タイ・カップのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タイ・カップ
 > (レビュー・クチコミ)

タイ・カップ

[タイカップ]
COBB
1995年【米】 上映時間:128分
平均点:5.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマスポーツもの伝記もの
新規登録(2003-10-13)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2006-02-10)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロン・シェルトン
助監督H・ゴードン・ブース
キャストトミー・リー・ジョーンズ(男優)
ロバート・ウール(男優)
ロリータ・ダヴィドヴィッチ(女優)
J・ケネス・キャンベル(男優)
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)
脚本ロン・シェルトン
音楽エリオット・ゴールデンサール
撮影ラッセル・ボイド
マーク・ヴァーゴ(第二班撮影監督)
製作デヴィッド・V・レスター
製作総指揮アーノン・ミルチャン
配給ワーナー・ブラザース
字幕翻訳林完治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》  タイ・カップがベーブ・ルースにも負けず劣らずの記録を残した伝説の選手でありながら、これまであまり語られることが無い理由を教えてくれる作品でしたね。まあ、トミー・リー・ジョーンズの演技が激しすぎて実際の姿が本当にそうだったのかどうかは疑わしい面もありますが、なんと言うか苦しい境遇から自分一人の力でのし上がってきたオヤジの頑固偏屈さと傍若無人さは確かに周囲から敬遠されてしまうかもしれませんね。ただ、その偏屈さの裏にある優しさや魅力も描かれていて、タイ・カップという人間への興味は深まりました。

TMさん [ビデオ(字幕)] 7点(2012-10-01 00:11:41)
7.《ネタバレ》 イチローが記録に迫った頃日本でも名前が出た往年の名選手。「球聖」とまで称される殿堂入り大スターでありながら葬儀に参列したのはたった3人というメジャーの黒歴史。そのへんに興味を引かれない人はおそらくレンタルショップで手にすることはない映画だ。実際のタイ・カッブが拳銃ぶっ放してゲハゲハ笑うトミー・リー・ジョーンズだったかというとおそらく違うだろう。記者役のロバート・ウールは印象的深い好演技。バットマン(1989)で見かけてずいぶんご活躍で、と思ったらそうでもなさげ。いい主演作品に恵まれていないようでもったいない。この映画にはヤマもオチも一応あるが、タイ・カッブに元から興味がなければイミがないというのが問題だ。人にはすすめにくい。
tubirdさん [ビデオ(字幕)] 5点(2010-05-04 19:51:02)
6.《ネタバレ》 エキセントリックで孤独な老人と若いスポーツライターの弥次喜多道中。
なかなかよかった。
近代野球の父といわれるカップ。
昔はカップ式なんていうグリップが太目のバットもあった。
「2割9分だ」「なぜ?」「72歳だからだ」
この会話がいい。男だね。
『フィールド・オブ・ドリームス』では嫌われ者だからさの一言で片付けられていたカップ。この映画はこの点で糞だ。愛がないネ。自分の嫌いな人間もどうしようもなく存在する。しかし、その人間が自分よりもいい人かもしれないという謙虚さがない。
まぁ、付き合いたくはないジジイだが…。
単なる批判だけでなく、この米野球史上の偉人を
愛情を持って、しかしいいことばかりも言わずに描いているところは好感が持てた。
自分勝手で、暴力的で、気に食わないと銃をぶっぱなすどうしようもないジイ様に付き合わされるスタンピー。しかし道中なんとなく友情も生まれ、お互いに認め合うようになっていく。この過程がなかなかにいいドラマでほろりとさせてくれる。
実際にはどんな人物だったのかそれは誰にもわからない。
しかし、批判のための批判みたいなくさすのが目的のようなお話ではつまらない。
映画はエンターテイメントだからだ。
嘘でもいいからいい話にするのがマナーってもんだ。
それから、昔風にカップと表記しているところもプラス評価。
アホをどりさん [地上波(字幕)] 7点(2006-06-19 22:46:14)
5.《ネタバレ》 通算打率367、生涯安打数4191、首位打者12回、もろちん殿堂入り。長いメジャーの歴史の中でもトップクラスのバットマンであり、球聖とまで呼ばれながら、アメリカの野球関係者が触れたがらないナイーブな存在であるタイ・カップを、どのようにして描くのか楽しみにしていたが、ノンフィクションとエンターテイメントを上手く使い分けていて好感が持てた。強度の差別主義者であることや数々の事件を起こしていたことにも触れていて(殺人を犯した可能性を示唆する場面も)、ミスキャストの感があり、スポーツ映画としてはイマイチなものの、本人自身が虚構で自分を覆っていたこともあって、実像がほとんど見えなかった球聖の一面を、苦労しながらも描けていたと評価する。
永遠さん 6点(2004-04-23 04:00:59)
4. トミーがミスキャストに思えて仕方なかった
ロイ・ニアリーさん 5点(2003-12-13 01:01:24)
3.本作は決して出来のいい映画ではない。売りのはずのトミー・リー・ジョーンズも強烈なカッブの個性を表現しようとしすぎ、いつも以上の演技過剰。眠くて仕方がないのに心地よい睡魔に身を任せることすら許してくれない。勘弁してくれ。とはいえ、本作では「取材」という形態を取ることで、伝記ものが陥りがちな主人公の美化に説得力をもたせようと努めている点は評価できる。
恭人さん 4点(2003-12-06 13:18:14)
2.すっごいオヤジでした。。。トミーおじさまの演技に8点!
junneisanさん 8点(2003-10-20 18:15:16)
1.なんか微妙な映画だがタイ・カップの偉大さ(異常さ?)は伝わりましたね。やっぱあれだけの成績を残したひとですから只者ではなかったみたいですね。
バカ王子さん 5点(2003-10-14 21:14:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.88点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
5337.50%
6112.50%
7225.00%
8112.50%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS