Tommy/トミーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > Tommy/トミー
 > (レビュー・クチコミ)

Tommy/トミー

[トミー]
Tommy
1975年【英】 上映時間:111分
平均点:7.10 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(1976-04-24)
ドラマミュージカル
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-08-29)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケン・ラッセル
キャストロジャー・ダルトリー(男優)トミー
オリヴァー・リード(男優)フランク(義父)
アン=マーグレット(女優)ノラ(母親)
ジャック・ニコルソン(男優)専門医
エルトン・ジョン(男優)ピンボールの魔術師
エリック・クラプトン(男優)伝道師
ロバート・パウエル[男優・1944年生](男優)ウォーカー大佐
ピート・タウンゼント(男優)本人
ティナ・ターナー(女優)麻薬の女王
イモージェン・クレア(女優)(ノン・クレジット)
ケン・ラッセル(男優)(ノン・クレジット)
脚本ケン・ラッセル
音楽ピート・タウンゼント(音楽監督)
主題歌エルトン・ジョン“Pimball Wizard”
挿入曲ティナ・ターナー"The Acid Queen"
撮影ディック・ブッシュ
ロニー・テイラー
製作ケン・ラッセル
美術ティム・ハッチンソン
イアン・ウィッテカー〔美術〕
衣装シャーリー・ラッセル
編集スチュアート・ベアード
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 予備知識ゼロで鑑賞しました。監督の作品リストを観てもピンと来るタイトルは無くおそらく触れたことが無いです、この作品を観てから調べたらこの人たちがザ・フーだったんだと初めて認識できた程度です^^;
観始めたら、あれ?これってミュージカル?なんだ、と思いながらジャンル的に退屈するかもと覚悟しましたが、全く読めない展開と映像に惹き込まれ退屈するどころか目が離せなくなりました。クラプトン、ティナターナー、エルトンジョンが、キワモノ役で出たときは驚きましたね、すごく若いですね~。結局の所よくわからんのですが、夢を見ているような何とも言えないパワーを感じました。
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 6点(2013-06-19 11:20:16)
20.このドロドロした熱気、秩序がなくても最後まで突っ走って作品が成立してしまう初期衝動性。これぞまさに70'sパワー。この映像世界が頭の中にあって、それを具現化してしまえる原動力があるだけですでに凄い。クラプトンやティナ・ターナーやエルトン・ジョンにこんなアホな役を平然とさせられるのも、この混沌パワーあってのこと。そして、そのテンションに敢然と立ち向かい、対等なバトルを繰り広げているアン=マーグレットに大拍手。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-21 04:54:20)
19.《ネタバレ》 ロンドン五輪の閉会式アトラクションでトリを飾ったのは、ザ・フー。 3曲の真ん中がSEE ME,FEEL ME~LISTENING TO YOU、彼らの十八番でもある曲を生で聴くことができた。 コンセプト・アルバムの「トミー」をケン・ラッセルが映画化した作品は、監督のサイケデリックな映像感覚もさることながら楽曲のよさが光り、オリジナル75分に対してサントラは111分、ゴージャスになった万華鏡のような世界が三重苦のトミーをとりまく。 エルトン・ジョン、ティナ・ターナー、エリック・クラプトンらに加え、ジャック・ニコルソンまでも歌声を聴かせ、母親役のアン・マーグレットの歌と熱演にも支えられているよう。 愛情と自責の念の母とはちがい、トミーの快癒が自分の罪の露見につながりかねない義父オリヴァー・リードの表情は複雑である。 トミーのロジャー・ダルトリーをはじめバンドも姿を見せ、キース・ムーンが切符係や叔父となって演技とは思えない変態ぶりを披露。 奇跡的に復活したトミーが両親の人形となり、教祖に祭り上げられていく様は茶番そのもので、金目当てのそういったものは長続きしないのを示すが、ロック自体そのような体質をはらんでいることも否定できず(熱狂的なファンは信者に近い)、最後のLISTENING TO YOUは感動的だが、教祖から脱却したトミーが歌う曲としてふさわしいかどうかはわからない。
レインさん [映画館(字幕)] 8点(2012-11-09 06:59:59)
18.《ネタバレ》 70年代テイスト炸裂です。エルトン・ジョンの名曲“Pimball Wizard”を聞くと、この曲が大ヒットしていた当時のことが懐かしく思い出されます。当時のピート・タウンゼントは、今で言うとカーリー・ヘアーのヒュー・グラントみたいです(笑顔なぞそっくりです)。若きジャック・ニコルソンの珍しい歌声も堪能出来ます。映画の前半はケン・ラッセル風味が濃厚で飛ばしてくれますが、トミーが回復して教祖さまになってからがどうもいけません。この頃のケン・ラッセルの特徴ですが、途中でプロットが狂いだしてラストがハチャメチャになってしまいました。思うに、後半ピート・タウンゼントに演技させ過ぎたのが原因では。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-03-25 22:42:06)
17.公開当時、劇場で鑑賞しました。私の当時の感想は、音楽は◎、映像は○、ストーリーは△、総合的には、期待度をやや下回るものでした。多分、歴史的名作になるのではないか、という強烈な期待感があったからだと思います。70年代のロックが再評価されている今、この映画は貴重な映像記録だと思います。未見の方は、良い音響環境で、ぜひどうぞ。「ピンボールの魔術師」が最高!
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 7点(2008-01-14 08:53:33)
16.《ネタバレ》 凄い映画だった。ド派手だ。ティナ・ターナーが濃すぎる!
ギニューさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-08-17 22:30:11)
15.Mad+Active+Cool=Rock!
のはらさん [DVD(字幕)] 7点(2007-01-27 18:22:52)
14.《ネタバレ》 THE WHOの歴史的名作「TOMMY」の映画版です。今まで、音だけで聞いていた世界が映像化されているので、「TOMMY」の世界を堪能できました。
 
出演者が超豪華です!(ティナ・ターナーのアシッドクイーンは最高でした。)。全体的にすごくサイケで、時代を感じさせます。

 あと、ロック界三大ナルシスト(?)の一人ロジャー・ダルトリーのちょっとイッちゃってる演技は見ものです。(時折、役に入り込みすぎて怖いくらいです。)
TMさん [地上波(字幕)] 6点(2006-04-16 22:12:42)
13.《ネタバレ》 70年代って独特だよなぁ・・・。いやまぁ、ケン・ラツセルの映画自体が独特だってのもあるんでしょうけど、、。音楽界から映画界から、有名どころが勢揃い。人脈ですかな。病んでた彼が突然回復して気分よく唄うところはちょっと?なんですけど、そんな細かいことはどうでもいいんですね。理屈じゃなくて感じるタイプの作品。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 6点(2006-02-13 00:44:16)
12.クラプトンにエルトン・ジョンにティナ・ターナー、そしてザ・フー・・・・もうお腹いっぱい(汗) このイカレっぷりは「ロッキー・ホラー・ショー」どころではありませんな。「シャルブールの雨傘」並の全編、唄!唱!歌!もっと早くに見ておけば良かった・・・。(なんか俺の映画もこの映画並にイカレてるな) 個人的にはPIMBALL WIZARDのライブシーンがお気に入りです。人を選ぶ映画ですが、頭を空っぽにして観ることをお勧めします。
こわだりのインテリアさん [DVD(字幕)] 8点(2005-07-09 19:08:39)
11.ハッピー・ミュージック・ムービー!弾かれる鉄球!有り得ないスピードで駆け上がるベラボーなスコア、ロックンロールミュージック!70代ロック(変化球気味)が好きなら、一寸イケるクチな御味かも。昔大槻ケンヂが「すかんち好きな女の子には、是非見てほしい」とか、言ってたが、偶には大槻ケンヂも良い事を言うんだなぁ、と、思った。
aksweetさん 8点(2004-11-20 18:11:25)
10.うーんいいね。なんともいえない胡散臭くでたらめな雰囲気。クラプトン&3/4Whoのシーンなんぞ震えますな。ただ後半かなり失速気味。そしてあのラストは間違いなくパンク以前。
馬飼庄蔵さん 7点(2004-08-31 12:19:29)
9.記憶が定かでないが、多分、日比谷のスカラ座で観たと思います。ロック界のスーパースター連中が出演、監督はイマジネーションの怪物ケン・ラッセル、ザ・フーの傑作アルバムの映画化ということで、2~3日耳鳴りするぐらいの大音響も加わり、結構満足しました。自分の体型にコンプレックスがあるエルトンの願望が、ケン・ラッセルのイメージで映像になると、あのようになってしまうのにはただ驚くばかり。一般人が理解するのか、ヒットするのかなど、まったく気にしない姿勢には、やりたい事をやって絶頂期を迎えていた連中の、自信と純粋さが感じられる。やりたい事をやれずに50歳になろうとしているおじさんには、今でも、まぶしく輝いて見える。
パセリセージさん 8点(2004-07-29 19:02:43)
8.フー好きですが、本作はいただけなかった。すごく退屈でした。音楽も、クラプトン、ティナ・ターナーのところ以外はあんまり・・・。オリジナルの方のCDだけで結構です。
hayakawadotcomさん 4点(2004-04-11 05:13:03)
7.おそらく多くの人が「ロックオペラ」という代名詞のため見ていない作品だと思う。ただ、ケンラッセルの「マーラー」でかいま見る「私は直線的な台詞でストーリーを語るくらいなら歌と踊りで表現したい」というメッセージが痛いほど伝わり、私は個人的かもしれないがシビれました。ピアノ鍵盤型のピンボールで戦う前王者役エルトンジョン、マリリンモンロー教の教祖でありギターを片手にダイナミックな曲を歌うエリッククラプトン。そして暴れまくる副教祖ピートタウンゼントにキースムーン(お客に向かってドラムを投げる)。カメラにぶつかりながらもやたら踊り歌うティナターナー。もともと、歌劇とは歌でストーリーなんて分からなくてよく、それでかつ馬鹿なくらいアートにこだわるものだと思う。
音と映像がメインのこういう作品で、目と耳と口が不能な少年が主人公だがそれが十二分に魅力的な方面に向かっていると思う。
普通、いくらお金をかけてもこれだけ周りの人間に協力してもらえる映画監督っていないと思う。
セクシーさん 10点(2004-02-10 05:36:16)
6.ザ・フーを超えるバンドは僕の人生では出会うことはないだろう。しかしこの映画はどうか?楽曲はもちろんいいのだけれど、オペラがどうにも馴染めなかった。これならステージ上でみせるトミーのほうが数倍上だ。トミー聞こえるかい?
ケジーナさん 7点(2003-12-16 17:16:06)
5.↓日比谷スカラ座のロードショウですか!見たかった!時代の匂いがかなり強いので、今だと引いて見てしまうというのはあるでしょうが、内容はさておきあなたがもしロックファンを自負するなら超マスト映画。試験に出ますよ。
黒猫クロマティさん 7点(2003-11-14 11:37:23)
GTRさん 10点(2003-09-20 22:51:02)
3. ロック・グループ「ザ・フー」のギタリスト、ピート・タウンゼントが創作したロック・オペラを異才ケン・ラッセルが映画化。主演は「ザ・フー」のボーカリスト、ロジャー・ダルトリー。当時のロック・サウンドに乗って繰り広げられるド派手な映像はサイケデリック且つ異様な迫力。ただ、素人のシナリオを映画化しているだけにストーリーは好い加減なモノ。あと、コレって劇場の大音響が絶対の前提条件なんで、ビデオやDVDで鑑賞しても真価は分かるかどうか…。ついでに言うと、飽くまで「当時の」ロックなんで趣味の合わない方も多いカモ。因みに私は…合わない(^^)。
へちょちょさん 6点(2003-01-26 20:17:48)
2.フーが好きで見たのだがすごい時代というか当時の匂いがした。この時代に生まれたかったなぁと思った。音楽と同じように深いテーマを感じさせる。混沌としているようでこのにおいがたまらない。
しゃぶさん 6点(2002-10-16 19:54:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 7.10点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
414.76%
514.76%
6628.57%
7628.57%
8419.05%
900.00%
10314.29%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1975年 48回
主演女優賞アン=マーグレット候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ピート・タウンゼント候補(ノミネート)歌曲・編曲賞

【ゴールデングローブ賞 情報】

1975年 33回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)アン=マーグレット受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS