Menu
 >
 >
 > インサイダー

インサイダー

The Insider
1999年【米】 上映時間:158分
平均点: / 10(Review 188人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス実話もの
[インサイダー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-01-22)【ESPERANZA】さん
公開開始日(2000-05-27
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・マン
助監督マイケル・ワックスマン(第1助監督)
演出ジョエル・クレイマースタント・コーディネーター(ノンクレジット)
キャストアル・パチーノ(男優)ローウェル・バーグマン
ラッセル・クロウ(男優)ジェフリー・ワイガンド
クリストファー・プラマー(男優)マイク・ウォレス
ダイアン・ヴェノーラ(女優)ライアン・ワイガンド
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)ドン・ヒューイット
リンゼイ・クローズ(女優)シャロン・ティラー
デビ・メイザー(女優)デビー・デ・ルカ
スティーヴン・トボロウスキー(男優)エリック・クラスター
コルム・フィオール(男優)リチャード・ スクラグス
ブルース・マッギル(男優)ロン・モトリー
ジーナ・ガーション(女優)ヘレン
マイケル・ガンボン(男優)トーマス・サンドファー
リップ・トーン(男優)ジョン・スキャンロン
ハリー・ケイト・アイゼンバーグ(女優)バーバラ・ワイガンド
ピート・ハミル(男優)NYタイムズ紙の記者
ウィングス・ハウザー(男優)タバコ会社の弁護士
クリフ・カーティス(男優)ファドララ
ロジャー・バート(男優)「シールバッハ・ホテル」のマネージャー
ダグラス・マクグラス(男優)私立探偵
ブレッキン・メイヤー(男優)シャロン・ティラーの息子
小川真司〔声優・男優〕ローウェル・バーグマン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
てらそままさきジェフリー・ワイガンド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林清志マイク・ウォレス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山像かおりライアン・ワイガンド(日本語吹き替え版【VHS/DVD/機内上映】)
村松康雄ドン・ヒューイット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
磯辺万沙子シャロン・ティラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
菅生隆之ローウェル・バーグマン(日本語吹き替え版【機内上映】)
大塚芳忠ジェフリー・ワイガンド(日本語吹き替え版【機内上映】)
有本欽隆マイク・ウォレス(日本語吹き替え版【機内上映】)
塚田正昭ドン・ヒューイット(日本語吹き替え版【機内上映】)
沢田敏子シャロン・ティラー(日本語吹き替え版【機内上映】)
伊藤和晃エリック(日本語吹き替え版【機内上映】)
脚本マイケル・マン
エリック・ロス
音楽リサ・ジェラード
グレーム・レヴェル(追加音楽)
編曲ティム・シモネック
撮影マイケル・マン(カメラ・オペレーター/ノンクレジット)
ダンテ・スピノッティ
ジェームズ・ミューロー(カメラ・オペレーター)
製作マイケル・マン
ガスマノ・セサレッティ(製作補)
マイケル・ワックスマン(共同製作)
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮ピーター・ジャン・ブルージ
配給東宝東和
特殊メイクグレッグ・キャノン
キース・ヴァンダーラーン(ノンクレジット)
特撮ドリーム・クエスト・イメージズ(plate photography)
シネサイト社(ノンクレジット)
美術ブライアン・モリス[美術](プロダクション・デザイン)
衣装アンナ・B・シェパード
ヘアメイクジョン・キャグリオーネ・Jr
編集ポール・ルベル
デヴィッド・ローゼンブルーム
ウィリアム・ゴールデンバーグ
録音ダグ・ヘンフィル
アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳松浦美奈
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
188.《ネタバレ》 何があっても最後まで「約束は守る」気迫を見せつけるバーグマンをアル・パチーノが何時も通りに魅せてくれる。善と正義感がもたらす現実との間で揺れ動く心模様をさらけ出すワイガンドをラッセル・クロウが劣らぬ存在感で示す。作品に重厚感をもたらしたマイク・ウォレスを演ずるクリストファー・プラマーは「インサイダー以降良い脚本が回ってくるようになった」と語るのが納得させられる絶品ぶり。男達の物語の中で、ワイガンドの妻はメソメソと参って去って行き、バーグマンの妻は「先を見通して行動するのよ」と励ます。男女であっても男同士であっても相手が直面している窮地を共に乗り越えて行く意志の有る無しがパートナーの真偽を示している印象深いシーンだった。実話という事に、遣る瀬無い思いと、作品を世に送り出すアメリカの底力を感じた。アッという間の158分を堪能しました。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 9点(2017-08-21 11:55:49)
187.重そうなテーマで長尺だがこの俳優達の戦い、演技を極限に出すためと考えれば妥当な案配。
今となっては何でもこなすインテリ役のクロウ、デカやマフィアでなくとも輝きを放つ熱い報道記者のアルパチーノ。このベストキャストに圧倒される。
この2人あってからこそだが、社会派サスペンスとして傑作。
UFC196.さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-03-27 12:52:49)
186.なかなか考えさせられる映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-02 01:10:21)
185.不正を隠蔽しようとする大企業に挑む社会派のドラマ。
内部告発者の信頼を裏切らずにプロの仕事に徹するアル・パチーノが渋い。
時間が長いのでもっとコンパクトにまとめたほうがいい。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 5点(2014-04-20 20:29:01)
184.重厚で堅実。
Kさん [DVD(吹替)] 6点(2013-12-29 09:13:52)
183.個人的に好きなのは、冒頭でアルパチーノがラッセルクロウに取材依頼のため連絡を取るところ。ろくに話もできずに断られても、パチーノは全く戸惑うことも躊躇することもなく次の行動に移る。地味なシーンではあるけれど、主人公の経験豊かなプロデッショナルっぷりが見ていて気持ちがいい。ただ雰囲気だけで「彼はベテランのプロなんですよ」となんとなく説明してしまう映画とは違う感じがする。そしてこのシーンでの2人のキャッチボールが、巨大なスケールに発展していく最初の一投目だと思うと、かなりゾクゾクする。この瞬間から、2人のキャッチボールはリレーを重ね、より間隔は広がり豪速球になっていく。そしていかに相手のボールをキャッチするか、信頼を勝ち取るかが見所。投げるとき以上にキャッチする瞬間にしびれる!にわかプロが一人でブイブイ言わせてる映画とはやっぱり違うと思う。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 8点(2013-06-01 03:37:46)
182.自分はこの映画の男達のように全てを失い、なお圧力を掛けられている状態で巨大な権力に立ち向かう事ができるのだろうか・・・正直言って自分には無理だと思う。家族や地位、名声を失ってもなお闘い続ける事に意義を見出せないからだ。大多数の人間がそうだと思うが彼らは違った。自分の信念に忠実に勇気を武器に立ち向かった。結果がどうであれ行動する事に意味があるんだよと教えられた気がする。1人の男として尊敬するしカッコいいと思った。素晴らしい映画をありがとう。
キリンさん [DVD(字幕)] 9点(2013-01-12 20:44:02)
181.-中盤から物語に追えなかった。がワイガンドのインタビュー映像が後半にいくにつれ説得力を持っていく。特に2人が窮地に立たされた後に放映されるワイガンド=ラッセル・クロウ・インタビューの表情は、バークマンを信頼しながらも、守秘義務を破る葛藤、この物語を象徴する顔になっている。当時の世論の状況は知らないが、例えユナボマー事件がなくても3000万人もの人が興味を持つようなスクープではなかっただろう。世間の感心は常に分かりやすい物に集中され、重大さを持つ分かりにくい報道ほど人は感心を持たないのだ。
カップリさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-12-26 15:50:55)
180.《ネタバレ》 60minutes好きとしては外せない手堅さ。ワイガンドの不安定さとバーグマンの安定さの対比が光っている。
さん [DVD(字幕)] 9点(2011-10-07 22:58:27)
179.大企業の告発と巨大産業の圧力、ロビーイングが必要以上に多大な影響力を持つアメリカではどこにでもある話だが、この映画のインパクトと言えばなんと言っても実名ということ。事実だろ文句言ってみろという挑発的な実名のリアリティと濃厚なサスペンスと次々と立場が逆転する駆け引き。個人的に類似性を感じた傑作に13デイズがあるが、確かに傑作だが歴史をなでただけの13デイズよりこの作品が深いのは、バーグマンの行動原理だったジャーナリストの誇りが「映画人の誇り」としてここにあることだ。描けないものを描き、その上ここまでサスペンスとして楽しめる傑作に仕上げた関係者に賛美を送りたい
Arufuさん [DVD(字幕)] 10点(2011-06-10 17:40:11)
178.地味だがいい映画です。が、もう一度観ようという気にはならないか。
主役の二人が名演なのは言うまでもないですが、それにしても地味。
離婚したら子供は安全なのか??いろいろあってもいい教師でしたって、
もひとつよくわからんとこもあって、この点。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-11 01:50:07)
177.濃密な社会派サスペンス。タバコ販売大企業の告発モノ。面白いんだが、この地味な内容で2時間半超えは長すぎる・・・。やっぱ社会派は見るの疲れるなー。マイケル・マンはやっぱ苦手かも。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-25 23:01:35)
176.タバコの利害を巡っての個人と企業との闘い。サスペンス、男の友情など様々な要素を丹念に描きつつ、スピーディーな娯楽作に仕上げたM・マンの手腕に脱帽。この監督、90年代は良かったのにな。
j-hitchさん [DVD(字幕)] 8点(2010-08-17 22:09:14)
175.この映画のがCBSの60ミニッツをネタにしている事に驚きました。60ミニッツはTV界の良心的番組で世界的な模範だと思っていたので、TVメディアの模範的番組でも妥協せざるおえないのかという事に驚きました。TVでも放映が難しし事を映画にする事は勇気がいる事ではないでしょうか?この映画を見ているとタバコ企業およびCBSがクレームを付けなかった事が不思議です。各俳優の演技よりこの映画を作った全スタッフに拍手。
仏向さん [DVD(吹替)] 7点(2010-08-01 11:07:01)
174.《ネタバレ》 ラッセル・クロウ アル・パチーノそして多くの出演者の演技力スゴイ A・パチーノがスゴイのは言うまでもないんだけど(こういう役がホント似合ってるなぁ)R・クロウこの人は芸達者だなぁ…なんでもできちゃう(感心)  確かにちと長いなとは思いつつも気にならなかった&この内容ならこれぐらいの時間がないとちょっとしんどい気がするなぁ おおげさな演出もなく静かながら力強いというんですか、映画制作の要素が全てうまくはまった素晴らしい映画でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2010-06-30 11:00:33)
173.《ネタバレ》  尺が2時間半と長丁場だが、長すぎず短すぎず濃厚な内容をベストな時間に収めた傑作。
 序盤は2人の主人公の状況説明とタバコ会社を告発するための下準備、中盤は内部告発者(ラッセル・クロウ)をメインに、会社からの脅しや法的な命令等の妨害を受け、結果家族と別れることになってもなお戦い続ける姿を描き、終盤はテレビ局に圧力を掛け放送を妨害されたプロデューサー(アル・パチーノ)が奔走し何とか放送にこぎ付ける様子を非常に丁寧に、なおかつ無駄なく描ききっている。
 『人間として正しい行い』をするため、『ジャーナリストとして真実を明らかにする』ために戦う二人の漢が魅せる静かだが熱い映画。
 脚色の程度に関係なく楽しめました。
 出来れば吹き替え版を推奨、全員上手いがアルパチーノ演じる小川真司さんのハマり具合が半端ではなく、放送内容の変更を強要された後上司に喰ってかかるシーンは鳥肌もの。
 本作に関係ないが、声優の演技(個人ではなく全体)を批判している関係者に『これだけの演技できる人達(声優)よりもお前らの起用したド下手俳優を使って本当に正解だと思うか?』と問いたい。
 少々脱線してしまいましたが、たばこ問題などに興味なくても十分観て満足できる内容です。
ムランさん [DVD(吹替)] 8点(2010-05-08 13:49:11)(良:1票)
172.《ネタバレ》 濃厚で男の熱気が伝わってくる実話に基づいた社会派ドラマ。家族を守ろうとするタバコ会社の元幹部と真実に迫ろうとするTVニュース記者。孤独な二人の男が互いに求め合っていく様を熱く語っていました。シリアスなテーマを扱っているのでやや暗く難解な場面があったことは仕方ないでしょう。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-08 01:30:25)
171.クロウ役の苦悩が非常によく伝わってきた。自分もエンジニアとして企業の中で研究活動をしている立場であるので、共感できる部分がある。しかし、告発する勇気があるかと言われれば、、、
ぺんさん [DVD(字幕)] 7点(2009-12-23 16:25:34)
170.《ネタバレ》 実話を元にしているんですね。マスコミは、ジャーナリズム、中立性を本来忘れてはならないはずなのに…。現状を振り返り、考えさせられました。
nina09さん [地上波(字幕)] 7点(2009-09-23 17:28:39)
169.《ネタバレ》 R・クロウは若いけど太ってたな。役作りか? 内容は、2時間以内であればもっと集中して観られたが、正直この展開では長過ぎる。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 6点(2009-07-29 00:16:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 188人
平均点数 7.21点
010.53%
110.53%
210.53%
310.53%
442.13%
5168.51%
63217.02%
74423.40%
84825.53%
93116.49%
1094.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.20点 Review5人
2 ストーリー評価 7.30点 Review13人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review14人
4 音楽評価 6.10点 Review10人
5 感泣評価 5.28点 Review7人

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ラッセル・クロウ候補(ノミネート) 
監督賞マイケル・マン候補(ノミネート) 
撮影賞ダンテ・スピノッティ候補(ノミネート) 
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
音響賞ダグ・ヘンフィル候補(ノミネート) 
脚色賞エリック・ロス候補(ノミネート) 
脚色賞マイケル・マン候補(ノミネート) 
編集賞ウィリアム・ゴールデンバーグ候補(ノミネート) 
編集賞ポール・ルベル候補(ノミネート) 
編集賞デヴィッド・ローゼンブルーム候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS