キートンの鍛冶屋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キートンの鍛冶屋
 > (レビュー・クチコミ)

キートンの鍛冶屋

[キートンノカジヤ]
The Blacksmith
ビデオタイトル : バスター・キートン傑作集3
1922年【米】 上映時間:20分
平均点:5.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
コメディサイレントモノクロ映画ショート(短編映画)
新規登録(2003-10-10)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-05-18)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バスター・キートン
マルコム・セント・クレア
演出フレッド・ガブリー(テクニカル・ディレクター)
キャストバスター・キートン(男優)
ヴァージニア・フォックス(女優)
ジョー・ロバーツ(米・男優)(男優)
脚本マルコム・セント・クレア
バスター・キートン
製作ジョセフ・M・シェンク
配給フランス映画社
その他ジョセフ・M・シェンク(プレゼンター)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 木にもたれかかる、しかしデカい木だこと、服がふくれて筋肉があるように、針で「プス」っと、鍛冶屋、飯も作る、あーもったいない、熱々の馬蹄で足と尻を火傷、馬蹄は磁石になって吸い寄せる、消える工具たち、車輪も保安官バッヂも銃も、親父強えー、巨大な馬蹄で攻撃。

時計もダメになったら鞴、火の中に突っ込む、白馬に乗った貴婦人、色んな馬蹄、馬に直接言ってもしょうがない、足のサイズ、贅沢な馬、鏡、インクで真っ黒・馬も真っ黒になり模様のように、次々来るお客さん、鞍はどうした鞍は、梯子、それでいいのかアンタ。

車の修理、迷い込む子供、アイス、風船凄え、クソガキ、パチンコ、車がお釈迦に、だからインクが…あーあーーあーあー。

どんどん破壊されるスクラップと新車、エンジンは紐に吊るされ鉄槌に、逃げ支度の速さは異常、親方の帰還、帽子もビックリ、ブチギレ、親方!上から親方が!とどめの一撃、夫人の逆襲、四面楚歌、馬に引きずりまわされる、列車がー、馬に跳ねられる、ハンカチ、馬草、指輪、水、列車で脱出。

エンディングはキートンによるNG集?と思いきや…キートンみずから幕を下ろす。
すかあふえいすさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2016-08-28 01:12:50)
4.《ネタバレ》 この映画のメインは、車をハチャメチャに壊したりする様を楽しむところにあるのかもしれないですが、自分にとってはあまり面白いとは思えませんでした。
キートン自身が他人の物を壊したりするよりも、キートンが濡れ衣を着せられて追い掛け回されたり、間一髪であれよあれよと難を逃れたりする方が素直に楽しめるような気がします。
最初の方に出てきた馬の蹄をつけるシーンで、馬に鏡を見せて品定めをしてもらう時の馬の演技が可愛くて可笑しかったです。
もっつぁれらさん [映画館(字幕)] 5点(2010-12-17 23:45:55)
3.《ネタバレ》 車を壊しまくりの暴れまくり。
だけど、ちょっと物足りない。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 4点(2010-05-12 23:55:17)
2.《ネタバレ》 おい、キートン。仕事出来なさ過ぎでしょ。馬は汚すし、車は木っ端微塵になってしまうし...経営者ならこんなやつ雇わないね(笑)今回はエンディングが珍しく一ひねりある。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-10 21:11:36)
1.どーしよーもないキートンが巻き起こす騒動なんですが、今回は芸術性あるれる作品です。手についた油で馬や車にいろんな手形つけてたり上から人を落っことして車を派手に壊したり、風船の力で車を支えたりと、なかなかニヤリとさせるような展開が続きますが、ラストはもっとニヤリ。いつも唐突なハッピーエンドで終わるけど、その後にちょっとひねりがくわえられていたのがキートンらしさが出てるな~。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 7点(2006-11-16 13:01:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5240.00%
600.00%
7120.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS