知らなすぎた男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 知らなすぎた男
 > (レビュー・クチコミ)

知らなすぎた男

[シラナスギタオトコ]
The Man Who Knew Too Little
1997年【米・独】 上映時間:94分
平均点:6.54 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
コメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・アミエル
キャストビル・マーレイ(男優)
ピーター・ギャラガー(男優)
ジョアンヌ・ウォーリー(女優)
アルフレッド・モリーナ(男優)
マイク・ジャスタス(男優)
アダム・フォーガティ(男優)
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)
江原正士(日本語吹き替え版)
藤原啓治(日本語吹き替え版)
坂本千夏(日本語吹き替え版)
小形満(日本語吹き替え版)
沢木郁也(日本語吹き替え版)
堀之紀(日本語吹き替え版)
さとうあい(日本語吹き替え版)
川浪葉子(日本語吹き替え版)
二又一成(日本語吹き替え版)
古澤徹(日本語吹き替え版)
伊藤栄次(日本語吹き替え版)
菅原淳一(日本語吹き替え版)
定岡小百合(日本語吹き替え版)
坂口候一(日本語吹き替え版)
岡和男(日本語吹き替え版)
弘中くみ子(日本語吹き替え版)
原作ロバート・ファラー
脚本ロバート・ファラー
ハワード・フランクリン
音楽クリストファー・ヤング
編曲クリストファー・ヤング
ピート・アンソニー
ジョン・キュール(ノンクレジット)
撮影ロバート・M・スティーヴンス[撮影]
製作マーク・ターロフ
アーノン・ミルチャン
製作総指揮ジョセフ・M・カラッシオロ
美術ジム・クレイ〔美術〕(プロダクション・デザイン)
マギー・グレイ(セット装飾)
衣装ジャンティ・イェーツ
録音ドミニク・レスター[録音]
ロビン・オドノヒュー
サイモン・ケイ
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
演劇の都ロンドンへやってきたアメリカの田舎者、ウォレス・リッチー。目的は銀行マンの弟を訪ねて誕生日を祝う事だ。でも大事な商談を控えた弟はダメ兄貴になんて構っていられない。彼を観客参加型サスペンス劇場に連れ出して時間を稼ぐ事にした…はずなのだが、電話の手違いで劇場に来たのは本物の殺し屋だった。その頃ウォレスは知らなすぎたばっかりに、世界的な陰謀渦巻くシナリオなきスパイ戦に巻き込まれようとしていた…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.《ネタバレ》 冒頭の空港スタッフとの全くかみ合わない会話。もちろん、 本人はかみ合ってると思っています。私的にはもう、これでつかみはOK。そして、弟宅のメイドさんをいきなり抱擁する壮絶な空気の読めなさ。色々とウォレス・リッチーという男を紹介する入り方としては上々で、巻き込まれていることに最後まで気づかない巻き込まれ役、としての資質は充分、ということを概ね理解させていただきました。 もちろん、随所で気の利いたアドリブがパッと出るのも、彼が役者志望の映画好きということで説得力を持たせています。 そしてストーリーについては、皆様が言われている通り。あり得ませんね、堂々たるコメディです (笑) 何しろ弾に当たらないし。でも極めて低確率の超偶然が何十回と続いていく展開であって、決して超常現象が起こるわけではありません。 だからこのストーリーが成立するのは確率0%ではないのが本作の面白いところ。現実でもいつか世界を悪の手から救うのは、意外とこんなヤツ、かもしれません。 さあ、みなさんも一緒に、Let's ポジティブシンキング!!
タケノコさん [DVD(字幕)] 6点(2019-09-29 00:01:13)★《更新》★
36.欧米テイストのコメディなので笑いの感覚は少し日本人とずれるのは仕方なし。でもその笑いのセンスは今までよく見た感じなので違和感はなかった。ゲットスマートはこんな雰囲気だったなあ。設定は面白いけど如何せん細部が何かと強引で荒い。粗過ぎる。芸達者なビルマーレーでもたせたようなもの。これを三谷幸喜あたりにやらせたらもう少し巧くまとめたかも。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 5点(2019-09-26 15:45:15)
35.《ネタバレ》  主人公が有能なヒーローであると勘違いされるストーリーの映画、好きですね。
 「サボテン・ブラザース」然り「ギャラクシー・クエスト」然り。

 そういった訳で、上述の作品が好みの身としては
「何時、主人公が真実に気付いて、慌てふためく事になるのかな?」
 なんて思いながら観賞していたのですが、最後まで周りを勘違いさせたままエンディングを迎えた事に、吃驚。

 でも、決して「裏切られた」という印象は受けず、完走し切ってくれた事に、心地良い満足感を味わえましたね。
 途中で主人公が真実に気付いた方が、そこから二転三転させてのストーリーを展開させやすいだろうに、あえて初志貫徹してみせたかのような作りは、本当に天晴だと思います。

 ラストのキスシーンの背後で、悪役を乗せたヘリが爆発するのですが、その事にも主人公は気が付かないまま。
 何かが爆発したかと思うくらいに衝撃的なキスだった、と呑気にヒロインに話す辺りなんて、実に微笑ましい。

 他にも、自白剤を飲まされた主人公が「今日は誕生日だ」という情報を口にした途端、悪役達が反射的に「ハッピーバースディ」と声を揃えて祝福してみせる場面なんかも、お気に入りですね。
 この映画が備えている「愛嬌」を象徴しているワンシーンだと思います。

 そんな中で、あえて不満点を挙げるとしたら「最後は弟と一緒に高級葉巻を吸って欲しかった」という事くらいでしょうか。
 序盤にて、葉巻を吸う事が誕生日のゴールであるかのように描かれていたので、その予想が正解であって欲しかったなぁ、というワガママですね。
 あとは、主人公である兄に対して、弟の扱いが少し可哀想に思えたので、兄弟仲良くハッピーエンドを迎えて欲しかったな、と。

 これからも主人公は周りを勘違いさせたまま、敏腕エージェントとして活躍し続けるのか。
 はたまた正体がバレてしまい、無事に結ばれたはずのヒロインとの仲も窮地に陥ってしまうのか。
 映画が終わった後のストーリーについて考えるだけでも、楽しい気分にさせられる一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2016-05-21 05:38:57)(良:1票)
34.ビル・マーレイって、向こうでは人気のある俳優さんなのか、主演作も結構多いんだけど、
個人的にはやっぱりダメだなぁ。コメディー作品としてのシナリオの出来は
決して悪くないと思うのだが、どうにも今一つ笑えない。彼のポーカーフェイスと、
飄々とした演技がいいのかな? たぶんそこから繰り出されるセリフも面白いんだろうけど・・・。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2012-04-11 20:49:23)
33.笑った。でもビル・マーレーじゃないと成立しないな。
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-16 10:58:31)
32.アリエナイ展開の連続が受け入れられるのならば、結構楽しく見られると思います。

マジックアワーよりももっとありえない展開です。
Yuさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-23 00:52:10)
31.TSUTAYAで発掘良品コーナーにあったので観てみました。ものすごくつまらなかったです。子供と一緒に観る為、吹き替えで観ましたが、吹き替えわざとらしいし、こういうのは英語そのものの持ち味も影響するんでしょうかね。そもそもギャグなんかは日本語で訳出来ないものもありますし。ジム・キャリーの『ライアー ライアー』なんかは吹き替えでも家族で大爆笑できたんですけど・・・。この作品は子供さえもシラケていました。
だみおさん [DVD(吹替)] 2点(2011-07-07 19:48:36)
30.《ネタバレ》 無理無理無理。無理がある。特に、最後浜辺でまだ気付かないのは無理ありすぎ。無理ありすぎなのに、最初から最後までめちゃめちゃ面白い。みんなが、「いったい何者だ。」「スーパーマンか。」と言っている人が、何者でもないのが面白すぎ。友人に胸張って「面白いよ」と薦められる映画ですね。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2011-07-06 22:42:40)(良:1票)
29.《ネタバレ》 ロシア民謡の踊り辺りからハラハラしてきました。ヘリ爆破のキスシーンで終わってくれた方が良かったな・・・。
よりさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-04 23:53:58)
28.《ネタバレ》 うーん。いわゆる「外国人のジョーク」を聞かされているような感じでしたね。いや、文字通り、その通りなんですけど。気が利いている風なんだけど、なんかしゃらくさい。ラスト近くには勘違いの連鎖に気づき、冷や汗かきつつも、しらばっくれてうまいことやる、みたいな展開の方が好きですね。
なたねさん [DVD(吹替)] 4点(2011-04-18 21:38:18)
27. 所々、吹き出しちゃうような面白さがあったので、観て良かったと思う。
 
 音楽がいかにもって感じがしすぎて、その辺はもったいなかったなあと。


 



 


タックスマン4さん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-11 14:53:34)
26.《ネタバレ》 どこまでも人を小馬鹿にしたような内容で、自分的には日本の三谷幸喜に近いテイストを感じました。最後は本物のエージェントに犬や猫役をやらせて、結局、ちゃんとした奴はいないのか!?って怒りたくなる、でもそこが心地良いのです。ビルマーレイ自身がこういう人なんでしょうか?どこまで地で、どこまで演技か、まるで分からない。映画を観ている我々は、微妙な距離で主役の彼に感情移入できず、ただ失笑するしかないのです。なんでしょうね?この感じ。彼が真面目にコメディアンに徹しているか、精神的に病んでいるのか?多分、自分は前者って気がします。彼はきっと、我々が思うよりずっとすごい人なのかもしれません。でもそんなのどうでもいいのです。そう思う方が彼も嬉しいんじゃないでしょうか?あ~面白かった。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2011-03-03 04:24:28)
25.これは「知らなすぎた男」というよりは「気付かなすぎた男」ですね。アホ丸出しの男を演じるビル・マーレイのとぼけたいい味が出まくりです。ビル・マーレイさえいなければフツーのスパイ映画かな?しかしここに一人乱入して場を乱しまくるビルが素晴らしすぎます。全く気付かない間に陰謀に巻き込まれる、というか陰謀に乱入していくのですが、全く噛み合っていないようでそれなりに辻褄が合っていく様子がとにかく可笑しいし作品のテンポもいいしよく笑わせてもらったし、ホントにくだらないんですが愛すべきコメディでした。ビル・マーレイを主演に選んだことが本作の最大の勝因でしたね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-08-07 17:07:17)
24.《ネタバレ》 ビル・マーレーの底力をみました
spputnさん [DVD(字幕)] 8点(2009-01-12 14:57:17)
23.《ネタバレ》 わりと楽しんで観れた。主人公の兄弟はあまりにも個性的で個人的には友達になりたくありませんが、典型的な勘違いコメディーとしてよくできた作品だと思う。謎のタイミングでビル・マーレーが弟に電話する理由がちょっと説明不足なきがしたのでマイナス3点。
wunderlichさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-06 15:13:06)
22.とぼけた役で、かつ厭味がないのは、ビル・マーレーをおいて他にないと再認識しました。全然気がつかないということが、どれほど笑えることなのか、それでいて、それをごく自然に演じるのがどんなに難しいのか、何よりも話の構成が絶妙で面白かったです。だって、脇役や映画を観ているこちら(観客)はハラハラしてるのに、当の主人公本人が全く危険に気がつかないでケラケラ笑ってんだもん(笑)。江原正士さんの吹き替えも軽快で歯切れが良かったです。人が死んでるのに笑えるコメディは、貴重な存在だなぁと思います。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 8点(2007-10-08 22:47:28)
21.《ネタバレ》 こういう勘違いものというのは何時気がつくかが鍵となってくると思うのですが、銃をぶっ放して壁に穴あけても異変に気づかない。死体に遭遇しても気づかない。警察に追われても気づかない。弟出てきても気づかない。麻酔薬撃たれて銃で撃たれてもまだまだ気づかない。と思っていたらとうとう最後まで気づきませんでした…ある意味やられましたね。もしかしたらあれから実際に諜報員になった後も気づかないのかも。ということで気づかない以外は良くも悪くも予想通りの展開。一般人が多くいるホテルのあたりからはさすがに白々しくなってきますが、マヌケなコサックダンスで持ちなおします。かつあげ場面やボリスや警察とのやりとり等はなかなか笑えます。ただこれはビル・マーレーじゃなかったら成立しないような気がしますね。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-11 18:28:24)(良:1票)
20.本人はそのつもりは無くても、自然と問題をクリアして話がつながっていくという定番の喜劇を現代風にアレンジしたものですね。このテの話は大好きなので楽しめました。巻き添えを食った「被害者」が殺されてしまったりと笑い話じゃ済まないクロさはありますけど。『知らなすぎた男』というパロディな邦題もイイ!!
Arufuさん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-26 00:27:12)
19.随所で笑える愉快なコメディ映画だった。ビル・マーレイは本当にこういう役がぴったりとはまると思う。
北狐さん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-22 22:36:57)
18.めっちゃ予想通りの内容。それを期待していたんだからいいんだけど。爆笑できるようなあれではないが、随所に小さな笑いが起こる感じ。
アンソニーさん 6点(2004-09-15 14:22:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 6.54点
000.00%
100.00%
212.70%
312.70%
438.11%
5410.81%
6718.92%
71027.03%
8718.92%
938.11%
1012.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review4人
2 ストーリー評価 8.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.66点 Review3人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS