フォロウィングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 >
 >
 > フォロウィング
 >

フォロウィング

[フォロウィング]
Following
1998年【英】 上映時間:70分
平均点:6.67 / 10(Review 39人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-12-08)
ドラマサスペンスモノクロ映画犯罪ものミステリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-10-28)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストファー・ノーラン
キャストジェレミー・セオボルド(男優)ビル
アレックス・ハウ〔男優〕(男優)コッブ
ルーシー・ラッセル(女優)金髪の女性
デヴィッド・ジュリアン(男優)
檀臣幸ビル(日本語吹替)
井上和彦コッブ(日本語吹替)
石塚理恵金髪の女性(日本語吹替)
有本欽隆警官(日本語吹替)
脚本クリストファー・ノーラン
音楽デヴィッド・ジュリアン
撮影クリストファー・ノーラン
製作クリストファー・ノーラン
エマ・トーマス
ジェレミー・セオボルド
編集クリストファー・ノーラン
あらすじ
作家志望のビルは、創作活動の為と称し奇妙な嗜好を楽しんでいた。それは、街で見かけた見ず知らずの人間を尾行するというものだった。彼は自らに規則を課していたが、ある日それを破ってしまう。そして尾行していた謎の男・コッブに全てを見透かされ、禁断の世界に足を踏み入れてしまうのだった。乱れた時間軸が、次第にひとつに収斂していく…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.時系列操作しなければ、案外と平凡なノワール作品なのは『メメント』と同じ。記憶障害という理由付けがあり、法則性もある『メメント』と違い、こちらはただ組み換えただけで無意味に複雑になっただけ。スタイリッシュな雰囲気に未来の鬼才の風格を見た。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 4点(2016-03-22 20:58:43)
38.こわいよ、気持ち悪くなりました。メメントの前に撮られているから、すでにあの構想があったのかもしれないですね。よく出来てるけどこれは恐怖!他の作品よりあとにみてしまったので、インパクトは若干薄くなったのかも。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-23 11:50:41)
37.悪くはないけど、それほど印象にも残らない作品だった。
黒ネコさん [地上波(吹替)] 6点(2013-01-27 22:54:22)
36.ノーラン監督は時間軸を弄るのが好きですよね。メメントは時間軸を弄る事自体が物語の根幹を成していて意味のある事でしたがこの映画に関しては必然性を感じる事は出来ませんでした。単純にエンターテイメント性を高めるためと低予算ゆえの安っぽさ、脚本の荒さをカバーするためなんだと思います。でも監督デビュー作にしてこれですか・・・凄いですね。ストーリは至ってシンプルで何の変哲もない話ですが、構成と演出でここまで惹きつける手腕はお見事。ただのアイデア1発勝負の映画と違ってそこかしこに上手さが光っていました。
キリンさん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-12 17:48:14)
35.ラストはキレイにまとめたけど、意外に面白くない。
採点基準では意外に面白くないというのは4点だからその点数で。
たんたかたんさん [DVD(字幕)] 4点(2012-05-14 00:36:19)
34.《ネタバレ》 この監督作品にハマってしまい、そのルーツに触れたくて鑑賞しました。
そうでもなければ手に取らないであろう地味さ加減ではあります。
最初、時間軸のズレに戸惑いましたが、上映時間が短いので何とか修正可能・・・というより、スケールの小さい平凡な話なので2時間やられたらキツかったと思います。
可もなく不可もなくの5点で終わるところでしたが、エンディング前最後の3分にやられました。
その3分に2点加えさせていただきます・・・私は単純なもので(^^;
牛若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-06 21:24:23)
33.《ネタバレ》 時系列系にする必要性があまり感じられなかった。ストーリーも普通な感じがした。置いてかれないように最後まで集中して観られましたが、ここでの好評価ほどは楽しめなかった。自分がこういうジャンルに慣れてきてしまったせいもあるかも・・・。
よりさん [DVD(字幕)] 5点(2010-05-23 22:36:55)
32.ほら、道を歩いていても何となく目的地に着ける人っているじゃないですか?
私はどうしても目的地に着けないタイプ(方向音痴とも言う)。
そういう感覚は、時間軸がバラバラな作品を、自分の頭で組み立てる能力とも似ているのかな?と、個人的に思いました。

長い前置きでしたが、要するに、時間軸バラバラはよく分からない!というおつむイマイチの私です。
お粗末さまでございました。
m(_ _)m
たんぽぽさん [ビデオ(字幕)] 5点(2009-04-06 21:52:38)
31.悪人を描くのが巧いノーランの演出はこの頃から健在。驚くほどベタな話でも、時間軸を解体することで面白くなるという好例でしょう。
j-hitchさん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-07 00:10:17)
30.技法に溺れた感あり。時間軸を無駄に解体しすぎでストーリーテリングが二の次になってるのが痛い。デビュー作にしちゃあズバ抜けた演出力だとは思う。なんだかんだいって面白いセリフもあるし話自体も好きだしモノクロも好きなんで「メメント」よりもお気に入りだったりします。
8bitさん [ビデオ(字幕)] 5点(2008-12-29 15:57:15)
29.メメントに惚れてこれもみてみたんだが、メメント以上に時間軸が難解で途中でおいていかれてしまったが、話自体は単純なので最後にはなんとか理解できました。でも、この映画に関してはここまで時間軸をめちゃめちゃにする必要があったのかは疑問。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-08-06 12:56:48)
28.内容にとって時間軸をいじるのに意味はないが、楽しませるという意味では効果的。
さすが「メメント」の監督。

しかし、都合良く人物を動かし過ぎ。
あの企てが成立するにはかなり微妙な心理展開が必要であって、起こりうる事象を全て予測した上で計画するなんて不可能だと思うのですが・・・まあ楽しめたから。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 7点(2007-03-26 12:45:15)
27.低予算でもアイデアしだいで面白い映画が作れる典型的な作品。
ucsさん [DVD(字幕)] 7点(2007-03-12 10:57:14)
26.《ネタバレ》 まさに「メメント」の原型。

低予算サスペンスとして初見ならそこそこ楽しめるけど、このやり方は微妙。ルール違反とまでは言わないけど、あまり褒められたやり方とは言えない。

最大のネックは時間軸をバラしてある事が、「観客に対する目くらまし」にしかなっておらず、ストーリー展開上の必然性や関連性が無い点。その場さえ謎めかせれば良いというものでもないと思う。

「メメント」は記憶を維持できない事と、時間が混交している事が、ストーリーやテーマとも有機的に関連していたが、今作の場合は単に脚本の弱さを誤魔化すためにしか見えない。

基本となるストーリーはミステリーやサスペンスとしてはよくある「裏切りパターン」で、特に目新しさは無いし、時間軸上に沿って見たら、謎やどんでん返しは何も機能しなくなるはず。また白黒映像でなくてはならない積極的な理由も見当たらなかった。

やはりミステリーやサスペンスは小手先の誤魔化しではなく、純粋に脚本で勝負して欲しいところ。

この作品から「メメント」というオリジナリティのある作品に昇華させた点は評価。
FSSさん [DVD(字幕)] 5点(2006-09-27 01:37:52)(良:1票)
25.十二分に面白い。時間軸を崩して成功している映画。
MARK25さん [DVD(字幕)] 9点(2006-04-25 18:40:47)
24.「メメント」は「あの」構成だからこそ作品として成立してましたけど、本作の場合は編集構成に必然性は見当たらなかった。バラバラの時間軸が一つのテーマを浮かび上がらせるのではなく、単純な物語をバラバラにしてあるだけ。だから、サスペンスやミステリーに惹きつけられる前に、単純な話が判り辛くなってるだけで楽しめない。むしろ時間の流れに沿ったままの方が良かったかも…。クリストファー・ノーランって、基本的に「いじる」のが好きな人だということは判りました。彼の作品の中では、考えてみれば「インソムニア」こそが異色作になるのかもしれませんね、4点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-02-21 00:02:41)
23.根本に流れるストーリーに魅力が感じられない。ラストのオチもどうでもいい感じがした。ありきたりの内容なのでミステリー好きな人には向かないかも知れない。愛情を感じられない映画でした。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-12-22 13:29:35)
22.何もかも素晴らしい作品と言ってよいだろう。
世に言うインディペンデンス映画は、その内容の奇抜さがクローズアップされるが、これは奇をてらっているだけではない紛れも無い本物の映画だ。
サスペンス的なストーリー展開の面白さもさることながら、時間軸をずらしながら論点をぼやかしながら、徐々に全体像を明らかにしていく手法は見事である。
また、数少ない登場人物についても、彼または彼女の部屋を見せることによって、その人物について雄弁に語っているのである。
部屋を見れば何もかも分かる、これは確かに誰にでも当てはまることではないか。
このように、きちんと人間の本質を描こうと努力している点をなによりも評価したい。
また、全く関係のない赤の他人である第三者を特別の存在と感じて、その人物がどういう人間なのか、彼または彼女の生活あるいは感情を知りたいと思うのは、ある意味において「人間」としては普通な感情ではないかと思う。
そのような一般人が持ち得る感情を使って、ストーリーを描くことによる効果は、ストーリーを観客にとって、より身近に感じさせるという利点がある。
また、「ハコ」の扱いについても同様だろう。
人間は確かに誰しも「ハコ」を持っている、秘密の「ハコ」を。
ある人間にとっては、「金庫」という「ハコ」かもしれないが。
第三者にとっては、取るに足らないモノであるが、当人にとってみれば、何かしらの意味があるものが詰まっている。もう少しこの当人にとって大事なものと失って気づく大切なものという視点があればより深い世界を描けると思うが。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 8点(2005-06-05 13:35:25)
21.脚本・構成が秀逸。格調高い低予算映画。
NINさん 8点(2005-01-13 12:52:05)
20.文句無く面白い!コノ絶妙な上映時間。しっかり詰まった濃い中味。
決して強いメッセージ性のあるストーリーではありませんが、一気に惹きこまれる展開には、この監督の非凡さを強烈に感じさせられます。
映画って、アイディアなんですねぇ~。
ぽこたさん 8点(2004-10-28 22:32:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 39人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
437.69%
5615.38%
6923.08%
7820.51%
8923.08%
9410.26%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS