ココニイルコトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 コ行
 > ココニイルコトの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ココニイルコト

[ココニイルコト]
2001年上映時間:112分
平均点:6.49 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-06-23)
ラブストーリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-12-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督長澤雅彦
キャスト真中瞳(女優)相葉志乃
堺雅人(男優)前野悦朗
中村育二(男優)山田武史
小市慢太郎(男優)大伴尚之
黒坂真美(女優)渡部あつこ
原田夏希(女優)門倉めぐみ
阿南健治(男優)藤井明久
不破万作(男優)土屋誠
島木譲二(男優)丸山亀吉
近藤芳正(男優)福田恒夫
笑福亭鶴瓶(男優)大門幸三
脚本長澤雅彦
音楽REMEDIOS
作詞スガシカオ「ココニイルコト」
作曲スガシカオ「ココニイルコト」
主題歌スガシカオ「ココニイルコト」
撮影藤澤順一
製作坂上直行
早河洋(「ココニイルコト」パートナーズ)
バンダイビジュアル(「ココニイルコト」パートナーズ)
日本ヘラルド(「ココニイルコト」パートナーズ)
電通(「ココニイルコト」パートナーズ)
テレビ朝日(「ココニイルコト」パートナーズ)
企画木村純一
遠谷信幸
川城和実
配給日本ヘラルド
編集掛須秀一
録音小野寺修
照明中村裕樹
あらすじ
東京の広告会社に勤めるコピーライター相葉志乃(真中瞳)は、常務との不倫がバレて手切れ金50万と共に大阪支社へ飛ばされる。初めての大阪で志乃を待っていたのは、営業の仕事と新人に冷たい同僚女子社員だった。しかし、そこで「ま、ええんとちゃいますか?」が口癖で、常に笑っている不思議な新入社員、前野(堺雅人)と出会う。手切れ金を全て使い、会社を辞めようと競艇に50万円を投じた志乃は、逆に大穴を当てて1千万円近くを得てしまう。さて、この一千万円と恋の行方は?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.ゆったりした感じが良い。俳優も良かったです。
紫電さん [DVD(邦画)] 7点(2022-03-26 22:43:40)
40.《ネタバレ》 コテコテですね こってこて。
ただ 東京から来たばかりのお澄ましオネーチャンが浪速の街並みと関西弁に全くたじろぐ事なく至って普通に溶け込み対処しきれているってところがまるで信じられない 時差ボケが全くといってよいほど感じられない そこが痛い

3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-09-18 22:08:10)
39.《ネタバレ》 堺雅人はヘンな大阪弁でしたが、取引先の社長(島木譲二)に土下座していました。堺雅人も真中瞳もホンワカした演技で好感が持てた。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 4点(2013-11-24 18:21:10)
38.真中瞳の大根演技にイラッときてすぐに見るのをやめようかと思ったが堺雅人が出ていたので何とか最後まで見れた。やはり堺はこの頃から何か引きつけるものをもっている。ま、ストーリーは別にどうってことないし何も共感することもない。もっとましな女優だったら深みのある作品になったかもしれない。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 3点(2013-09-16 11:03:38)
37.真中瞳さんも堺雅人さんもいい感じでした。
黒ネコさん [地上波(邦画)] 6点(2013-09-08 08:51:43)
36.《ネタバレ》 独身女の再生なんちゅうあんまりな類型的ストーリーがダサすぎる、堺雅人の大阪弁がヘンすぎる、真中瞳の演技がマズすぎる、最後に難病で死ぬのがクサすぎる、とダメ要素四拍子にボーゼン。・・・なんだが、なんでしょう、この妙な癒し感。色恋がほとんど前面に出てこない、志乃が嫌味ないシタタカ女で頼もしい、前野の変人ぶりに可愛げがある、というのが、嫌な印象を与えないんだろうなぁと。やっぱり、不倫ぐらいで潰れるような甘っちょろい女はつまらない。かといって、不倫して開き直る女も図々しくていただけない。女は(男もだけど)強い方がやっぱり素敵だ。前野が橋で叫ぶシーンがいいなあ。あれで、私が志乃だったらKOですね。そう、女は切り替えが早いのだ。・・・と、志乃も切り替えたのかどうかは分からないけれども、少なくともあの雪原で寝転んだ彼女に不倫のダメージはゼロだったと思う。というわけで、ヒジョーに点がつけにくいんだけれども、イチオシと言ってDVD貸してくれた職場のヴェンダーズ好きクンに感謝の気持ち1点プラスってことで。
すねこすりさん [DVD(邦画)] 6点(2012-02-07 23:29:33)
35.《ネタバレ》 大阪弁は、まだ親しくない間柄で使われると、しかも大声で使われると、すごく暴力的に聞こえる言葉だ。大阪出身のくせに、主人公の大阪初出社のシーンでそんなことを思ってしまった。でも後半になって、同僚の女子社員とのコミュニケーションに大阪弁の良い部分も見えました。言葉のトーンとテンポで標準語の50%増しくらいの排他性と親密性を操れる表情豊かな言葉だなぁと思います。ストーリーはありがちで、特に新しいものなし。特に真中瞳にはなし。不倫して地方へ飛ばされたことがないので共感する部分もなし。もちろん、誰かを飛ばした経験もなし。でも、嫌いな映画じゃない。10年前から余り変わっていない堺雅人に少し驚く。その堺雅人が生きたまま終わってくれたら1点プラスだったかな…。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-03-31 22:10:45)
34.《ネタバレ》 ラストの窓から見上げる星に感動しました。星が綺麗だったというよりも、こういう些細な幸せを見つけられる生き方が胸に染みる。自分が今いる場所が、自分の気持ち次第でいくらでも輝いた場所になるんだということが伝わってきて、ちょっと前向きな気分になれる、そんな映画でした。
Trunkさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2009-03-17 23:58:13)
33.《ネタバレ》 本なら愛読書。映画の場合は何て言うんだう? 大好きな作品で何度も見てます。正直言って、映画としてすごく完成度が高いとは思えないけれど、長澤監督の作品は僕を強く引きつけます。 『ココニイルコト』の2人はもう社会人ではあるけれど、この映画は青春映画だね。ほのかな恋愛感情含みの微妙な友人関係は学生だけの専売特許じゃなく、大人にだってあるからね・・・と言うか、あってほしいね。そういう意味で、大人のファンタジー映画でもあるのかな。この作品での相場志乃は失恋による喪失感で現実の中を生きてない。前野君はもともと、いつ終わるかもしれない「おまけの人生」を生きていて、古い物や、永遠の命の象徴とも言える星に心惹かれる生活をしているから、やっぱりあまり現実感がない。そんな2人のつくる空気がいいんだな。特に起伏のあるストーリーがある訳ではないし、いわゆるハッピーエンドではないけれど、見終わった後の気分はほんのりして、また見たくなる。それはエンドロール後の1カットのせいでもあるけどね。 この作品の真中瞳、すごくいいと思うんだけど、もっと映画で活躍してほしいな。堺雅人は今をときめく大活躍ですな。 でもこの映画で、もっとも良い役は、まちがいなく鶴瓶演じる大門さんだよね。仙人というか神様というか、特別な存在だね。 さらに、タイトルの『ココニイルコト』、そしてスガシカオが歌う『ココニイルコト』たまらなくいい。おかげでスガシカオも好きになりました。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-05 18:53:15)
32.いまいち心に染みなかった。
真中瞳の演技が気になったことや、
ストーリー展開にムリを感じたことなどが理由だと思う。
王道なストーリーなだけに安心しては見られたけれど、
それ以上のものはなかったし、見終わった後に何も残らなかった。
邦画好きさん [DVD(邦画)] 5点(2008-07-20 08:31:14)
31.《ネタバレ》 まあ、これは凡作でしょう。
間違いなく鉄板の凡作だ。
だけど極端につまらないわけじゃない。
それがまたこの作品の欠点だ。
好みが分れる様な個性あふれる作品でもないし、なんてことのない話。
なんてことない話を、なんてことなく描いただけのおはなし。

更に頂けないのは、心臓病の彼をあっさり殺してしまうところ。
最近の邦画って、安易に重要人物を殺して、物語を収束させるものが多い気がする。
少なくとも私が観た最近の邦画は、そんなんばっかだ。
人はそんなに簡単には死なないし、だいいち人を殺す前に、人を殺すことなしに作品を巧く仕上げる脚本を書いてほしい。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2008-06-10 00:22:42)
30.まあ不倫がばれて飛ばされるってのがそもそもダサイんだけど、大阪とは思えない、テンポとノリの悪さ。新卒時に大阪の某広告代理店に内定もらったんだけど、行かなくてよかったかなあ、なんて気にさせられる程の暗くて退屈な職場の雰囲気もみていて憂鬱。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 3点(2006-06-17 15:43:30)
29.邦画にしては、割りとよかった方だと思うんです。でも、原作者の体験をもとに書かれたエッセイの映画化なのに、なんでこんなに作り話くさい話になるのか不思議・・・
あすぺんさん [地上波(字幕)] 6点(2005-06-11 15:05:09)
28.こういうのはかなり苦手ですが、思ったより雰囲気は悪くなかったです。ジワッと染み込むシーンもありましたがやはり私にはクサく感じて耐えられない所があったのも事実。
堺雅人のキャラは割りと好きだったりしますので救いでした(でもああいう結末にする必要があったのか疑問ですが)
最大のマイナスは真中瞳の存在感、演技力のどうしようもない薄さ。どうして主演をはれる女優になっているのか見ててとても謎です。演技の学校から勉強し直せといつも言いたくなります。
まりんさん [地上波(字幕)] 4点(2005-06-05 12:27:53)
27.かなり笑える。 一流のコメディ映画としては評価できます。 堺雅人は、どうしても新撰組の山南総長に見えて仕方ありませんでした。
花守湖さん 8点(2005-03-06 01:23:08)
26.《ネタバレ》 真中瞳が家にきたら、とりあえず押し倒すだろう。押し倒さないところが偽善的で男が書いた台本とは思えない。あと真中瞳が広告代理店クリエーティブ局のコピーライターというのもまったく納得できない。どう見ても普通のOLだろう。クリエーティブでのし上がるようなオーラが映画の中でも、まったく感じなれない。最後、上司の奴らは真中瞳の才能を認める(?)くだりがあるけど、彼女の何を見て認めた設定なのかまったく分からん。キャスティングと台本が全くあっていない、真中瞳の役には辛酸なめ子を推薦する!3点!
如月CUBEさん 3点(2004-08-16 22:14:08)(笑:1票)
25.女性の成長物語は好きです。堺雅人がキモかっこよかったですよ。
parabenさん 6点(2004-06-08 15:07:45)
24.ま、ええんとちゃいますか。
mhiroさん 7点(2004-06-08 13:04:08)(笑:1票)
23.にこやかな堺クンは多分自分の人生が長くないことを知っているわけで、だから彼が何気ない日常の小さな喜びにも幸せを感じ「まぁええんとちゃいますか」などと達観したように語る言葉のいくつかには感じる所もある。でも
真中瞳のヒロイン自体に共感も魅力も感じられなかったので、彼の優しさも今ひとつ心に響いてこなかった。
面白かったのはおもちゃ会社の社長が亀のぬいぐるみの手を振って「かめへん、かめへん、、」という駄じゃれ。これは受けそうな気がする。
キリコさん 5点(2004-06-06 16:53:47)
22.外国人の最終兵器="So what?(だからなにさ!)"。これからの日本人の最終兵器="ま、ええんとちゃいますか?"。おなじ開き直りでも、日本人ほど「暖かく」開き直れるは人々はいないと思う。「あったかい、ニヒリズム」(なんだそりゃ)みたいなかんじかな。この映画、ユーモアも効いてるし、ラブストーリーとしても面白いので、サラっと見れる。でも、実は結構いろいろと考えさせてくれる映画として観るのもありではないか? CM製作のシーンが妙にウソっぽいので少しマイナス。でもコリャひろいものです。 
wunderlichさん 7点(2004-06-05 22:05:45)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 6.49点
000.00%
100.00%
200.00%
349.76%
449.76%
5614.63%
6512.20%
7614.63%
81024.39%
949.76%
1024.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS