連合艦隊のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > 連合艦隊
 > (レビュー・クチコミ)

連合艦隊

[レンゴウカンタイ]
1981年【日】 上映時間:145分
平均点:6.54 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(1981-08-08)
ドラマ戦争ものシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督松林宗恵
中野昭慶(特技監督)
助監督今村一平(監督助手)
浅田英一(特殊スタッフ)
橋本幸治
鈴木健二
大河原孝夫
キャスト小林桂樹(男優)山本五十六(連合艦隊司令長官)
高橋幸治(男優)宇垣纏(連合艦隊参謀長)
金子信雄(男優)南雲忠一(機動部隊長官)
三橋達也(男優)草鹿龍之介(機動部隊参謀長)
小沢栄太郎(男優)永野修身(軍令部総長)
藤田進(男優)及川古志郎(海軍大臣)
藤岡琢也(男優)福留繁(軍令部部長)
橋本功(男優)富岡定俊(軍令部課長)
丹波哲郎(男優)小沢治三郎(機動部隊長官)
神山繁(男優)貝塚武男(空母瑞鶴艦長)
平田昭彦(男優)下田久夫(空母瑞鶴飛行長)
佐藤允(男優)工藤飛曹長(瑞鶴搭乗員)
なべおさみ(男優)森整長(瑞鶴乗組員)
長門裕之(男優)武田上整曹(瑞鶴乗組員)
安部徹(男優)栗田健男(第二艦隊長官)
田崎潤(男優)豊田副武(連合艦隊司令長官)
佐藤慶(男優)神重徳(連合艦隊先任参謀)
鶴田浩二(男優)伊藤整一(第二艦隊長官)(特別出演)
中谷一郎(男優)有賀幸作(大和艦長)
森繁久彌(男優)本郷直樹(奈良博物館館長)
奈良岡朋子(女優)本郷歌子(英一の母)
永島敏行(男優)本郷英一(瑞鶴搭乗員)
金田賢一(男優)本郷真二(大和航海士)
古手川祐子(女優)早瀬陽子(英一の許婚)
松尾嘉代(女優)芸者鈴川
財津一郎(男優)小田切武市(大和の工作科分隊士)
中井貴一(男優)小田切正人(特攻隊員)
友里千賀子(女優)小田切照代(正人の姉)
鶴田さやか(女優)小田切美代(正人の妹)
南道郎(男優)里島先任参謀
織本順吉(男優)大林参謀長
伊吹徹(男優)大谷作戦参謀
長谷川弘(男優)瑞鶴艦長野元
中山昭二(男優)駆逐艦隊司令
浜田寅彦(男優)町内会長
丹波義隆(男優)茂木大尉(英一の戦友・瑞鶴搭乗員)
高並功(男優)新谷大佐
大林丈史(男優)
近藤宏(男優)小柳参謀長
薩摩剣八郎(男優)(クレジット「中山剣吾」)
伊藤敏孝(男優)大川一整曹
森山潤久(男優)
佐久田修(男優)大江中尉
今西正男(男優)
加藤茂雄(男優)
石田茂樹(男優)新聞記者
平光淳之助ナレーション
出演広瀬正一(ライブラリー出演)
脚本須崎勝弥
音楽服部克久
谷村新司
新日本フィルハーモニー交響楽団(演奏)
作詞谷村新司「群青」
作曲谷村新司「群青」
主題歌谷村新司「群青」
撮影加藤雄大
鶴見孝夫
製作田中友幸
高井英幸(製作補)
配給東宝
美術阿久根巌
井上泰幸
編集黒岩義民
録音東宝録音センター(整音)
矢野口文雄
照明森本正邦
小島真二
その他NHK(資料提供)
テレビ東京(資料提供)
東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.時代を感じさせる、演出に、特撮..内容も、酷く ショボイ..作品全体に、見所が無く、感動も 共感も、まったく無い..残念...
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-09-13 18:02:59)
34.時代ながらの映像の粗さはあるが、海軍の状況や各個人の想いがよくまとめてられている。古手川祐子が可愛らしい。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-06-15 20:27:36)
33.《ネタバレ》 これだけのキャスティングとこれだけの内容で、一体どうやってまとめるのかと思っていたら、意外にきちんとまとまっているので驚いた。勝因は、固有名詞や作戦用語を、見る側が理解できるかどうかとか余計なことを考えずに、当たり前に使っていること。そして、いろいろ登場する会議や協議のシーンを丁寧に描いていること。これによって一本の緊張した筋が維持されている。他方で、情緒に流れない程度に市井の2家族を絡めることによって、上滑りではない個々の生死の重さを表すことに成功している。また、各海戦(真珠湾、ミッドウェー、レイテ沖、大和突撃)についても、基本的要旨の部分とはいえ、背景や位置づけや経過、そして結果をきちんと盛り込んでいるのも重要。だから、豪華キャスティングの皆様も、所在と立場を明確に与えられて、輝いている。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-04-29 00:55:58)
32.これは戦艦模型が好きだった幼少の頃見た記憶があったのだが内容はほとんど忘れていて、少年飛行兵が「お母さ~ん」と叫びながら敵艦に突っ込んでいくシーンと、財津一郎が手を火傷しながらレバーを回す壮絶なシーンだけが脳裏に焼きついていた。
30年ぶりぐらいに見直したわけだが、大人になって南雲・栗田の失策についても知るようになったし、大体のことは頭に入ってはいたので、真珠湾から大和特攻まで連合艦隊の戦史を駆け足で振り返るという感じで、オールスター大作にありがちな網羅性はあるが内容的にはちょっと浅い作品になってしまったような。2家族のヒューマンドラマは抜きにして、上層部の意思決定に絞った方がよかったのではないか。この作品の公開数年前までは栗田中将は生きていたわけで、亡くなったから映画化出来たのかななどと、(評価の低い)実在の人物を映画化する事の難しさも感じた。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 6点(2014-03-14 12:36:50)
31.主役級の新旧の超豪華スターを何人もそろえ、誰が主役がわからないほどの贅沢な映画だが、その分まとまりのない映画になっている。片方で真珠湾からミッドウェー、ガダルカナルと太平洋戦争の流れを追っているかと思えば、中途半端な人間ドラマが入って緊迫感はないし・・・。太平洋戦争が何だったのか、どうして起こったのかなど肝心な点は伝わって来ず、何をどう描きたかったのかがわからない。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 3点(2012-09-14 20:43:50)
30.確か実際には満載の主砲砲弾を一発も発射することなく横転して沈む際に自己と乗員を破壊して沈んでいった大和と義理のための人身御供となった兵士たちへの鎮魂の映像には心打たれるものがあります。谷村の「群青」に合わせた浜辺のシーンの森繁の演技とそこに無心に遊ぶ幼子を配置は僅かに希望を繋ぐものとして好感を持てました。
たいほうさん [DVD(邦画)] 6点(2012-02-15 09:17:03)
29.《ネタバレ》 特撮のショボさ(まあ仕方ないですが)、若手俳優の演技は気になりますがベテラン俳優達がしっかり締めてくれているので見応えはありました。
よりさん [DVD(邦画)] 5点(2011-01-10 16:35:23)
28.この映画は、海で死んでいった兵士の鎮魂歌だと思います。それゆえ、人間の「死」艦船の「死」を美しく描いています。あくまで「美しく」描いたため、誤解もされているかもしれません。監督は、メイキングで戦争の悲惨さを訴えています。
けん124C41さん [DVD(邦画)] 8点(2010-12-13 22:33:59)
27.内容は中途半端だがキャストが豪華なのでそれなりの形にはなっていた。若かりし古手川祐子がかわいかった。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 6点(2009-07-30 00:18:27)
26.太平洋戦争の海軍の全体推移が解る。でも2家族の描写は私には必要ない。もっと軍部内部に絞って欲しい。20年前の作品なのでCG等特撮技術もなく、模型をフルに作成し対応の努力には感心するも、やはり現在の技術にはかなわない。
ご自由さんさん [DVD(邦画)] 6点(2009-07-23 20:24:00)
25.《ネタバレ》 オールスターキャストの大作。海軍の視点から、太平洋戦争を振り返ることができる。なかなか力がこもった作品だが、史実を描きたかったのか、人物を描きたかったのか、そこが不明瞭なのが残念。したがって、全体の印象が散漫になってしまった。古手川祐子のエピソードは本作の華なのだが、私には冗長で、むしろ不要に感じられた。
ジャッカルの目さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-08-17 01:05:59)
24. 第二次世界大戦の流れを知るために、もっとも手軽で、わかりやすいという意味でお勧めです。あの当時の人々の思いも、おそらく当時の人々の思いはこうだったんだろうなと素直に思えるようなドラマづくりになっています。
SHIROさん [DVD(邦画)] 7点(2008-08-02 12:50:35)
23.あまりいい評価を聞いていなかった作品で、確かに大作映画にありがちな大味感があるし、いかにもミニチュア丸出しの戦闘機とか特撮もしょぼい。しかし、人間ドラマが予想以上にしっかりとしていて、見ごたえのある戦争映画だと思う。松林宗恵監督といえば「社長シリーズ」しか見たことなく、戦争映画は初めて見たが、軽い雰囲気の喜劇である「社長シリーズ」とは180度違う演出で、戦闘によって人が死ぬシーンなどの描写が重苦しいのにはただただ驚くばかりだ。松林監督のほかの戦争映画も見てみたくなった。「社長シリーズ」ではコミカルな味わいを見せる森繁久弥や小林桂樹が渋い存在感を放っているのもなんだか嬉しい。これがデビュー作となる中井貴一はちょっとかたいものの、「女王蜂」(松林監督が協力監督として参加。)の姉・中井貴恵ほど酷くはなかったし、ラストシーンの独白も感動的だった。そこにかかる「群青」がものすごくシーンとマッチしていて実に素晴らしい。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2008-01-02 14:39:49)
22.小学生のころ、テレビ放映で見た初めての戦争映画。戦争のことはよくわからなかったけど、戦艦大和が夕日をバックに登場するシーンが、今でも脳裏に焼きついている。映像レベルはともかく、画面の重厚感は「男たちの大和」を超える(「~大和」も好きだけどね)。それだけに、特撮場面のミニチュア感が払拭できなかったのが残念だった。
ドラりんさん [地上波(邦画)] 7点(2007-06-26 00:44:57)
21.《ネタバレ》 久しぶりに観たが、特撮がしょぼいね。CG使えばどうなったろうか?長門裕之が爆弾で吹っ飛んで手だけが残っているシーンが物悲しい。
doctor Tさん [ブルーレイ(邦画)] 9点(2006-12-24 17:31:25)
20.あの時代、日本が何故、大東亜戦争に踏み込んでいったのかが分かりやすく描かれた素晴らしい作品。歴史認識が国際問題になる昨今、日本人はこの作品をみてこの国を見つめ直すべきだと思う。特撮に関しては今見ると、あまりにもショボく目を覆いたくもなるが、その辺りは我慢して頂きたい。
憲玉さん [DVD(邦画)] 9点(2006-09-10 00:37:29)
19.《ネタバレ》 戦争とは(やむを得ないに始まってやむを得ないに終わる)

(戦争を始めるのも難しいが終わらせるのも難しい)

こんな名言が随所で出てきます。

「男たちの大和」を劇場で前に観てあまり私は世界に入れずににいたので、

こちらを観ないといけないなぁと思い今頃この作品を観たわけです。

世界が大きくてわかりやすい!

時間も長いし特撮もチャチなのですが勢いがあります。

そして役者が揃っている・・

多分特撮を除いてはこれ以上のものは作れないことと、

今こういった作品を作るならば一番人気のあった大和になったのでしょうか。

この作品は第二次世界大戦がどうやって戦略的に行われていたか、

かなり細かいところも描けているし戦争の理由もいきさつも終焉も全部描いています。

もし「男たちの大和」を観て全体像が知りたい人はぜひ観てください。

勢いで泣いてしまったけれど細かいことはわからない人にもお勧めします。

こちらの作品はもちろん時代からいって特撮や演出は今観たらガクッとするかもしれない。

しかしなぜこういった作戦ミスがあったのか、

大和が最終的に沖縄に行かなければいけなくなった理由、

世界的な政治の裏側・・

この時代にも天皇制も露骨ではありませんが描かれています。

上官の派閥や他の戦艦はどうだったのか・・

歴史の勉強にもなるので日本史近代史に興味のなかった私には助かりました。

音楽もあまり好きではなかった谷村新司の群青。

こんないい曲だったとは・・

しかも曖昧に終わるあの場面でピアノとともに語りかけてくる。

これは哲学だと思いました。

もっと突き放したところで戦争を描いている。

もちろん色々な家族との絡みもある。

残された家族特に時代に翻弄される古手川祐子(夫兄弟が戦死)のセリフもいい。

主役級の夫役永島敏行とその弟の 金田賢一。

また別の家族としてはもうひとつの主役、

中井貴一が沈む大和の父に宛てた言葉・・

(父より少しだけ長生きする息子の親孝行をお許しください、

さよなら母さん・・)と、特攻隊を選び空から沈む大和を見ながら終焉を迎えます。

アルメイダさん [DVD(邦画)] 7点(2006-02-28 08:53:25)
18.何十年振りに見たけれど古手川祐子と永島&金田の兄弟、下手すると「パールハーバー」の尻軽女に成ってしまうのに上手いこと見せてくれます。特撮も充分納得できる出来。私的なツボは瑞鶴での長門裕之&なべおさみの整備士と少年航空兵のやり取り、ここが堪らない、グッときますね。 ラストの沈む大和を見ながら死に行く中井の独白もなかなかでした。
亜流派 十五郎さん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-01-02 10:39:18)
17.《ネタバレ》 太平洋戦争の流れを理解するのに良い教科書となるような作品だと思う。中鉢青年のような離陸はできても着艦できないという若者たちがどれほどの数いたのだろうか。CG無しの特撮もすごい。最後の谷村新司の「群青」は心にしみる絶品。
火付盗賊改方長官さん 10点(2004-06-04 21:44:56)
16.小学生のとき金曜ロードショーで見て以来久しぶりに見た。やはり丹波哲郎が最高に良い味出してた。戦争について考えさせられる秀作であり日本人なら一度は見ておきたい。
ゆきむらさん 7点(2004-04-30 05:51:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 6.54点
000.00%
100.00%
212.86%
338.57%
412.86%
525.71%
6720.00%
71234.29%
8411.43%
9411.43%
1012.86%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review3人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 7.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS