ワイルド・スピード/ファイヤーブーストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ワ行
 > ワイルド・スピード/ファイヤーブーストの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ワイルド・スピード/ファイヤーブースト

[ワイルドスピードファイヤーブースト]
Fast X
2023年上映時間:141分
平均点:6.87 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-05-19)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの
新規登録(2023-03-15)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2024-01-24)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルイ・レテリエ
助監督アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
演出アンディ・ギル〔スタント〕(第二班スタント・コーディネーター)
ジャック・ギル[スタント](第二班スタント・コーディネーター)
キャストヴィン・ディーゼル(男優)ドミニク・トレット
ジョーダナ・ブリュースター(女優)ミア・トレット
タイリース・ギブソン(男優)ローマン・ピアース
ミシェル・ロドリゲス(女優)レティ・オルティ
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(男優)テズ・パーカー
ジェイソン・モモア(男優)ダンテ・レイエス
ジョン・シナ(男優)ジェイコブ
ジェイソン・ステイサム(男優)デッカード・ショウ
リタ・モレノ〔1931年生〕(女優)アブエラ・トレット
ブリー・ラーソン(女優)テス
ヘレン・ミレン(女優)マグダレーン・“クイーニー”・ショウ
シャーリーズ・セロン(女優)サイファー
マイケル・ルーカー(男優)バディ
ナタリー・エマニュエル(女優)ラムジー
スコット・イーストウッド(男優)リトル・ノーバディ
サン・カン(男優)ハン・ルー
ドウェイン・ジョンソン(男優)ルーク・ホブス(ノンクレジット)
楠大典ドミニク・トレット(日本語吹き替え版)
園崎未恵ミア・トレット(日本語吹き替え版)
松田健一郎ローマン・ピアース(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子レティ・オルティ(日本語吹き替え版)
安元洋貴ダンテ・レイエス(日本語吹き替え版)
中村悠一ジェイコブ(日本語吹き替え版)
山路和弘デッカード・ショウ(日本語吹き替え版)
水樹奈々テス(日本語吹き替え版)
沢田敏子マグダレーン・“クイーニー”・ショウ(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕サイファー(日本語吹き替え版)
坂本真綾ラムジー(日本語吹き替え版)
川島得愛ハン・ルー(日本語吹き替え版)
宮寺智子アブエラ・トレット(日本語吹き替え版)
小西克幸エージェント・エイムス(日本語吹き替え版)
潘めぐみイザベル・ネベス(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦エルナン・レイエス(アーカイブ映像)(日本語吹き替え版)
高橋広樹ブライアン・オコナー(アーカイブ映像)(日本語吹き替え版)
小山力也ルーク・ホブス(日本語吹き替え版)
出演ポール・ウォーカーブライアン・オコナー(アーカイブ映像)
原作ゲイリー・スコット・トンプソン(キャラクター創造)
脚本ジャスティン・リン
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
撮影スティーヴン・F・ウィンドン
アレクサンダー・ウィット(第二班撮影監督)
製作ヴィン・ディーゼル
ジャスティン・リン
ニール・H・モリッツ
製作総指揮マーク・ボンバック
ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
クリス・モーガン[脚本]
配給東宝東和
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.良かれ悪しかれ期待を裏切りません。例によって派手なアクションシーンから始まり、例によって「ファミリー」が強調され、ときどき格闘が挿入され、原点回帰のレースシーンまでありました。さらに退場したはずの仲間がシレッと復活したり、かつての強敵がいつの間にか味方になったり。「ファミリー」はどんどん質量ともに増殖していくようです。この調子で行くと、「世界は一家、人類は皆兄弟」という結論に達しそう。
そこで重要なのは敵の描き方。この作品でもなかなか存在感を示していましたが、質量ともに多勢に無勢で気の毒にさえ見えてきます。次回作が最終作とのことですが、ぜひ大スター軍団を相手に有終の美を飾っていただきたいものです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2024-02-06 23:47:15)
14.WOWOWで録画してて、「あれこれって見たっけ」と思って見てみたらすでに見終わってた。それぐらい印象に残らんかった。
カーアクションは相変わらずすごいが、ストーリーがほぼない。過去の出演者がいっぱい出てくるんだが、すでに記憶にない。あげく二部作だということも知らないで見たのでラストに「ぽかーん」。シリーズが長すぎるのも考えものです。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2024-01-07 17:05:58)
13.《ネタバレ》 ワイルドスピード・シリーズは一応全部観てはいるのですが、正直言って主要キャラたちしか覚えておらず、あれ?この人誰だっけ?な登場人物が結構多くて、それを頭の中で消化しきれないまま最後まで鑑賞しちゃいました。なのでもしこれから鑑賞予定があって記憶力に自信のない方は、シリーズを軽くおさらいすることをお勧めします。

いつものように何の情報もなく鑑賞したので、この作品が単体の完結作でないことも、どうやらシリーズの最終章であることも知らなかったです。観ている途中でジョン・シナやジェイソン・ステイサムが登場してきて、もしかしてこれって...となって最後の最後にドウェイン・ジョンソンが現れて、ああそういうことなのね、と思った。

ただ潜水艦から登場したガル・ガドットちゃんは、いったいいつどのワイスピ作品にどんな役で出ていたのか全く思い出せなかった。思い出せなかったから逆に、アクアマンとワンダーウーマンじゃん!てなってしまいました(;´∀`)

数名のキャラに対して誰だっけ?はあったものの、とにかくアクションシーンはド迫力だったのでそこはめっちゃ楽しめました。とにかく主人公のヴィン・ディーゼルがほぼ車に乗ってのアクションだったのが良かったですね。だってやっぱりこのシリーズはカーアクションがなんぼですから。はい。

鑑賞後にネットであれこれ調べてみたら、どうやら続編は2025年になりそうみたいで、その時にちゃんとこの作品の内容を覚えてられるかとっても不安です...w それとヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンの共演もないみたいな情報も...まあショービジネスの世界ですからね、色々あるのでしょうが、とにかく面白い作品をお願いします。それだけ。
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 6点(2023-12-25 20:25:54)
12.えっ!?ええっ!!?えええっっ!!!の連続。それは、このアクション映画シリーズを愛し、この第10作に至るまで堪能してきたファンにのみ許された特典的なエキサイティング性だったかもしれない。
無論、必ずしも“一見さんお断り”というわけではなく、圧倒的物量のアクションシーンと怒涛のスペクタクルは、誰が観ても高揚する娯楽性を放っていたけれど、その根底にあるのはやはり、本シリーズのファンも含めた“仲間”に対する「家族愛」であり、シリーズを追い続けてきたからこそ得られる高揚感が確実に存在していた。

「ワイルド・スピード(原題Fast & Furious)」の最新10作目にして、最終章の前編となる本作は、常識や現実なんてものは、もはや遠い彼方に置き去りにしたアクション&ファンタジーとして、堂々と仕上がっている。本作の“あり得ない”描写に対して、揶揄したり、鼻白んだりすることしか出来ないのであれば、もうそれはこの“車”からお降りいただくしかない。

最終章を描くにあたって、敵味方を含め過去9作に登場してきたキャラクターたちを“総動員”させようという心意気も嬉しい。
それは、“ファンサービス”と言ってしまえば確かにその通りかもしれないけれど、去ってしまった仲間に対する敬愛、そして倒してきた敵からの憎悪の連鎖とが入り交じる本シリーズの人間模様の総決算でもあり、相応しい顛末に感じた。

シャーリーズ・セロン演じる最凶の敵サイファーが、いきなり呼び鈴を鳴らして訪ねてくる冒頭シーンに驚き、絶対に死亡していたはずの“ワンダー”な女性キャラの再登場に高鳴り、“不仲”が伝えられていた最強捜査官の復帰に歓喜した。

そして、ジェイソン・モモア演じる本作の敵ダンテのイカれジョーカーぶりも最悪で最高だった。
本作においてドムの追撃をことごとく阻み、ついには“ファミリー”を「崩壊」にまで至らしめたこの悪役の暴れっぷりと狂いっぷりは、近年のヴィランの中でも随一の存在感を放っていたと思う。

キャラクター的にはもう一人、前作で悪役として登場したドムの実弟ジェイコブも、その“キャラ変”ぶりが最高の一言だった。ドムの息子“リトル・B”との道中のやり取りは、その微笑ましさと痛快さに終始ニッコニコ状態。この叔父・甥コンビのロードムービーだけで1本の映画が作れるのではないかとすら思えた。
ジェイコブは、前作からの禊も含めた涙腺崩壊必至の“離脱”となるけれど、本作の世界観が描いてきた「常識」を踏まえると、ほぼ確実に、「ジェイコブ叔父さんは帰ってくる」だろう。

というわけで、本作は「前編」として、ある意味最高にエキサイティングな終幕を迎える。2025年公開の次作が待ちきれないところだが、本シリーズが積み重ねてきた10作分をじっくり観返して待つとしよう。

何度も何度も大切な仲間たちを生き返らせてきた「ワイルド・スピード」の最終作であれば、しばらく不在の“もう一人の主演俳優”も、まるで何もなかったように復活するに違いない。と、非現実的なことを信じずにはいられない。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 9点(2023-09-03 01:07:37)
11.《ネタバレ》  見終わって「それだけかい!」ってツッコミ入れちゃったわよ。

 相変わらずファミリーファミリー言ってて、だけどじゃあ家族がどうしたのどう大切なのどう大変なの、ってのはもうシリーズを重ねる中でマンネリ化して形骸化してて、第一あんたら犯罪者一家ってコトじゃあないんですか?マフィアのファミリーみたいなモンですか?って側面もあって。
 で、各キャラそれなりの見せ場を作って貰ってても相変わらずなコトしてるばかりで何か進歩したのか?っていうとなーんにも。ディーゼルは相も変わらず大根だし。怒ってても楽しくてもピンチでも頑張っててもほぼ同じカオしてるわよ。

 でも、そんな「それだけ」のところに大々的に予算をかけてバーン!って見せ場を作ってみせるあたりが凄いのよね。前半の大玉転がしと後半の高速~ダム、そこをコッテリどうだ!とばかりに時間かけてふんだんに見せてくれるわけ。もう予告編時点で大事なトコ見せちゃってるのだけど、だからどうしたとばかりに堂々と。ストーリーなんて殆ど無くてロクに進展もしやしないのにアクションタップリで141分があっちゅー間よ。

 ひっかかった、大きな問題点は子供に人殺しをさせていること。直接的にではなくても、アレ、爆殺状態よね。ドムは親としてアレでいいワケ?

 人間のドラマなんて些細なこと、ハデな映像を見せてこそ!って点ではとても潔いわ。スターはとりあえず顔見せしていればいいって。そのスターの面々の中にMCU、DCのメンバーが多いあたりが今の娯楽映画の「旬」ってコトなんでしょうね。コレも時代を映す鏡としての映画のあり様なのかしらね。後世の評価はともかくとして・・・
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 6点(2023-06-13 14:29:25)
10.《ネタバレ》 約3か月ぶり2度目観賞。シリーズ第10弾。最終章の前編。カーチェイス、ストリートレース、肉弾戦など原点回帰。ドッカンドッカンとシリーズ最高級のド迫力アクションを、特別出演を含めたキャラ多数で魅せる総花的お祭り映画。世界で最もクルマが似合うワイルドドライバーのドミー、そのお相手はこれまたイカつい風貌のジェイソン・モモア。とにかく暴れたい放題のイケてる悪役を好演のモモちゃん。最後に登場したのはシリーズ最恐男のドウェイン・ジョンソン。有り得ねえスーパーアクションの連続。良作に格上げ。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2023-06-04 04:01:07)
9.こう言っては身も蓋もないのだけれど、さすがに登場人物多すぎるんじゃないでしょうか。いよいよシリーズのクライマックスに向かっていく、ということでこういう構成なんでしょうが・・・。
いや別に登場人物が多いとダメだと言うつもりは無くって、新たな登場人物が登場するたびに物語が膨らんでいく、というのなら大歓迎ですけどね。しかし、すでにこれまでの作品で登場済みの人物をひたすら並べまくるだけでは、物語の広がりに貢献しない。悪役側をもうちょっと充実させられなかったもんなんですかねえ。あの小汚いオッサン一人では、冴えないことこの上ない。見るからに、これでは優秀な部下に恵まれないのも致し方なし、という気もしますけど。
と言う訳で、ワイスピメンバーがワンサカ登場して、複数の物語が並行して描かれる、帝国の逆襲方式。しかし、それぞれのエピソードが大して絡み合うこともなく、はたまた年齢が目立つ登場人物たちに当然ながら「成長物語」みたいなオプションが期待できる訳もなく、どうも起伏に乏しい。
アクションにCGの採用が目立ってきたのはさすがに、シリーズを追うごとに過激化するカーアクションの物理的な限界、ということなんでしょうか。良くも悪くも、ファンタジー色が強くなってきた印象。いやもちろん、実車でもガンガンやってますけれど、多少の既視感は否めません(既視感はあってもこちらの方が好きですけど)。
と、いろいろ文句言ってるんですけど、何を心配したかって、これ、評判悪くってこの状態で続編企画がボツになっちゃったらどうするんだろう、ってなことで。実際は評判悪くなさそうだし、大丈夫ですよね???? 頑張って完結させて欲しい。
監督がルイ・レテリエでよいのかは、再考の余地あり。いやもう遅いのかな。
鱗歌さん [映画館(字幕)] 5点(2023-06-03 04:40:16)
8.このシリーズ観るたびに,バイオハザードシリーズを思い出す.
ストーリー展開は知ったこっちゃない感じは,好きですし,カーアクションも良い出来だと思います.
あきぴー@武蔵国さん [映画館(字幕)] 6点(2023-05-31 23:39:38)
7.最終章は2作続けて作っているようで、"ファミリー"が顔をそろえて活躍するシーンが少なく、寂しさがあります。しかしながら、前作では大分減らされていたアクションシーンの実写が、かなり増えたように見えます。そのお陰か、このシリーズの肝である迫力あるアクションが戻ってきました。ストーリーは相変わらず適当なので、アクションシーンを見ることに全力を注いでほしい。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-31 19:45:29)
6.《ネタバレ》 お祭り映画としては最高の部類です。
満点では無いのは生殺し感が半端ないから。
全2部作でも全3部作でもどちらでも良いので、明日からでも続編を公開して欲しいです。

それにしても、20年余の時を経て本当に立派なシリーズに成長しましたね。
JOEMカー(日本のスポーツカー)が脚光を浴びるきっかけになった、日本人に取っても本当に意義深い作品。
超豪華出演陣の顔触れを改めて冷静に見てみると、感慨深いものが有ります。

死をも超越し、もはや何でも有りのスーパー・ファンタジー作品にまで昇華した本シリーズ。
どれだけ派手に・豪快に・強引に幕引きをしてくれるのか心の底から楽しみです。

追伸
喜んでいるハンの顔を次作で早く観たいです。
ナイスカップル(死語)再降臨、早く次作を観せてくれ~!!
たくわんさん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-30 16:48:05)
5.《ネタバレ》  シリーズが20年以上も続きながら、未だテンション高く鑑賞に望めるのは、私にとって至福なのであります。
 ただ、時の流れは止められないというか、寄る年波には勝てないというか、レティ姐さんはだいぶ貫禄がつきましたな。逆にサイファーさんは変わらずお美しい。二人のキャットファイト、ご馳走様です。
 一方、相も変わらずのトンデモ映画だが、車の遠隔操作とか、再生医療とか、20年前だったらSFの域だったけど、今だったら実現していても可笑しくないよね?って感じで、時代が追いついてきたというか、何か不思議な感覚があったりして。
 それでいて「車でどうにかする時代はもう古い」という揶揄に対する「車(そして信念)さえあればどうにかしてみせる」という泥臭いアンチテーゼが心地良い。
 今回のテーマは「聖人」なのね。前作の父と息子達の件もキリスト教っぽかったけど、「家族」を突き詰めていくとそういうテーマになるのかな。家族を守り、無関係の人々をも救い、敵を赦す。数々の奇跡を起こしたドムさん、確かに「聖人認定」ですな。そりゃ仲間達が次々蘇る訳だ。ちなみにロザリオはドミニコ修道会が普及させたそうな。
 そして今回のヴィランは「聖人」を超え「神」を目指す者。復讐するは我にあり、と言わんばかりに両手を掲げる最強の敵。なーんて考え過ぎたけど、モモアさんはやりたい放題でちと食傷気味だったが、オーラスへのカタルシスの伏線は充分。
 同じくはっちゃけてたシナさん、こんな人だったっけ?ってくらいお茶目で、個人的に好きでした。
 さて、盛り上がってきました! ラストも絶対見るぞ!!
ノンさん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-24 22:28:11)
4.おもしろかったです。
でも、もう話も内容もアクションも無茶苦茶でリアリティのかけらもない。
まあ、このシリーズはそういうスタイルの映画になってしまった(成長した?)んですね。
それなら、ファンタジーアクション映画として、頭空っぽにして楽しみましょ。
でもさあ、テレビのCMでクライマックスシーンを流したらダメでしょ!
あと、上映時間が長すぎるんじゃないですか? 終盤は映像を見ながら尿意と戦いました。

個人的には初期のころのマニアックで日本車が走り回る作品の方が好きなんですが...
ミスプロさん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-24 10:33:13)
3.《ネタバレ》  
一昨日は、起きた瞬間から映画に向かった。
観に行った映画は(懲りずに)コレ…なんだけども。

――ワイルド・スピード/ファイヤーブースト(2023)

いや、もうね?…この作品に関してはアレ!
固定概念とか、全部捨てて楽しめるシリーズになったと思ってるんだ。
思えば、自分の創る物語やゲームなんかの作品でも「設定」を人一倍に気にしてしまう俺。
だけど、アレ!このシリーズに関しては別!
最初から「このシリーズ作」を観直したり、よくよく考え直すと…スタッフの脳裏に描くシリーズ的なビジョンってのは相当に困難だったんだろうな、と思う。
そんな中、「ファミリー」って概念を見出し、上手く絡めて此処までの長いシリーズ作にしたのが素晴らしい。

いやー「シリーズ物」ってのは…言わば(見せ場均一じゃない007は別として)ザーッとBlu-rayとかを並べてみると…大体、順番が合うようになるモノなんだけど、もうワイルド・スピードのシリーズになると最早、何が何やら分からんようになってる。
きっと、スタッフや制作陣らが意見をアーだコーだ言い合って協議し、その時々”完成系”を出し合って決めちゃってるせいもあるんだろうね。

ともあれ信用度は高いのは、このシリーズに対して結果的な評価。
なので、何のネタバレも頭に入れずに、今回も観た……んだが、その前に!
頼みがあるンスわぁ!配給会社各種さん!
まず、2021作品の「DUNEデューン/砂の惑星」もだったんだけど…1と2とかに区切る場合は、ちゃんと「前後で続きますよ」と、ポスターなり告知なりで告げた方が良いじゃないか?と思うンスけどー!!これ、知らずに見てたら「ええーっ!ここで終わり?!」ってガッカリする人が多くないっすか?!もしかして知らなかったのは俺だけ?…ねぇ、ネタバレで情報を入れなかった俺だけなの?!ねぇってばっ!その区切りって作品の質に大きく影響する訳じゃないと思うし、単に(次を待ってる間の)心持ちの区切りとしてさー!

そういや、過去で言うなら…バック・トゥ・ザフューチャーの「パート2&3」とかの場合を想い出して欲しい。
アレって(時代の違いもあるだろうけど)前後作になるんだぞ!と、いい感じに広まって告知されてた記憶がある。
あの時って「続きの公開まで待とう!」って気分が高鳴った覚えがあるんだけど…皆的にはどうやろ?

     *

     *

あと、予告編でも楽しかったけど…これからは色ぉぉぉぉぉんな映画のラッシュが!
いやいやいや!滅茶苦茶に楽しみなんだけど、マジで!

「ザ・フラッシュ(6月16日公開)」
「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル(6月30日公開)」
「クリード(5月26日公開)」
「ミッション:インポッシブル/PART ONE」(7月21日公開)」これは”PART ONE”ってのが、最高に清々しいっす!大作感もあるし!

いや、理屈抜き!痛快無比!神話復活!
そして、まさに夢は日常!

こんなにも楽しく…胸が高鳴って躍る!
それが自分にあるってのは…

きっと人生の幸せだ。

で、だ。
君の映画の幸せは此処に有るか?

.
映画の奴隷さん [映画館(字幕)] 8点(2023-05-23 09:15:48)
2.《ネタバレ》  息もつかせないカーアクションは流石で、ホッと一息ついた頃には終盤です。
 シリーズ最終話として2部作か3部作になると言われてましたが、案の定、「続く」といった終わり方でした。
 不仲報道の多い、ヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンですが、次作では共演するのでしょうか。不仲報道は一部でいわれているようにドウェイン・ジョンソンだけに「プロレス」なんでしょうか。
 
ぶん☆さん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-20 00:25:13)
1.《ネタバレ》 観終わって一番に感じるのは「世の中カネさえ積めばナンでも出来る!」てコトだとゆーか、後で調べたら製作費3.4億$!てなモンでモ~全編クルマとアクションとスターの顔見世!のみで構成されているという映画でしたすね。別に、シリーズ通して(特に最近は)ごく「ストーリー?ナニそれ?」という感じだった…とは言え、今作ではソレは更に際立ってました。が重ねて、兎にも角にも見せ場とアクションを詰め込めるダケ詰め込みさえすれば娯楽作としては完全に成立するのだ!とゆーコトを(逆に悔しいホドに)見せつけられてもーた…という感じすね(正直、今般の『マリオ』よりも更にナニも考えていない映画…かと)。ただ少なくとも、確実にチケット代の元くらいは十分に取れると思いますので、コレは映画館で是非。

オーラスがまた実に爽快!+爆笑!(←またとにかく、何処も彼処もソレを「車でやる」必要が無い…というコトに対して)だったのでソコで一点足したのですが、全体としてもう一点は加えられなかった…とゆーコトの理由としては、今作のラスボス・モモアさんについて、個人的には流石に少し「スベってる」と思っちゃったコトですね(悪趣味すぎる)。結局このシリーズって「輩」の映画なのであって、だから敵役は最近は(逆に)総じて小綺麗・スタイリッシュなヤツが多かった様な気もしてますが、ソコから方向性を少し弄ってのコレってのは、私は少なくとも好みではありませんでしたかね(こんなんならモ~、モモアさんじゃなくてジャック・ブラックにでも演らせたら好かったのに…な~んて)。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 7点(2023-05-19 23:35:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 6.87点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5213.33%
6320.00%
7640.00%
8320.00%
916.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2023年 44回
最低主演男優賞ヴィン・ディーゼル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS