刑事コロンボ/殺人処方箋<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事コロンボ/殺人処方箋<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

刑事コロンボ/殺人処方箋<TVM>

[ケイジコロンボサツジンショホウセン]
Prescription: Murder
1968年【米】 上映時間:99分
平均点:7.11 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
サスペンスTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー刑事もの
新規登録(2003-10-19)【fujico】さん
タイトル情報更新(2021-06-04)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・アーヴィング
演出左近允洋(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD/NHK初放送版】)
伊達康将(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
キャストピーター・フォーク(男優)コロンボ
ジーン・バリー(男優)レイ・フレミング
キャサリン・ジャスティス(女優)ジョーン・ハドソン
ニナ・フォック(女優)キャロル・フレミング
ウィリアム・ウィンダム(男優)バート・ゴードン
アンドレア・キング(女優)シンシア・ゴードン
ヴァージニア・グレッグ(女優)ミス・ペトリー
クラーク・ホワット(男優)(ノンクレジット)医師
ドン・スチュワート(男優)(ノンクレジット) 航空機チケット係
スザンヌ・ベントン(女優)ブロンド女性
エナ・ハートマン(女優)看護師
ジム・クリーク(男優)(ノンクレジット)病院の警官
トム・ウィリアムス〔『刑事コロンボ/殺人処方箋<TVM>』出演〕(男優)(ノンクレジット)クリーニング屋
シェリー・ボーチャー(女優)客室乗務員
小池朝雄コロンボ(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD/NHK初放送版】)
銀河万丈コロンボ(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
若山弦蔵レイ・フレミング(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
麦人レイ・フレミング(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
高島雅羅ジョーン・ハドソン(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
谷育子キャロル・フレミング(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
寺島幹夫バート・ゴードン(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD/DVD追加録音/NHK初放送版】)
石丸博也トミー(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
藤本譲(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
谷口節(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
渡辺美佐〔声優〕看護婦(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
瑳川哲朗レイ・フレミング(日本語吹き替え版【NHK初放送版】)
徳丸完トミー(日本語吹き替え版【NHK初放送版】)
原作リチャード・レヴィンソン
ウィリアム・リンク
脚本ウィリアム・リンク
リチャード・レヴィンソン
音楽デイヴ・グルーシン
スタンリー・ウィルソン(音楽監督)
撮影レイ・レナハン
製作リチャード・アーヴィング
制作東北新社(日本語版制作【DVD追加録音】)
美術ラッセル・キンボール
ジェイムズ・レッド(セット美術)
ヘアメイクラリー・ジャーメイン
編集リチャード・G・レイ
録音ジェイムズ・T・ポーター
字幕翻訳岸田恵子
日本語翻訳額田やえ子(日本語吹き替え版【日本テレビ・DVD】)
岸田恵子(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
その他ロバート・ブロウアー〔編集〕(カラーコーディネーター)
あらすじ
「刑事コロンボ」シリーズ記念すべき第一作目。当時、ピーター・フォーク40歳。初の犯人はジーン・バリー扮する精神分析医レイ・フレミング。金目的で年上の妻キャロルと結婚した彼は、患者で大部屋女優のジョーンと愛人関係にあったが、キャロルは浮気を許さず、地位や財産を全て奪い取った上で離婚すると宣言する。フレミングはキャロルを絞殺、ジョーンと共謀して旅行先へ向かう飛行機の中にいたというアリバイを作る。数日後、旅行から彼が自宅に戻ると、部屋には葉巻をくわえレインコートを手にしたコロンボ警部がいた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.最初からシリーズのコンセプトが完成されている。素晴らしい。ラストの仕掛があまりにも狡いので1点マイナス。
代書屋さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-02-14 16:16:01)
43.ピーターフォークが若々しく、くたびれた感じが無くて颯爽としているが、一作目からコロンボのキャラがほぼ確立しているところはスゴイ。このシリーズは、コロンボのねちっこさと、犯人のしらばっくれぶりを楽しむものだと思っているが、そこは存分に満喫できる作品となっている。
すらりんさん [地上波(吹替)] 6点(2015-11-07 15:52:01)
42.《ネタバレ》 さすがコロンボ!
息詰まる攻防にドキドキしました。
結局犯人自体を追い詰めることができなくて、共犯の女から落としたのは、ちょいと残念でしたが、まぁ鮮やかでした。
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 8点(2015-03-08 02:21:29)
41.《ネタバレ》 「刑事コロンボ」の第一話で、ほかの作品と違ってサブタイトルと同名の舞台劇をドラマ化したもの。いちばん最初とあってまだコロンボのキャラクターはそこまで確立されておらず、風貌も演じるピーター・フォークが若いせいもあってか、少しイケメンなおじさんという感じで、髪形もきっちりとしていて、なによりいつも着ているコートのほかに普通に背広姿でいるシーンがけっこう多かったのには驚いた。(初登場シーンも背広姿だし。)でも、初作である本作からコロンボのしつこさはよく出ていて、細かいところに気がついて犯人を追及し、翻弄していくキャラクターは本作で既に確立されており、対する今回の犯人である精神分析医や事実上の共犯者であるその愛人のキャラクターもしっかりと描かれている。とくに犯人の愛人で、患者でもある女優は冒頭からいかにも気弱で不安そうに描かれていて、見ている自分にも気弱な部分があるからか、コロンボのような刑事にこれだけ追及されたら自分だったら自殺してしまうだろうと思いながら見ていたものだから、ラストのコロンボの仕掛けには見事にこちらもハマってしまった。シリーズこの後の作品と違ってやや真面目になりすぎていて、このままシリーズ化していたらそこまで長くもたなかったかもしれない(この次の「死者の身代金」ではこのあたりがだいぶ改善されている。)が、こんなコロンボもいいなあと思える作品だった。オープニング映像がカッコいいのも印象に残る。
イニシャルKさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-04-15 18:03:06)
40.《ネタバレ》 刑事コロンボシリーズの最大の魅力はキャラクター。
第一作目からコロンボと冷徹な犯人のキャラがしっかりと描かれていた。
本作の犯行自体は特筆すべきことはないものの、コロンボの仕掛けたワナに小憎たらしい精神分析医がやりこめられるカタルシスがある。
フレミンゴがラストで手の内をペラペラばらすのが決め手になるのは若干物足りないが、自信過剰で傲慢な人物が勝ち誇った言動なので無理筋に見えないようにはなっている。
フレミングが帰宅したときに一度も夫人の名を呼ばなかったこと、旅行の行き帰りでトランクの重量が違ったことなど、細かいところに気づいてチクリチクリと追及する持ち味のしつこさも出ている。

このパイロット版が3年後にシリーズ化される際には、局側からフィードバックされたそうだがその指摘の内容に呆れる。
「初めから犯人がわかってしまうのでサスペンス効果がない」「コロンボの登場が遅すぎる」「シリーズにするにはコロンボの他に部下のレギュラーが必要」「会話が多くてテンポが悪いので、アクションシーンを増やし緊張感を出す」「登場しないカミさんというアイデアはおもしろくない」――どれも刑事コロンボならではの特長で、これがあるから面白いのに。
ということは、本作がいかに今までの「常識」の枠を超えていたかということだろう。
共同執筆したリチャード・レヴィンソンとウイリアム・リンクのコンビが、自分たちの作品を守るために局の要請を退けてシリーズでも自分たちでプロデュースを兼ねた。
生みの親である二人の英断に感謝したい。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2013-10-12 22:32:59)(良:1票)
39.《ネタバレ》 「本当に悩んでいるんですよ。どこかこう、おかしいに違いないんです。とにかく人様をイライラさせたり、怒らせたりしましてね」。一連のシリーズを、コロンボのこの”病状”の物語ととらえるとまた新しい味わいが生まれます。
なたねさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2013-10-10 14:17:34)
38.途中まではちゃんとした刑事ドラマであり、コロンボのキャラに頼らないしっかりとした作りであったが、最後の犯人に対する罠が強引すぎる。
RForestさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-06-14 16:58:32)
37.《ネタバレ》 最初に犯人の側から描いてますよね。つまり主人公は犯人であり、その罪を暴くコロンボを悪役として見ると、面白いです。コロンボというのはしつこいし、思わせぶりばかり言って相手をイライラさせるし、敵が弱いとみると恫喝して自供させようとするしと、まったくもって嫌な刑事ですね。「悪役」としては、そこが魅力的なわけですが。
で、犯人から本作を見ると、予期せぬ出来事が次々と起こる。ホント、やり過ぎだろうってぐらいアクシデント続発で、そこをどう誤魔化してどう切り抜けるかが、本作の見どころでしょう。だから犯人の身になって、ギョッとしたりハラハラしたりするのが楽しいかも。あるいは第三者として、そのあせり具合をニヤニヤしながら眺めるか。それはお好み次第ですね。
犯人のキャラクターとしては、フレミング先生は知的・理性的でよくある人物ですが、共犯のハドソンさんが興味深い。犯行前夜にいきなり「会いたい」と電話したり、その夜は数時間しか眠れなかったり、言いつけを守らずフレミング先生が帰ってきたら速攻電話をかけたりと、気が弱くて神経質そう。精神分析医にもかかっていますし。そういう描写が続いて、「警察に追い込まれたら自殺してしまいそう」な人物像が描かれています。それでフレミング先生だけでなく、見ているこちらもコロンボの罠に引っかかってしまうという寸法。うまく考えてあります。
本作の欠点としては、ユーモアに欠けることでしょうか。犯罪という反道徳的な行為をエンタテインメントに昇華するためには、触媒としてユーモアが不可欠だというのが私の持論なので、その点不満が残ります。ヴァン・ダインやエラリイ・クイーンといった先達と同じ轍を踏んでいるので、やはりアメリカンなミステリーかと思いますが、ユーモアがなくてもこちらをグイグイと引きつけるのはおみごと。さすがはリンク&レヴィンソンです。改めて見直して、ここまで面白いとは思いませんでした。まさに一級品の、スマートでハイブラウなエンタテインメント。十分に楽しめた自分も、頭がいいのではと誤解してしまいそう(笑)
アングロファイルさん [DVD(字幕)] 9点(2013-01-08 19:58:35)
36.他の刑事コロンボと違って若い! それもそのはず第1作、後の老練な手法と違ってずいぶん強引で直線的。対する犯人のレイ・フレミング博士が完璧なほど落ち着き払っている。そうなると弱点は・・・となるのはやむを得ない所か。思いこみという心理作戦を逆手にとるのは鮮やか。
ESPERANZAさん [DVD(吹替)] 6点(2012-05-20 11:50:25)
35.コロンボの独特のキャラ、ラストの仕掛けといい、この1作目からスタイルは完全に確立。
コロンボが犯人を疑うきっかけがちょっと弱いのと、ラストが多少強引かなという感もあるが、
犯人との心理戦はたっぷり楽しめる。コロンボの入門編としても、手頃な作品かと。
MAHITOさん [DVD(吹替)] 6点(2012-05-10 01:53:41)
34.《ネタバレ》 犯人のトリックやコロンボのはめ方は、いい味出してるんですけどね。
途中で、何の確証もない女性に迫る強引さがちょっといやだなあ。
考えてみれば、殺人犯の共犯なんですが、ルックスいい女優さんが演じ照るからと言って、可哀そうになるのも馬鹿な話で。(逆に、年上妻にまったく同情感じないのは、自分ながら人間としてどうよと)
rhforeverさん [DVD(吹替)] 6点(2012-03-19 15:20:43)
33.《ネタバレ》 コロンボを、初めて吹き替えではなく、字幕で見ました。コロンボの印象もずいぶんかわりますねぇ。コロンボ第一作目ということで、本格推理ドラマというイメージが強く、笑いを誘うシーンはなかったですね。気になったのは、誰が奥さんを発見して病院に運んだのか、という点。また、最後は愛人と組んでフレミングを引っ掛ける、というオチ、あれは納得できません。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-09-17 00:29:50)
32.《ネタバレ》 犯人に高い知性が感じられない。いつもおどおど、いらいら。こんな犯人なら捜査はラクだ。脚本も穴が多い。
・犯人は奥さんが死んだのを確認しない。初歩の初歩でしょうよ。それに背後から絞殺というのも解せない。
・遺体は翌日メイドが発見したはず。重要参考人なのに全く登場しない。
・愛人と打ち合わせをしてあるにも関わらず、前日のパーティの夜に愛人の家に密会するのは合点がいかない。電話の記録を調べられれば愛人関係がばればれ。
・犯人は奥さんにいきなり翌日の海外旅行を持ち出すが、普通は簡単に承諾するとは思えない。もっと計画的にしなさい。
・妻が自宅で殺されたとしたら、先ずは夫が疑われる。離婚話が出ていたのならなおさら。通り魔の仕業と思われる犯行場所を選びなさい。
・想定の犯人の侵入口はどこから?高層マンションだよね。
・殺人未遂事件なのに、殺人課の刑事が調べてる。
・コロンボは犯人が旅行から家に帰ったときに無言だったのが不審と主張するが、不審とは思えない。それをいうなら一度も電話してないことを指摘すべきだろう。喧嘩していても、いつ帰るかぐらいは電話する。
・飛行機の喧嘩によるアリバイ作りだけど、愛人が若すぎてバレバレでしょ。スチュワーデスに何歳くらいでしたかと聞けばすぐわかる。それにパスポートの写真と会わないはず。監視カメラもあると思うけど。それに奥さんは友人に旅行をとても楽しみにしていると話しているので、喧嘩別れは整合がとれない。
・宝石や銀の燭台を大量に持ち出しているけど、入国検査でひっかかるのでは?宝石は捨てずに燭台は売ればよかった。別のものを盗品申告すればバレないのだから。
・愛人は大部屋女優なのに高台の豪華な一軒家に住んでる。
・俺が犯人だと名乗り出た男の取り調べに、真犯人が同席するのはどうしてもおかしい。
・最後の告白だけど。犯人が「愛人のことを愛していた」と言ったらどうなった?コロンボがそこまで読んでたのかな。それに警察と愛人が死んだ芝居をするなんて、違法捜査でしょ。それに犯人が現地にいかなければどうしたの?ワナとしてはうまくない。警察がそんなことしちゃだめでしょ。推理で勝負すべき。
よしのぶさん [DVD(吹替)] 6点(2011-04-16 13:20:59)
31.若すぎるピーター・フォークと、腹黒く野卑な印象のコロンボの設定、吹き替えのタドタドしさなどに「なんか、観る作品間違えちゃったか?」と思ってしまった。まるで「本陣殺人事件」の中尾彬・金田一を初めて観た時のような違和感でしたね。

ロールシャッハテストのようなカッコいいオープニング映像と、随所に敷かれたしつこい位のミスディレクションに、品の良い遊び心を感じました。
aksweetさん [DVD(吹替)] 7点(2010-12-28 01:14:35)
30.《ネタバレ》 うーむ、これが第一作ですか。若いし、髪もキッチリしてはいるけれども、既にコロンボのキャラは確立されていたのですね。ズル賢い妖精って・・・、笑える例えだなぁ。カミさんや親戚のハナシをし、ペンを探し、葉巻に火をつけて、相手をイラつかせる。大体、腎臓の形したテーブルって、、、どんな? これが一番笑ってしまいました。それにしても、妻を殺しちゃう人でなし男なんかに何で本気でハマるかね? コロンボ作品の女性の描き方には結構不満があったんだけれど、いきなりこんなアーパー女が共犯だったのなら、なるほどね、って感じです。警部の言ったとおり「たった一つのミス」でした。権威の精神科医ともあろうお方が、そんな先行きも見通せなくて良いんでしょうか。人はイメージでモノを見ると自分で使ったテをまんまとにっくきコロンボに逆に使われ、ムカついただろうなぁ、この犯人。それにさぁ、ジョーンが手袋忘れちゃったのだって、当たり前なんだよ。アンタが出かける直前に急に渡したんだから。・・・とは言っても、ジョーン以外の要素は完全犯罪と言ってよく、この犯人はかなり頑張ったわけです。しかし、それを上回る警部のしつこさ、しぶとさ。あっという間の100分でした。
すねこすりさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2010-07-10 00:16:26)
29.コロンボシリーズ記念すべき第一作、タイトルからもうわくわくしてしまいます。髪にちゃんとポマードつけてる警部、ペンを持たない警部、しつこい警部、怖い警部、、、いちいちツボです。見ごたえありました、コロンボシリーズはどの作からみてもはまる人ははまりますね。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-07-09 10:51:10)
28.数あるエピソードの中でも、これをまず薦めたい!「エイモス・バーク」のジーン・バリー相手にピーター・フォークのコロンボ刑事の記念すべき初回作品でもありますがTV映画といえども、馬鹿にできないほど良くできたシリーズ最高傑作と思います。
白い男さん [地上波(吹替)] 9点(2010-07-08 21:54:00)(良:1票)
27.やっとご縁あってDVDを購入し鑑賞 お~これが記念すべき第1作か~と感慨深い(?)気持ちで観ておりましたが、、、コロンボ出た!若いなぁ(当たり前だけど)、、、「お?」「おおー」「おおおおぉ!!」とラストまで一気に観てしまった・・・1作目からこんなにスゴイとは、正直油断してました(笑) いや~コロンボファンならマジ必見でアリマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 9点(2010-06-09 18:58:08)(良:1票)
26. 映画一本分の価値ある作品と断言します。
 犯行動機、殺人計画、アリバイ、全て完璧です。
 さすがにシリーズ化を考えて作ったものではないらしく、コロンボのキャラも少し違って見えます。全体的に人物像のカラーが黒いです。
 最後の最後までコロンボは、犯人のちょっとした仕草だけで推理していきますが、決定的なな証拠が見つかりません。
 第一話の殺人犯がコロンボ?になりそうな展開は「え?!」って思いましたが、人間の本性と嘘をさらけ出していく流れ。それがラストへ繋がっていく面白さが、このドラマをシリーズ化させた要因ではないでしょうか?
 「刑事コロンボ」ファン必見の作品です。
 因みに犯人の吹き替えが「007」シリーズのショーン・コネリーの声優さんなのが面白いです。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 10点(2010-04-23 00:56:38)
25.《ネタバレ》 若さ故か、とげとげしさばかりが感じられる警部に違和感がありました。見事な犯人ですが同じ気質を持っていない共犯者はさっさと始末しなければいけません。案の定、そこを責められてお縄になってしまったのが物足りませんでした。シリーズの魅力である警部の反則ワザ、これにもとげとげしさを感じました。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-06 04:53:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 7.11点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
524.55%
61022.73%
71943.18%
8818.18%
949.09%
1012.27%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS