たちの魅力で底上げされて、そこそこな作品にはなっていると思います。あんまりマリア・ペロの出番はなかったけど。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 5点(2017-09-26 22:12:49)
8.《ネタバレ》 元ネタの2分ちょいの動画の方が怖いですよね。2分を80分に伸ばさなきゃならん、というわけでどうしてもいろんなことを付け足さなきゃならないんだけど、その付け足しが物語をつまんなくしてしまいました。
オバケの正体はノイローゼの母親が作り出した幻影というのもちょっと突拍子も無い印象だけど、幻というにはコイツ物理的に強すぎませんか。家以外にもほいほい出現するし、人一人持ち上げて落とすとか、格闘技かいな。ホラーとしてははなはだ興をそぐ演出でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-08-12 00:35:45)
7.《ネタバレ》 確かに、これは元ネタ動画の方が短くて想像力が増して怖かったかな。私もプレデターみたいと思ってしまったひとりです。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-06-03 17:54:32)
6.《ネタバレ》 主役の女優さんが魅力的で他の出演者もしっかりしているため中盤までは見れるものの、上映時間が1時間20分ほどとかなり短いのにもかかわらず途中で飽きちゃいました。序盤はダイアナに怪しい雰囲気があっていいのですが、途中から普通のモンスターのように暴れまくるだけで全然怖くもなんともないうえに、警察官を投入したりはするものの基本同じような展開で引き延ばしてるだけなので最後まで見るのがキツかったです
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-06-02 17:04:08)
5.貞子とプレデターを足して2で割ったような化け物が暴れまくる映画。中盤からは、エクソシストの少女まで、
入り込んでくる。元ネタ動画の持つおどろおどろした不気味さは薄れているが、光がダメ(消えてしまう?)
というルールはキッチリ守り、そこをいかに面白くみせていくかというアイデアは、素晴らしいと思いました。
 しかし、最近見た邦画といい、本作といい、ある特定の病気をネタにしているが、偏見を増長させやしない
か少し心配になった。
代書屋さん [DVD(字幕)] 7点(2017-04-16 01:45:52)
4.最初に”そいつ”が現れた時はかなり怖かったし、夜電気消して寝れねぇと本気で思った。
しかし、話が進むにつれあまりにワンパターンな怖がらせ方に飽きてしまい、だんだんどうでも良くなってきた。
しかも、最初目茶苦茶強かったのに、所々で手を抜いたりしていて、本当に殺しにかかってきているのか?と、ツッコミを入れずにはいられなかった。設定自体は良かっただけに、あと一歩何かが足りない感じ。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 4点(2017-01-14 14:37:06)
3.《ネタバレ》 元ネタの動画は視聴済み。
映画化が決まった頃から楽しみにしておりましたが、、意外と普通にまとまった作品になってしまって残念というのが本音です。
元ネタの動画では、照明を付けたら消え、消したら表れるという、得体の知れない何かがとても怖かったので、
もっと都市伝説的なものを期待してましたが、母親の妄想、概念から生まれた存在というような理由付けは必要なかった気がします。
映画化するにあたって、ドラマパートをくっつけて物語に厚みを持たせたかったんでしょうけど、ちょっとした家族愛を描くつもりが、
結局、最後のオチが台無しにしちゃってます。怖かったのは序盤のシーンのみ。
姉役の女優さんが可愛いかったのが幸い?映像はキレイなので余興としては充分かな。
シネマブルクさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-01-14 09:03:12)
2.《ネタバレ》 明かりを消すと現れる何か。この映画の基となった動画も見ましたが身近に感じる内容で、誰もが日常的に使っている照明のオンオフ(明かりの明暗)で得体のしれない何かが出るというのは怖いですね。 この作品はそのプロットを広げて長編にして家族問題をテーマにしてますがありがちでイマイチな感じ。「レベッカは捨てた」「レベッカは捨てた」と事あるごとに家を出た姉をチクチク痛いトコを突く(私なら殴ってます)「自分は捨てない」と言う弟くんは立派だし、その弟を愛し母親を救おうと奮闘する姉と彼氏も良い人ではあるが、元凶は精神を病んでいる母親が少女期に仲の良かった友達を失いたくないあまり作り出した概念という存在だったのもガッカリしたな。姉弟を救うために下した母親の選択もインパクトはあるが姉弟の思いを無にするような落ちだしね。何度襲われても備えるという事をしないし暗闇に巣くう相手と闘うという気が見えないのもアレだった。もっとひねって欲しかった。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 5点(2016-09-02 23:34:39)
1.《ネタバレ》 映画の元ネタとなった動画は知ってました。ライトを消したら見えて、点けたら消える不気味な影。この一発ネタでどうやって映画にするんだろうと思っていたが、想像よりはちゃんと作ってました。時折見られる大音量で脅かす手法は気にくわないが、ストーリーがシャンとしてるんで一通り見れる映画にはなってます。これはジェームズ・ワンの功績だろうか?それともアナベル続編の監督に決まっているデヴィッド・F・サンドバーグの功績ならば今後に期待できるのだが。凡百の映画だとパトカーで警官が現れれば映画終了だが、この霊は警官をもものともしない圧倒的な強さ。拳銃も効かない演出は発展形としてお見事でした。ただオチは弱い、と言うか安易。それでは解決にならないよ。そこだけはちと残念だが、まぁ充分かと。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 6点(2016-08-27 21:16:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.61点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4211.11%
5738.89%
6527.78%
7422.22%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS