クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
 > (レビュー・クチコミ)

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

[クレヨンシンチャンヘンダーランドノダイボウケン]
1996年【日】 上映時間:97分
平均点:7.36 / 10(Review 67人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-04-13)
アクションコメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-10-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本郷みつる
演出原恵一
水島努(演出助手)
矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
藤原啓治ひろし
田中秀幸ジョマ
大塚芳忠マカオ
辻親八クレイ・G・マッド
深雪さなえチョキリーヌ・ベスタ
古川登志夫ス・ノーマン・パー
渕崎ゆり子トッペマ・マペット
保志総一朗ゴーマン王子
八奈見乗児トランプの精
納谷六朗園長先生
高田由美よしなが先生
富沢美智恵まつざか先生
真柴摩利風間くん/シロ
林玉緒ネネちゃん
鈴木みえマサオくん
佐藤智恵ボーちゃん
大滝進矢カンタムロボ
玄田哲章アクション仮面
塩沢兼人ぶりぶりざえもん
雛形あきこ雛形あきこ
坂東尚樹キャスター
雪乃五月従業員
柳沢栄治入場係
三木眞一郎駅員
原作臼井儀人
脚本原恵一
本郷みつる
音楽荒川敏行
宮崎慎二
作詞原恵一「変だ変だよ、ヘンダーランド」
作曲荒川敏行「変だ変だよ、ヘンダーランド」
浅倉大介「SIX COLORS BOY」
編曲浅倉大介「SIX COLORS BOY」
主題歌雛形あきこ「SIX COLORS BOY」
矢島晶子「パカッポでGO!」(名義「のはらしんのすけ」)
撮影高橋秀子(撮影監督)
旭プロダクション
プロデューサー茂木仁史
太田賢司
制作シンエイ動画
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ
配給東宝
作画本郷みつる(絵コンテ)
原恵一(絵コンテ)
湯浅政明(絵コンテ/設定デザイン/原画)
高倉佳彦(原画)
末吉裕一郎(原画)
堤規至(作画監督/原画)
原勝徳(キャラクターデザイン/作画監督/原画)
安藤真裕(原画)
大塚正実(原画)
Production I.G(動画)
林静香(原画)
美術野中幸子(色彩設定)
石田卓也〔クレイアニメ〕(ねんどアニメ)
松谷早苗(仕上検査)
編集岡安肇
小島俊彦
録音大熊昭(録音監督)
田中章喜(整音)
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
67.《ネタバレ》 ギャグもあるけどシリアスなホラー寄りだった。
子供が見たら相当怖いのではないだろうか。
ババ抜きのシーンやその後の鬼ごっこもクレしん特有の
デフォルメを強く効かせた賑やかなアニメーションで面白い。
しんのすけだけがスノーマンの正体を知っているが、
それを友達や家族に訴えても信じてもらえず、恐怖を共感する相手がいない心細さが強く描かれていた。
特にひろしは心強い味方なのだが、スノーマンが一度野原家から出る→ひろしが帰宅した→スノーマンと一緒で泥酔していた
という上げて落とす流れはすばらしい。
大人ならいくらでも対応策はあるが、行動が制限され説得力を持たない幼稚園児という立場が十分に活かされている。
また、ペットマとサーカス団長が戦ってどっちを信じるんだ!と糾問されるシーンなどしんのすけのピンチが多いのがいい。
Donatelloさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-07-23 10:31:12)
66.《ネタバレ》 この話は悪役が筋が通ってておちゃらけすぎないのがよかった。ボスまでおチャラけちゃうと緊張感がゼロになってしまうのでよろしくない。評判ほどには面白くなかったが、何度も出てくる雛形あきこに笑わせてもらった。ただ「1978年……」というのは、当然ながら現在(2016年)では40歳近くなってしまうわけで違和感がほんのすこーしだけ出てくる。まさかこの映画が製作20年後も見られることになるなんてことは考えもしなかっただろうから仕方ないといえばいえるが「〇〇座の18歳よ」というセリフだったらあと20年たっても違和感はないだろう。多分。
空耳さん [インターネット(字幕)] 5点(2016-05-06 17:08:44)
65.普通のクレヨンしんちゃんだった。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-13 21:18:32)
64.「笑い」の要素で考えれば、本作品は映画クレヨンしんちゃんシリーズの中でも
間違いなく最高傑作。とにかく笑えます。
ちょっとシリアスな場面かな?ちょっと怖いかな?
と思いきや、一気に笑いを持ってくるという「粋」な演出が多い作品だったと思います。
終盤辺りでは、笑わない人がいるの?と思える位に笑いの要素が多く詰まっているので、
思う存分観て笑ってください。
功聖良さん [DVD(邦画)] 10点(2014-04-05 22:40:41)
63.クレしん映画の売りの一つにテンポがいいことが挙げられると思う。その中でもこれはずば抜けてテンポが良い。初期の作品群の中では一番の出来。敵の濃さも最高!!
bolodyさん [DVD(邦画)] 7点(2010-08-07 10:03:37)
62.《ネタバレ》 子ども向けの映画ということを意識して作られたしんちゃん映画だと思いますが、これもかなり良い作品。「トッペマ・マペット」や「スゲーナスゴイデス」なんかのネーミングセンスが好き。
しんのすけが戦うことを躊躇する描写があるのですが、どんどん成長が見られるのがいい。
ラストのおっかけっこがよく話題にあがりますが、本当何度観ても飽きません。特にひろしが「こんなもの、欲しけりゃくれてやる!」って言った後のアレには大爆笑!ババ抜きの劇画シーンや、ぶりぶりざえもんが「しんのすけを裏切り相手に寝返る」とほざいたシーンなど今も思い出し笑いがでそう。それでいて、ひろしが言う「今俺達の息子が、少し大人になったところだ」も名言。本当好きなシーンばかりです。
しかしス・ノーマンやマリオネットになった両親は子どもにゃ怖すぎ。
ヒナタカさん [DVD(邦画)] 8点(2010-08-03 22:49:32)(良:1票)
61.《ネタバレ》  中学時代友人2人と行きました。まわり小学生で恥ずかしかったです。

 個人的には『オトナ』『戦国』『カスカベ』に並ぶ傑作(ベクトルは違うが、面白さで言えは互角)。
 物語冒頭のダークな導入から今後の展開に期待させつつ、しばらくは日常パートで軽く笑いを振りまきます。そして中盤からいよいよ不思議の世界へ、ここもいきなりではなくジワジワと『日常(TV版クレしん世界)』が侵食されていく感じがして、恐怖心すら抱かせます。途中しんのすけの訴えを聞かずに帰ってしまうカザマ君達も『日常と完全に切り離される』的な意味合いがして不気味さとしんのすけの孤独感を増す演出になっている気がします。
 そしていよいよ侵食は家の中に・・・・しかし!ココから怒涛の反撃。しんのすけ(視聴者)の孤独感や恐怖を全て吹き飛ばすが如く、『アクション』『カンタム』『ぶりぶり』のクレしん3大ヒーロー参上。BGMと相まって今見ても熱いです。
 そこからは怒涛のアクション展開。大好きなかすかべ防衛隊が出ないのは残念ですが、しんのすけの『孤独な戦い』感と、この後の鬼ごっこを考えれば外して正解でした。
 そして最後に爆笑必須の鬼ごっこ『ひろしの名刺』のためその後もう一回観ました。
 そしてめでたくハッピーエンド。ただゲストヒロインのトッペマは人形の方が可愛かった気が・・・・。

 総合評価
 『笑い』と『アクション』、そして藤子先生のSF的な『恐怖感』等がぎっしり詰まった名作。ひまわり出産前で未登場ですが、それを補うに十分な魅力があります。
 作品中に散りばめられている笑い要素はシリーズ屈指、ぶりぶりざえもんが最高すぎるあそこまでスマートに人を裏切れるのは見事。
 『感動』や『涙』等はありませんが、ハラハラクスクスしながら観れる名作。

ムランさん [映画館(邦画)] 8点(2010-05-17 12:28:45)
60.《ネタバレ》 「雲黒斎」「戦国大合戦」を観て、自身のクレしん映画3作目。日常生活の流れの中で事件に巻き込まれるしんのすけ。たぶん、これが普通の「クレヨンしんちゃん」の世界観なのでしょう。日常感を損なわないファンタジーの中に、不安や勇気や冒険や笑いが上手に織り込んであって、子供にも安心して見せられる作品でしょう。両親を救うために埼玉・春日部から群馬のヘンダーランドへ一人で乗り込む道程描写に好感を持ちました。「初めての救出」ってところでしょうか。ス・ノーマンはかなり丁寧に作り込まれていて、「作戦タイム!」「認める!」のテンポの良さはケッサク。悪役とはいえ味が有り過ぎると思っていたら、ちゃんとオチがありましたね。そして、最後は家族で協力するところがやっぱり良い。なんだかんだ言っても、あの一家の絆がいちばんのテーマだと思います。どなたも言及されていませんが、ラストのチェイスは「長靴をはいた猫」へのオマージュ? 未見の方は是非そちらも観て欲しい。あの追いかけっこの原型が見られます。また、ありきたりな形容で申し訳ないけど、ぶりぶりざえもんの塩沢兼人氏はいい味でした。めっきり声優事情に疎くなった自分は、塩沢氏の逝去を↓で初めて知りショックを受けました。アニメ好き中年の自分には、癖のあるキャラクターを演じた声優として刻まれている方です。今さらながら合掌。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-01-05 02:48:35)(良:1票)
59.《ネタバレ》 ノリは全体的にバカバカしいけど、しんちゃんの決意から一人旅の流れはすばらしいし、ラストのチェイスシーンから城崩壊のアニメーションは見事。ヒロシの作画が変わるところなんかも笑いました。
テレビシリーズから恐怖演出に定評のあるしんちゃんですが、ス・ノーマン先生の家庭訪問のくだりや、マネキンのシーンなんかはなかなかに怖い。今後、ドラえもんの魔界大冒険に当たるような恐怖系で一本作ってほしいです。話の筋には特に捻りはないので、上質子供向け作品ですね。
すべからさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-29 12:55:07)
58.《ネタバレ》 これは魔法世界に憧れたことのある人間にはたまらない
spputnさん [DVD(邦画)] 8点(2009-04-25 13:03:52)
57.ヘンダーランドのテーマは、名曲です。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 5点(2008-03-13 00:16:16)
56.《ネタバレ》 まさにクレヨンしんちゃんの世界観と悪い魔法使いとお城が出てくるファンタジーがいい意味で融合したエンターテイメントだ。かねがね思っていたのだが、しんちゃんの迷い込む異世界はM16突撃銃とかハマー自動車とかブラックホークとかそういうのが無駄に出てくる世界よりも、いろんな色の積み木や三角形や四角形といったお遊戯室に見えるようなサイケな幾何学模様の世界が似合っている。現実世界からそういう世界にふらふらっと迷い込み、不思議なもの怖いものに出会いながら、しんのすけらしいハラハラドキドキ感で危機を乗り越えていくのが、この映画の醍醐味であり、そうした不思議な世界にはサイケなデザインの空間があっているのではと思う。クレヨンしんちゃんの「臨場感あふれる設定」「家族愛」「ハラハラドキドキの冒険」「重厚なアクション」といった長所に「不思議さ」が加わった本作。それを子供だけの冒険にはせずにひろしやみさえにも参加させ、メモリ姫の登場と「こうして幸せに暮らしました」というオチに、僕は子供のころ組み立てた積み木の向こうに見えた世界を再び見るのだ。
はち-ご=さん [DVD(邦画)] 10点(2008-03-01 23:12:19)
55.クレしん映画で一番笑える!っていうのを耳にして期待してたのですが・・・。笑えるシーンもそれなりにあるけれど、普段のテレビアニメや他の映画作品と比べると今ひとつでした。かすかべ防衛隊の面々が大好きなので、彼らの出番の少なさにも物足りなさを感じてしまいました。
Trunkさん [ビデオ(邦画)] 4点(2008-01-20 22:38:27)
54.《ネタバレ》 「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」て、たまにどんな感じに仕上げてるんだろうと観てみるのですが、やっぱり大人の視聴には耐えられないというか、ある部分諦めているんだな、という処理が見えるのでガッカリさせられることが多い。
大概が状況解決のために設定を追加するなんて御法度を平然と行われていたりする。

今作は自宅で両親がおかしくなるシーンの描写が妙に真に迫っていたのと単身でヘンダーランドへ立ち向かうしんちゃんの描写が素晴らしかったのを思い出すものの、やはり子供向け。
ムードで盛り上がれる人はそれでも納得するんでしょうね。

まあ、しんちゃんのキャラクターのおかげで楽しく観れますけどね。
カラバ侯爵さん [地上波(邦画)] 3点(2007-10-14 13:00:16)
53.『近頃なんか、変だ!変だ変だよ、ヘンダーランド♪うそだと思うならちょいとお・い・でぇえぇえぇ♪』が耳から離れません><鑑賞後には元気になれる映画ですw
はりねずみさん [DVD(邦画)] 7点(2007-02-25 19:18:33)
52.全体的に結構笑えた映画。とにかく最後のおいかけっこが最高。一人で見てたんだけど、腹抱えて笑った。話は結構普通かなぁ。可もなく不可もなくな。あのゆきだるま好きだ。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 7点(2007-02-12 23:31:28)
51.《ネタバレ》 アッパレ戦国~に続いて大好きなクレしん映画です。初めて見たときは妹と大爆笑した記憶があります。特に最後のマカオとジョマとの追いかけっこシーンは腹がねじれるほど笑えます。やっぱりクレしん映画っていいよね!って思わせてくれる作品です。
にあさん [ビデオ(吹替)] 8点(2006-12-19 22:09:29)
50.自分も「オトナ帝国」「戦国大合戦」からクレしん映画に入りました。そのため本作には「本来あるべきクレしん映画」というものを見せてもらった気がします。構成自体はまさしくオトナ帝国のそれですが、こちらは純粋に子供が楽しめる作品だと思いました(大人ももちろん楽しめます)。ここぞという場面で思い切りギャグに走るあたりも非常に好感が持てました。あと、映画シリーズおなじみの芸能人ですが、本作の雛形あきこさんは違和感なく物語に溶け込んでおり(意味のある登場の仕方)、その点でも良かったと思います。清々しい気持ちになる作品はいいものです。
目隠シストさん [ビデオ(邦画)] 8点(2006-04-30 18:05:06)
49.《ネタバレ》 モーレツ!オトナ帝国やアッパレ!戦国の超名作の影に隠れてしまってるようなこの作品だが私はこれも大好きです。ぶりぶりざえもんが面白い。更にしんちゃんのバカバカしさも全開!好きな場面は沢山あるが特に好きで笑えたのが悪役のホモ2人相手にババ抜きする場面のひろしのせっかくの苦労を全てパーにしてしまうしんちゃんが面白過ぎで好きです。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2006-01-31 21:54:14)
48.「オトナ帝国」より前に観るべきであった。「ヘンダー~」が子供版であり「オトナ~」が大人版であり「ヘンダー」を進化させた改良版であることが判明したがコンセプトやつくりが近似しているため、どうしても見劣りしてしまった。子供からみた点数なら8点か。
俵星現場さん [DVD(吹替)] 5点(2005-10-10 01:40:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 67人
平均点数 7.36点
000.00%
100.00%
200.00%
311.49%
457.46%
5710.45%
668.96%
71522.39%
81217.91%
91217.91%
10913.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.40点 Review5人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review5人
4 音楽評価 7.00点 Review5人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS