南極物語(1983)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > 南極物語(1983)
 > (レビュー・クチコミ)

南極物語(1983)

[ナンキョクモノガタリ]
ANTARCTICA
1983年【日】 上映時間:145分
平均点:5.21 / 10(Review 105人) (点数分布表示)
ドラマアドベンチャー動物もの実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-07-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督蔵原惟繕
助監督大林丈史
金井進二
キャスト高倉健(男優)潮田暁
渡瀬恒彦(男優)越智健二郎
夏目雅子(女優)北沢慶子
荻野目慶子(女優)志村麻子
岡田英次(男優)小沢隊長
山村聡(男優)岩切船長
江藤潤(男優)徳光隊員
佐藤浩市(男優)戸田隊員
岸田森(男優)喫茶店マスター
日下武史(男優)森島教授
神山繁(男優)堀込隊長
寺島達夫(男優)宗谷航海長
前島良行(男優)江藤隊員
大谷進(男優)野口隊員
浜森辰雄(男優)稚内市長
長谷川初範(男優)鶴田隊員
大江徹(男優)中村隊員
佐藤正文(男優)昭和号パイロット
内山森彦(男優)池内隊員
志賀圭二郎(男優)梶原隊員
市丸和代(女優)志村真紀
スーザン・ネピア(女優)カトリーヌ
金井進二(男優)尾崎隊員
大林丈史(男優)野々宮隊長
中丸新将(男優)長谷川隊員
坂田祥一郎(男優)武井隊員
チャールズ・アダムス[男優](男優)バートン号艦長
野口貴史(男優)第二次越冬隊隊員
小池朝雄ナレーション
脚本野上龍雄
佐治乾
蔵原惟繕
石堂淑朗
音楽ヴァンゲリス
作詞岩谷時子「愛のオーロラ」/「白いレクイエム」
作曲林哲司「愛のオーロラ」/「白いレクイエム」
編曲萩田光雄「愛のオーロラ」/「白いレクイエム」
主題歌荻野目慶子イメージソング「愛のオーロラ」/「白いレクイエム」
撮影椎塚彰
製作蔵原惟繕
鹿内春雄
原正人(アドバイザー)
黒井和男(アドバイザー)
河井真也(製作デスク)
フジテレビ
製作総指揮日枝久(製作指揮)
企画蔵原惟二
角谷優
プロデューサー蔵原惟二
坂上直行(宣伝プロデューサー)
配給日本ヘラルド
東宝
美術徳田博
大坂和美(小道具助手)
編集蔵原惟繕
鈴木晄
冨田功(編集助手)
録音紅谷愃一
武進(録音助手)
橋本泰夫(現場録音)
渡部健一(音響効果)
照明川島晴雄
動物タロ/ジロ/リキ/ゴロ/ぺス/モク/アカ/クロ/アンコ/ジャック/デリー/風連のクマ/紋別のクマほか
その他朝日新聞社(協力)
アスミック・エース(宣伝)
あらすじ
1958年2月、第2次越冬隊を乗せた南極観測船「宗谷」は、悪天候のため昭和基地に140キロまで近づくのがやっとだった。やがて基地の隊員達は苦渋の選択をせまられる。彼らはそりを引く15頭の犬を残し引き上げざるを得なかったのだ。1ヶ月分の食糧を与え鎖でつないだまま。そして、天候回復を待っての犬たちの救出も断念し帰還するしかなかったのだ。やがて翌年、第3次越冬隊が南極に来たとき彼らが見たものは・・・。実話に基づく感動のストーリーです。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
105.《ネタバレ》 本線の話のほうは皆が知っている通りなので、感動もなにも残酷としか言いようがないのだが、高倉健さんと渡瀬恒彦などの人間ドラマのほうがなかなかの出来栄えで、感心させられた。
全体的に重厚な作りで、余計なセリフやナレーションを排しているのは評価できるが、二時間半近くの長丁場は話がしんどいだけにキツいものがあった。それにしてもドキュメンタリーと見まごうばかりの撮影で、さぞかし大変だったことだろう。犬たちの健気な姿が印象に残る。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-10-26 21:23:21)★《新規》★
104.《ネタバレ》 当方が無類の動物好きであること。
仕事にはプロ意識と実力を求めた時代の作品であること。
役者を大スターと実力のみで選抜していること(当然、犬も)。
観客と世に事実を知らせる目的でつくられた映画であること。

以上を踏まえてのこの点数。

本当は遥か昔にビデオで鑑賞して涙をぶちまけてたんですけどね。久々に観て感慨にふけり感動を再度味わいました。

【出来事】としてはニュースにもなり大概の日本人なら知ってるので、映画にしたらストーリーの作りがどうたらかんたら言うほど野暮じゃありません。

亡くなられた犬さんたちの御冥福を祈ります。
生還したタロ、ジロ、感動をありがとうございました。
役者の魂さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2021-10-20 15:49:20)《新規》
103.《ネタバレ》 フィクション込みの実話の映画化ですが、映画としては冗長で全く面白くありません。
人間側のエピソードも犬側のエピソードもぶつ切りのものを繋ぎ合わせて、そこに補足のナレーションが入って状況の説明をしている感じで、長尺の割に非常に薄いんですよね・・・
ラストシーンは感動的に撮られていると思うんですけど、全体的に淡々としているので、ラストシーンまでにこちらの気持ちが醸成されません。
タロとジロの生還物語は周期的にTVのドキュメンタリーで扱われますが、事実を知るだけならばそれで十分感慨はあるわけで。
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2021-02-23 21:39:42)
102.泣けました、というより犬の健気な表情が上手く撮れており、健さん、渡瀬さんの別れる辛い場面に泣けました。南極大陸の厳しい環境の中、犬たちが次々と死んでいくのも涙を誘います。ストーリーは超有名だが、これだけ泣けたら十分お腹いっぱいです。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 8点(2016-08-29 08:29:39)
101.《ネタバレ》 公開当時10歳くらい。
死というものへの関心。
『○○物語』ってタイトルの感じ。
東京タワーで見たタロ・ジロたちの像。
再見にあたり
色んな事を思い出しました。
俺の昭和とでも言いましょうか。

置き去りにされた犬たちの話なので、顛末はあくまでフィクションな事。
子供心になんとなく判ってはいましたが、それでもこの映画、ホント大ヒットしたんですよねー。

命の尊さとたくましさを伝える映画って感じかな。
現代ではこの手法はなかなか受け入れられないかもしれません。
ろにまささん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-10 23:38:00)
100.撮影の為に犬にいじめられてたアザラシが かなりかわいそうでした。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-01-30 20:20:22)
99.昔むかし、その昔、TV番組「題名のない音楽会」で司会のマユズミ御大が、本作の音楽を評し、こんな単調な音楽でヴァンゲリスは莫大な報酬を得たんだ、ってな事をおっしゃっていて、確かこの時のオチは、“それに比べ自分が薄謝で作曲した日テレスポーツのテーマ曲は未だに使われている”ってな事だったかと(ちょっと記憶あやふや)。お怒りごっとも、でもこんな雄大な映像がつけられちゃ、大抵の音楽は感動的に聴こえるってなもんです(?)。と言う訳で、とにもかくにも、雄大な自然。『八甲田山』まではいかないにしても、それに次ぐような、ド根性ロケ映画です。南極に置いて行かれた犬たちのサバイバル物語で、犬たちは次々に命を落として行っちゃうけれど、決して暗い内容ではなく、むしろ目を引くのは、大雪原を走る活き活きとした犬の姿、その生命力。それに比べると、日本に帰った人間たちのドラマ部分の、何とも不自由なことよ。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-07-24 23:17:31)
98.《ネタバレ》 これって当時大ヒットしたんですよね  タロ・ジロの話しは日本人なら誰でも知ってる級のお話し  で、今頃になって真面目に鑑賞   …あの~犬だけになってからのとこって創作(フィクション)なんですよね? メチャクチャ無理やり造ってませんか?? 訳のワカラン冒険活劇か? かわいそさを煽ってる演出(名前・生まれ・歳のテロップ)なんすかあれは? 観てるうちに腹立ってきましたよ、完全に主題がすりかわって感動映画になってるんじゃないかこれは  こんな映画が大ヒットしたというのが、当時の日本の実情か宣伝がうまかったか イヤー信じられないね  大事な犬(それも人様から拝借した)を置き去りにしてしまった事実を事実だけにして制作すべきところを(謝罪や人間の身勝手さを反省する意味でも)死んでしまった犬達のためにも  まぁきっといろんなコトが絡んでのことでしょうが  健さんが大学を辞めて謝ってまわる場面があるから何とか救いはあるが。。。   我が家にも17年一緒に住んでいる犬がいます(ちょっと犬好きだよ俺は!メチャクチャかわいいんだって!)  今観終わってとても残念な気持ちでいっぱいです  正直観なきゃよかった…   1点はキレイな夏目雅子さん(出番が少なすぎでモッタイナイ)とやはりカッコイイ健さんに
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2012-09-19 19:30:52)(良:1票)
97.苦労して撮られた映画であろう事はよく分かるが、それは面白さとは別問題だし、逆に映像への愛着から編集が甘くなったとすれば本末転倒。退屈だった。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-08-26 12:30:15)
96.2頭の樺太犬タロとジロ生存のニュースは、当時小学校6年だった私もしっかり覚えている。それこそ瞬く間に日本国中に感動と驚きをもたらした。まさに「奇跡」であり、今で言えば、なでしこジャパンがサッカーで金メダルを取ったときのようだった。
それから二十数年後この映画が制作され、勤務していた学校の高校生らと一緒に学校鑑賞として見たのだが、感動は今ひとつ、やはり現実のニュースには遠く及ばない。
さらにまた二十数年後DVDで鑑賞し、撮影秘話(大変な苦労での撮影だったらしい)などを聞くと別の意味で感動した。撮影の大部分は他の土地で行われ、南極ロケはほんの一部分らしいが、それでもすばらしい大自然である。
私のこどもの頃は、米ソが競い合って人工衛星を打ち上げたり核実験を行っていた時代、国際地球観測年として戦後間もない日本も参加したのだが、米ソに比べると日本は大変お粗末なものであった。観測船「宗谷」は最新鋭の砕氷船どころか、老朽船に近い船を改装したものであり、氷をわる能力も米ソの砕氷船の5分の1以下だったらしい。毎年のように氷に閉じこめられ、米ソの砕氷船に助けてもらうという有様だった。
その辺の事情を知らないと、なぜ犬を助けなかったかを理解できないと思う。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 5点(2011-08-18 18:10:29)
95.映画そのものの出来映えとしては、それほどいいとは思わなかった。
当時の撮影技術や悪天候などを考慮しても、やはり荒削りだなという印象を抱いてしまう。
シナリオも何とかまとめたという感じだが、そもそも人間の身勝手さが起因のお話だけに、
ひと口に美談、感動とは言えない、というのが正直な気持。
犬たちのがんばりや、南極の風景、役者達の演技など、部分部分での見所はあるので、
余計な事を考えずに鑑賞すれば、それなりに感動できるのではないかと思う。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-07-24 02:38:51)
94.空撮の多用とロングショットによって捉えられた神秘的な大陸のスケール感が圧巻。蔵原監督の日活での第一作『俺は待ってるぜ』に連なる無国籍アクションの最たるスケールだろう。狭い日本でなら不可能なカラフト犬の全力疾走の躍動感と獣性の美しさがロケーションと共に映える。人間側の傲慢かつ欺瞞的な同情やら憐憫やら愛護心などを他所に、人間の残した餌には手もつけず独力でアザラシを狩る犬たちの姿はまさに蔵原的ヒーローの体現だ。編集やBGMがいくら犬達の孤独や悲哀を演出しようが、犬たちの前にはカメラ(と人間)が常にある。ゆえに個々のショットには物語とは裏腹な犬たちの喜びと安心感が露呈しており、こうしたドラマとの逆説的なズレがあるから映画は面白い。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2010-03-08 22:23:49)
93.《ネタバレ》 ヘリコプターで遠ざかる遠景が印象的だった。極寒の地でいかに犬が生き永らえたのか、観る者を純粋に感動させる内容だった。
Postefさん [映画館(邦画)] 6点(2009-08-23 20:39:08)
92.《ネタバレ》 妻投稿■感動した。犬と人間の感動の再会にじゃない。そもそも私は年間何十万匹の犬ねこを安楽死させている人間と犬の融和なんて期待していない(動物実験を描いた「よだかの星」「命の食べ方」内臓がダメな人以外の方にオススメ)。■でもこの映画のメッセージは「感動」ではなくもっとごく当たり前のこと。「人間は動物より凄いとは必ずしも限らない」という事だ。全地球上に進出した人間様が唯一逃げ出した南極大陸。そこは国家の概念さえ打ち立てられず、人間ではなく動物が主人公という唯一の場所だ。監督は南極越冬隊を主人公にしたのではなく動物を主人公にしたのは、わんちゃんこそ南極の主人公にふさわしいと考えたからではないだろうか。その証拠にこの映画には吹き出しや擬人法は一切使われていない。人間が鞭を振るい、そうかと思えば勝手に感動して自分はご主人様だと勘違いしているのを余所に、犬たちはただ黙々と生きている。いいえ、黙々というより寡黙といった方がいいかもしれない。私は彼らがとても格好いいと思った。
はち-ご=さん [レーザーディスク(邦画)] 6点(2009-08-19 00:15:35)
91.《ネタバレ》  犬好きなんでこういう映画はもう駄目です。
再会シーンもそうだけど、むしろ別れのシーン、それから少女に責められるシーンで少しほろっと。
 ただ、犬だけのシーンはもっと短くても。
完全なフィクションになってしまってるんで、そこだけちょっと引きぎみでした。
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-08-14 15:16:40)
90.ディズニーチャンネルをぼけっと見ていたらEight Belowなる映画をやっていて、あれえ、これもしかしてと思ってあとで調べるとやはり本作のリメイクであった(海外暮らしなので疎い)。そちらの感想はそちらに書くが、せっかくなので記憶を掘り起こして本作もレビューする。
あまり好きになれなかった映画だ。やはり実話ものとなると脚色された部分に目がいく。実話は1年後、犬15頭を置き去りにした基地に着くとタロ・ジロが生存しており、繋がれたまま死んだ犬7頭を発見、残り6頭は行方不明、それだけだからあとは想像するしかない。確かにタロ・ジロを含めた首輪抜けした犬たちが群れで暮らしてたこと、6頭は南極の厳しい自然の中で命を落としていったことは想像に難くない。想像部分をフィクションで作ること自体は構わないのだが・・・行方不明の犬たちの「死に様」をいちいちバリエーションをつけて演出した上、○○享年○歳てなテロップまでつけるのは、あざといというか。これをさも事実のように思わせて、涙を誘うというのは気にいらなかった。かえってほとんどの犬を生還させた、能天気なディズニー・リメイクの方がましという意見もうなずけてしまうんだな。人間ドラマの方でも、健さんの設定がいかにもって感じ。実話の犬係は当時大学院生でモデルではないようだし。フィクションでもいいけど、飼い主を気遣い、職を辞して謝罪の旅なんて、あまりにもわざとらしい。ヴァンゲリスの音楽、それに乗せたオーロラなどの南極描写は秀逸でした。
あっかっかさん [地上波(邦画)] 4点(2009-02-18 13:49:00)
89.《ネタバレ》 腹がたって仕方なかった。
人間の都合を美談に仕立てる自分勝手さや、取り残された犬たちの冒険のでっち上げ。撮影のために何度も氷の浮いた海に突き落とされたであろう犬たちに痛く同情し、いい映画を作ったという顔をしていた製作者たちを憎みました。
公開当時は確か邦画の興行収入を塗り替えた映画でしたが、こんなものを有難がって感動しているニッポン人たちにも幻滅してました。
アンドレ・タカシさん [映画館(邦画)] 0点(2008-09-16 01:26:31)(良:2票)
88.25年たっても色褪せない。南極の映像は素晴しい。これだけでも見る価値有り。犬たちも愛らしい。実質高倉渡瀬の二人芝居だけど十分満足いくものだし、とくに高倉健はらしいオーラを放っている。犬好きなもんで感情移入十分出来た。しかしながら、いかにしても長い。たいしたドラマはないのだからもう少し短くても。あと、音楽が美しいけど単調というか変化に乏しすぎる。もう少し盛り上げ音楽があってもと思ったが、時代か。アザラシがやられるシーンは衝撃、現代じゃ無理だろう。さすがに犬の芝居ですではすまないだろうから。まあ人間の身勝手さに怒りもありますがめげずに生き抜く犬の強さ。自分はラストでモライ泣きでした。犬目線で。
タッチッチさん [地上波(邦画)] 6点(2008-05-24 13:42:35)
87.《ネタバレ》 今まで観た映画の中で大嫌いな映画を三つ挙げろと言われたら必ず最初にこの映画の名前を挙げる。今までに観た全ての映画、洋画も含めての中で大嫌いな映画三つの中に必ず入る。特に邦画の中では一番大嫌いな映画です。自分たちで連れてきた大勢の犬が邪魔だからといって南極に置き去りにして(捨ててきて)おいて、その中から二匹の犬が生き残って、もう一度、戻ると感動の再会が待っていた!ふざけんな!こんな自分勝手な人間のエゴイズムにいったい、どう感動しろと言うんだ?単なる大人達の勝手なやり方によって、何の罪もない大勢の犬達が犠牲になって死んで行く。そんな姿のどこに感動があるのか?この作品、私は子供の頃に一度、映画館で母親と二人で観に行き、劇場を出てくる時、あの大勢の犠牲となった犬達が可哀想で涙しました。しかし、だからといって、その涙は人間の都合だけで全くもって罪のない犬が死んでいく。それを態々、映画として公開させるそのやり方に何とも腹が立っての涙だったことは今も忘れたくとも忘れられません。犬も人間も同じ生きものなのに、何て惨い。犬にとってはこんなにも酷い話はないです。人間の都合だけで撮られた何とも許しがたい作品!当然のことながらこんなものに1点たりとも与える気にはなれません。よって当然の如く0点です。
青観さん [映画館(邦画)] 0点(2008-05-06 18:36:30)(良:3票)
86.当時、映画館で観ました。
犬が大好きだったので、号泣したのをおぼえています。
高倉健や渡瀬恒彦の二枚看板が良かったですね。
岡田英次も出ていたんですね・・・
にじばぶさん [映画館(邦画)] 7点(2007-10-14 17:30:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 105人
平均点数 5.21点
065.71%
143.81%
232.86%
354.76%
41211.43%
52624.76%
62321.90%
71211.43%
876.67%
943.81%
1032.86%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.71点 Review7人
2 ストーリー評価 5.33点 Review9人
3 鑑賞後の後味 5.30点 Review10人
4 音楽評価 5.75点 Review8人
5 感泣評価 6.00点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS