Menu
 >
 >
 > プリティ・ブライド

プリティ・ブライド

Runaway Bride
1999年【米】 上映時間:115分
平均点: / 10(Review 70人) (点数分布表示)
ドラマコメディロマンス
[プリティブライド]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-10-28)【ESPERANZA】さん
公開開始日(1999-10-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲイリー・マーシャル
助監督エレン・H・シュワルツ(第1助監督)
キャストジュリア・ロバーツ(女優)マギー・カーペンター
リチャード・ギア(男優)アイク・グラハム
ジョーン・キューザック(女優)ペギー・フレミング
ヘクター・エリゾンド(男優)フィッシャー
リタ・ウィルソン(女優)エリー・グラハム
ポール・ドゥーリイ(男優)ウォルター・カーペンター
ドナル・ローグ(男優)司祭 ブライアン・ノリス
セーラ・ウォード(女優)バーに居る美人
ローリー・メトカーフ(女優)ベティ(ノンクレジット)
ゲイリー・マーシャル(男優)ソフトボールの一塁手(ノンクレジット)
ラリー・ミラー(男優)バーテンダー ケヴィン(ノンクレジット)
クリストファー・メローニ(男優)
飯島直子マギー・カーペンター(日本語吹き替え版)
磯部勉アイク・グラハム(日本語吹き替え版)
安達忍ペギー・フレミング(日本語吹き替え版)
キートン山田フィッシャー(日本語吹き替え版)
滝口順平ウォルター・カーペンター(日本語吹き替え版)
麻生美代子マギーの祖母(日本語吹き替え版)
菅原正志ボブ・ケリー(日本語吹き替え版)
田中正彦ジョージ・スウィリング(日本語吹き替え版)
茶風林ブライアン・ノリス(日本語吹き替え版)
塩屋翼コリー・フレミング(日本語吹き替え版)
亀井芳子エレイン(日本語吹き替え版)
岡野浩介デニス(日本語吹き替え版)
西川幾雄ルー・トラウト(日本語吹き替え版)
小野健一リー(日本語吹き替え版)
水原リンポリー(日本語吹き替え版)
翠準子プレスマン夫人(日本語吹き替え版)
脚本ジョーサン・マクギボン
サラ・パリオット
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ジェームズ・ニュートン・ハワード
ジェフ・アトマジアン
ブラッド・デクター
挿入曲エリック・クラプトン♪ Blue Eyes Blue
ビリー・ジョエル♪ Where Were You (On Our Wedding Day?)
U2♪ I Still Haven't Found What I'm Looking For
ダリル・ホール&ジョン・オーツ♪ Maneater
マイルス・デイヴィス♪ It Never Entered My Mind
撮影スチュアート・ドライバーグ
製作テッド・フィールド
トム・ローゼンバーグ
ロバート・W・コート
マリオ・イスコヴィッチ(共同製作)
スコット・クルーフ
エレン・H・シュワルツ(共同製作)
パラマウント・ピクチャーズ(共同製作)
タッチストーン・ピクチャーズ(共同製作)
製作総指揮ゲイリー・ルチェッシ
デヴィッド・マッデン〔1955年生・製作〕
配給ブエナビスタ
美術マーク・フリードバーグ(プロダクションデザイン)
スーザン・ブラッドリー(タイトルデザイン)
衣装アルバート・ウォルスキー
編集ブルース・グリーン[編集]
字幕翻訳古田由紀子
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
70.まあ、このジュリア・ロバーツはあまり魅力的ではないし、共感もそれほどできない。
nojiさん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-13 10:14:56)
69.《ネタバレ》 スタッフ・キャストが「プリティ・ウーマン」と同じだそうですが、こちらはものの見事に失敗してしまってますね。登場人物二人に全然共感が持てない。あまりにリアリティがないし、突然濃厚キスがはじまって、マギーが「私になにが起こったのかしら」なんて言ってたけど、見てるこちらも何が起こったのやらと戸惑っちゃいます。結婚式の時に逃げ出して、そりも3回も繰り返して、「自分のことがわからないから逃げ出したの~」って、ただのアホやないですか(笑)。ほんと、イライラしちゃいましたよ、、、。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 4点(2012-01-04 19:45:26)
68.プリティーウーマン(1990)のスタッフが2匹目のドジョウを狙ったが失敗した作。邦題が×。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-07-06 13:31:11)
67.現実には有り得ない様な漫画チックなストーリーですが「プリティ・ウーマン」の主役二人に監督も同じだけあって大変楽しく見れました。ほのぼのした平和で小さな田舎町で起こるとんでもない結婚式の顛末をおかしいけど善人揃いで暖かく描いたロマンチックで素敵なお話。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-01-04 23:05:26)
66.キャスティングは魅力的なのにストーリーも安易で深みがまったくないと思いました。ジュリアはキュートだしギアもダンディ(死語?笑)なのにまったくもったいない・・・。二人の恋の展開や友人たちに一瞬わくわくしましたけど、予想通りの展開だし結末も現実味がないかな~。何気なく流れていた音楽がよかったので4点!
kalynさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-01-03 15:19:58)
65.少しも共感を持てるところがなく、女性がみてもパッとしないんじゃないかな。
bluestarさん [DVD(字幕)] 3点(2007-11-13 22:30:35)
64.意外に笑える場面もそこそこあったのだが、こんなアホコメディにギアとロバーツというのがすべての間違い。もっと若い人にやらせていたら、そんなにちぐはぐになることもなかっただろうに・・・。
Oliasさん [地上波(吹替)] 4点(2007-01-01 01:57:57)
63.《ネタバレ》 ヒロインのキャラに魅力がなさすぎ。罪悪感ゼロ、鈍感、尻軽と良いとこなし。何故逃げ出すのかという理由も、そんなもん一回目で学習しろよってな内容で呆れるばかりです。もっとコメディといして面白みがあればまだ退屈もしないが、本筋から外れたところで、ところどころ笑える程度のしょぼさ。これではさすがに厳しい。
MARK25さん [DVD(字幕)] 2点(2006-12-04 21:25:51)
62.テーマとしては面白いと思うし、俳優陣の持ち味も出せていたと思う。けれども、ストーリーがあまりにもお粗末で、ロマンティックでもなければ、ハートウォーミングでもない。邦題がこのタイトルになったのも、この内容なら「プリティ・ウーマン」に頼らざる得ないと判断したからでしょう。J・ロバーツは相変わらず魅力的でした。
shoukanさん [DVD(字幕)] 3点(2006-11-04 08:44:48)
61.原題のRunaway Bride しか記憶に残らないかも。何故Runaway・・・等。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-11-02 15:04:49)
60.《ネタバレ》 基本はラブコメなんでしょうが、「プリティ・ウーマン」のようにおとぎ話に徹っすればいいものを、無理矢理人間ドラマを押し込んだのでなんとも中途半端な出来になってます。それでもジュリア・ロバーツの魅力で、ストーリー展開を全然気にせずに見ればそれなりには楽しめます。ジュリアの「カモノハシ」に1点おまけです。
はやぶささん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-10-17 23:34:19)
59.前々から疑問に思っていることがある。なぜハリウッド映画には、「好きな男につっぱっていた女が心を入れ替えて自分をさらけ出してダラダラとコンプレックスを告白してなおかつ求愛して男がそれを受け入れハッピーエンド」なるパターンの話が多いのか?どこらへんにどんな需要があるのか?ドラマとしてはちっとも興味を持てないのだが。タカビーな美人をへこませてやりたいという製作男性陣の復讐心なのか?それとも女から求愛しないといかんというお約束でもあるのか?いいかげんにしてくれないか?ラスト近くでこのテの告白場面が始まると、またかよー、と心の底からうんざりして早送りに励むのであった。
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 4点(2006-02-22 22:56:17)
58.いきなり婚約破棄された男かわいそう。
Sleepingビリ-さん [DVD(字幕)] 6点(2005-07-20 01:18:17)
57.基本的にアメリカ人って、単に「ウェディング・ドレスで式場から逃げ出す花嫁」が好きなんだと思う。本作は、正にその為だけの映画。日本ではゲイリー・マーシャル作品に勝手に「プリティ」を付けまくってますけど、本作のジュリア・ロバーツは「可愛い花嫁」ではなく「嫌味な花嫁」です。ま、能天気なラヴ・コメディのストーリーに難癖を付けるのも野暮だとは思いますが、それにしたって、もう少し話に説得力を持たせる努力をして欲しい。「本当の自分が解らなかったから逃げ出した」って、アンタ、結婚式の当日まで、しかも三度(四度?)も気が付かないのかよ。やれやれ…、3点献上。
sayzinさん [地上波(字幕)] 3点(2005-04-10 02:15:05)
56.きびしいようですが、まったく面白くなかったのです。
続編と思わず見たとしても、いや、「プリティウーマン」と
全然関係ないのですが、出演者も製作者も同じという、
二匹目のどじょう狙いの作品としては、
ファンなら見たくなるし期待も大きいです。
さて、もしかしたらば、続編で関連性をつけたストーリーの方が、
面白くコミカルだったかもしれません。
ああ、リチャード・ギアが演技しちゃってる・・と、
しらけてしまったのです。
あの包容力はいずこへ・・それなら別にジュリア・ロバーツでなくてもいい。
彼女はヒュー・グラントとまたかぶるようなロマンチックコメディやってて、
見るほうも飽きてきちゃうんです。
そんなこんなで、やはり私にはロマンチックコメディは合わない。
その中で数少なく選んでしまうのです。
アルメイダさん [DVD(字幕)] 2点(2005-04-03 01:40:41)
55.結婚式の始まりで3回逃げ出すというのもどうかと思うけれど、中盤からのストーリーは大体予想通りに進む。ソファでくつろいで気楽に見る映画としてはいいんじゃないかと思う。
HKさん 6点(2004-06-17 06:59:45)
54.・・・ウーマンに近づくことを意識しすぎ.これを観ると年齢による魅力の衰え曲線は女性の方が急勾配であることに今更ですが気づいたりします.
マー君さん 5点(2004-06-12 19:13:00)
53.魅力的な二人がビックリするほど生かされてない。ストーリーがしょうもなすぎる。
PADさん 4点(2004-06-03 13:22:52)
52.メリハリ無し。背骨も無し。ジュリア・ロバーツの表情の作り方は上手いとは思うけど、どんな顔をしても「私はかわいい」を自覚してることが伝わってくる。「もういい年なんだから」と老婆心を浮上させる作品でもある。映画化が決まってから主役二人をキャスティングしたのか、二人のための映画ってことでこんなストーリーを書かせたのか分からんが、この程度の作品にしかならないことが分かっていたとしか思えん(思いたくない)。それで、ジョーン・キューザックを防波堤にしたんじゃないだろうか…この作品の見所はジョーンのみ。エリック・クラプトンの曲は無駄遣い。
日雀さん 3点(2004-05-28 07:02:48)
51.なんじゃそりゃのストーリーに悲涙。結末が想像できる。どんでんがえせ。
かまるひさん 5点(2004-03-31 14:10:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 70人
平均点数 4.80点
011.43%
122.86%
257.14%
31014.29%
4811.43%
51927.14%
61318.57%
7912.86%
822.86%
900.00%
1011.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review3人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS