ビバリーヒルズ・コップのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ビバリーヒルズ・コップ
 > (レビュー・クチコミ)

ビバリーヒルズ・コップ

[ビバリーヒルズコップ]
Beverly Hills Cop
1984年【米】 上映時間:105分
平均点:6.98 / 10(Review 123人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-04-13)
アクションサスペンスコメディシリーズもの刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-13)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・ブレスト
助監督ピーター・ボガート
キャストエディ・マーフィ(男優)アクセル・フォーリー刑事
リサ・アイルバッヒャー(女優)ジャネット・“ジェニー”・サマーズ
ジャッジ・ラインホルド(男優)ウィリアム・“ビリー”・ローズウッド刑事
ジョン・アシュトン(男優)ジョン・タガート刑事部長
ロニー・コックス(男優)アンドリュー・ボゴミル警部補
スティーヴン・バーコフ(男優)ヴィクター・メイトランド
ジェームズ・ルッソ〔男優〕(男優)マイキー・タンディーノ
ジョナサン・バンクス(男優)ザック
ブロンソン・ピンチョット(男優)サージ
ポール・ライザー(男優)ジェフリー・フリーマン刑事
ギルバート・R・ヒル(男優)ダグラス・トッド警部
デイモン・ウェイアンズ(男優)バナナマン
マーティン・ブレスト(男優)ビバリーパームズホテルの受付(ノンクレジット)
ジェリー・オーバック(男優)ビバリーパームズホテルの従業員(ノンクレジット)
富山敬アクセル・フォーリー刑事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤田淑子ジャネット・“ジェニー”・サマーズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野島昭生ウィリアム・“ビリー”・ローズウッド刑事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚周夫ジョン・タガート刑事部長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村正[声優]アンドリュー・ボゴミル警部補(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩ダグラス・トッド警部(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石丸博也マイキー・タンディーノ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小室正幸ジェフリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田口計ヴィクター・メイトランド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
折笠愛(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
千田光男(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
玄田哲章(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
林一夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山寺宏一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)/アクセル・フォーリー刑事(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
羽村京子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
城山堅(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮川洋一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
金城大和ウィリアム・“ビリー”・ローズウッド刑事(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
中博史アンドリュー・ボゴミル警部補(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
後藤哲夫ヴィクター・メイトランド(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
相沢まさき(日本語吹き替え版【ネットフリックス】)
原作ダニエル・ペトリ・Jr(原案)
脚本ダニエル・ペトリ・Jr
音楽ハロルド・フォルターメイヤー
撮影ブルース・サーティース
ジャック・N・グリーン〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
リック・ボタ(ノンクレジット)
製作ジェリー・ブラッカイマー
ドン・シンプソン
パラマウント・ピクチャーズ
配給CIC
美術アンジェロ・P・グレアム(プロダクション・デザイン)
ジョン・M・ドワイヤー(セット装飾)
ジェームズ・J・ムラカミ(美術監督)
編集ビリー・ウェバー
アーサー・コバーン
録音ドナルド・O・ミッチェル
グレッグ・ランデイカー
字幕翻訳金田文夫
佐藤恵子(NHK)
スタントミック・ロジャース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
123.《ネタバレ》 このエディマーフィーはいい。スピーディで、アクションも切れがあり、音楽も良かった。新しい刑事映画と思えた。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-30 21:52:50)
122.この映画につかわれている音楽が好きで、DVDを借りて視聴。
グレン・フライ、いいなぁ~
エディーの軽快なトークも良かった。
ただ、ストーリーがありきたりなので高得点にはならず。
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 6点(2018-11-10 20:49:55)
121.元はリチャード・ドナー監督×シルベスター・スタローン主演の企画だったものの、まずドナーがフォックスの『レディホーク』を優先して降板し、スタローンもプロデューサーと方向性が合わずに降板。その後、監督としての実績は少ないものの急なスケジュール確保が可能な人材だったことからマーティン・ブレストが、また『おかしな関係』の撮影がちょうど終了するところだったことからエディ・マーフィーが各々代打に選ばれたという経緯があるのですが、アクション映画の経験がほぼなかったエディ・マーフィーに合わせてアクション要素が大幅に削られ、代わりにコメディ要素が拡充されて完成版の形に落ち着いたようです。
また、十分な準備時間を確保できなかったことからストーリーも至ってシンプルであり、脇道にそれたりせず一直線に話が進んでいきます。つまり、アクションもストーリーも最低限度に抑えられ、見せ場はエディ・マーフィーのおしゃべりのみという作品だったわけですが、これが日本人にとっては厳しかった。エディの早口の英語を聞き取れず、もちろんスラングも分からない日本人には、この作品の面白みはほとんど伝わってこないわけです。本作については2種類の吹き替え(富山敬の地上波放映版と山寺宏一の新録版)と字幕版を見たことがありますが、どれもアクセル・フォーリーのセリフの1/3も表現できていないように感じました。そのためかコメディではあるものの大笑いできるような場面は少なく、全盛期のエディ・マーフィーが醸し出す楽しい雰囲気のみで何とか105分を完走できたという状況です。
ザ・チャンバラさん [インターネット(吹替)] 5点(2018-06-18 18:43:56)
120.エディ・マーフィーがいいですね!
ジーンズに、Tシャツにスニーカーって姿がぴったしだと思います。
ラスト10分がいいです!気分のいい終わり方!
へまちさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-08 18:33:10)
119.《ネタバレ》 憧れのアメリカ!あぁ行ってみたいぜビバリーヒルズ!真っ赤なベンツがイカすぜ!
暗く湿ったデトロイトで起きた旧友の死の真相を知るため、晴れやかでハイソな街ビバリーヒルズにやって来た。
同じアメリカなのにまるで未来都市に来たような気分にさせられる。(警察署の秘密基地感が笑える)警察は皆大真面目。嘘もつかないしつけない。
そんな所に現れたエディ・マーフィ演じるアクセル刑事の破天荒さにビバリーヒルズの警官達も変わって行く。
ラスト警部補が署長につく嘘もまるでアクセルの正義の魂が通じた良いシーンだ。
コメディとしてみると結構ユルいギャグが多めで特にローズウッド刑事の天然っぷりが最高でしたね。特に明日に向かって撃てのくだりは最低で最高です。
序盤のトラックチェイスも派手でこれでもかと車を破壊していて楽しかったです。
まぁ警察サイドのリアルな役場感にちょっとモタモタするところもありましたが総じて楽しめる一本でした。2も見ちゃうぜ!
えすえふさん [インターネット(吹替)] 6点(2018-04-06 16:02:11)
118.《ネタバレ》 古き良きハリウッド映画という感じです。王道の展開に意外性もなく、安心して観れる安定感。ある意味何度観ても楽しめるんじゃないだろうか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-10-22 05:24:00)
117.最初観た時、まさにエディー・マーフィーのための映画だった。
その後いくつかの構図も使われているようで、今観るとインパクトは多少減っているものの、分かりやすい作品。音楽もいい。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-08-06 18:09:14)
116.《ネタバレ》 エディー・マーフィーと言えばアクセル・フォーリー刑事、ハリウッド俳優の中でもこれほど自身の個性にピッタリの当たり役を得た人は他にいないんじゃないでしょうか。あまりにインパクトが強すぎて、彼はその後のキャリアで苦労することになるんですけど、それはまた別のお話し。なんでこのお話がこんなにウケたのかって考えると、デトロイトとビバリーヒルズという同じアメリカの大都会でありながらも天と地ほども違う国内格差を巧みに盛り込んだ脚本プロットに、そのカギがあったように思います。特に80年代は、凋落が始まったデトロイトとバブル景気に沸くLAを対比するという視点が、新鮮だったと思います。でも製作者たちも、まさかデトロイトが現在の様な悲惨な状況にまで追い込まれるとは予想以上だったでしょう。 とにかくこのシリーズは、マーフィーのマシンガントークを愉しむのが正解で、英語のヒアリングができなくてもその可笑しさが伝わるんですから大したものです。マーフィーを囲む面々もみんな生き生きとキャラが立っていて、悪役キャラが多いロニ―・コックスも上司と現場の板挟みで苦労する真面目な中間管理職を好演してます。ちなみにデトロイトのフォーリーの上司トッド警部を演じている人は、実は現職のデトロイトの警察官でロケハンでスカウトされたんだそうです。 そしてなんといっても素晴らしいのは音楽センスで、イーグルスのグレン・フライが参加しているという贅沢さ!“フォーリーのテーマ”なんかは耳にしたことがない人は珍しいぐらいで、私は“エディ・マーフィのテーマ”とひそかに名付けています。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-05-31 23:09:42)
115.テンポのいいお気楽アクション映画の代表格みたいなこの作品も、こうやって久しぶりに観ると、それなりにまったりした部分があって、それなりに緩急がつけられている。我々の側の好みの変化ってのもあるのかも知れないけれど、やっぱり今の世の中がセッカチ過ぎるんじゃないのかな、と。
何にせよ、お気楽軽妙な本作、エディ・マーフィありきの作品で、「48時間」「大逆転」が、いわばカキ混ぜ役の二番手だったのに対し、ここではついに主演(だけどやっぱりカキ混ぜ役でもある)。ですけれども、そもそも80年代当時、この「エディ・マーフィ人気」ってのが、何だか押しつけがましくって、正直よくわからんかったのです。当時そう思ってた人って、結構多かったんじゃないかと思ってるんですけど、どうでしょうか。何が「星の王子ニューヨークへ行く」やねん、と。
本作でも、別にアクション映画やるような体のキレがあるではなし(スタントマンが演じている部分は別として)、何かと言えば高笑いをし、何かといえば腕を組んで見せるばかり。なーんかテキトーだなあ、と思うんですけど、しかし実際のところ、そのテキトーさが本作のすべてにマッチしていて、憎めないところでもあります。アクセル刑事の実に能天気で場当たり的な言動の数々。しかもそれで本当に何でも乗り切ってしまう、楽天的なノリ。んなアホなと思うが故の痛快さでもあります。
昨今、実社会でもこういうイイ加減な奴が増えてきたんでは、なーんて思い始めると、笑いも「苦笑」に変わってしまうのですが。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-12 11:56:49)
114.可もなく不可もなく。エディ・マーフィーの出世作とのことですが、あまりハジけた感じでもないし、魅力も伝わってこないし、特に前半は笑顔のシーンでも目が笑ってなかったりするし、有名なテーマ曲も映像といま一つ合ってない気がするし、だいたいなぜビバリーヒルズを舞台にしたのかもよくわならないし。それでも続編が作られているということは、きっと私が何かを見落としているのでしょう。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-02-18 13:13:25)
113.もっと明るく楽しく脳天気な作風を勝手に想像していたのですが、意外に真面目な内容でした。エディ・マーフィのマシンガン・トークも、この頃はまだ試行錯誤感がにじみ出ていますね。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-02-06 00:55:56)
112.コメディなので悪党や警察が間抜けだけど、それでもドキドキするのはシナリオの妙?不死身の主人公に次々と感化されていく人たちがとてもコミカルで、程良い緊張感と爽快感に満たされる痛快映画。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-02 23:06:33)
111.作中登場する人たちと同じく、見ている側もエディマーフィのキャラクターに引き込まれました。
楽しめるという意味では最高レベルの映画でしょう。気軽に見ていたら最後は夢中になっていました。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-02-02 21:12:35)
110.やはりエディ・マーフィーと言えばこれですね。
人懐っこい笑顔、怒涛のように繰り出される軽妙な台詞まわし。エディの魅力が存分に出ています。
それをしっかりサポートするのが、結果的にエディと共に悪に立ち向かうことになるビバリーヒルズの地元警察の2人の刑事。
規則や原則に縛られた2人と自由奔放なエディの刑事ぶりとの対比が面白く、
彼らの存在が更にエディの魅力を際立たせています。

序盤、エディ演じるアクセルがバーで機転を利かせ、
バーで強盗を逮捕した際のウソの報告に対し正直に本当のことを喋ってしまう彼ら。
しかし事件解決後は上司も一緒になって、更にその上を行くような壮大なウソの報告を。
アクセルとの数日間で彼らもデカとしてすっかり頼もしく?なっていた姿に思わずニッコリさせられる。
ラストの「まあビールくらいならいいだろう」も同じく。

大ヒットしたサントラ、グレン・フライの“heat is on”に
ハロルド・フォルターメイヤーのアクセルFのテーマも印象的。
本作といい、数年後の「ミッドナイト・ラン」といい、
この頃のマーティン・ブレストのこんな小気味いいコメディは面白かった。
またこんなコメディを撮って欲しい監督の1人です。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2015-07-20 14:01:56)
109.《ネタバレ》 米国内の地域色と格差、管理体制への揶揄、お堅いけれど正義を愛するビバリーヒルズの刑事たち、その刑事たちを煙に巻きながらも彼なりの敬意を払うアクセル、等々。バランス良く纏まった刑事ものだと思います。悪党どもの機密保持体制などに疑問を持つけど、当時はそれくらいの穴は気にならず、却って分かり易いストーリーでした。オープニングの「heat is on」はお気に入りの楽曲ですが、観直すと全体を通してBGMがうるさいく感じられました。それにしても、エディ・マーフィってデビューからこの3作目までで全てを出してしまった感じです。それ以前には無かったキャラなんだけど、飽きるのも早かった。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 6点(2014-04-02 02:54:04)
108.面白くて何度も観たな。「ファーイヴサウザンドダラーズ!」のシーンが好き。
nojiさん [ビデオ(字幕)] 9点(2013-06-23 22:40:51)
107.銃撃戦の機銃以上の疾走するテンポのエディ・マーフィのくち。なんか憎めない刑事としての彼の役柄も一級品の主役ながら、脇を固めるタガート、ローズウッド両刑事もまた憎めない。友人の敵をうつためにとにかく無茶をするエディ・マーフィに、ちょっぴり悪い気がしんがらも応援してしまう。とにかく痛快でした。
元祖さん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-29 00:30:05)
106.想像していたよりずっと大人しかった。終始ドンパチやってほしい訳でもないんだけど、どうも盛り上がりに欠ける。アクセル・フォーリー刑事がビバリーヒルズに乗り込んだ理由を考えれば、バナナを詰めて笑っていても、無条件に楽しい訳ではないしなぁ…。う~ん…。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-02-18 18:00:47)
105.《ネタバレ》 トラブルメーカーの凄腕刑事とデコボココンビ刑事、珍トリオによる刑事アクション・コメディシリーズ第1弾。エディ・マーフィの口八丁手八丁、ハスキーボイスで相手を煙に巻くマシンガントークが冴えわたります。敵は富豪の麻薬密輸犯。観て何も残らないけど気楽に楽しめました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-10-27 23:00:28)
104.《ネタバレ》 口八丁手八丁なエディはやはりイイ。こんな人が商売人をやったら儲かりまくりで大変なことになりそうだ。
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2012-07-03 21:56:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 123人
平均点数 6.98点
000.00%
110.81%
200.00%
310.81%
421.63%
5129.76%
62923.58%
73730.08%
82419.51%
997.32%
1086.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 6.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review6人
4 音楽評価 8.37点 Review8人
5 感泣評価 1.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1984年 57回
脚本賞ダニエル・ペトリ・Jr候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1984年 42回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)エディ・マーフィ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS