徳川いれずみ師 責め地獄のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 徳川いれずみ師 責め地獄
 > (レビュー・クチコミ)

徳川いれずみ師 責め地獄

[トクガワイレズミシセメジゴク]
1969年【日】 上映時間:95分
平均点:5.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
時代劇エロティック
新規登録(2003-11-16)【】さん
タイトル情報更新(2014-07-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井輝男
助監督篠塚正秀
キャスト吉田輝雄(男優)彫秀
小池朝雄(男優)彫辰
芦屋雁之助(男優)鬼吉
由利徹(男優)女囚
大泉滉(男優)女囚
上田吉二郎(男優)大黒屋の客
田中春男(男優)鮫島
畑中伶一(男優)刺青師
若杉英二(男優)綱吉
橘ますみ(女優)お鈴
矢奈木邦二郎(男優)堀五郎
五十嵐義弘(男優)刺青師
岡田千代(女優)検査役
賀川雪絵(女優)女牢名主
オスマン・ユセフ(男優)
脚本石井輝男
掛札昌裕
音楽八木正生
撮影わし尾元也
企画岡田茂〔製作〕
天尾完次
配給東映
録音堀場一朗
照明和多田弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.超安いが値段なりのまずいバイキング料理を、たらふく食べたような印象。うまくまとめられずに途中で放り出したような脚本、格調の全くないカメラ、一本調子の演出、と良くない所ばかりが目に付く。それでも監督の観客を楽しませようというサービス精神は旺盛のようで、様々な場面と沢山の裸の女が用意されている。特にラスト近くに唐突に出てくる毛唐女の初々しさは尋常ではなく(16歳だそうだ)、豊満熟女専門でほぼロリっ気のない私でも思わず身を乗り出した。見るからにいたいけな白人少女を前貼り一丁の裸にひんむき、全身下品な入れ墨(というかボディ・ペイント)だらけにしたうえ、ろくに演技指導もしないまま燃えさかる火の前でだらだら悶絶させたりする。この場面ではいいかげんな演出がかえって撮影ドキュメント的なリアリティを感じさせるという効果を上げており、東映異常性愛路線の面目躍如といったところだ。
皮マンさん [映画館(字幕なし「原語」)] 3点(2011-10-08 09:30:54)
3.《ネタバレ》 これって、徳川モノ(江戸時代モノ)の異常性愛シリーズの中じゃ、いまいちでしょう。
“いれずみ”という題材だけで一本撮るのは、ネタ的に厳しいんじゃなかろうか。
『徳川女系図』『徳川女刑罰史』『残酷・異常・虐待物語 元禄女系図』と、この頃は石井輝男監督も立て続けに同系統の作品を撮るが、この作品で江戸時代異常性愛絵巻はネタ切れとなってしまった。
本作よりも、上述の三作品の方が、扱っているネタもバラエティ色豊かだった。
だが本作は、“いれずみ”ネタが最初から最後までひっぱられ、異常というより、単にいれずみ映画(?)になってしまっているのだ。
正直後半は、飽き飽きして長く感じてしまった。

それにしても、橘ますみは本作でも魅力タップリであった!
橘ますみほどエロかわいい女優さんは、他にはいない。
現代においても、もちろんいない。
橘ますみという可憐な女優さんを観るためだけに本作を鑑賞したとしても、それはそれでアリだろう。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 5点(2009-10-11 01:04:20)
2.《ネタバレ》 この映画は覆面上映で見ました。始まってすぐにタイトルバックで映しだされる処刑シーン、絶叫、血しぶき、転がる(マネキンバレバレの)首。本編が始まると長襦袢一枚の女が夜の墓場を歩いていて、ひとつの墓の前に立ち止まるやおもむろに土を掘り返す、棺桶を開ける、手を血まみれにして死体の腹をかっさばく、ともういきなりのフルスロットル。心の準備してから見たかったです。映画全体としてはエログロがほどよく混じりあって飽きずに(ヤな気分にはなる)見られますが、明らかに人を選ぶと思います。
KYPAさん [映画館(邦画)] 6点(2007-01-11 18:06:32)
1.《ネタバレ》 大学の先輩に連れられて初めて見た石井輝男映画がこれ。ラストの臓物ぶっ飛びストップモーションに至る頃には恐怖心も気持ち悪さも通り越して笑うしかなかった映像体験。江戸時代の刺青師(小池朝雄好演)を軸に石井節と言うべきエログロアドレナリンがスクリーンからにじみ出るどころか溢れ出てゲッソリしてしまう。過酷な撮影に女優が逃亡したのもむべなるかな。「直撃!地獄拳」「網走番外地」くらいならまだ笑って進められるけどこれは絶対に無理。でなぜゆえに評価が高いか、と言えば後世の文化に多大な影響を及ぼしたから。全盛期の彼なら漫☆画太郎や楳図かずおの漫画の映像化などチョチョイのチョイ、というところだ。有難い(?)事に、DVD発売中。
Nbu2さん [映画館(邦画)] 7点(2006-06-04 00:05:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.25点
000.00%
100.00%
200.00%
3125.00%
400.00%
5125.00%
6125.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS