Menu
 >
 >
 > ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ

The Long Goodbye
1973年【米】 上映時間:111分
平均点: / 10(Review 38人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー小説の映画化
[ロンググッドバイ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・アルトマン
キャストエリオット・グールド(男優)フィリップ・マーロウ
ニーナ・ヴァン・パラント(女優)アイリーン・ウェイド
スターリング・ヘイドン(男優)ロジャー・ウェイド
ヘンリー・ギブソン(男優)ドクター・ヴァーリンジャー
マーク・ライデル(男優)マーティ・アウグスティン
ルターニャ・アルダ(女優)ルターニャ
デヴィッド・キャラダイン(男優)(ノンクレジット)
アーノルド・ストロング(男優)(ノンクレジット)
青野武マーティ・アウグスティン(日本語吹き替え版)
宮川洋一ロジャー・ウェイド(日本語吹き替え版)
千葉耕市ドクター・ヴァーリンジャー(日本語吹き替え版)
原作レイモンド・チャンドラー
脚本リー・ブラケット
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影ヴィルモス・ジグモンド
製作エリオット・カストナー
配給ユナイテッド・アーチスツ
字幕翻訳清水俊二
あらすじ
私立探偵フィリップ・マーロウは親友をメキシコに逃亡させる。親友には妻殺害の容疑がかけられていたがマーロウは無実を信じる。その後、マーロウは新たな仕事を引き受ける。失踪した著名な老作家を探してほしいという若い妻の依頼だった。マーロウは老作家を見つけ出すが、彼は何かに悩んで酒に溺れていた…。無関係に見えた二つの事件はやがて一つに結びつき、マーロウをある決断に導く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.《ネタバレ》 怪作として知られる本作ですが、いま観ると快作ですね。なにしろエリオット・グールドが良い。筋立ては意外とまとも。「原作のイメージと違う」というのはむしろ、ほめ言葉では。ラストの改変も個人的にはこっちの方が納得。
Gioachinoさん [DVD(字幕)] 8点(2016-06-28 10:59:43)
37.この内容では、火サスでも扱ってもらえないでしょう。他に何が楽しめるポイントがあるのでしょうか?ヨガ姉ちゃん達?ムリムリ。
マー君さん [DVD(字幕)] 4点(2015-08-09 12:34:08)
36.原作を読んだ覚えがありますが、淡々と進ませるストーリーに好感が持てました。たばこ吸いすぎ!!!
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-06-22 15:25:21)
35.冒頭の「ただ単に買い物に行くだけ」のシーンを延々引っ張るセンスには惹かれましたが、その後は、事件の起こり方も主人公の巻き込まれ方も中途半端で、結果、悪い方にダラダラしたまま終わってしまいました。もっとも、原作もそんなに好きではないのですが。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-06-06 00:08:55)
34.愛煙家のマーロウやサスペンス・ミステリー調の雰囲気はいいですが、その中身に物足りなさを感じます。原作未読です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-06-02 20:32:06)
33.マーロウ渋い。話の内容は理解しにくかったけど、2回みたら理解できた。海岸沿いのあんな家に住みたい。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-06-02 19:49:19)
32.本作の原作はもちろんチャンドラー「長いお別れ」ということになるのですが、基本プロットのみを借りて別世界を作り上げたような作品ですね。原作をバッサリ刈り込んだのみならず、大きな改変もあるのですが、それより何より、ここでフィリップ・マーロウ役を演じているのはエリオット・グールド。あの1人称の乾いた語りで描かれる反骨と行動の男とは大違い、飼い猫の機嫌を取り損ねて家出されてしまう、ただヨレヨレのオッサンな訳です。隣人がハダカでヨガをやってるオネーチャンたち、というのも脱力させられます。一応は、友人の妻殺し疑惑と自殺とか、行方不明の作家の捜索依頼とか、基本プロットに則った展開はあるものの、本作におけるマーロウのイメージたるや、何だか「自分がいじめられている事に気づいていないいじめられっ子」みたいなんですね。そういうマーロウが、何を仕出かすかわからない奇妙な登場人物たちに囲まれつつも、飄々としている。それが何ともユーモラスなのですが、同時に彼自身もまた何をやらかすかわからない存在となっていて、つまりは原作と離れた行動も平気でとってしまう油断のならない存在ともなっています。ラストシーンに至っては、『第三の男』の引用かと思いきやそれもおどけて崩して見せる。実にシャレた作品です。ところで本作の後半で、シュワそっくりの若者が登場して、しかも服を脱いでムキムキボディを披露してくれるのでシュワ本人であることが我々にもわかるのですが(笑)、本作といい、『さらば愛しき女よ』のスタローンといい、チャンドラー映画には何か「筋肉枠」みたいなものでもあるんですかね?
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-05-31 08:55:43)(良:1票)
31.雰囲気は良い。でも、原作が好きならこれはだめ。
とにかく最後の展開がまったく受け付けない。
わざとずらしているにしても、せっかくの小道具もラストで台無し。
が、音楽に+2点。
Skycrawlerさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-05-30 03:11:36)
30.渋い。フィリップ・マーロウの役どころも映画に合っている。
でも、とにかく退屈で分かりにくい。好みが分かれる作品だと思うが、合わなければ仕方ない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-07-21 15:40:15)
29.これ好きです。間延びした雰囲気もまたよい味。ラストもちょっと衝撃的でした。大学入学したての頃、地方局の深夜映画で見た記憶があります。あの当時の(もう30年ほど前になるのか..)深夜枠にいかにもしっくりくる映画って気がします。
えぴおうさん [地上波(吹替)] 8点(2014-04-16 01:14:48)
28.《ネタバレ》 よくアルトマンの最高傑作は「ナッシュビル」だと聞くが、個人的には「ナッシュビル」も「M★A★S★H」も大ハズレ。
「ウェディング」以外肌の合わない男だったが、この「ロング・グッドバイ」はアルトマンへの認識を改めた作品の一つだ。

物語は銃撃が一切なく、主人公がひたすら事件の真相を追って車、歩きと調査とドラマの連続だ。

退屈な日々を何気なく過ごす私立探偵フィリップ・マーロウ。御近所は99%ストリッパーに近い美女軍団だ(レズなのか?)
猫の行方が何時の間にか友人の不可解な失踪を調べる事に。
調査先での出会いには幾つもの“謎”が付きまとう。
友人は何故消えたのか、あの女は何か隠しているのか、つうかオマエの猫は何処行った。

ラストの衝撃的なクライマックスも何処かサッパリ、不思議な映画だった。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-12 00:52:26)
27.《ネタバレ》 正直、脚本の出来が良いとは思いません。物語の継ぎ手となるエピソードが不足しており、唐突な印象を受ける流れが散見されます。クライマックスにしてもそう。主人公が何故あのような行動を取ったのか分かり難いです。脚本を主体に採点すると、高得点は付け辛いと感じます。しかし映画の価値は脚本だけにあらず。本作の場合、それ以外の特長で作品の印象を随分と良くしています。例えば人物造形。飼い猫を欺こうとしたり、ガラス扉に鼻柱を押しつけてみたり、主人公は茶目っ気たっぷり。これがハードボイルドの代名詞、フィリップ・マーロウ?!ヤクザも奇天烈。いきなり愛人を空き瓶で殴り飛ばしたかと思えば、今度は全員裸になれですって?なんという理不尽さ。でも何故か怖くない。手下のオトボケぶりも可笑しいです。魅力的なキャラクターを取巻く環境がこれまたイカしています。まさかの『死霊の盆踊り』状態。あっけに取られました。ハードボイルドミステリーにコメディと不条理のスパイスが香る不思議な味わいでした。この雰囲気はたまりません。本作が松田優作の『探偵物語』の原型と聞いて納得です。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-24 19:26:00)
26.《ネタバレ》 原作からすると色々と違うんだが、こういうマーロウもいいかなと思わせてしまう作品かな。冒頭の猫とのやりとりしかり、周りの景色しかり、なんか違うけど受け入れてしまうのは、アルトマンと、ジグモンドの撮影からか。それと、ウィリアムスの1曲をアレンジだけで全編に流しているのは面白いかな、観終わっても音楽が鳴り続ける。
minさん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-17 20:07:34)
25.《ネタバレ》 カラーのフィルム・ノワールがいい、夜のシーンが多くて黒っぽいがそれもいい。フィルム・ノワールらしく長回しでそれこそタバコの煙ばかりで、とぼけた味もあっていいのだが、主人公が突然自分の判断で人を殺すのには驚く(これもフィルム・ノワール的な常識か、死刑廃止的な観点から見ているとびっくりすることになる、銃社会アメリカ)。アルトマン好き、なんだけど、少々登場する暴力シーンの重さは、かつてのフィルム・ノワール(40~50年代)では回避されたのである。
ひと3さん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-06 22:51:45)
24.ハードボイルドな雰囲気たっぷりの主人公がかっこよい。

ただ、最初から最後まで何だか置いてきぼりをくった感じ。
良く言えば、二転三転するストーリーなのだが。

ところで、主人公が住んでいるマンションのロケーションと構造が凄い!
専用のエレベーターに、あの住まい、そしてあの隣人たち。
こんなのを作ってみせたロバート・アルトマンのセンスに脱帽。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-01 17:37:00)
23.松田優作も惚れてまうわ。
michellさん [DVD(字幕)] 8点(2012-02-25 22:12:41)
22.《ネタバレ》 映画としては地味で退屈な部類だが、エリオット・グールドが味わい深い。友人の名誉の為に動き回った結果・・・悲しいけど誰しもある筈、こういう苦い経験。
J.J.フォーラムさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-16 22:58:48)
21.原作未読。思いを振りかざさず、思いは左右されず、思いはぶれず。エリオット・グールド演ずるマーロウが探偵としての矜持を魅せてくれます。一癖も二癖もある登場人物達が物語の味わいを深めております。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 7点(2012-01-05 02:28:50)
20.数々の名優が演じてきたフィリップ・マーロウですが、エリオット・グールドのマーロウもいいですねえ・・・。見事に本作のマーロウ像を提示する、深夜にキャットフードを買いに行くユーモアを交えた冒頭が素晴らしく、夜の街に、煙草に酒、そして音楽。アルトマンが徹底的に気だるい世界観を演出する。そこにくわえ煙草のエリオット・グールドのマーロウの佇まいがピタリとはまる。事件に関係する男を演じたマーク・ライデル(結構お気に入りの監督さんでもあります)やスターリング・ヘイドンのアクの強い存在感も印象に残ります。一般的なハードボイルドのイメージとは一線を画し、最後の”ハリウッド万歳”の使い方にもいかにもというアルトマンらしさが感じられました。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2011-08-28 22:03:40)
19.原作と違って良い意味でさらにだらしなくなってるマーロウだが、自分には原作よりも魅力的に写った。
峠のわが家さん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-12-17 22:41:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 7.32点
000.00%
112.63%
200.00%
325.26%
425.26%
512.63%
6410.53%
7923.68%
8821.05%
937.89%
10821.05%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.25点 Review4人
4 音楽評価 8.00点 Review4人
5 感泣評価 9.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS