名探偵コナン ゼロの執行人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > 名探偵コナン ゼロの執行人
 > (レビュー・クチコミ)

名探偵コナン ゼロの執行人

[メイタンテイコナンゼロノシッコウニン]
2018年【日】 上映時間:110分
平均点:5.45 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-04-13)
公開終了日(2018-10-03)
サスペンスアニメシリーズもの犯罪ものミステリーTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2018-01-03)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-03-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督立川譲
高山みなみ江戸川コナン
山崎和佳奈毛利蘭
小山力也毛利小五郎
古谷徹降谷零 安室透 バーボン
山口勝平工藤新一
林原めぐみ灰原哀
岩居由希子吉田歩美
大谷育江円谷光彦
高木渉小嶋元太/高木刑事
緒方賢一阿笠博士
茶風林目暮十三
井上和彦白鳥任三郎
湯屋敦子佐藤美和子
千葉一伸千葉刑事
松井菜桜子鈴木園子
高島雅羅妃英理
岸野幸正黒田兵衛
飛田展男風見裕也
上戸彩橘鏡子
百々麻子栗山緑
川島得愛日下部誠
冨永みーな岩井紗世子
中友子防衛大臣
浦山迅総理大臣
志村知幸部下
鳥海勝美一課長
岡村明美アナウンサー
原作青山剛昌
脚本櫻井武晴
飯岡順一(ストーリーエディター)
音楽大野克夫
作詞福山雅治「零 -ZERO-」
作曲福山雅治「零 -ZERO-」
主題歌福山雅治「零 -ZERO-」
製作久保雅一
小学館
読売テレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
企画諏訪道彦(企画プロデュース)
制作トムス・エンタテインメント(アニメーション制作)
配給東宝
作画須藤昌朋(キャラクターデザイン/総作画監督)
立川譲(絵コンテ)
編集岡田輝満
録音浦上慶子(録音監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.意味がありそうでないタイトル、もう飽きてきたのですがそれでもみてしまう・・・中毒か
HRM36さん [インターネット(邦画)] 3点(2019-05-02 12:33:26)《新規》
10.歴代大ヒットの記録に残っても記憶には残らない。"安室の女"というワードが一時期流行った通り、安室透にフォーカスした、若い女性客をターゲットにしたキャラ映画としての作りがヒットに繋がったが、メインの推理物をやりたいのか、ボーイズラブを匂わせるような複雑な人間関係を描きたいのか、恒例の現実離れしたドデカいスペクタクル・アクションをやりたいのか、グチャグチャでもう分からない。謎解きの快感など何の味わいもない。長期の人気シリーズならではの手詰まり感が出てきており、原作者からすれば「もう終わらせてくれ・・・」に尽きるだろう。以降の次回作も婦女子をターゲットに100億を狙うヒットをすればするほど、望んだ完結からさらに遠ざかっていく。ゴールが明確な作品であるだけに、ただ消費されて飼い殺されているようで哀れだ。
Cinecdockeさん [地上波(邦画)] 4点(2019-04-27 23:47:00)
9.評価高いんだねぇ~……。

いつも思うんだが、名探偵コナンのシリーズって、誰に見せたいんだろう?
子供向けにしちゃあ事件の背景や動機がドロドロし過ぎてるものが多いし、
大人向けにしちゃあ、在り得ない設定だったり、背景や動機およびトリックがお粗末。
サスペンス、SF、ファンタジーなどなどを、「漫画&アニメのエンターテインメントだから」と都合良く詰め込んで、そのくせ本格推理モノを気取った作りが、ちょっと鼻に付く。

今回も、公安の三つ巴やら、浅く中途半端なラブストーリーやらでけっこう面倒臭い背景に、「えっ?」と訊き返したくなるような動機。
クライマックスは「マンガやな……」と声が出ちゃうほど、如何にもアニメな大立ち回りで大団円……。

ま、これで喜ぶ人がいるんだから、それはそれで良いんだろうけどさ……。
TERRAさん [地上波(邦画)] 3点(2019-04-27 16:02:12)
8.登場人物間の関係がやや複雑な割に、謎の解決にカタルシスはそれ程感じない。
映画館向けなのだろうか、まあこんなものか、
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2019-04-27 13:13:22)
7.《ネタバレ》  おお、面白いやん!これでコナン映画で好きな作品が「摩天楼」「絶海」「ゼロ」と3作になりました。
 話、人物相関および人物の立場と思惑がそれぞれ複雑なため、お子様には若干難しいかも。
 構成がちゃんとしており、推理パートがキッチリあり、テーマ性があり、身内が巻き込まれ、安室が活躍し、ドローンや無人探査機の帰還や爆破テロやサイバーテロなどの現代要素が入れ込まれ、映画ならではの規模の事件、アクション、映像クオリティが相まって、飽きさせず目が離せない満足のいく作品でした。

 本作は公安警察、公安検察がメインとなっており、公安警察側として安室が、公安検察側として日下部検事が対立軸として描かれる。そこに、本作のキーパーソンである橘弁護士、および羽場氏がそれぞれ公安警察、公安検察の「協力者」として重ね合わせられるわけだが、その描き方、構図が上手い。また、某「純黒」のように「あれ?安室さん別に登場させる必要無かったんじゃね?」ということがなく、安室さんもキッチリ事件に関わっている立場であることから、登場し、メインキャラクターとして活躍することに違和感がない。安室さん、こりゃあ確かに人気出そうだ。

 前半の、事件発生→逮捕→送検→起訴→公判前までパートも、小五郎のおっちゃんが容疑をかけらていることから普通に面白い。安室とコナンを2人同時に立てようと思えば小五郎のおっちゃんの推理ショー展開にはできないから、映画の構成的に上手く要素を使ったと思える。また、逮捕→送検→起訴までのある程度具体的なやり方や警察庁警視庁検察庁それぞれの公安部の説明、公安警察と公安検察の実質的な上下関係、公安事件の特殊性まで、本当かどうかはともかくとして、個人的に興味があったし勉強にもなった。

 推理パートをキッチリ終えてからの最終版の10分はアクションシーンタイム。まあコナン映画伝統のパートであり、いわばオマケだが、アクションシーンのクオリティも中々に高かった。映像技術の進化ってすごい。いつも通りキッチリ唐突に蘭が巻き込まれるわけだが、あくまでコナンと安室の視点を重視し、無理矢理展開な格闘シーンを入れ込むことも無かったため、好印象だった。

 劇中に弁護士の勝率、的な話があったが、警察が容疑者を逮捕し、事件を警察から検察に送り(送検)、検察が「よっしゃ裁判するぜ!(起訴)」と判断する流れとなるため、つまるところ検察からすれば「有罪に決まってるやろ」という事件しか起訴しない、言い換えれば基本的に検察が自信ある事件しか裁判の場に出てこないわけだから、「90%は弁護士は負ける」というのは至極当然の話、っていう。弁護士の仕事は有罪を無罪にすることじゃなく、有罪は有罪なんだけど刑の重さを軽減すること、らしい。
53羽の孔雀さん [DVD(邦画)] 8点(2019-01-24 21:29:26)
6.《ネタバレ》 コナンが好きだから不満はないが、結構複雑な人間関係を理解しきれなかった。終盤まで結構シリアスにきてたのに最後の最後にコナン節炸裂でやっぱり最後はこうなのかと思ってしまった。
ぷるとっぷさん [DVD(邦画)] 7点(2018-10-21 14:14:19)
5.《ネタバレ》 実は劇場で見た時には良く分かんなくて、DVDになるのを待っていたが、もう一回見ても公安警察と公安検察の違いなどよく分からない。だが、どちらも自分の属する組織の都合で民間人を平気で犠牲にする腐った連中だという事は分かった。こういう組織が必要だという事は、それらのない普通の警察と検察の制度では、社会制度がちゃんと機能しないという事で、少年少女たちに見せる物語としてはいかがなものかと考えちゃったりもする。
そう考えると、我らの少年探偵団たちが、ドローンで日本を救うのは良い展開で、「君らがこの国を守るのだ」と言う阿笠博士のセリフは泣かせる。
それにしても今回は安室さんのカーアクションが狂気じみていて、その時の表情の描写も凄い。そこもムチャだが、コナンが例のボールとシューズでカプセルを狙い撃ちするのには唖然。NAZUからデータまで貰ってやっと爆弾に近寄ったのに、その苦労が台無しじゃん。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2018-10-04 18:54:37)
4.ちゃんとコナンを観たのは、初めてかな?
公安の親玉、昔は『サクラ』と呼ばれ、今は『ゼロ』と呼ばれているらしい組織をネタにしていて、面白かったが、コナン君にアクションは少し合わないかなぁ?
あきぴー@武蔵国さん [映画館(邦画)] 6点(2018-05-22 21:36:44)
3.《ネタバレ》 前年度の「から紅」よりも良かった。
俯瞰すると、前半80点。サスペンス色が強く、良い意味で初期の頃のコナンの頃のようにワクワクできる。
後半は40点で退屈。どうもコナンにアクションシーンはそぐわないように思う。コミックでは強く感じないのだが、映画になると車での大移動や、飛躍的なジャンプなど、現実離れしたドタバタ劇が増えて盛り下がる。
カジノ愛さん [映画館(邦画)] 6点(2018-05-15 12:30:48)
2.《ネタバレ》 最初と最後は映画館で見るに値する派手なシーンがありますが、中盤は地味な内容が続き、映画館で見る意味を感じませんでした。怪盗キッドや服部平治が出るときの映画のようなおちゃらけたシーン、笑えるシーンが少なく、地味で暗い内容でした。特に警察組織の話や裁判の話は難しく、小さなお子様には理解できないと思います。
また、毛利小五郎がはめられた理由が納得の行かないものでした。前年の映画を見たときの最後に出てきた一瞬の予告編から期待した内容とはちょっと違っていました。蘭たちの危機をコナンが救うという展開はもう見飽きた感じ。また、東京の危機を救うのが、小学一年生が操縦するドローンというのも、失敗したらどうするつもりなのか、それでいいのか、と腑に落ちませんでした。
チョコレクターさん [映画館(邦画)] 6点(2018-04-22 11:13:21)(良:1票)
1.《ネタバレ》 約1年ぶり2度目観賞。サイバーテロ犯を公安警察が追う。お決まりのラストスーパーアクションでは、コナンの超絶ボレーシュートが墜ちてくる探査機の軌道を変える。3つの顔を持つ男、安室透の凄腕ドライビング・テク。シリアスな展開だけど、結局やってることはいつもと同じやな。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 6点(2018-04-22 01:03:50)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.45点
000.00%
100.00%
200.00%
3218.18%
419.09%
519.09%
6545.45%
719.09%
819.09%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS