パンチラインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パンチライン
 > (レビュー・クチコミ)

パンチライン

[パンチライン]
Punchline
1988年【米】 上映時間:128分
平均点:7.12 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
ドラマコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-12-01)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・セルツァー
助監督ジム・ヴァン・ウィック(第1助監督)
キャストトム・ハンクス(男優)スティーヴン・ゴールド
サリー・フィールド(女優)ライラ
ジョン・グッドマン(男優)ジョン
マーク・ライデル(男優)ロミオ
ポール・マザースキー(男優)アーノルド
キム・グライスト(女優)マデリーン
テイラー・ネグロン(男優)アルバート
デイモン・ウェイアンズ(男優)パーシー
マイク・スター(男優)ハンドマイクを持った男
ケイシー・サンダー(男優)Ernie the Bartender
脚本デヴィッド・セルツァー
音楽チャールズ・グロス〔音楽〕
撮影レイナルド・ヴィラロボス
製作マイケル・I・ラックミル
ダニエル・メルニック
ジム・ヴァン・ウィック(製作補)
美術スティーヴン・J・ジョーダン(セット・デコレイター/NY)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
編集ブルース・グリーン[編集]
ウィリアム・ゴールデンバーグ(編集助手)
あらすじ
スタンダップ・コミック・バーでは、毎夜、アマチュアのコメディアンが競い合う。常連コメディアン、医学生のスティーブンは人気者。主婦のライラは滑ってばかり。スティーブンは、医師の父兄を持つ落ちこぼれ。こねで入学した大学も放校に。なんとしても成功して父に認められたいスティーブンは必死。病院、バス停とライブをとばしまくる。一方のライラは、夫に反対され、コメディアンをあきらめかけている。スティーブンのライラへの助言から、惹かれ合う二人。そんなある日、いつもバーで、TVのコンテストが開かれることに…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.主人公がライラに結婚を迫る展開に若干不自然さを感じますが、若きトム・ハンクスの熱演が新鮮で光ってます。ライラ一家に癒されます。面白かったです。
ProPaceさん [地上波(字幕)] 8点(2015-03-06 22:36:34)
39.《ネタバレ》  コメディアンたちの話ですが、中身は誠実な人間ドラマですね。
 ストーリー自体はわりとありがちで、特に真新しさはありませんが、スティーヴンとライラ、映画の主役が二人いたことが映画を面白くしていたと思います。二人の結末(コメディアンとしての)が最後まで気になったのも良かったです。
 個人的には、スティーヴンが最後、何かをきっかけにスランプから脱出して、実力でライラに勝って欲しかったです。
 サリーをとりまく家族は最高でした。旦那さん、かっこよすぎでしょう。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2012-02-22 12:38:43)
38.パンチラインとは、ジョークでの予想外のオチのことを言うらしい。
スタンダップ・コメディアンという題材も、ヒロインのキャラ設定も風変わりで面白い。
内容は正直地味だし、パンチラインの効いた映画ではないけど、粗もそれほどないし、
夢を追う大人の青春映画という感じで、落ち着いて鑑賞できる作品だった。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 4点(2011-09-30 09:47:01)
37.笑いのツボが違いすぎる。
akilaさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-03 23:04:44)
36.ライラが変な髪型になって帰ってきたときのシーンはとても良い。あの旦那さん、素晴らしいと思います。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-08 00:00:22)(良:1票)
35.この頃のトムには、持って生まれた天性の「軽やかさ」が全身からあふれ出ていましたね。好きだったなあ・・・。オスカー2回もあげちゃったばっかりに、いつの間にやら存在自体も重々しくなってしまったのが彼にとって良いことだったのか悪い事だったのか・・・。「めぐり逢えたら」以降のトムに関しては、素直にファンと言えなくなってしまったのが悲しい。そんな愛すべき軽薄浮兆無責任男(←往年の植木等氏と同類項?)だった時代の、彼の代表作としてこの小品を推します。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 8点(2010-10-11 13:29:28)
34.《ネタバレ》 コメディじゃないと思うので、観てない人はご注意を。真剣にお笑いをやろうとする人々を描いたシリアスドラマだと思います。笑えるシーンはまったくありません。ハンクスが父親の観ている舞台で本音をぶちまけるシーンや、サリー・フィールドの太っただんながラスト「おれの笑ってる声聞こえたかい?」って聞くところで泣いた泣いた。サリー・フィールドって、しょぼい主婦役をやらせると、本人の役じゃないかと思うぐらいはまりますね。
かねたたきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-08-23 22:22:56)
33.《ネタバレ》 面白かったです。ジョークでいくつかわからなかったのと、スティーブンがなぜライラに惚れたのか、不明だったのがひっかかりました。あとはとっても自然で、面白くて、ナイスでした。
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-08 22:16:10)
32.結構面白かった印象。今見たら古く感じるかも。
承太郎さん [ビデオ(吹替)] 7点(2009-05-04 00:22:25)
31.《ネタバレ》 いやーーー面白かったですよ、これは。いろいろいい場面はありましたが、一番はライラ(サリー・フィールド)が美容室に行って「スゴイ」髪型になって帰ってきたとこ(笑
)あんなになったらそりゃ泣くわな~  トム・ハンクスも若くて元気がいい!病院のトークシーンは最高に面白い!! ライラがコンテスト前に旦那さん・子どもたちに自分の夢の話をするとこなんていいじゃないですか~~ 結構好きですよーこういう作品
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-04-25 15:20:02)
30.前半の2人のステージを目指す行動があんまりにも切実すぎて、その割に2人の相互理解の部分はなかなか進まないので、見ていてとても重たいのです。また、特にヒロインの側は、地味で平凡な主婦だったのが途中から何か変わってくるのかと思っていたら、最後まであまり変わりませんでした。内容と描写の方向性があまり合ってなかったのではないでしょうか。尺も必要以上に長いです。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2009-03-12 01:34:27)
29.《ネタバレ》 話術で楽しませるっていうのは今でいう綾小路きみまろや長井秀和みたいな分類に入るのかな?正直そういう類の笑いは自分には全然合わないのでイマイチ笑えませんでした。トム・ハンクスが出てなかったら見てねぇなという勢いです。80年代の映画らしい少し都合のいい展開ですがそれでもサリー・フィールドのキャラと超高速で食事を準備するシーンが好きなんだけどもそれ以外は・・・う~ん、、、。でも今の普通の人になってしまったトムよりコメディアンのトムのほうが好きです。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 5点(2008-12-05 12:12:47)
28.少しばかり消化しきれない感じでした。気の利いたオチが欲しかったところです。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-08-22 13:02:45)
27.やっぱり筋からいって肝心のネタが面白くないと一気に醒めます。それこそ本物のコメディアンからネタを買っても良かったのではないでしょうか?(買ってたりして...)
しかもコンテストでのトムのネタの時にはBGMが大きくなって、「これは本物のネタじゃないから つまらないです。面白いっていう設定で見てね」という製作者側の言い訳に感じられます。

皆さん仰る通り、トムがおばさんに恋をするのが唐突で不自然ですね。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-02-01 21:04:48)
26.《ネタバレ》 好みの問題だと思うのですが、真面目すぎるような気がしますね。何と言うか、家庭問題だとか、父子の問題だとか、変に説教じみた展開に感じました。最後の、トム・ハンクスとサリー・フィールドのオーディションでの対決は表現の難しいところですね。個人的には、あえてネタを見せないで表現しても良かったと思います。
brass ringさん [映画館(字幕)] 5点(2005-11-30 12:27:01)
25.良い話だと思うけど、ネタの部分で冷めるというかなんとかいうか・・・。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-09-09 18:19:45)
24.この頃のトム・ハンクスって良いね。持ち味発揮してたし。でも一番はサリー・フィールドかな。あんなコメディアンいたら応援したくなっちゃうね。
ゆきむらさん 7点(2005-02-01 03:03:30)
23.トム・ハンクスの映画はどれも最高!ほんとに良い俳優さんだと思います。
teruhisaさん 10点(2004-08-09 01:27:13)
22.嫌われキャラをトムが演じるのは珍しい。そういう意味でも、貴重かも。とにかくギラギラしてたし、芸人特有の傲慢さと、ある種のデリカシーの無さが、よく出ていたと思う。一方のライラは、夫の全面的バックアップも得て、「ちびまるこちゃん」や「あたしンち」系ネタで、この後、爆発的に売れそう。とても楽しい撮影現場だったに違いない。アドリブも多そうだし。ただ、自分は、この映画はコメディではなく、シリアスドラマだと思っている。トムと骸骨の標本の、さりげないツーショットには笑わされた。
水の上のハイウェイさん 7点(2004-03-04 05:01:33)
21.いい映画だと思う。「自然体」という言葉は好きではないが、監督も役者もスタッフも、みんなが肩の力を抜きながらも誠実に作ったことが伝わってくる。まるでイタリア映画のような「きっと、あの街にもある」といった、どこにでもあるであろう日常から一つのドラマを紡ぎ出していて好感が持てる。トム・ハンクスという役者は、いつからか周りがイメージする「トム・ハンクス像」というのを演じられるようになってしまい、それはプロとしてひとつのカラーを持ってる素晴らしい証明なのだが、「何をやってもトム・ハンクス」という奥行きのなさにもつながってしまってる俳優(だと思う)。ところがこの作品では、まだ若手だったせいか、「落ちこぼれの医大生だけど、夢だけはしっかり持ってる青年」そのものを実像的に演じていた。親への反発、やりたい事への自信と不安、恋への迷い。これぐらいの年代特有の、誰もが一つは持ってる甘酸っぱい思い出のいちシーンを、真正面から、体当たりでぶつかって表現している。荒削りな面も否めないが、むしろそのアバウトさが、役への現実味を与えていた。「年上の、美人でもないオバサンになんで惹かれるの?」これも、青春期特有の不可解さとしてリアリティに付与していた。
給食係さん 8点(2004-01-31 22:21:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 7.12点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
437.50%
5820.00%
637.50%
7717.50%
81127.50%
925.00%
10615.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS