アメリカン・グラフィティ2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アメリカン・グラフィティ2
 > (レビュー・クチコミ)

アメリカン・グラフィティ2

[アメリカングラフィティツー]
More American Graffiti
ビデオタイトル : アメリカン・グラフィティ2
1979年【米】 上映時間:111分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-04-26)
ドラマ青春もの歴史もの
新規登録(2019-01-16)【こた】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストキャンディ・クラーク(女優)デビー・ダンハム
ポール・ル・マット(男優)ジョン・ミルナー
チャールズ・マーティン・スミス(男優)テリー・フィールズ
ロン・ハワード(男優)スティーヴ・ボランダー
ボー・ホプキンス(男優)ファラオ団ジョー
マッケンジー・フィリップス(男優)キャロル
シンディ・ウィリアムズ(女優)ローリー・ボランダー
撮影キャレブ・デシャネル
製作総指揮ジョージ・ルーカス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 自宅で1作目を友人と観る機会があり、その勢いで2作目も観賞。
公開時には酷評が目立っていたが、しっかりと前作の内容を引き継いでおり、空気感は異なるものの、正統派の続編と言える。
エピソードによって画面サイズが変わるのも、時代を感じさせる上手い演出だった。
カートだけは登場せず、セリフでしか名前が出て来ないのが、残念な点。

ジョンのエピソードは、田舎町のレーサーとしての英雄譚。
時代もまだ明るい空気が漂っており、前作のイメージを一番残している。
レースでの結果は、町の連中がジョンを助けて、盛り上げて、一緒に勝ち取ったもの。この田舎町ではジョンミルナーは人気者なのだ。
北欧から来た美人の留学生とのエピソードも、ジョンらしく一筋縄ではいかないが、レース後の会話が何しろ微笑ましい。
それだけにラスト、波打つ坂道で黄色いデュースクーペが見えなくなるシーンは、胸が締め付けられる。

最も印象深いのは、戦場でのテリー。
リアルな戦場シーンにも正直驚いた。
1作目のおっちょこちょいで、臆病だったテリーの面影はなりを潜めて、仲間の命を救ったり、壮絶な(友軍の)攻撃から、
飄々と生還したりと、一人前の男として頼もしく成長している。
理不尽な上官に逆らったり、戦場離脱を企てたりという行動は、臆病風に吹かれた訳ではない。
彼の理想が戦場に無かっただけだ。
痛快にも部隊を脱した彼が、その後行方不明になってしまう件は、作品の中では直接描かれてはいない。
彼の前向きな行動と、力強い生命力。決して死ぬんじゃないぞと、祈らずにはいられない。

デビーのエピソードは、最もお気楽。
時代背景はとても退廃的でありながら、彼女の持つ素直さや、ポジティブさが、コメディパートとして息抜きとなる。
ただ「大晦日は嫌い。とても良い友人が二人も死んだ日だから」というセリフには悲しくなる。
破天荒だが、いい仲間との出会いがあり、飛び切りの笑顔が見られた、一番のハッピーエンド。

夫婦となったスティーブとローリーの喧嘩は相変わらず、それどころか激しさは増す一方。
しかし、「いちご白書」を彷彿とさせる、学生と警官隊の激突に巻き込まれる事によって、
1作目同様、結局信頼関係を強めていく、ある意味進歩していない二人に、何故かホッとする。

4年にわたる大晦日、それぞれの「蛍の光」の歌唱で締めくくられるラストは、明らかに前作より悲しい。
混沌とした時代に突入してしまったアメリカが、1962年の様に輝きが感じられないのは、この時代の日本も同様。
再上映や、テレビでの放映がほとんどない本作、確かに、前作のような爽やかさはない。
しかし時代の厳しさに翻弄されながらも、前に進む事を選んだ彼らに再会できたのは、やはり嬉しい事であった。
こたさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-01-28 08:48:31)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS