Menu
 >
 >
 > ハーモニーベイの夜明け

ハーモニーベイの夜明け

Instinct
1999年【米】 上映時間:124分
平均点: / 10(Review 30人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス
[ハーモニーベイノヨアケ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-03-23)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・タートルトーブ
助監督ギャレス・ストーヴァー(第二班監督[ノンクレジット])
キャストアンソニー・ホプキンス(男優)イーサン・パウエル
キューバ・グッディング・Jr(男優)テオ・コールダー
ドナルド・サザーランド(男優)ベン・ヒラード
モーラ・ティアニー(女優)リン・パウエル
ジョージ・ズンザ(男優)
ジョン・アシュトン(男優)ダックス
レックス・リン(男優)
青野武イーサン・パウエル(日本語吹き替え版)
小山力也テオ・コールダー(日本語吹き替え版)
日野由利加リン・パウエル(日本語吹き替え版)
後藤哲夫(日本語吹き替え版)
佐々木梅治(日本語吹き替え版)
天田益男(日本語吹き替え版)
田中正彦(日本語吹き替え版)
大黒和広(日本語吹き替え版)
柳沢栄治(日本語吹き替え版)
原作ジェラルド・ディペゴ(原案)
脚本ジェラルド・ディペゴ
音楽ダニー・エルフマン
撮影フィリップ・ルースロ
製作ハント・ロウリー(ノンクレジット)
製作総指揮ウォルフガング・ペーターゼン
ゲイル・カッツ
配給東宝東和
特撮ドリーム・クエスト・イメージズ(視覚効果)
美術クリス・コーンウェル
ギャレス・ストーヴァー(プロダクション・デザイン)
編集リチャード・フランシス=ブルース
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.《ネタバレ》  『愛は霧のかなたに』+『ショーシャンクの空に』+『ハンニバル』+『告発』÷10くらいの作品。
 どれも何かの作品で見たようなシーンと小ネタばかり。
 ですが面白い。
 それはひとえにアンソニー・ホプキンスとキューバ・グッティングJrという二人の俳優の魅力によるところが大きい。
 ストーリーそっちのけで、二人のやりとりを見ているだけで面白い。
 物語も最初はひきつけられるものがあります。
 それは、映画がミステリーに満ちているからでしょう。
 『なぜパウエル博士は人を殺したのか。』『何故一言も言葉を発しないのか。』『いったいアフリカで何が起こったのか。』大変興味をそそられます。
 その解答そのものは、残念ながら予想の範疇を超えるものではありません。ですが、解答の〝見せ方〟は実に上手いと思います。
 特に、初めのゴリラが撃たれるシーンはなかなか衝撃的です。
 衝撃的ですが、やはり答えがわかってしまうと、この作品の骨子であるミステリー性がなくなります。
 それから先はこの映画の〝落としどころ〟ですが、これがただの脱獄じゃあなんかスッキリしません。
 もしアフリカのゴリラを襲った部隊の行為が国際的に違法性のあるもであるならば、もっと別のアクションを起こす展開を見せてほしかった。
 諸悪の根源はゴリラを無差別に襲った人々。なのにまるで刑務所が〝悪〟であるかのように、憎むべき対象がシフトしてしまっています。
 演出は感動的にしようとしているのに、肝心のストーリーに説得力がないのが残念です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-29 02:30:19)
29.ホプキンスが出した質問に対する第3の回答とか、本来はなかなか示唆的な話だとは思うのだが、肝心の映画としての内容が、大事なところは全部どこかからのパクリじゃん!いや、ここまで分かりやすすぎだと、逆にけなす気力もなくなってしまいます。制作者は、作っててこれはやばいんじゃないかと思わなかったんでしょうか。ジャングル走り回りで格闘シーンも頑張ったホプキンスに4点。
Oliasさん [地上波(字幕)] 4点(2007-10-15 00:47:16)
28.《ネタバレ》 よかったです。アンソニー・ホプキンスは異常者的な役をやらせるとやっぱすごいっす。レクター博士の印象が強いけど同じような感じかなぁ?どことなく他の映画からネタを(ドイツ映画みたいに)パクってるますねぇ。終わり方も「羊たちの沈黙」みたいな。脱走の仕方がすごい古典的ねー、曖昧すぎだよね、全く。キューバ・グッディング・Jrとホプキンスの演技は意外に見ごたえありました。さりげなくドナルド・サザーランドが出てたけど今回は印象薄かったなぁ~(笑)ってか一番気になったのが邦題に入ってる「ハーモニーベイ」が一番印象が薄かったんですけど。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 6点(2005-10-19 19:29:15)
27.題材はすごくいいし、実際面白いんだけれど、登場人物がみんな自分勝手すぎると思う。刑務所のシステムやら、表面的な部分は変わったかもしれないけれど、根本的なとこは何も変わってない。テオに変化があったようには見えないし、イーサンも結局自分の主張をつらぬいて終わった感じ。2時間余りがものすごく長く感じた。
トナカイさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-05-01 22:14:59)
26.もののけおじさんの沈黙。でも、てゆーかだから10点あげちゃう!だって好きなのよ、こうゆうのアタシ。
ちゃかさん 10点(2005-03-06 16:11:19)(笑:1票)
25.見方によっては深いテーマを扱っていると思うが、はっきり言ってあまり面白くはない。
特に終盤は嫌が応にもショーシャンクの想像してしまうし、見終わった後、このタイトルを付けた理由もなんとなく分かります。
冒頭のグッディングjrの写真を使ったやり取りの分かりづらさから嫌な予感がしたのだが、この監督は演出が上手くないような気がする。
出世しか頭になかったテオ、父親への愛僧が込められた複雑な想いを抱えるリン。
そして安らぎと調和の取れた生活やゴリラの家族を奪われて、「奪う者」を導いた責任の重さから自分と人間(「奪う者」)に対する怒りを抱えるイーサン。
三人の心の動きや変化、そして出会いによってどのように変わったか等、いかようにも面白くかつ感動させることができる舞台が揃っているのにそれが上手く演出がされていないと感じる。
テオは確かにマジックミラーに余裕で合図したり、「(イーサンの)心を開かせてやる」と自身満々で語っていたりしたが、受刑者に平等を与える等、元々の根が最初から真面目過ぎていて、どうにも成長や変化が感じられない。
リンは「なぜ(私ではなく)あなただけに話すの?」とテオに最初の頃は語っていたが、もっと父親への憎しみや愛情を表に出すべきではなかったか。
イーサンが持ち続けた写真への繋がりからいって大事な部分だと思う。
イーサンを演じたホプキンスの演技は評価されても良い、かなり素晴らしい出来だったと思う。
しかし、テオは「イーサンによって人生や生き方を教えられた」と言っていたが、果たしてイーサンの生き方から、この文明社会を生きるために必要な何かを教えられたことはあっただろうか。
むしろ「自由は夢ではない」と教えてくれたテオの言葉の方がより重みはあった気がする。
本当に悪くないテーマだけに勿体無いという想いを感じさせる映画だ。
六本木ソルジャーさん 5点(2005-03-06 03:26:08)(良:1票)
24.文明批判・人間回帰など狙ったテーマは微妙に外している印象で感動作を狙った意図が見えすぎる。ダイヤのエースの褒美の意味と娘との確執の理由が分からない。「トランプはなし、誰もが平等だ」の言葉を始めとして底の浅いエピソードをつないで都合よく物語を進めてしまい主役二人の熱演を無駄にしているのが残念。
WEB職人さん 3点(2005-02-06 14:46:57)
23.『ショーシャンクの空に』+『デッドマン・ウォーキング』+『羊たちの沈黙』×「動物奇想天外」=ハイ、3分で出来上がり~!みんな食べる準備は出来たか?いただきまーーす(?)・・・上記の文を見てもらえば分かるように、コノ映画はパクリ満載なうえ個性がゼロの極悪極まりない刑務所映画です。脱獄方法もアナログすぎて、かなりアホだなあと思いました。とにかく観てられません!高い評価もし難いです。とはいえアンソニー・ホプキンスの男泣きが見れたことには俺は満足だね。あの怖いおっさんが「うぇーーーーん」っとワンワン泣くとは意外でしたねえ~うっしし。≪鬼の目にも涙、レクターの目にも涙≫・・・イイモノ見せてもらいました。ここを評価しちゃおうかな?あと黒人の俳優さんも良かったね・・・力強い目にヤラレチャイました。
ピルグリムさん 5点(2005-01-29 21:57:01)
22.期待をし過ぎていたせいか少し物足りなさを感じました。でも良かったと思いますよ。
ジョー大泉さん 6点(2005-01-24 09:42:27)
21.《ネタバレ》 ゴリラが博士を助けようとして殺されるところがかわいそうで一番印象に残りました。人間は独占欲を捨てなければ平和は訪れないということでしょうか。アンソニー・ホプキンスの存在感のある演技には圧倒されましたが、内容的には理解できないところもあって今一歩って感じでした。
ぽじっこさん 6点(2005-01-09 17:30:56)
20.緊張と弛緩を巧みにぶつけてくるアンソニー・ホプキンスの演技が素晴らしかったです。内容に関しては、感動させよう、させよう、という製作者側の意図が見え見え…に感じてしまう部分が少なくなかったような。
ぷっきぃさん 6点(2004-11-29 04:08:47)
19.ショーシャンクや、グリーンマイルのようなものを期待したんだけど、期待が高すぎました。ホプキンスの演技は良かったんだけどね。
tantanさん 6点(2004-01-14 15:44:13)
18.なかなかよかったです。始まってから30分以上、アンソニーホプキンスのセリフはありません。なのにやっぱりすごい存在感です。この役はショーンコネリーでもできそうな気がした。毛の長さとひげが似てただけ?(笑)どんな内容か知らずに見たので、オープニングでゴリラが映って何でかなーと思ったけど、動物を大切にしようって映画だったんですね。密猟のシーンは泣けます。愚かな人間に対して。
mamikさん 8点(2003-12-19 15:32:01)
17.劇中精神を病んでいる人が何人も出てくるのが、見ていて少し辛かったです。人類に対する批判的メッセージを強く感じたのが印象的です。結局博士は最後には森へ帰ってしまい、これで良かったのか?と、とても余韻の残る、言い換えれば少し物足りなさの残る作品でした。
プミポンさん 4点(2003-12-15 01:05:09)
16.ホプキンスはいい演技してたと思うけど、ゴリラとふれあうシーンはなぜか笑えた。
あろえりーなさん 5点(2003-11-28 00:47:19)
15.《ネタバレ》 主人公のおじいさんとゴリラの共同生活が良かった。あのゴリラはホンモノではないですよね?いやぁ、よくできたゴリラだなぁ。ホンモノそっくり。ゴリラが撃たれてしまうのはかわいそうだった。最後はやはりおじいさんはゴリラとの共同生活に戻ったのかな?良い作品でした。
スマイルさん 7点(2003-11-27 13:54:39)
14.大いに期待してたんだけど、ふつ~の映画だったな
ディーゼルさん 5点(2003-10-23 21:20:23)
13.キューバ・グッティングJrはこういう人間的に成長する役やらせると上手いなぁ。アンソニーは…解り過ぎたキャスティングでストーリーの意外性がなくなっちゃったような。
桃子さん 6点(2003-10-01 18:56:57)
12.ラストは印象に残りましたが・・・。
sirou92さん 3点(2003-08-09 03:01:33)
11.《ネタバレ》 個人的にタートルトーブ監督作品はどれも好きです。それでこの作品も見てみたのですが、感動しました。二時間ちょっとがあっという間に感じました。ただ、やっぱりどなたかが書かれていましたが、「ショーシャンク」と重なってしまうシーンはありました。特にキューバ.G.Jが雨に打たれながら手を広げるシーン・・・あれで一瞬興ざめはしてしまいました。あそこがまた別の描き方だとまだ良かったのですが。。でも、それまでは雨に濡れるのを嫌がっていたのに、心の中での変化を表現しているとは思いますが。。そんなわけで、惜しくもマイナス一点です。ゴリラのシーンも心打たれました。密猟者のシーン・・涙が出てしまいました。それまでに見せるゴリラの愛情、可愛い赤ちゃんと「うちの子に何すんのよっ」っていうお母さんのほのぼのとした光景、(ゴリラの赤ちゃんが博士の顔で遊ぶシーンがありましたが、あれって人間の赤ちゃんもよくやるんです。)それが打って変わって狂気の世界へ。そして家族の一員だからと危険を顧みず博士を助けようとして殺されてしまったゴリラ・・・。とても考えさせられるものがありました。何度でも見たい作品です。
ジェイムズさん 9点(2003-07-15 05:02:08)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 6.03点
000.00%
100.00%
200.00%
326.67%
4310.00%
5620.00%
61033.33%
7413.33%
826.67%
913.33%
1026.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS