2重螺旋の恋人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 2重螺旋の恋人
 > (レビュー・クチコミ)

2重螺旋の恋人

[ニジュウラセンノコイビト]
Double Lover
(L'amant double)
2017年【仏】 上映時間:107分
平均点:7.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-08-04)
サスペンスミステリーエロティック
新規登録(2018-08-10)【ヴレア】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランソワ・オゾン
キャストマリーヌ・ヴァクト(女優)クロエ
ジェレミー・レニエ(男優)ポール/ルイ
ジャクリーン・ビセット(女優)クロエの母
ドミニク・レイモン(女優)婦人科医
脚本フランソワ・オゾン
音楽フィリップ・ロンビ
配給キノフィルムズ
あらすじ
主人公のクロエは原因不明の腹痛に悩まされ、精神分析医の所へ通っていたが、自身の恋人にそっくりな事に気付く。実は双子だった?性格の全く異なる双子の男の間で揺れ動くクロエはやがて禁断の恋にのめりこんで行く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.終幕の”オチ”まで妙な緊張感が持続する疲れる映画。
決してつまらなくは無いが、あの”オチ”はある意味でそれまでの物語の全てを自ら全否定する様なもので、
厳しい見方をされるレビュアーの方々には駄作と判断されるかも知れない。
ヒロインの容姿に”ローズマリーの赤ちゃん”の影響が見て取れる。
もしかしたらオゾン監督は彼なりの解釈で同作を撮りたかったのかも知れない。
かなり趣味の悪いスプラッター・ムービー的な場面も有り、
また女性の妊娠と言う出来事が物語を構成する上で大きな要素を占めているので、
女性はかなり不快感を感じるのでは無いだろうか。
なので、本作はお洒落なエロティック・スリラーの様な宣伝をしているが、
鑑賞されるならば、それなりの覚悟をされてからの鑑賞をお薦めします。
たくわんさん [映画館(字幕)] 7点(2018-08-26 09:06:00)★《新規》★
1.官能と狂気の、めくるめく双子の世界。

主人公の女性は精神に異常をきたしており、自分には双子の姉が居たと信じる。
また、自身のかかりつけの医者が一緒に暮らしている恋人にソックリな事に気付く。
もしかして彼も双子なの?
できれば、双子と一緒に抱かれたいわ(注:そんなセリフはない)という妄想に取り憑かれて行く…。
段々と明らかになる衝撃のサスペンスはフランソワ・オゾンと油断していたら、クローネンバーグの映画のようなおぞましさと共に異様な展開を見せており面白かった。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2018-08-10 14:13:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS