喜劇 愛妻物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 喜劇 愛妻物語
 > (レビュー・クチコミ)

喜劇 愛妻物語

[キゲキアイサイモノガタリ]
2019年【日】 上映時間:117分
平均点:7.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-09-11)
ドラマコメディ小説の映画化ロードムービー
新規登録(2021-08-08)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2021-09-26)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督足立紳
キャスト濱田岳(男優)豪太
水川あさみ(女優)チカ
新津ちせ(女優)アキ
大久保佳代子(女優)
坂田聡(男優)
宇野祥平(男優)
黒田大輔(男優)
冨手麻妙(女優)
後藤ユウミ(女優)
夏帆(女優)
ふせえり(女優)
光石研(男優)
河合優実(女優)
原作足立紳『喜劇 愛妻物語』(幻冬舎文庫)
脚本足立紳
音楽海田庄吾
撮影猪本雅三
製作川城和実
配給バンダイナムコアーツ
あらすじ
売れないライターとその妻&娘の香川取材旅。タイトルに『喜劇』とついていますが、家族団らんでの鑑賞はご注意ください。濡れ場こそ無いものの、セリフで『セックス』連発です。いわゆる『夫婦喧嘩は犬も食わぬ』コメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 監督は自分のことを書いたんだろうか?
面白いけど、あざとい気もする。
大久保みたいなキャラはそうそういないので、
あり得そうで、あり得なさそうで、やっぱりありそうな話。
濱田岳が最高にはまり役。
ひょっとして、この役をやるために、俳優になったのでは?
と、思えてしまう。
ちょい昔なら竹中直人が演じていたところだが・・
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2021-08-10 23:40:31)
1.《ネタバレ》 妻から散々“雑魚”だ“屑”だと罵られる夫ですが、その呼び名に恥じぬ下衆っぷりを見せつけます。泥酔女に手を出そうとしたり、借り物の部屋だからトイレを汚しても構わないと宣ったり。それに“これから頑張る”と口に出す奴に限って、本当に頑張った例がありません。夫は正真正銘のダメ男でした。ただ、妻は口で言うほど夫を悪く思っていないでしょう。ふとした時に見せる優しげな顔(しょうがないなあの顔)がその証拠。それに頑なに“幸せの赤パンツ”を履き続けていることからも、夫への情がうかがえます。なお、妻も自認するように、彼女も品行方正ではありません(宿泊詐欺に試供品泥)。おそらく『貧すれば鈍す』なのでしょうが、傍からみれば『似たもの夫婦』あるいは『割れ鍋に綴じ蓋』です。それでも、妻が夫に別れを切り出した時は本気だったかもしれません。未来が見えない。ジリ貧人生は嫌だ。妻は娘を抱きながら泣きじゃくります。そんな2人にしがみ付く夫。その姿はまるで『貧乏神』のようでした。拒絶する事もできたのに、結局受け入れてしまったのは何故でしょう。実は夫を愛していたから?心の底では才能を信じていたから?いや単に諦めたのだと思います。夫の無様な姿に馬鹿負けしたのです。2人の表情変化は必見!この時一蓮托生が決定したと考えます。案外そこそこ幸せに、最後まで添い遂げるのかもしれません。『こんな人生も悪くない』と自分に言い聞かせる既婚者も、きっと多いんじゃないでしょうか。私も含めて。
濱田岳が上手いのは承知していましたが、水川あさみがここまで凄いとは今まで気づきませんでした。綾瀬はるかやガッキーなど『理想の妻』を演じられる女優さんは数多くいますが、『鬼嫁』をここまで魅力的に体現できる女優さんはそう居ないのでは。彫刻のような美しい顔なのに溢れ出る場末のスナック感。あの声、正直たまらんです。あんな迫力満点の尻に敷かれるなら本望と思わせる見事な尻、いや恐妻ぶりでありました。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2021-08-10 21:23:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS