ジェーン・ドウの解剖のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジェーン・ドウの解剖
 > (レビュー・クチコミ)

ジェーン・ドウの解剖

[ジェーンドウノカイボウ]
The Autopsy of Jane Doe
2016年【米・英】 上映時間:86分
平均点:7.11 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-05-20)
ホラーサスペンスミステリー
新規登録(2017-06-06)【カジノ愛】さん
タイトル情報更新(2017-07-09)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドレ・ウーヴレダル
キャストブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)トミー・ティルデン
エミール・ハーシュ(男優)オースティン・ティルデン
配給松竹(松竹メディア事業部)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 広げに広げた大風呂敷。嫌な予感はありましたが案の定といいますか、オカルトで畳むなら、そりゃ畳めるでしょうよというのが率直な感想。また生還要件が付されていないのも個人的にはマイナス査定でありました。最初からオカルトホラーと知っていれば、もう少し好意的な感想になった可能性はありますが。『ジェーン・ドゥ』の言葉の意味を知れたので、ひとつ勉強になりました。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 5点(2018-11-30 22:57:11)★《新規》★
18.みなさん、意外と評価高いのね。もっと、謎解き冒険バラエティーなのかと思ってた。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-11-23 00:04:44)
17.《ネタバレ》 ホラーって、現実にあり得る設定で怖がらせるパターンと、ありえないパターンがあるけど、こちらは後者だったんですね。遺体の解剖という設定からもっと現実的な内容だと思っていました。ということで途中からちょっと白けてしまい怖さもあまりありませんでした。あと、とにかく暗いシーンが多くて何が起こっているのか判別しづらいことが多かったです。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-11-18 09:15:24)
16.なんの予備知識もなく見ました。
今回はあえてネタバレ無しでシンプルに。

ホラー映画は世の中に沢山ありますが、その多くは半分ネタで観るようなものだったり怖いというよりグロかったり…で純粋に怖い映画というのは実はあまり多くないような気がします。近いところでは「すごく不気味」だとか…これも怖いとは少し違うと思うのです。
しかしこの映画は観ている途中にとにかく怖いのです。
個人的には最近これだけ怖いと思いながら観た映画は記憶にありません。
(いい意味で)ちょっと変わった怖い映画を観たい人にはぜひおすすめの映画だと思います。

あと、ジェーンドゥ役の女優さんはなかなか大変だったんじゃないか…と思います。ついでに言えば美人だしおっぱいの形もなかなかいいので、これから彼女にはがんばっていただきたいと個人的には思います。
おわり。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 8点(2018-11-10 19:00:58)
15.《ネタバレ》 大変申し訳ないがホラーとしてはあまり怖いと思わなかった。最初のドッキリには呆れたが、本番になっても型どおりの怖がらせだけでそれほど刺激的でもなく、わざと怖くないように作ったのかという気もした。プロットとしてもよくある話のように思ったが、根本原因だけは少し意表をついていた。アメリカ人なら誰でも知っている事件だろうが邦画ホラーでは出て来ようがない発想である。
この映画の見どころは、何といっても題名の死体である。最初は土中にゆで卵が埋まっていたような印象で、その白い身体を男連中が勝手にいじくり回して滑らかな肌を切り開くというのが痛々しい。最初は単なるsleeping beautyだったが、目を開けてみると思わず惚れてしまいそうな微笑の美女になり、次に口を開けたところは驚いたような顔だったが、解剖が始まってみると悲しげな顔にも見えて、自分の身体にこんなことをされるのは誠に遺憾という表情のようでもある。基本的には被害者顔に見えたのが愛おしく思われたが、最後になると気高くも見える顔になっていたのがまた美しい。一応見終わってからも、また彼女に会いたくなったというのはもう呪われている。
死体以外では「スタンリー」というのがなかなか愛嬌のある奴だったが残念なことだった。
くるきまきさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-11-09 19:41:44)
14.低予算映画なのだと思うのですが、エクソシスト並みに怖かったです。
カメラワークが上手なんだと思うんですが、のっけから心臓止まるかと思いました。
ホラーは、夜に、暗~いところで見た方が断然雰囲気出ますね。
怖くて怖くて、泣きそうでした。
ただ、あの女優さんはどこからどこまでが本物なのかな?とか気になりました。
R.P.さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-11-09 18:10:01)
13.《ネタバレ》 映画のタイトル通り、解剖に焦点を当てたホラー。
人体を解剖するシーンは非常によくできていて、気持ち悪くて楽しめる。
解剖していくごとに次々出てくる謎、といった展開も引き込まれる。
超常的な存在、モンスターの肉体を解剖するなんて今までになかった映画。
ただ、遺体が魔女なんだ、って分かってから後は、平凡でひねりもなく、盛り上がりに欠ける展開であったのが残念。
死体役の人が綺麗でよかったけれど、すきっ歯なのだけは、萎えたなあ。
ぽやっちさん [地上波(字幕)] 7点(2018-11-07 09:23:58)
12.面白かった!久々にこんなに引き込まれる映画を観ました!全くの前知識なしで見るのが良いですね。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [インターネット(吹替)] 10点(2018-10-25 17:53:42)
11.YouTubeの#2アイチャンネルで紹介されていて知りました。端的に書くとホラーとミステリーの要素がバランスよく、雰囲気映画としても非常に素晴らしい作品でした。オープニングの女性捜査官の言葉がラストに合致する部分やラジオ&歌も効果的に使われていてGoodです。結局よく判ったようなよく判らないようなラストもハナマルに感じました。

ただし、一発芸的な映画ではないものの、ネタが割れてしまうと何度も繰り返して見たいと思わせない軽さが残念でした。ジェーンドゥさんの顔や裸体は綺麗なので何度でも見たい雰囲気がありますが、映画自体は何度も見て深く探求するようなタイプのものではないと思います。

結局何だったの?という素朴な疑問も残りますが、そこで留めたことがこの映画を二流にしていない所以と思われます。怖い&グロに耐性ある方はぜひ一度お試しください!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 8点(2018-10-25 10:45:00)
10.《ネタバレ》 面白かったー。この映画を一言でいうなら、解剖ホラー。1体の身元不明の女性の死体を、検死官の親子が調べていく過程がおもな展開。解剖とゆう状況だけにしぼって、それをホラー仕立てにするなんて、そんな映画、あんま観た事ない。うん、これはたしかに新感覚だ。しかも、それがよく出来てる。死体を調べていけば調べていくほどに、不思議な部分が多く、それを不気味でおぞましい演出でグイグイ見せてくる。謎の真相も僕好みでした。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 10点(2018-10-20 09:48:55)
9.後半のいかにもホラー的な展開がちょっと残念と感じるほど、前半の解剖シーンは緊迫感があった。とにかく美しい遺体と、その見せ方に7点。
nojiさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-10-18 23:54:20)
8.科学では説明できない話。まさにアンビリーバボー!

これはヤバいですね。怖がらせ方が上手すぎるんです。ホラー映画の基本を抑えまくってる。それでいて謎の遺体の秘密を解き明かして行くという大筋があり、興味を引きつけまくるもんだから飽きさせない。

遺体を解剖するというだけで怖いのに、あの遺体の不気味さは反則!顔面のクローズアップをサブリミナル的に連打してくるのもズルい!いつ動き出すかわからないし、頼むから目を閉じてくれ〜と思った。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 8点(2018-07-30 20:24:48)
7.《ネタバレ》 一家惨殺事件が起きた一軒家の地下から発見された一体の遺体。一糸まとわぬその美しい女性の遺体には身元の特定につながるものは一切なく、また外傷さえないため死因の特定すら難しかった――。事件を担当する保安官は、死体の正体を探るため、親子で検死官を務める古くからの友人の元へと送り届けることに。さっそく仕事に取り掛かった親子だが、その美しい〝ジェーン・ドゥ〟の身体を開いてみると驚愕の事実が次々と明らかとなるのだった…。いったい彼女の身に何が起こったのか?謎に満ちた彼女の本当の正体とは?そして、解剖を担当することになった検死官親子は無事に死因を特定することが出来るのか?一体の美しい死体を巡って、死体安置所で繰り広げられるそんな恐怖の一夜を描いた新感覚ミステリー・ホラー。いやー、久々にこんなにも怖くて、しかもちゃんと面白い映画を観てしまいましたわ~。もう最初からどんどんと惹き込まれ、あれよあれよといういう間の充実した80分。物凄く完成度が高いです、これ。何より、物語の重要な要となる〝ジェーン・ドゥ〟の死体が驚くほど美しい!この役を演じた女優さん、ずっと全裸で死体安置所に寝転がってるだけで一切台詞がないのに、この存在感は凄いですね。もう、このお方のフェティッシュかつグロテスクな魅力だけで1点追加ですわ。なんたってヌードどころか身体の中身まで晒しちゃってますからね(笑)。監督は過去に快作『トロール・ハンター』を撮った、アンドレ・ウーヴレダル。その前作もフェイク・ドキュメンタリーという体裁を取りながら、それを逆手に取ったユーモラスな作風でなかなかセンスを感じたけど、こちらもまた違うセンスをビシバシ感じました。うん、今から次作が楽しみな今後大注目の監督の一人となりました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2018-07-21 22:11:51)(良:1票)
6.《ネタバレ》 予備知識ゼロ、鑑賞理由はジェーン・ドウを演じる女優さんのルックスだったという不謹慎な私。
この点では大満足(馬鹿)でした。
この女優さん、Olwen Kellyさんと言う方だそうです。
Webで画像検索すれば皆さん納得されると思いますが、綺麗な方です。
他の出演作を観てみたいですねぇ。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-05-23 12:52:23)
5.《ネタバレ》 解剖という題材ですが、そこまでグロ要素は強くなく見せ方で怖さを演出していて良かったです。(自分はグロ頼りの映画は嫌いなもので)前半はホラーというよりサスペンス風でグイグイ引き込まれました。後半からホラーティストに切り替わり前半と比べるとやや失速気味になりますが、エレベーターが半開きの状態で閉じ込められるシチュエーションなどホラー好きには堪らない絵でニヤニヤしてしまいました。全体的に監督のセンスが光る良作、最後にもう1つ何かインパクトのあるものがあれば9点10点つけてもいいかなと思います
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-05-11 00:24:31)
4.《ネタバレ》 とてもシンプルで美しいホラー。

親子が営む葬儀屋(解剖室 兼 死体安置所)で、ある身元不明死体(ジェーン・ドウ)をめぐって得体の知れない恐怖が親子を襲う。
ほぼ全編が地下の解剖室で展開するところは密室劇のスタイルで緊張感がある。
特筆すべきは《耽美的》とも言える撮影で、解剖というゴアな要素をそれとは対極のクールな映像で見せており、ホラーでありながら医療サスペンスのような雰囲気を作り出している。
だから表面上のオチは超自然的要因なのだが、仮に脳障害を起こすウイルス感染病だったというオチでも違和感はなかっただろう。

終盤の展開は正直いって凡庸。謎が解けるまでのクオリティーの高さから傑作を期待しただけに評価は逆に下がった。
アンドレ・ウーヴレダル監督の次回作には期待したい。
墨石亜乱さん [DVD(吹替)] 6点(2018-03-20 01:50:38)★《更新》★
3.《ネタバレ》 グロ耐性が低い人にはしんどい映画化もしれませんが、正直言ってしまうとこれは掘り出し物でした。前半は推理ミステリー仕立てで話が進み、後半は怒涛のホラー展開。低予算・B級にしてはブライアン・コックスやエミール・ハーシュといったそこそこ名が知られて俳優を起用しているので?でしたが、あの『トロール・ハンター』を撮った監督のハリウッド進出第一作だったんですね、納得しました。家業で解剖検視と火葬を営むなんて日本じゃ想像もつかない話ですが、アメリカのど田舎だったらこういうのもありなんでしょうね。そして怖がらせ方が実に上手い。死体の足首に鈴をつける由縁なんか、とても効果的な伏線になっています。カーブ・ミラーに映る人影や猫の死など、説明過多にならないストーリーテリングも好みでした。 でも何とも壮絶なのはジェーン・ドゥ、つまり死体を演じた女優で、文字通り全編にわたって全裸の死体で押し通してしまいます。もちろん死体だから身動き一つせず、解剖台に載せられる時と瞼をこじ開けられるところだけしか身体が動きません。もうこれなら別に女優を使わなくても精巧なダミー・ドールで撮影することもできたんじゃないでしょうか。まあここまでの死体演技(といっても動かないだけですが)を見せてくれる映画は正直初めて観た気がしますし、彼女の女優根性には脱帽です。
S&Sさん [DVD(字幕)] 7点(2018-03-07 22:41:16)
2.《ネタバレ》 なんの予備知識もなしに鑑賞。
外傷のない綺麗な女性の遺体が発見され、検視にかけられるわけですが、
入り口だけ見ると謎解きサスペンス映画みたいな展開なんですねよね。
舌が切られている、変な糸が出てくる、胸を開いて見ると、、、、てな具合に。
親子の解剖医の見事な推理で、これから犯人を突き止めていくのだなと思っていたら、全然違う方向にいくわけです。
あぁ〜、そういう風になるのねぇと。いうならば、「呪いの人形」の人形を遺体に置き換えみたいなもんです。
魔女だの呪いだのってなってくると、ホラーとしてなんでもありな展開になるので
個人的にはあんまり好きじゃないんですけど、本作は解剖がすごくリアルなのと、ジェーン・ドゥが美人であること(これ重要)、
そして怖がらせ方もなかなか巧くて、ホラーとしてもそれなりに楽しめたこともあり、
結果としてはまずまずの佳作だったかなと。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2017-10-14 22:00:00)
1.《ネタバレ》 ホラー要素がふんだんで、何度も鳥肌が立った。「解剖」という仕事をテーマにするのが目新しくて、中盤まではサスペンス的で本当に楽しめた。
このままお仕事映画になると思いきや、親父が斧持ち始めてから全てが崩壊。そこからのトーンの軽さに最早笑ってしまった。映画の着地点、つまりジェーンの正体が実は○○だった、というオチは好き。
カジノ愛さん [映画館(字幕)] 5点(2017-06-07 00:42:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 7.11点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5315.79%
6421.05%
7526.32%
8421.05%
915.26%
10210.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS