日曜日が待ち遠しい!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日曜日が待ち遠しい!
 > (レビュー・クチコミ)

日曜日が待ち遠しい!

[ニチヨウビガマチドオシイ]
Confidentially Yours
(Vivement Dimanche!)
1982年【仏】 上映時間:110分
平均点:6.18 / 10(Review 22人) (点数分布表示)
サスペンスコメディモノクロ映画犯罪ものミステリーロマンス
新規登録(2003-10-09)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-05-07)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランソワ・トリュフォー
助監督シュザンヌ・シフマン
キャストファニー・アルダン(女優)バルバラ
ジャン=ルイ・トランティニャン(男優)ジュリアン
ジャン=ルイ・リシャール(男優)
カロリーヌ・シオル(女優)
原作チャールズ・ウィリアムズ〔原作〕「土曜を逃げろ」
脚本フランソワ・トリュフォー
シュザンヌ・シフマン
ジャン・オーレル
音楽ジョルジュ・ドルリュー
撮影ネストール・アルメンドロス
フロラン・バザン(第一アシスタントカメラマン)
テッサ・ラシーヌ
製作フランソワ・トリュフォー
配給東宝東和
あらすじ
バルバラ・ベッケル(ファニー・アルダン)は、不動産会社で秘書として働いている。ある日、社長の狩猟仲間のジャック・マスリエが撃ち殺されるという事件が起こる。また社長夫人も遺体で見つかる。警察に追われる社長に代わり、バルバラは事件の真相を追う…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.贅肉をすべてそぎ落とすとこうなった!という感じ。自分になんか分からなくともトリュフォーが必要としなかったのだから、それでいい。特に、カラー、そう、色をも贅肉にしてまう手腕には脱帽。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 7点(2013-09-06 17:59:25)
21.《ネタバレ》 1982年制作なのにモノクロなんだね~。でも、ものすごーく絵がきれい。とってもシャープな映像はかなり美しく、そこにファニー・アルダンが映えますね~。ハツラツとした彼女が大活躍する本作は、サスペンスものとするとチト物足りない感はあるけども、おフランス映画の雰囲気が満点です。でもな~タイトルである「日曜日が待ち遠しい!」の意味が分からない…あんまり深い意味はないのかな?ま、そこらへんもおフランス映画らしいということにしておきましょう(笑。 トリュフォー監督の遺作だそうで、ほかの作品も観てみようとオモッテイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-08-29 10:11:38)
20.これだけ詳細をぶっ飛ばしながら進むサスペンスも珍しいか。ちょい消化不良。
nojiさん [地上波(字幕)] 4点(2011-07-30 15:12:03)
19.早い段階で犯人が分かってしまうので、サスペンスとしての魅力には欠け、なんとなくフィルムノアールの形式美を見せられているような心持になった。
これが遺作というのも、ある意味トリュフォーらしい。音楽が軽快で良い。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-08 11:44:43)
18.フランソワ・トリュフォー監督による遺作。
撮影はネストール・アルメンドロスが担当しており、息をのむ程に美しいモノクロ作品に仕上がっている。
アルフレッド・ヒッチコックを敬愛するトリュフォーらしいサスペンス・ミステリーな作品だが、どうもリズムが自分には合わなかった。
でも、相変わらず足フェチぶりが全開で、女性の魅力的な撮り方を心得ている監督だ。

トリュフォー作品の鑑賞はこれで20本近くになった。
鑑賞可能な作品は全て観ていきたい。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2008-05-03 16:17:32)
17.これは何だ?サスペンス映画のようで恋愛映画でもあり、いや、それ以上にコメディとしての楽しさにこれが最後の作品となってしまったフランソワ・トリュフォー監督、この監督の人間観察、女性の描き方、あのファニー・アルダンの歩き方などどう真似しても男には無理だ!あんなかっこ良く決まった歩き方は女性ならではの女性にしか出来ません。そんな歩く姿を映し出すカメラワーク、歩き方だけではなくこの映画、男の私には女性にしか出来ない仕草の数々、足を組んで新聞を読む姿、それは殺された女の時もそうです。新聞を読む時の表情のミステリアスなことといったらもう、あんな表情は女性ならではです。映画を楽しむ上で欠かせない一つの要因でもある俳優の演技と表情、それを映すカメラワーク、私は映画は物語だけでなく、そういう所にも楽しみを見出します。この映画はそんな物語とは違う楽しみを見つける作品だと感じる。この作品を見て男は女性のミステリアスな部分に惹かれ、また女性はそうそう、解る。解る。と同姓しにか解らない部分に共感し、またそんな部分を監督は上手く描いていて感心させられる。これが遺作だなんて、勿体無い。これはフランス映画独自の雰囲気が苦手な方にも、そして、この監督さんが苦手な方にも私がこの監督の作品で一番、解り易くオススメ出来る。ハリウッドの大作にしか興味の無い方、こういう映画も良いですよ。
青観さん [ビデオ(字幕)] 8点(2007-06-17 18:36:42)
16.《ネタバレ》 トリュフォーの遺作ということでものすごく構えて観てしまったのが災いしたのか、ちょっと肩透かしをくらいました。犯人はもう出てきたときからバレバレなんですけど、ファニー・アルダンのきりっとした演技にひっぱられてついつい…二人で車で逃走中、川べりでしんみりと語り合う場面がいかにもトリュフォーって感じで、あとはサスペンスコメディ。わたしはラストのカメラのレンズ(キャップ?)を少女たちが蹴りあっているシーンがわけもなくすきですね。
はちかつぎひめさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-09-17 10:11:38)
15.《ネタバレ》 シリアスっぽいコメディに仕上がっていて、いい感じの白黒作品です。トランティニャンとアルダンの、掛け合いのテンポもピッタリと決まっていてとってもいいですよ。トリュフォー映画の女性ってみんな強いし行動力あるなあ。男性の掌の上で踊らされてるって言えばそうかもしれないけど、トランティニャンなんか、もくろみははずれるし、事務所でじっとしてヒステリックに文句ばっかり言ってるダメ中年男。アルダンは3回も殴られて、内2回はトランティニャンから。これだけやられて、よく恋が芽生えるなあと思って観ていたら、「私なんて、半年前からバカだったのよ」って台詞で疑問が氷解。惚れた弱みで、一生懸命トランティニャンのために尽くしてたのね。バカにならなきゃ、ああは尽くせませんって。最後はめでたしめでたし。なのに、これがトリュフォー最後の映画というのはほんとうに残念です。トリュフォー最後の作品なので、1点余分に加点させていただきました。
ひよりんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-05-17 20:07:39)
14.殺人の容疑がかけられた男を救うため女が奔走し、そこに恋が芽生えるという、ラブコメサスペンスお決まりパターンの作品です。また、コメディの要素が強く、小粋な雰囲気が漂っているので、お好きな方にはお勧めできます。ただ、恋におちる男性役があまり魅力的でない点や恋愛に発展する過程に感情移入ができなかったため、個人的にはヒットとなりませんでした。というかこれ1982年の作品ですか?
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-05-02 18:31:59)
13.《ネタバレ》 楽しかったです。ファニー・アルダンが少女探偵ナンシー・ドルーのように生き生きしていました。ストーリーはあらら・・って感じですが、車をスタートさせようとして後ろをぶつけたり、こっそり(どうどうと?)服かた鍵をかすめ取ったり、殺された死んだ奥さんが運ばれている最終に目がちらっと動いていたり、意図的かどうかはわからないけど些細なシーンで好きなところが多かったですぅ。うちのボスってすごいんですぅ。あたしびっくりしちゃいましたぁ。みたいな楽しさがありました。ジャン・ルイ・トランティニャンもファニー・アルダンも素敵です。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-03-27 02:51:41)
12.土曜ワイド劇場だと思って観ていると、実は「恋のから騒ぎ」だった、みたいなw。まぁ、どっちにせよ明日は日曜日! WOWOWは、コレを月曜日に放送してましたよ。なんて悲観的なのさ!
ようすけさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-12-21 15:01:06)
11.サスペンス部分に関していえば、一度観ただけでは今一流れが掴めません。というかかなり無理のある話です。この監督のことはよく知りませんが、監督自身は作品に娯楽性より芸術性を追い求めているようですね。故に女主人公の性格、行動、発言に主眼を置いて観た方が楽しみ方としては合っていると思いました。容姿も含めとても魅力的な人物だと思います。しかし終盤の「日曜日が~」という彼女のセリフが本意がわからず、未だ考えあぐねいている自分です。
プミポンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-10-29 16:55:42)
10.私もオープニングのファニー・アルダンの歩くあのシーンが印象的です。トリュフォーの作品に出てくる女性はどこか可愛らしくて大好き。サスペンスコメディになるのかなあ、今も時々BSなどで放送されるとついつい観たくなる一本ですね。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-07-23 22:17:19)
9.僕が唯一リアルタイムで劇場で観たトリュフォーの作品。確かベルモント主演「パリ警視J」との二本立てでした。フランス映画初体験だったせいか、なんかのんびりとした小春日和気分のサスペンス(←そんなジャンルあっていいのか?)だったなあって印象。しかしファニー・アルダンのタラコ唇には何とも抗しがたい魅力がありますね。「永遠のマリア・カラス」がここから二十年経ってるとはとても思えません。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 6点(2005-07-23 16:18:16)
8.これは観ていて凄く楽しい!トリュフォーが描くサスペンスって(そもそもこれがサスペンスなのかどうか定かではないけど)「ピアニストを撃て」なんかもそうですけど、フィルムノワールに成りきれないフィルムノワールという感じで茶目っ気があって、それもわざと狙ってやっているんだろうけど本作はまるでアメリカ映画のスクリューボールコメディのようでとても愛らしかったです。まず不動産探偵というシチュエーションからしてかなり可笑しい。ファニー・アルダンも「隣の女」を観た時はヤバそうな女にしか見えなかったけど、ここまでガラッとスタイルを変えられるものなんですね。早い段階で犯人の目星が付いてしまうのは残念だけど、何の気兼ねもなく素直に面白い!と思えた初めてのトリュフォー映画かもしれません。
かんたーたさん 8点(2005-01-25 14:32:41)(良:1票)
7.ファニー・アルダンに尽きますね。ファニー・アルダンの魅力満載でした。
ゆきむらさん 6点(2004-11-01 06:03:34)
6.考えれば考えるほど突飛でファニーなストーリーなんですが(それ言っちゃ野暮ですね・笑)・・・でも、すごく楽しく見れました。アルダン素敵です!
ジマイマさん 4点(2004-10-25 15:56:42)
5.《ネタバレ》 ↓そうそう!私もオープニングで歩くアルダンにルンルンしてしまいます♪(【あまみ】さんに同じです、はじめまして~)。彼女が歩くもう1シーン(事務所前)も好きですぅ、女性なら絶対やるでー。犯人探しと恋愛がセットだし、とにかくわかりやすいのがとても嬉しかったです、片平さんとかたせさんはこの路線で成功したんでしょうか(【りく&あん】さんにも同感、こんにちは~)。ト’リ’フォー(←そう信じてきたの、すんません)監督、何とも楽しくて可愛らしい遺作ですよね(それも日曜日に亡くなったの? なら胸キュン~)、そう考えるとラストに現実味があってさらにジンとくるではないですか、、。最後の恋人にふさわしいアルダンの魅力に納得(ドヌーヴが負けたってことかな~。8人の女たち、よう撮らせてくれました。おフランス女優の器に乾杯!)。
かーすけさん 8点(2004-08-28 01:14:09)(良:1票)
4.ストーリーはそこそこ良かったかなという感じ。自分が大好きなジャン・ルイ・トランティニャンは何時もの静かな凄みは感じられなかったけれどもファニー・アルダンと二人でいい味が出ていて観終わった後味の良い小粋な作品だった。
JAPANESE. 551さん 6点(2004-03-06 09:02:13)
3.それなりに面白いんだけど、日本の2時間枠のサスペンスものみたいというのが正直な感想。モノクロが”恋愛もの”より”犯罪もの”をかんじさせてくれて良かったです。
R&Aさん 5点(2004-03-03 12:51:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 6.18点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
429.09%
5522.73%
6731.82%
7313.64%
8522.73%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS