パズル(1999)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パズル(1999)
 > (レビュー・クチコミ)

パズル(1999)

[パズル]
Nadie Conoce A Nadie
(NOBODY KNOWS ANYBODY)
ビデオタイトル : パズル
1999年【スペイン】 上映時間:108分
平均点:3.00 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-06-30)
サスペンスミステリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2005-02-14)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストエドゥアルド・ノリエガ(男優)シモン
ジョルディ・モリャ(男優)カエル
パズ・ヴェガ(女優)アリ
音楽アレハンドロ・アメナーバル
撮影ナチョ・ルイス・カピヤス
配給ポニーキャニオン
あらすじ
キリスト教の聖週間のセビリア。小説家志望ながら、生計を立てるためにクロスワードパズル作家として活動するシモンの元に謎の電話がかかってくる。電話の主はクロスワードに「敵対者」と入れろと迫る。彼がそれに従うと、教会で悲惨な事件が起きてしまう。疑惑を感じ調査を進めるシモン。そして、彼の前には、謎の記号や黒覆面の男たちが見え隠れし始め、彼は逃れられないゲームの世界へと囚われていく… スペインの新進気鋭の若手映像集団が描く異色のミステリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 主人公と自分を重ね合わせることでスリルを味わう。サスペンスを楽しむ場合の王道です。その観点から本作は難アリと感じます。何故主人公はゲームをプレイすると決めたのでしょう。あまりに荒唐無稽な話ゆえ、警察に信じてもらえないと考えたのか。あるいはマリアに対する恋愛感情がゲームに乗る事を選択させたのか。いずれにしても、よく分からない。黒幕の“カエル”は、ただの狂人。プロフェッショナルの厳しさがありません。幾らでも反撃のチャンスがあった。にもかかわらず、ずっと奴の統制下に置かれている主人公にヤキモキする。上手く作品世界に入り込むことが出来ませんでした。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 5点(2009-03-22 20:50:03)
20.「必然性」を無視して、ストーリーを組み立てないまま設定だけで脚本を書いた様な、全く物語の体を成していないスペイン製サイコ・サスペンス映画。製作サイドは「聖書絡みの設定も飽きてきたし、ロールプレイング・ゲームでサイコ・スリラーをやってみたら面白いかも?」程度にしか考えていない。とにかく、肝心要の犯人の動機がまずもって解らない。狂った犯人に動機なんか無いのかもしれませんが、狂人にも狂ってるなりに目的がある筈です。何の伏線も無く、全てが行き当たりばったりのストーリーでは、荒唐無稽な話を観客に納得させることなんか出来ませんヨ、3点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-10-14 00:09:48)
19.全体的に薄ら寒かった。みなさんのおっしゃるとおりレーザー銃ピコピコ攻撃は見た目にもかっこ悪いし、ちょっと引きました。「オープンユアアイズ」の主人公が主役ということで期待してみたけど全然面白くなかったです。
およこさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2005-08-15 10:32:14)
18.スペインの観光案内ムービーかな?街並みの美しさ(っても、そういう撮り方してるんだろうけど)もサル事ながら、映像センスの巧さはキラリ光る。しかし、肝心要のサスペンス的要素には、難色。随分と野暮な展開じゃな…と、思うってたらラストも野暮だった。楽しめない!とまでは、言わんけど、期待外れ。「オープン・ユア・アイズ」の功績に比べたら…では、あるが。
aksweetさん [映画館(字幕)] 5点(2005-01-16 01:40:29)
17.お祭りをずっと映してた方がまだまし。犯人たちがあまりにも幼稚すぎて、何じゃコリャの世界。ありえねーよ、あんなリーダーにつく部下たちなんかよ。しかも、あのレザー・ガンを使った銃撃戦…。アホか、お前たち。
ooo-oooo-oさん 0点(2004-12-07 19:13:25)
16.まぁ、どうしようもないほどツマラナイとは言いません。でも、あまりにストーリーが希薄。上映時間の短かい作品なのに、妙に長く感じる。話の展開に無理がありすぎるのでしょうね。ツッコミどころも満載です。どうして作ってしまったのでしょうね~。。
途中、いきなり某教祖の顔写真が出たのでビックリ。肖像権の心配なんかしちゃいました。
ぽこたさん 3点(2004-11-22 21:37:47)
15.自分の中では最高の映画に近いオープンユアアイズの脚本家が監督。更にはあのすばらしいパッケージにストライクゾーンど真ん中ってかんじのエピソード。これは外れはない!と思ったら大暴投でした。「このオモチャの銃を使えば一時的に敵が止まるんだ。」と大マジの顔でピコピコ銃を撃ち、黒装束の男たちが倒れこむさまには驚愕しました。パッケージ買いで外れたことがあまりないことだけが自慢だっただけに怒りもひとしおです。
DELIさん 2点(2004-09-04 17:39:27)
14.パッケージみてなんかよさそうじゃんと思ってみてみたらがっくり。やっぱあのレーザー銃のシーンは冷めてしまう。ストーリーもやすっぽすぎる。そこそこ期待してみただけに残念だね。
rainbowさん 2点(2004-06-13 18:36:00)
13.おもちゃのビーム光線はいいかも・・・。
真尋さん 3点(2004-05-04 16:30:50)
12.ここまで酷い出来だとは思わなかったな~。こんな雑な映画は久しぶりに見たぞ。
もっち~(←にょろ)さん 2点(2003-12-07 22:22:13)
11.空撮とか精巧な街のミニチュアとかを活かしてもっと面白く出来そうなのに残念。「ゲーム」のルールをもう少し練ってほしかった。
番茶さん 5点(2003-12-02 20:18:59)
10.パズルうまく使えてないじゃーん。

らいぜんさん 2点(2003-11-04 23:04:21)
9.みなさん同様、「オープン・・・」系を期待していたのに見事に肩透かしを食らいました。一転空撮映像がきれいだったかな。
亜流派 十五郎さん 2点(2003-07-22 21:15:25)
8.《ネタバレ》 動機不明のテロリストの話。犯人の愉快犯程度の感覚は現代人の病理を表しているつもりかも知れないが、こと映画になると、やはりそれだけでは面白味も説得力もない。展開もたるいし、途中のおもちゃのレーザー銃のシーンは本当に寒々しい。どうせ監督は「現実と非現実の区別がつかないゲーム世代」を象徴しているつもりだろう。まったく…。
FSSさん 1点(2003-07-02 16:59:28)(良:1票)
7.サスペンスものを期待していたので、ちょっと・・・って感じ。おもちゃの銃は私もひきましたよ~想像通りの展開かな?もう少し現実味のある話がいいなぁ。
エディさん 3点(2003-04-20 11:14:20)
6.「オ―プン・ユア・アイズ」でアメナバ―ル監督と共同脚本したマテオ・ヒルの監督第一発目っつ―んで期待度大!が、「えっ?」な内容に愕然。映画の主人公同様、オレもだまされた。
猫パンチ!さん 4点(2003-03-16 19:36:46)
5.あ!麻原だ!それよりレーザー銃でピコピコってそりゃあないだろぅー、、、。
あろえりーなさん 5点(2003-02-16 00:01:09)
4.主演のエドゥアルド・ノリエガのファンには良いが内容はすっごくつまらなかった。でも、音楽は良かった。
エルフの森さん 4点(2002-12-13 00:11:07)
3.サスペンスだったのですね・・・。ビームは私も寒かったですよー!!それに、シモンのバー(?)の彼女って何か大事な役目あるのかなーって思って睨んでたのに・・・・あれ???あれ?期待はずれちゃんでしたー。
こゆさん 4点(2002-08-22 00:24:28)
2.オープン・ユア・アイズの脚本家が監督ってだけで思わずDVDを買ってしまった。先走りしすぎたか...オモチャの銃には観てる自分のほうが先に固まってしまった。
眼力王さん 3点(2002-02-12 03:33:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 3.00点
014.76%
129.52%
2523.81%
3523.81%
4419.05%
5419.05%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 1.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS