デュエット(2000)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デュエット(2000)
 > (レビュー・クチコミ)

デュエット(2000)

[デュエット]
Duets
2000年【米】 上映時間:112分
平均点:6.25 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-09-29)
ドラマコメディ音楽ものロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-04)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブルース・パルトロウ
助監督ジャック・ギル[スタント](第二班監督)
演出ジャック・ギル[スタント](スタント・コーディネーター)
キャストマリア・ベロ(女優)スージー・ルーミス
アンドレ・ブラウアー(男優)レジー・カーン
ポール・ジアマッティ(男優)トッド・ウッズ
ヒューイ・ルイス(男優)リッキー・ディーン
グウィネス・パルトロウ(女優)リヴ
スコット・スピードマン(男優)ビリー
マリアン・セルデス(女優)ハリエット・ガーガン
キルスティン・ウォーレン(女優)キャンディ・ウッズ
アンジー・ディキンソン(女優)ブレア
ロックリン・マンロー(男優)ロニー
キーガン・コナー・トレイシー(女優)シーラ
マーヤ・ルドルフ(女優)オマハのホステス
ジェームズ・キャメロン(男優)カラオケ歌手(ノンクレジット)
脚本ジョン・バイラム
音楽デヴィッド・ニューマン〔音楽〕
マーヤ・ルドルフ(音楽スーパーバイザー)
撮影ポール・サロッシー
製作ブルース・パルトロウ
ジョン・バイラム
製作総指揮リー・R・メイズ
ニール・キャントン
美術シャロン・シーモア(プロダクション・デザイン)
編集ジェラルド・B・グリーンバーグ
録音エリオット・タイソン
スタントアンディ・ギル〔スタント〕
J・J・マカロ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 この人、どっかで見たことあるなぁ~~~、ってヒューイ・ルイスじゃないか! ワーすごーい!! 映画に俳優さんとしてでていたなんて、知らなかったなーー前知識なしで観るとこういうサプライズがあるからいいですね(笑)。 で、そこの部分は単純に感動だったのですが内容は、惜しいというか煮詰めが足りない感じ。歌もいいしグウィネスは可愛いし、ジアマッティの切れっぷりは最高だし(笑)と良い要素があるにもかかわらず、繋がりが悪いというかこちらの希望と悪い意味で反対に向いてるんだよなぁーー。ラストも不満、ちゃんと決勝戦として歌って欲しかったなぁホント。残念でアリマスハイ
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2016-09-05 08:43:06)
19.歌はどれもすばらしかったのですが、ストーリーもう少し練ってほしかった。デュエット、ってパートナーと二人で生きていく、にもかかってるのでしょうか。一人で歌う人もDuetsに入ってる?
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-05-02 17:08:30)
18.《ネタバレ》 群像劇だから仕方ないのだが、個々のストーリーが薄い。ラストの銃殺には疑問。ブルースブラザーズのような展開になるのかと期待してたのに。歌は表現であり、その人の人生を表すものではあるとは思った。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-02-03 13:59:36)
17.《ネタバレ》 ポール・ジアマッティの体当たりの壊れた演技、どの映画でも印象的です。
今回もマイレージが使えないと怒りまくっていますが、ヨーロッパに往復できるくらい貯めたマイレージが航空会社の合併で無効になったことがあるので気持ちはよくわかります。

本業が歌手のヒューイルイスよりも上手な人がたくさんいるのにびっくり。メインキャストも個性的ですがモブキャラが生きています。
だるまのような体系でコパカバーナを歌うお兄さん、「生活は楽よ。かっぱらいでくらしてるから」と元教え子に自慢するおばあさん。
ポール・ジアマッティをキュートと言って薬を飲ませるお姉さん、みんな良い味を出しています。
エンドロールに歌った人の名前がみんなはいっているのが、なんともいい感じです。
ほんのちょっとだけ歌を歌うシーンで、やけにいい声だと思った人がいたんでチェックしたらデビューする3年以上も前のマイケル・ブーブレでした。
群像劇「ナッシュビル」も最後は銃でしたが、この映画は死はいらなかった気がします。
omutさん [地上波(吹替)] 8点(2016-02-03 02:09:23)(良:1票)
16.《ネタバレ》 自分の中でグウィネスはハズレが多い女優さんなんだけど、これは面白かった一つ。何より映画全体の雰囲気が良く、歌声や脇のジアマッティのキレっぷりも楽しめた。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 7点(2008-08-19 19:50:47)
15.号泣しました。
こういう話に弱いんですよね。
作品全体としての構成には難があるけど、それぞれの物語はとても良かったと思います。
崇高な自己犠牲の精神は素晴らしいし、僕も誰かの為に何かしてあげたいと思うことがよくあるので、クライマックスの行動には共感できるんだけど、やっぱりもう少し救いのある顛末だったなら嬉しかったですね。
悲しい涙はあんまり流したくないものです。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2007-02-06 16:49:05)
14.話が少しも前に進まないので、見ていて終始いらいらした。もっと、いくらでも面白くできそうな設定だと思うのだが。音楽の持つ効能がまったく生かされていない。
Oliasさん 3点(2005-03-02 17:09:57)
13.某IntrenetTVに「KARAOKE LIVE」という国籍不明の外人達がカラオケをひたらす歌う番組がありまして、検索すればすぐに見つかると思うんで、非常に楽しいんで良かったら見てみてください。今は長髪のデブの白人が「Voodoo Child」を熱唱してます
永遠さん 5点(2004-10-28 22:07:51)
12.ヒューイルイスアンドザニュースのファンだったので観ました。グヴィネスいいですね。それぞれのストーリーが最後で一つになるというのが素敵だったと思います。こういうロードムービー好きです。
MARTEL1906さん 8点(2004-04-29 23:35:03)
11.ヒューイ・ルイスの歌声にノックアウト!相変わらず良い声ですよねぇ。ストーリーよりそっちに感激しちゃいました。(なら、CD聴け!)
よっさんさん 7点(2004-01-13 11:38:34)
10.複数のストーリーを輻輳させて,最後で一気に融和・符合させるというアイディアは良いと思いました。ただ,やはり皆さんが仰るように,最後のカラオケ大会での描写が弱いのか,意外な結末も取って付けたような印象が残ってしまいました。構成感の難しさを感じますね。個々のエピソードはそれぞれ面白いし,グウィネスも今まで見た中じゃ一番美しいと感じました。でも,もう一人のおねいさん(スージーだっけ)の方が存在感有ったかな・・。あと,みんな歌うまいですね。↓そっか,あの黒人の俳優さん,吹き替えだったんですか・・。
koshiさん 6点(2004-01-13 00:03:57)
9.カラオケ行きた~い、歌いた~い。是非、マイクスタンド付きで。
c r a z yガール★さん 6点(2003-12-17 22:26:13)
8.↓の皆さんに同意。一つ一つのエピソードには及第点。でも、一本の糸へと話が紡がれていく際の、絡まり具合がイマイチかな。群像劇の脚本って難しいですねぇー、と誰かが眉毛動かしながら言ってそう。ただ、登場人物はみんないい味出してますよ。あ、いい「声」か。
中山家さん 6点(2003-11-12 09:16:44)
7.ブルース・パルトロウ監督が先日亡くなられ・・これは遺作なのでしょうか? だとしたら父娘デュエットするという内容が泣かせますねー。
「KARAOKE」賞金を狙う6人のロードムービー、人情が盛りこまれていた、たぶん。 スージー(マリア・ベロ)が切なくて良かった気が、、でも記憶が薄い。グウィネスの歌が聴けてよかったのみかも・・//(03.12.)グウィネス ♂でき婚!♀ 膨らんだお腹を父上が御覧になったらさぞやお喜びだったでしょうに、、、うるる。
かーすけさん 5点(2003-10-18 16:23:09)
6.グウィネスがかなりいい。ストーリーもけっこう感動だし、歌もよかった。かっこいいです。
バカ王子さん 9点(2003-02-01 20:35:24)
5.みんな歌がうまくてホレボレ。グィネスとお父さんのデュエットがすっごく好きで、何回も観てしまいました。深い映画ではないけど、それなりに感動もできるし、笑えるし、いい映画だと思います。
鉄男さん 7点(2002-12-14 21:47:06)
4.アメリカの典型的なロード・ムービー。主要人物は6人なのですが、エピソードが断片的でまとまりを欠き、とっちらかった印象。傑作ではないし、駄作でもない、ほんのりいい映画という感じ。ちらちら挿入されるカラオケ大会出場者の面々が個性的で面白い。登場人物中、黒人の脱獄囚だけが吹き替えで、グウィネス・パルトロワも意外な歌唱力を披露してくれます。彼女の喉と「ロック・ヒーロー」ヒューイ・ルイスに+1点。
ひかりごけさん 7点(2002-10-28 20:53:17)
3.へぇ~~~?カラオケって結構広まってんのね。ってな、グウィネス・パルトロウってことだけで観ました(でも吹き替えとか?)。結構良かったですよ。☆何でもこの作品って当時恋人だったブラピと共演する予定だったとか? やっとグウィネスの傷が癒えたみたいで、ファンとしては嬉しく思います。
イマジンさん 6点(2002-08-10 14:05:13)
2.びでおやさんと同意見。ひとつひとつのドラマは見れるところはあるのだが同時進行しすぎのせいかいまいちメリハリがないように見える。1話2話というふうに区切ってラストに全員集合という形をとったほうがよかったような・・・ただラストの閉め方はいかがなものかと。この映画の監督はグウィネスの父親らしい。パルトロウ一家の事情はまったく知らないが、娘を起用した・この映画の内容から親子関係の修復をはかろうとしたとか。なわけないなー。グウィネスの歌声きれいだったなー・・・
K造さん 5点(2002-07-28 00:55:48)
1.日本の映画「のど自慢」のような、歌と人生をリンクさせたグウィネス・パルトロウ出演の群像ドラマ。ひとつひとつのドラマは決して悪くないんだけど、それだけにひとりのキャラに感情移入させるのが難しいと思う。だけどマリア・ベロをはじめみんな歌がうまいし、特にグウィネス・パルトロウの歌のうまさにはビックリさせられ、今までちょっと苦手だったけどノースリーブ姿もキュートだし見直しました!(爆)
びでおやさん 6点(2001-11-19 00:17:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
200.00%
315.00%
400.00%
5525.00%
6630.00%
7420.00%
8315.00%
915.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS