Menu
 >
 >
 > 散歩する侵略者

散歩する侵略者

2017年【日】 上映時間:129分
平均点: / 10(Review 5人) (点数分布表示)
アクションドラマホラーサスペンスSFラブストーリーコメディ戯曲(舞台劇)の映画化
[サンポスルシンリャクシャ]
新規登録(2017-07-16)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-09-13)【イニシャルK】さん
公開開始日(2017-09-09
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督黒沢清
キャスト長澤まさみ(女優)加瀬鳴海
松田龍平(男優)加瀬真治
恒松祐里(女優)立花あきら
長谷川博己(男優)桜井
前田敦子(女優)加瀬明日美
満島真之介(男優)丸尾
児嶋一哉(男優)車田
光石研(男優)鈴木
東出昌大(男優)牧師
小泉今日子(女優)医者
笹野高史(男優)品川
脚本田中幸子
黒沢清
音楽林祐介
和田亨(音楽プロデューサー)
撮影芦澤明子
製作松田美由紀
日本テレビ(2017『散歩する侵略者』製作委員会)
日活(2017『散歩する侵略者』製作委員会)
WOWOW(2017『散歩する侵略者』製作委員会)
松竹(2017『散歩する侵略者』製作委員会)
読売テレビ(2017『散歩する侵略者』製作委員会)
ポニーキャニオン(2017『散歩する侵略者』製作委員会)
配給松竹
日活
特撮浅野秀二(VFXプロデューサー)
美術安宅紀史
編集高橋幸一
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 映画を観て納得できない箇所が多かったのでその後小説を読みました。
「散歩する侵略者」というタイトルではあったが映画では「散歩」があまり強調されていない
病院が「感染者」で溢れているのは真治が散歩した回数と比例するはずなのに、それが分かりにくかった

長澤まさみをはじめ役者の人達はとても素晴らしかった(児嶋を除く)
そのイメージで小説を読むと面白かった

映画は無駄な努力が多いし分かりにくく説得力がない
小説のような終わり方だと、それはそれで非難されると思うので、苦しみは理解できますが。
かのっささん [映画館(邦画)] 5点(2017-09-21 12:10:28)
4.《ネタバレ》 如何にも胡散臭そうな東出昌大の牧師や、得体の知れない笹野高史が現れたりしただけで笑いがこみあげてくる、絶妙なキャスティングが多数。
恒松祐里のアクションが素晴らしく、登場人物の歪な歩行は不謹慎な笑いを誘い、終盤の海辺と空の独特な終末感が心をゾクゾクさせる。
ちょっとしたジャンプカットの数々も何となくSF的なアクセントに感じられて心地いい。
これらの見どころだけで映画として十分と思う。

などと言いつつ、やはり何よりも長澤まさみが絶品。あの駐車場での感動的な一言こそ映画の最高潮である。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 8点(2017-09-15 00:04:30)
3.《ネタバレ》 9/25 2度目の鑑賞。(他に観たい作品あるのに何故かまた観てしまった。アホだ・・・)
初見時点数4→翌日6→今8

これは2回目から面白くなるタイプの映画だったか。
いや、初見時期待感を上げ過ぎるとこうなる事がある。よくある。

とにかくこうなtって来るともう松田龍平が宇宙人にしか見えないよね。
あんなにマッタリした感じで本当に侵略する気あるのか?と疑問に感じるのは変わらずだが、少女に寄生した宇宙人は気性が荒い事から、彼らにも色んなタイプがいるんだなという事で納得する事にした。

ジワジワと異変が起きていることが分かる展開はゾクゾクするし、かといってシリアスすぎず、全体的にコメディタッチなのが絶妙!突然画面が暗くなって不安を煽ったり、病院での長回しによるパニック描写などは黒沢清らしくて好き。
光石研の「キーーン」は何回観ても笑える。ここだけで10点やりたいぐらい。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2017-09-12 23:25:18)
2.《ネタバレ》 返り血を浴びた侵略者が、車が飛び交う道路のど真ん中を悠々と"散歩"する。次々と激突して横転する車を後に、女は一瞬冷たく微笑んだ。この強烈なオープニングにまずやられました。黒沢清監督の映画としては大胆なSFであり、同時に今回はコメディ色が濃いのも特徴。特に、賢いのか間抜けなのか、最後までつかめない長谷川博己のキャラが秀逸で、桜井と天野少年の絡みは可笑しくて仕方がなかった。(監督の映画でこんなに笑ったのは記憶にありません) なぜか、「CURE」の役所広司と萩原聖人の全くかみ合わない会話を思い出しました。概念を吸い取られた人間の変わりようも笑いを以て描いているが、実はこれこそ最もたるホラーでしょう。突然ぐにゃっとなってしまって、姿はそのままだがもうすでに心は抜き取られてる・・。怖い怖い。真治が愛の概念を吸い取ろうとして、脳内変換オーバーフローによって失敗し、鳴海は(その時点では)無事だった。これは素直に、愛は計り知れない、という解釈をしたい。まあ、それほど深淵なその言葉の概念を、牧師さんはまるで安全標語のスローガンのように棒読みしたわけですが・・(笑) 夫婦、岸辺、不安げな空の色、戦慄の中にも懐かしさ漂う音楽。監督ご自身が強いこだわりのあるモチーフを踏襲しつつ、(同時にファンが期待しているもの、と言える) 見たことがない世界をまた魅せてくれた。毎回思うのですが、監督の思考回路は一体どうなっているのか。その頭の中にある、「映画」という概念を覗いてみたいところです。
タケノコさん [映画館(邦画)] 8点(2017-09-12 00:36:12)(良:1票)
1.《ネタバレ》 CUREは概念の変容、今作は概念の喪失を物語の軸としている。
どちらも人間性からの、そして自分自身を縛る抑圧からの解放を映し出す。
人間は概念に縛られ、抑圧されながら生きていて、それを喪失させ人間性から解放される事が人類の幸福となり、その結果が人類の滅亡に繋がるという強烈な皮肉。心の奥底では皆が望んでいるかもしれない、恐ろしくも理想郷的な世界をこの映画は容赦無く描く。
ラスト近くのホテルの場面。そこまであえてありきたりなラブストーリーの流れを踏襲させミスリードをする。そこから「愛」の概念を奪われても何も変わらなかった事で、夫への愛はなかった(おそらく真治は友愛や博愛などを貰ったのではないか)事を思い知った鳴海が絶望する場面へと繋がる。
自分の人間性の欠如を突きつけられ、正気であるがゆえに、その現実から逃れられない恐怖は、自分にとっては決して人事ではなかった。
そしてそれは「愛」という言葉の多面性、欺瞞性、巷に溢れるラブストーリーへの皮肉をも含まれていた。
終始あくまでもエンターテインメント性を保ちながら、SF、人間ドラマ、コメディ、ラブストーリーの皮を被った中にあるホラーを描く手腕。
黒沢監督の映画特有の、風に揺れるカーテン、扇風機、遮蔽物を隔てた別空間の表現。異空間としての車、車外風景。明暗のコントラストとその変化。旋回する飛行機。廃工場、不吉さの象徴である病院などの映画的記号。
手で窓を壊してから警官を銃殺する場面の意外性や、冒頭のトラック横転、歩道橋の追跡カットなどに代表される、空間と時間の持続と大胆な省略を利用した偽装などの魅力的な映画的な映像表現もあった。
ちゃじじさん [映画館(邦画)] 8点(2017-09-10 00:39:21)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
600.00%
700.00%
8480.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS