Menu
 >
 >
 > さざなみ

さざなみ

45 Years
2015年【英】 上映時間:95分
平均点: / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマロマンス
[サザナミ]
新規登録(2016-10-27)【JAPANESE. 551】さん
タイトル情報更新(2018-04-23)【皐月Goro】さん
公開開始日(2016-04-09
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ハイ
キャストシャーロット・ランプリング(女優)ケイト・マーサー
トム・コートネイ(男優)ジェフ・マーサー
ジェラルディン・ジェームズ(女優)リナ
脚本アンドリュー・ハイ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 寝る前に一つだけ教えて。あの時、彼女が死ななければあなたは彼女と結婚していた?――。結婚45年目を迎えた老夫婦ケイトとジェフは、人並みにいろんなことを経験しつつも今は仲睦まじく暮らしている。子供には恵まれなかったものの一匹の年老いた犬と共に過ごす静かで満たされた日々。来週の土曜日には親戚や知り合いを集めて記念パーティーを開くことも計画していたそんなある日、スイスの山奥から夫に宛ててある一通の手紙が届く。50年前、まだケイトが彼と知り合う前に付き合っていた女性の遺体が今回発見されたというのだ。氷河に凍ったクレパスに転落死したという彼女は、50年前のそのままの姿で今も氷の中に閉じ込められているという。明らかに動揺し、長年やめていた煙草を喫い始めたり、無謀なスイス行きを計画したりする夫。努めて冷静に振舞おうとするケイトだったが、それでも心の静かな泉に投じられたその小さな石は、次第に大きなさざ波となっていく…。結婚45年目にして破局の危機を迎えてしまった老夫婦の葛藤を終始淡々とした視点で見つめたヒューマン・ドラマ。妻を演じたシャーロット・ランプリングが史上最高齢でアカデミー主演女優賞の候補になったということだったので、今回鑑賞してみた。長年連れ添った夫の秘められた過去を知り、明らかに動揺しながらもそれでも凛とした姿勢を崩そうとしない彼女の気品に満ちた佇まいは確かに素晴らしかった。男と女、愛と嫉妬、そして老いとその先に待っている死…。一組の老夫婦の姿を通して人生のやるせなさを優しく照射するその眼差しは最後まで心地よい。そして最後、妻に向けて感謝の言葉を述べて涙する夫と対照的に何処か冷めたままの妻。いつまでも過去の幻想に囚われる夫とどこまでも未来に目を向ける妻。どんなに長く一緒にいようとも永遠に分かり合えない男と女の心のありようをうまく表していて、同じ男として身につまされるものがある。派手さはないものの堅実に作られた良品と言っていいだろう。ただ、もう少し心に残る印象的なエピソードなりシーンがあればもっと良かったと思わなくもないが。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2017-05-07 22:56:31)
3.夫婦間の亀裂がだんだん広がっていく様を描いたドラマとしては、クロードチアリと桃井かおりが夫婦を演じた昔のドラマの方が、衝撃的なラストを迎える。しかしながら、主人公の70近くにしてあのスタイル、立ち居振る舞いは驚異的。それだけでも一見の価値あり。
代書屋さん [DVD(字幕)] 6点(2017-04-27 22:35:00)
2.《ネタバレ》 これは結婚と老いの話なのだが、一人の男をめぐる女たちの"情念"の物語とも思えた。結婚45周年の記念パーティを目前に、男の元に大昔にクレパスで死んだ恋人からの手紙が見つかる(届く)。その出来事はケイトの心に小石を投げたように波紋となり、やがてさざなみのように、心に大きく広がっていく・・。死んだ女の怨念がひたひたと男を追いかけてきて、満を持してその姿を現したような、考えみれば怖い話だと思う。本作は、老いてなお美しい、シャーロット・ランプリングの終始諦めたような眼差しが印象的でした。部屋で音楽に合わせて踊る二人。ベッドで抱き合う二人。ここまでは、自らに幸せであることを言い聞かせているような、夫婦生活に戸惑いを感じさせる瞳でした。そしてラストシーン、抱き合いながらも遠くを見つめる彼女の虚ろな視線と表情は何と形容すべきだろう。見つめるその先には、若さも美貌も永遠に氷づけで眠った女の亡霊が見えるのか。おそらく彼女の心には愛への懐疑心や嫉妬が渦巻き、果たして結婚とは一体何なのかと一生自問自答するのだ。 言葉では言い表せない負の感情を、シャーロット・ランプリングは(演技で)表現しきったと思う。陰の大女優にして孤独の女王、まだまだ健在なり、と言えよう。
タケノコさん [映画館(字幕)] 7点(2016-12-12 23:26:53)
1.《ネタバレ》 邦題のほうが物語を言い表していて齢70にして枯れていないシャーロット・ランプリングに惹きつけられた作品。結婚45周年パーティを間近に迎える夫妻の様子からは共に穏やかに齢を重ねてきたと思われる。50年前にクレパスに滑落死した結婚を考えていた彼女の遺体発見の報を受けて彼女を懐かしむ夫に心掻き乱されてゆく妻の様子が丹念に描かれている。妻の嫉妬に共感できる部分もあるが度が過ぎているように見えた。二人の今後を想像させられるラストショットが秀逸。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 6点(2016-11-03 01:57:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6375.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
主演女優賞シャーロット・ランプリング候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS