サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶
 > (レビュー・クチコミ)

サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶

[サスペクツダイアリースリカエラレタキオク]
The Adderall Diaries
2015年【米】 上映時間:87分
平均点:3.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマ法廷もの犯罪もの小説の映画化エロティック
新規登録(2017-10-28)【かたゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストジェームズ・フランコ(男優)スティーブン・エリオット
エド・ハリス(男優)ニール・エリオット
アンバー・ハード(女優)ラナ・エドモンド
クリスチャン・スレーター(男優)ハンス・ライザー
ウィルマー・バルデラマ(男優)
音楽マイケル・アンドリュース〔音楽〕
製作総指揮ロバート・レッドフォード
制作ジェームズ・フランコ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 かつて父親に虐待されたという過去を持つ男がその経験を基に自伝を執筆、それがベストセラーになるものの内容の重要な部分に虚偽が含まれていたことが判明し、一転して追い詰められていくというお話。ジェームズ・フランコやエド・ハリスといったなかなか豪華な役者陣が名を連ね、製作総指揮にはなんとロバート・レッドフォードがクレジットされています。とはいうものの肝心の内容の方は、最後まで何がしたいのかさっぱり意味不明な作品でありました。題名にもなっている主人公の本当の過去を巡るミステリーなのかと思いきや、途中から全く関係のない妻殺しの男のお話が挿入され、それが一つに繋がっていくのか言うと最後までそうでもなかったりで、観ていてとてもイライラさせられます。はっきり言って観るだけ時間の無駄の凡作でした。無駄に豪華な役者陣(エド・ハリス、禿げたなぁ笑)に+1点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2017-10-29 23:14:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 3.00点
000.00%
100.00%
200.00%
31100.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS