打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993)<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993)<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993)<TVM>

[ウチアゲハナビシタカラミルカヨコカラミルカ]
1993年【日】 上映時間:45分
平均点:7.34 / 10(Review 138人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-08-12)
ドラマラブストーリーTV映画青春もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-11-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督岩井俊二
助監督行定勲
キャスト山崎裕太(男優)ノリミチ
奥菜恵(女優)ナズナ
反田孝幸(男優)ユウスケ
小橋賢児(男優)ジュンイチ
石井苗子(女優)ナズナの母
深浦加奈子(女優)ノリミチの母
山崎一(男優)ノリミチの父
田口トモロヲ(男優)ユウスケの父
麻木久仁子(女優)三浦先生
光石研(男優)同僚の教師
酒井敏也(男優)ヤスさん
蛭子能収(男優)おでん屋の客
脚本岩井俊二
音楽REMEDIOS
作詞REMEDIOS「Forever Friends」
作曲REMEDIOS「Forever Friends」
挿入曲REMEDIOS「Forever Friends」
撮影金谷宏二
製作フジテレビ
企画石原隆〔製作〕
配給日本ヘラルド
照明隅田浩行
あらすじ
夏休み登校日…その日は花火大会がある。典道は友達と一緒に小学校へ登校した。気になるのは同級生の女の子・なずな。しかし、そんな彼女に想いを寄せるのは親友の祐介も同じだった。放課後、プール掃除をサボッて遊んでいた祐介は典道に、50mで水泳対決をしようともちかける。その場にいたなずなは勝った方に花火大会を「二人で見に行こう」と誘うのだが―…。※1つの話でもしも2つの結末を観る事が出来たなら…の仮定ドラマ「if…もしも(1993年)」で初放送された作品。下から見るか?・横から見るか?の2つの結末が観れる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
138.スタンドバイミー的な男子の冒険やバカバカしさもいいけど、やはりこの映画はナズナですね。魅力は典道じゃなくてもしっかり伝わります。
nojiさん [インターネット(邦画)] 5点(2018-09-13 00:37:16)
137.《ネタバレ》 25年前にテレビで観た時は何も起こらないドラマの何が面白いのか。と思い、つまらないの一言で片づけてしまいました。それから25年の月日が流れて2度目の鑑賞となった今回。何も起こらない小学生のひと夏。彼らは大きな大きな色あせない思い出を手に入れたのでした。これは素晴らしい。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2018-08-29 00:01:46)
136.《ネタバレ》 以前見たときは、つまらなくて途中早送りしてみて忘却。かすかな記憶は歪曲してしまい
チビな小学生と女子高校生の恋愛モノとインプット・・(かなりの大間違い)
アニメ化されると聞き、再度見直してみたのは昨年。ヒロインが小学生の設定に愕然としながら鑑賞。
記憶は間違いでしたが、やはり面白くはない。 てか年齢揃えてよ、ミスキャストです。
途中で時間が戻って、これはサイエンスファンタジーなのかと思っていたら、どなたかの解説では
「もしもあの時・・」の先の出来事は「後悔から派生した妄想」なんだとか。 ほぼ夢オチ作品?
どちらにしても、マセた女子小学生に感情をトルネードされて妄想が暴走の男の子の1ページらしい。
女教師の胸を鷲掴みする他のクソガキ達の、スタンドバイミー物語と平行して進行する後半。
餓鬼共の徒歩遠征のテーマは「打ち上げ花火は、見る角度で平たくなるのかならないのか」の確認(笑
本当なら一緒に行った筈の典道の選択は、いくつかの分岐点がある。
ナズナ達との泳ぎの競争で勝つか負けるか。 ナズナの誘いに乗って親友達との遠征を断るか否か。
あの時違う道を選んでいたら、こうなったかも・・あーなったかも・・  タラレバ思考ですねえ
いずれ、思春期の児童の心の山谷を、ノスタルジーな映像で綴った作品ですが、感化される人と
そうでない人は当然います。自分も後者かなあ。全く感情移入できない。自分の子供時代とは大差でして。
奥菜恵のオッカケ連中には「神作品」でも、彼女に魅力を感じない場合は、意味が違うものになる。
この映像美を岩井監督のマジックだと評価されてますが・・ どこが凄いのかサッパリ??
オマケで1発打ち上げて貰った花火なのに、空にはいくつもの花火の絵。現実と妄想の境界がグチャグチャ。
これに感動しろと言われてもねえ・・ 見たのがあの時代だったら、感動していたのだろうか  ??
グルコサミンSさん [インターネット(邦画)] 5点(2018-08-14 15:24:02)
135.《ネタバレ》 奥菜恵はとても小学生には見えないが、「同級生の男子目線から見れば女子はあんな感じに見える」ということを踏まえると、案外意識的なキャスティングだったのかもしれない。で、男子同士の会話なんかはいかにもすぎてかえって作為的だったりするのですが、逆に一番凄いと思ったのは、道を曲がって消えた奥菜恵が走って現れる一瞬の「間」。それと、もっともらしくホームまで行った後であっさりバスで帰って来るという衝撃の展開(あの転換のときにナズナの内心の動きはいろいろあるはずだが、ノリミチ視点からはそれは見えているとも思えないので、何もアクションをさせないあの描写は正しい)。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2018-08-03 01:59:25)
134.まあ、1993年でこの映像と演出見せられたら驚異だったんだろうなあというのは容易に想像つく。耽美主義的な感じした。おっさんの琴線にふれそうな感じ。奥菜恵が強烈なオーラ放っている。人生ピークだったかも。
タッチッチさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-01 11:58:54)
133.《ネタバレ》 小学生の主人公とその友達は同じ女の子が好きだった。
二人がプールで競争した後、勝った友達が女の子から花火大会に誘われる。
一度は受けたものの結局友達は怖くなり約束を反故にしてしまう。
残された女の子は主人公にプールの競争で勝った方を花火大会に誘うことに決めたこと。
駆け落ちしたかったことを告げ、もしあの時主人公を誘っていたら裏切らなかったのか問われる。
主人公はもし競争で勝っていたらと悔やむ。
ここでifストーリーが始まる。
もしプールの競争で主人公が勝っていたら何が起こっていたか。

映像がテレビっぽいと思ったらテレビ放送の再編集した作品とのこと。
好きでもないのにただ利用するためだけにデートに誘うなんてひどい。
女の子はただ逃げ出したかったわけではなく駆け落ちにこだわった理由はなんだったのか。
最後まで理解できなかった。
俺には向かない作品でした。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 4点(2018-05-05 15:09:31)
132.《ネタバレ》 小学生の頃、男子ならしたことあるであろう妄想だった(笑
負けたら、告白とか、好きな子の名前を言うって小学生の時あったな〜。
懐かしい・・・。
マリオワールド、スラムダンク、セーラームーン、
サッカーでよく聞くオーレ♪オレ♪オレ♪オレ♪とかも懐かしい。
少年達が、好きな子の名前を叫ぶシーンは良かったなと思います。
アニメ鑑賞前に観れてよかった。
へまちさん [インターネット(邦画)] 7点(2018-02-17 21:26:47)
131.いいですね。
想像なのか?現実なのか?よくわかりませんでしたが悪くない。
奥菜恵の可愛らしさが光っていました。
東京ロッキーさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-10-26 18:25:21)
130.《ネタバレ》 打ち上げ花火、も一度見るか? まだ見るか? まだまだ見るか? はい、何度見たってよいじゃないかよ よいもんはよいんです。親の都合でお引っ越し ともだちいるのに転校はツラいよ 急に居なくなられるほうだってかなりツラいよ 恋心芽生えた当人たちにとってみれば しばらく夕日が落ちてく6時7時頃の夕方のような切ない思いに浸る日々がしばらく続くのでしょうね 
だけどノリミチ君、彼にとっては今後一生忘れられない宝物のような夏の一夜のランデブー☆ その思い出一生大事にしていきなよ 忘れたりしたなら承知せんぜよ ←だとか オッサンからの要らぬ世話だね でもさ正直、君がうらまやしんだよ だからだよ 上から目線で許してねっとでも言って去りたい good Movieよ forever。
3737さん [DVD(邦画)] 9点(2017-09-19 19:41:28)(良:2票)
129.伝説のドラマに期待をし過ぎてしまったのか、皆が言うほど、はまらなかった。
フライドドラゴンフィッシュを超えていないなー。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2017-09-16 22:12:40)
128.《ネタバレ》 いやー奥菜恵さん壮絶にかわいいですね。
短いながらすっきりした作品でした。
男の妄想大爆発な脚本ですが、それも良し。
この上映時間なら、なんとか耐えられました!
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-08-27 05:26:03)
127.《ネタバレ》 典道の夏が終わる。
一晩の夢か現実か、彼の思いが走らせる妄想か。
このミステリアスな女の子と二人っきり、典道のソワソワした感じはたまりませんね。
山崎裕太と奥菜恵が全く同じ学年には見えないが、まぁそういう事は気にしない。
最後の祭りのシーンはどちらに繋がっているのだろうか。彼に花火はどう見えたのだろうか。
彼のどうしようもなく花火を見上げる顔が印象深いです。
ちなみに俺は丸いと思う。
えすえふさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-08-22 02:55:32)
126.この夏公開のアニメの予習として鑑賞。
う~ん 惜しいなあ。描こうと目指してたものは分かるんだけど、ちょっと男子が子供っぽ過ぎて。
奥菜と同様、少し実年齢の高い俳優を起用してもよかったかも。
あと、この内容じゃ劇場映画はつらいから大幅に内容変えてくるんでしょうね。変えてもらなわきゃ困る。最低2回は観るんで。
しかし、奥菜恵 可愛いなあ。昔大好きで写真集まで買ってたのを思い出した。
なまじっか今の彼女の状態を知ってるんで、この可愛さがかえって悲しくなる。

時よとまれ 君は美しい

今猛烈に押してる女優さんの容貌に変化が訪れるまでには、自分はおそらくこの世から消えてるのは、かえって幸せかも。
ところで最後にお約束を一つ。

広瀬すず!
rhforeverさん [DVD(邦画)] 7点(2017-05-14 13:14:51)
125.《ネタバレ》 中盤から、「もし足を怪我しなかったら」という想像の世界。幻想の世界。
幻想を観たのは誰? 主人公の少年のようで、実は全く違う。
じゃあ誰の観た幻想?
書いたのはもちろん脚本家(監督)なわけだが、そうじゃない。
みんなが観たい「もしも」の世界だから、共感を呼ぶ作品なんだろう。

ところで花火は四方八方に破裂する。平べったいというのは馬鹿か。
だけど子供視点の映画だからね。キッカケは何でもいいのだ。
父親「いつも悪いねえ」
娘「それは言わない約束でしょ」

タイトルが有名なので、ずっと観たかったTVM。
1993年の作品だが、昨夜が私には初見。
良い映画だし、観れて良かった。
焼肉の掟さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-08-19 09:15:14)
124.《ネタバレ》 最近、アニメ版が公開されたためか、CSで何度も放送していたので、ひさしぶりに見直しました。初めて観た時の、心の奥の方にしまってあった、忘れかけてた大事なものがキラキラと蘇ってくる感覚、それがまったく変わっていなくて、むしろ歳を重ねた分、輝きの質が増したように思えました。特にあの音楽、流れる旋律も、挿入するタイミングも、バツグンのセンスですね!

思春期に差し掛かった子供時代、夏休み、女子・・・。この3つが合わさった思い出のある人(特に男性)には、たまらない作品ですよね^^
「もしもプールで足をぶつけなかったら」というifの部分を変に強調することもなく、シンプル&ストレートに表現しているからこそ、響いてくるものがあるんでしょう。ウケそうな材料を何でもかんでもブチこんでこねくり回したような、ごった煮ドラマを作っている人に見習ってほしいです。

ひさしぶりに見直して、今回新たに自分のツボにハマったシーンがありました。
夕方の安曇医院の待合室、夕陽が射して他に患者もいなくて静かな感じ、「あー、子供の頃の夏の夕方って、こういう印象だったわー」と、何ともいえない懐かしさを覚えました。
子供の時、夏って、朝も昼も夜もワクワク感に満ちあふれていた印象で大好きでしたが、唯一、夕陽が沈みかけるあの時間帯の、まるで一瞬時間が止まったような、世の中のすべての音が遠くでかすかに鳴ってるような、妙な物悲しいムードが嫌いでした。
しかし最近、夏の夕方にそういうことを感じなくなったせいか、夕方の安曇医院の雰囲気、とても懐かしく感じました♪

このイメージを崩されたくないので、アニメ版はきっと観ないと思います。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-07-23 00:22:46)(良:1票)
123.スーファミやスラムダンクなど、90年代に小学生だった自分にはまさにストライクな小道具(話題)が満載で楽しい。
夏休みの雰囲気、挿入歌の美しさ、それが流れるタイミング、ラストの打ち上げ花火のシーンなど岩井俊二的美的感覚も満載だ。
しかしそれらがあってもなお、子役の演技の野暮ったさが上回る。
子役しかほとんど出てこないので、短いはずの45分がかなりつらかった。。。雰囲気は好きなんだけど。
ポン酢太郎さん [DVD(字幕)] 3点(2014-12-02 13:07:44)
122.今日は皆さんに驚愕の事実を伝えなければなりません。それは・・・打ち上げ花火は横から見ると・・・なんと、平らだった!マジで!
普通に考えれば、爆発して四方八方に拡散するのだから、丸くなると思うだろう。ところがどっこい実は平たかったのさ。
今日花火大会に行って見ちゃったんだよねー。決定的瞬間を・・・(以下全文削除)

昔書いたレビューを読み返して恥ずかしくなる事ってありますよね・・・?↑何を得意げに花火は平たいとか物知り顔で書き連ねちゃってるんだろう。恥ずかしいから削除しました。他のレビュワーの方も言ってるように四方八方に飛び散るんだから丸に決まってるじゃないか。いや、でもたまに花とかキャラクターの形の花火が失敗して楕円形になったりしてるがあれは平たくなるように計算して上げてるんじゃないのか。ってことは平たくもできるのか?(また振り出しか)という答えの出ない問いを私はこの映画を初めてみた10何年前から探し続けているのかもしれない。願わくばアニメ版でその答えが出ますように。

というわけで、この夏この映画をリメイクしたアニメ映画が公開されるので、興味のある方は先にこちらを観て予習されるともっと楽しめるかもしれません。あの時代を知らない人が見てもあまりピンと来ないかもしれませんが・・・。この映画、オリジナルから観るか?アニメから観るか?
ヴレアさん [ビデオ(邦画)] 8点(2014-06-30 22:09:12)(笑:1票)
121.《ネタバレ》 二通りの話があって後半はもしもあの時こうなっていればということだけど、妄想というより一つの現実のように描かれる。
あの時こうしていればという思いは誰にでもある。
振り返れば小学校の頃は女子のほうが男子よりはるかにマセていた。
中には既に大人の色気のようなものを持っている子も。
徹底して男の子目線の作品で、当時をそこはかとなく思い出させるような映画。
気になる女の子に誘われて花火を見に行くなんて夢の展開だろう。

ただ、花火が平らに見えるのではという疑問はピンとこずに引っかかる。
もっと共感できるような疑問なら自然と感情移入移入できたと思うけど。
この頃は美少女だった奥菜恵の存在感が光る。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 6点(2014-04-25 21:54:31)
120.子供のなんてことない日常を見せられて、ちょっとイライラ。青春感じるには子供すぎる…前評判も高かったので期待しすぎた感も。
さんま大先生に出ていた裕太が出ていたのが懐かしかった。
なこちんさん [DVD(邦画)] 3点(2014-03-14 03:27:55)
119.《ネタバレ》 タイトルがタイトルだけに、いつ花火が上がるんだろうと観ていたら、絶妙なタイミングで上がりましたね~。

50分足らずの物語の中に、心の奥底がむず痒かったり、ドキッとするようなシーンが多々ありました。

それこそ主人公の子供等の親世代の私が今観るに、花火も小学生時代も儚く一瞬で終わってしまったようだけど、美しいものだったな・・・と。

久しく生で花火なんか見てないけど、花火っていいわな~。

綾瀬はるか~~~っ!!

ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2013-10-07 17:39:11)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 138人
平均点数 7.34点
000.00%
121.45%
210.72%
332.17%
453.62%
596.52%
61813.04%
73122.46%
82921.01%
92215.94%
101813.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.66点 Review6人
2 ストーリー評価 8.77点 Review9人
3 鑑賞後の後味 9.54点 Review11人
4 音楽評価 9.30点 Review10人
5 感泣評価 8.00点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS