ワンダーストラックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワンダーストラック
 > (レビュー・クチコミ)

ワンダーストラック

[ワンダーストラック]
Wonderstruck
2017年【米】 上映時間:116分
平均点:8.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-04-06)
ドラマミステリーファミリー小説の映画化
新規登録(2018-01-29)【皐月Goro】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・ヘインズ
キャストジュリアン・ムーア(女優)
ミシェル・ウィリアムズ(女優)
トム・ヌーナン〔1951年生〕(男優)
音楽カーター・バーウェル
撮影エドワード・ラックマン
製作総指揮サンディ・パウエル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.トッド・ヘインズ監督と言えばたまに実験的な映画を撮るという印象。
本作はもろにその実験精神が発揮された作品だった。

どこかファンタジーな物語。無声映画を思わせる白黒の映像。アメリカ自然史博物館とクイーンズ美術館で繰り広げられる少年の冒険。ノスタルジー溢れる書店。デヴィッド・ボウイの名曲「スペース・オディティ」のハマり具合。

全体的に退屈な所も多く、そんなに感動したわけでもないものの、その独特の映像センスには妙に引き付けられるものがあった。
特に巨大ジオラマとストップモーションアニメにて語られる少年と祖母の物語がとても素晴らしかった。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 8点(2018-09-12 11:39:36)★《新規》★
1.《ネタバレ》 半分くらいは無声映画仕様なので、観ていくうちにパズルのピースがはまっていくように腑に落ちていく。
両親と離れようとした祖母と、両親を探し求める孫。
彼の心の空白は、父の遺したジオラマと新しい友人が埋めてくれるのかな。
セリフのないジュリアン・ムーアの柔らかな表情がとても印象に残った。
冒険的な映画の作り方も違和感はなく、もう一度観たいと思ういい映画だった。
roadster316さん [映画館(字幕)] 9点(2018-07-01 00:52:03)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
9150.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS