テリー・ギリアムのドン・キホーテのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > テリー・ギリアムのドン・キホーテ
 > (レビュー・クチコミ)

テリー・ギリアムのドン・キホーテ

[テリーギリアムノドンキホーテ]
The Man Who Killed Don Quixote
2018年【スペイン・ベルギー・仏・英・ポルトガル】 上映時間:133分
平均点:7.50 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-01-24)
ドラマコメディアドベンチャーファンタジー
新規登録(2020-01-15)【ぴのづか】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督テリー・ギリアム
キャストアダム・ドライバー(男優)トビー
ジョナサン・プライス(男優)ハビエル
ステラン・スカルスガルド(男優)ボス
オルガ・キュリレンコ(女優)ジャッキ
セルジ・ロペス(男優)
ロッシ・デ・パルマ(女優)
ジョルディ・モリャ(男優)
脚本テリー・ギリアム
音楽ロケ・バニョス
製作総指揮ジェレミー・トーマス〔製作〕
配給ショウゲート
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》  テリー・ギリアム作品は大好きなので必然的に点数が上がるのですが(独断と偏見により)、本作は、アダム・ドライバー演じるサンチョの物語が激熱で、このまま華々しく終わり切ったらテリー・ギリアム史上最高傑作になるのでは! と思ったのが、いつもの「こんだけ盛り上げまくって、それかい(笑)」で、9点とあいなりました(ふう)。

 ドン・キホーテ作品としては、基本の名場面は現代風にアレンジしつつ一通りポイントをきっちり押さえてるんですけど、ロスト・イン・ラ・マンチャの巨人の場面が期待通り良かったのに加えて、原作で華々しい場面であるにも限らず後半なので端折られがちな、木馬の場面が、素晴らしい映像・演出に、ギリアム独自の解釈も加わって傑出した場面になっていたと思います。

 あと、例によって、衣装や舞台の場所の絢爛豪華さは筆舌を尽くしがたいのですが(費用ががが)、スペインのお祭りやフラメンコなどのスペイン固有の民族文化的事物を積極的に取り入れることで、スペインぽい空気感を醸し出してたのが良いなと思いました。ドン・キホーテってスペインの話なのに、スペインって感じがあんまりわからないことが多かったりしたので。

 あと、未来世紀ブラジル主演のジョナサン・プライス演じる、ドン・キホーテも、まさにドン・キホーテという印象で素晴らしく、良かったです。

 話がややこしいとかいう件については、そもそも元々ドン・キホーテの話自体が、ドン・キホーテ自身がドン・キホーテの物語に言及したり贋作をこき下ろしたりするメタ的物語の先駆けですので、1600年ごろにそういう話がすでにあって、世界中で読まれてたはずなんだけどなあ、っていうところです(ノД`)・゜・。
simさん [映画館(字幕)] 9点(2020-01-31 00:48:43)(良:1票)
5.米Screen Media版 Blu-rayで鑑賞 (2019年10月8日に書いたレビューです。)

ドン・キホーテに着想を得た夢とも現ともつかない物語。というと如何にもギリアムらしいのだが...
ビジュアル面では (類似点の多い)『バロン (1988)』の豪華絢爛さとは対極。とてもストレートでシンプルな絵作り。
ギリアム作品の集客 (一般ウケ) のポイントは、奇想天外な物語。そして、凝りに凝ったビジュアル (だと思う) それ故に、今作の一般ウケは望めないかも知れない。

そもそも、初期の構想では世界を股にかけた壮大な物語になる筈だった...が
製作上の苦難・災難の数々が発生し、それ自体がドキュメンタリー映画『ロスト・イン・ラ・マンチャ』として公開されることに。

黒澤明 然り、年齢とともに監督が映画に注ぎ込める熱量は自然と落ちてくる。
今回ギリアムは、それとは別の問題で妥協してしまったように見え、完成を祝うと同時に彼の運の無さに同情してしまった。
とは言え、満足とまでは行かないが、ギリアムらしさが感じられるファンタジックな作品であることは確か。
“受け継がれる夢想家の魂”とで言うべきか、ギリアムらしいテーマにも共感できる。
アダム・ドライバー、ジョナサン・プライスの熱演も光っているし、良いタイミングでの日本公開を切に願う。

2020年1月30日《追記》
同じくアダム・ドライバー熱演の某銀河大戦完結編と公開を合わせた日本公開に、お見事!と言いたいが、本質を無視した予告編には納得できないのでチャラですね。
墨石亜乱さん [ブルーレイ(字幕なし「原語」)] 7点(2020-01-31 00:11:54)
4.【20.4.6追記】
近くの映画館でも公開された為、また2回目の鑑賞。
最初観た時よりも断然面白かった。
1回目は物語が複雑過ぎて意味わからない所もあったりしたけど、既に内容を分かっている状態で観たらすっと理解できたし、なかなか深い作品だと感じた。
結局この映画が言わんとしている事は、虚構が現実を追い越してしまった時の面白さ。可笑しさを謳っているのだと思う。

🐾🐾

いきなりメタ構造的な世界観から始まり、その後は夢と現実とも区別が付かない様な訳のわからない物語を見せられ、気付けばいつものギリアムらしい狂気に満ちた世界だったという奴。

アダム・ドライバー演じる主人公があるDVDを手に入れた事で始まる冒険物語であり、自分が過去に作り上げたドン・キホーテの世界がそのままそこに存在していて、まるで中世にタイムスリップしたかのような感覚。
この非現実感こそが最大の面白いポイントだと思った。

「ロスト・イン・ラ・マンチャ」で作ろうとしていたモノは多分全然別物だったんだろうね。そっちの作品も完成していたらどんなだったか気になりました。

さて、面白かったのか面白くなったのかというと、そこがさっぱり分からないのだ。多分面白かったと思うので8点付けますが、普通の映画ファン(←って何)には全くオススメしません。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 9点(2020-01-29 01:28:42)★《更新》★
3.往年のテリー・ギリアムファンとしては実に微妙な映画です。ドン・キホーテが彼のライフワーク、と言うより彼自身がドン・キホーテと化したと言った方が良い。この作品は彼をドン・キホーテ(狂人)とあざ笑う世間への怒りに満ちている。その気持ちは分からなくもないが、肝心の作品が面白くなくては何にもならない。ギリアムらしいビジュアルは皆無に近かった。果たして彼の後を継ぐ者は現れるのか?アダム・ドライバーのような活きの良い若者が現れてくれれば良いが。あまり一般にお勧めできる作品ではありませんが、ファンの1人としては税金を払ったので良しとします。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 6点(2020-01-25 17:37:52)
2.《ネタバレ》 やたらと攻撃的な宣伝文句を並べ立てていた作品だが、観てみると存外に普通の映画でかなり拍子抜け。いや確かに、相当に変わった映画なのは間違いないのだが、もっとラディカルに妙ちきりんな作品を期待していた、というだけなんだけど。

だが、普通に映画として観たとすると、実は別に全然アリな作品だと思う。アダム・ドライバーはまたまたかなり頑張ってるし、コミカル面も(分量が少ないのは否めないが)決してそんなに悪くはないし、何よりどこで撮影したのか知らんが、荒れ地の情景にせよ時代を感じる街並みにせよ、また終盤の舞台になる城なんか特にスゴくイイ感じの雰囲気で、正直メチャクチャ行ってみたい。

とは言え、コンセプトが何なのか、という点では、ちょっと掴み切れなかった映画なのは確か。監督の過去作を研究して、そのうち再見したい。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 5点(2020-01-25 01:50:59)
1.「ロスト・イン・ラ・マンチャ」から17年あまり。
「ドン・キホーテ」は実現出来るのか?と思っていたので。
うーん、実に感無量です。
こんなに立派になったんだねとウルウルしました。

ギリアムさんのファンなので点数は高いです。
B級のらしさがたっぷり味わえ、はぁ?と疑問な部分も楽しいし。
お話しの持っていき方もスゴーイ、ふーん、こうなるんだとワクワクしました。

ジョナサン・プライスさんのドン・キホーテ役がぴったり。
本から抜け出たような姿、なめらかな動き、クレイジー具合も素晴らしかった。
大いに拍手。

公開初日なので表現難しいですが、期待以上の楽しさだったので多くの方に観て欲しい。

フツウの方にも楽しめる佳作(どういう表現?)に仕上がっています。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 9点(2020-01-24 17:15:20)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
6116.67%
7116.67%
800.00%
9350.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS