シベールの日曜日のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 シ行
 > シベールの日曜日の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

シベールの日曜日

[シベールノニチヨウビ]
Sundays And Cybele
(Les Dimanches de Ville d'Avray/Cybèle ou les dimanches de ville d'Avray)
1962年上映時間:116分
平均点:7.75 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものモノクロ映画ロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-04-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督セルジュ・ブールギニョン
キャストハーディ・クリューガー(男優)ピエール
ニコール・クールセル(女優)マドレーヌ
パトリシア・ゴッジ(女優)フランソワズ / シベール
セルジュ・ブールギニョン(男優)
江守徹(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田昌子[声](日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
塩見竜介(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
千葉耕市(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
京田尚子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村松康雄(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本セルジュ・ブールギニョン
音楽モーリス・ジャール
撮影アンリ・ドカエ
配給東宝東和
美術ベルナール・エヴァン(プロダクション・デザイン)
あらすじ
インドシナ戦争での辛い過去に記憶を奪われてしまったピエールは、看護婦のマドレーヌと暮らしている。失った記憶を求め、町をさまようピエールは、ある夜、父に連れられ泣く泣く寄宿学校を訪ねる少女に出会う。“フランソワズ”と名乗る幼い少女―――「でも本当は違うの。とても綺麗な名前よ。教会の鐘の上の鶏をとってくれたら教えてあげるわ。」2人は日曜日ごとに逢うことを、約束した。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 「レオン」、「グロリア」のルーツである傑作。俺はこの作品が一番好きだな。この映画は、本当の「失う事の痛み」を知る人間にこそ見て貰いたい。
戦争の後遺症に苦しみ男、そんな男に出会ったあどけない少女との交流。戦争の痛々しさと残酷さが、二人の交流からも感じられる。
ラストの幕引きは余りにも悲しすぎる。泣いた。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-05-18 11:49:16)
50.孤独な少女と、インドシナ戦争で心に傷を負った元兵士との交流・純愛は、初めて観たとき(日曜洋画劇場)衝撃的だった。白黒の映像美が見事だが、特に凍った池の畔で遊ぶ二人の姿が印象深い。クリスマスプレゼントに自分の名前「シベール」を教えた少女。P・ゴッジが名演、H・クリューガーも素晴らしい。テレビ初放送時の、江守徹の吹き替えもよかった。山形県銘菓の会社名は、この映画に感動した経営者が名づけたそうな。
風小僧さん [地上波(吹替)] 9点(2012-12-23 21:00:02)
49.《ネタバレ》 やっと観た!
タイトルのようにちゃんと日曜日に見た。どうでもいいけど。
モノクロ映画の美しさが光る映画だった。
モノクロ映画なんて自分ほとんど1年ぶりくらいだ。
劣悪な画質のモノクロ映画ばかり見てたから嫌悪感でしばらく見なかった。
この作品は映像が美しい。
霧の中にいるようなぼやけた感じが綺麗だ。
不明瞭な景色は二人のこれからを表してるようだ。
かなわぬ恋とは悲しくも美しい。
しかしこんなありえぬ恋など叶わぬから美しいのであって、
もし実際にかなってしまったらその末路は決して見れたもんではないのだろう。
少女はなぜ風見鶏など欲しがったのか。
ただ湖のほとりを二人で散歩するだけだったらずっと幸せでいれたのに。
恋人の女性は主人公ピエールをひたむきに愛していたのでとても気の毒になったけど、
それでもあまりにも眩しい無垢な恋を前にするとその存在は少し邪魔にも思えてしまう。
大人の世界と子供の世界の比較が少しあり、
ピエールと少女フランソワズとの恋愛は男女の恋愛というよりも子供の戯れに近い(と映画の中で語られる)。
子供の戯れのような関係が美しいのはそれが儚くもまるで永遠であるかのようだから。
また父娘のようであり、恋人のようでもある何ともいえないこの二人の関係が見ていて素晴らしい。
あまりにも美しいその関係はずっと続いてほしいと思ったけど、
悲劇の予感が強まっていくとき見ているのが辛くなった。
二人のクリスマスツリーの場面では何故か禁じられた遊びの一場面を思い出した。
なんとも儚い場面だ。
まあピエールには盗癖があったみたいだし、悲劇で終わったためにこの映画は美しい物語になったと思う。
ホントこんな恋愛シチュエーションありえないし(当時は全然あったのかもしんないけど)、
もしかしたらジェ×××××ダーみたいな、全てが主人公の夢オチかとも思ったけど。
チベット音楽は好きでたまに聴くけど、この映画の中だとちょっとうるさいと思った。
何はともあれ、年に一度は見たい名作映画だと感じた。
極端な話、映画ファンなら見なきゃ人生10%の損、ロリコンなら見なきゃ人生90%の損って感じだろうか。いや、ロリコンを抜きにしても良い作品だし、本当にいい作品だからロリコンとかいう言葉では語りたくない気がする。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 9点(2012-10-09 21:28:24)
48.率直にいい映画。冒頭部分のシーンが、本作の重要なキーポイントに。
ヒロインの少女の描写がよく描けていて、演じた女の子もよかったんだけど、
主人公のほうはピュアさをもう少し前面に押し出したほうが、さらに良くなったのでは?
そういった意味では多少の想像力が必要だし、大人の女性と同棲という設定が邪魔をしている。
ラストシーンは名前を小道具代わりにうまくまとめてくれて、思わずグッときた。
製作者側のセンスを感じさせる名画。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-02 01:26:34)
47.《ネタバレ》 心の病に苦しみ壊れそうなピエールの言動並びに彼を惑わせ遂には壊してしまったシベールの言動に、「純真」の思慮も思いやりも足りない残酷な一面を見せつけられました。シベールがスラスラ吐く台詞は12歳のものではないのですが、12歳相応に言葉の重みは何もありません。全編を通して上滑りした言葉を聞かされて退屈と怒りで苦痛のひとときでありました。マドレーヌの存在感が中途半端であったのも退屈さの一因でした。
The Grey Heronさん [映画館(字幕)] 2点(2012-03-21 20:05:50)
46.ピュアです。予備知識なしに観たので、ラストに落ち込みました。
*まみこ*さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-10-22 18:35:48)
45.《ネタバレ》 「孤独な男女の純粋無垢な魂の交わり」などと表現すると大げさだろうか。ピエールと同棲していたマドレーヌは、とまどいながらも二人を見守るうち良き理解者となった。しかし残念なことに相談する相手を間違えてしまったと私は思う。
端から見るとピエールはロリコンとか変質者としか見えないのだろう。それが世間一般の常識だ。ナイフを持ったまま女の子に近づけば、結果は当然予想ができる。しかしそれがどんなに悲しいことか。ラストのシベールの叫びは、教会音楽の「ミゼレレ」と重なって、深く心に突き刺さる。
二人が会っていた湖の景色が美しかった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 9点(2011-10-08 22:55:12)
44.映像や作り方はとても良いと思いましたが、フランソワズがこ憎たらしいのと、ピエールの内面が描かれていないのと、最後の終わり方に納得感がないので、ちょっと、ちょっとでした。それから邦題で「シベール」を明かすのも、いかがなもんでしょう。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-11 14:55:42)
43.「30男が何やってるんだ」とか「なんと末恐ろしい12歳だ」とか、そういう事はあまり考えちゃいけないんですかね・・・。だってピエールは記憶を失ってるだけだし、綺麗な彼女もいるのに、12歳に心奪われちゃなぁ~・・・。シベールが15~16歳だったらリアリティがあったかもしれません。ただまあ、つまらない訳じゃないし、2時間通して全然飽きることはなかった。さらに凝ったカメラワークなど芸術性が高い映画だと感じました。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-09-09 20:05:24)
42.さすが本作は「ロリコンのイコン」と称されるだけあって、パトリシア・ゴッジの魅力はその手の嗜好がある人にはたまらないでしょうね。キューブリックの『ロリータ』なぞ足元にも及ばない、史上最強のロリコン映画じゃないでしょうか。『ロリータ』と違って本作がいまだにリメイクされないのは、そりゃこれだけ完成度が高ければ納得です。「禁リメイク」映画リストがあるとしたら、上位にランクしておかなければいけません。 それにしても、ネットで調べてみてパトリシア・ゴッジの人気がいまだ高いのには驚かされます。出演作は他に『かもめの城(1965)』(ジョン・ギラーミン監督)があるだけだそうで、ほんと「まぼろしの美少女」と呼ぶにふさわしいですね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-09-08 23:20:43)
41.モノクロ映像ながら自然の森林風景の中での日曜日だけの楽しい秘密のデート。記憶消失の青年と孤児となった12歳の少女のせつなくて美しい純愛模様を瑞々しいタッチで描いた悲恋映画。シベール役を演じたパトリシア・ゴッジの大人の女性と子供のいじらしさが入り混じった何とも言えない魅力に引き付けられました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-09-05 11:09:51)
40.《ネタバレ》  純真だから素晴らしい、常識的なのものは駄目駄目みたいな表現、指向の方がむしろ陳腐な気がします。
 人を傷つける純真さもあれば、逆に人を守る常識もあるわけで。
だから、ファンタジーに対して無粋な突込みかも知れませんが、ピエールのことについて、全て理解してるような彫刻家の言動には、かなり苛立ちを感じました。
 結局、何を表現したかったのか理解できませんでした。むしろ、戦争で精神を病んだ青年の悲劇みたいな展開にした方がわかりやすいし、訴えるものがあったかもしれません。
 戦争の後遺症で明らかに常軌を逸して子供に返ってる青年と、孤独の中で生活してきたため、身近に現れたやさしい大人に恋愛感情を持ったやたらませた少女の恋愛を、純粋で素晴らしいと称えられても、あまりにも普遍性が無さ杉。     
 どっちかつうと、マドレーヌの方の愛情の純真さと、どうして彼女がピエールに対して
愛情を持つようになったかの方が関心がありますね。
rhforeverさん [DVD(字幕)] 5点(2010-05-26 13:08:51)(良:1票)
39.《ネタバレ》 悪くないです。が、見ていてどうも居心地が悪い。あからさまではないにせよ「これは感動的な映画だ!」っていう雰囲気がただよってきて、天邪鬼な私にはその辺が面白くない。シベールよりマドレーヌの方が魅力的に思えて、肝心のピエールとシベールの関係を妙に客観的に見てしまったことも、原因かもしれません。まあ、映像は美しいし、最後の心からの“叫び”もいいとは思いますが……。あまりあとを引かない映画でした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-04-06 19:15:23)
38.この作品にもし弱点というものがあるとしたら、焦点が置かれているシベールよりもピエールの庇護者兼恋人のマドレーヌの方に思い入れしがちな自分のような観客も少なからず存在しうることだろう。だからといって作品の評価が下がることには繋がらないが。ベトナム戦争があった時代の3人の人間の物語なのだから。
レインさん [映画館(字幕)] 8点(2009-06-30 01:43:57)
37.《ネタバレ》 インドシナ戦争で現地の少女を殺してしまったかもしれないピエールと父親に捨てられたシベールが出会い、それぞれ失ってしまったものを補おうとするかのように親密になっていく様は仲の良い本当の親子のようで微笑ましくもありましたが、当然ながら世間の目はそこにある純粋さなど気付くことなどないんですよね・・・。非常に切ない物語なのですが、この破滅的な美しさには不思議と惹かれていきますね。パトリシア・ゴッジの演技の素晴らしさも印象的でした。
TMさん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-06-26 00:29:58)
36.《ネタバレ》 なぜかマドレーヌに感情移入してしまいました。水面を使った演出が素晴らしい。
色鉛筆さん [ビデオ(字幕)] 4点(2008-08-31 10:44:39)
35.《ネタバレ》 うーん、主人公が同棲相手と過ごしているシーンと、少女と過ごしているシーンの間隔が開きすぎていて、話にすんなりついていき辛いです。
Kさん [ビデオ(字幕)] 5点(2008-07-09 22:28:13)
34.少女を演じてた娘は、これしか出ていないんですかねー。だとしたら、もったないです。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-03-16 01:01:16)
33.《ネタバレ》 モノクロ映像が美しいとは思えず。
それに対し、話はどこか綺麗すぎる。
ただし、シベールという名を明かしたシーンには感動した。
女のコがとてもかわいく、印象的。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-10-10 01:10:44)
32.感慨深い映画だった。主人公は戦争の後遺症からなかなか立ち直れない。自分に素直な主人公。記憶を取り戻せない葛藤。周りの人たちから誤解をうけたり、わかってもえないところがなかなか心苦しい。少女は父親から愛されず、愛に飢えている。それからくる少女の愛情表現が侘しい。
ホットチョコレートさん [ビデオ(吹替)] 8点(2007-08-12 08:09:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 7.75点
000.00%
100.00%
211.96%
311.96%
411.96%
523.92%
659.80%
7917.65%
81325.49%
91121.57%
10815.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review4人
2 ストーリー評価 8.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.75点 Review4人
4 音楽評価 6.50点 Review4人
5 感泣評価 8.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1963年 36回
作曲賞(ドラマ)モーリス・ジャール候補(ノミネート)(音楽<編曲賞> として)
脚色賞セルジュ・ブールギニョン候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS