Menu
 >
 >
 > ビーン

ビーン

Bean
(ビーン 劇場版〈DVD〉)
1997年【米・英】 上映時間:89分
平均点: / 10(Review 129人) (点数分布表示)
コメディシリーズものTVの映画化
[ビーン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-29)【イニシャルK】さん
公開開始日(1998-03-21
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督メル・スミス
キャストローワン・アトキンソン(男優)ビーン
ピーター・マクニコル(男優)デビッド・ラングレー
パメラ・リード(女優)アリソン・ラングレー
ハリス・ユーリン(男優)ジョージ・グリアソン
バート・レイノルズ(男優)ニュートン将軍
サンドラ・オー(女優)バーニス
ラリー・ドレイク(男優)エルマー
リチャード・ガント(男優)ブルータス
ジョン・ミルズ(男優)
クリス・エリス[男優・1956年生](男優)バトラー刑事
広川太一郎ビーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
家中宏デビッド・ラングレー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
飯塚昭三ジョージ・グリアソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ニュートン将軍(〃【日本テレビ】)
有本欽隆会長/ニュートン将軍(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大友龍三郎ブルータス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
かないみか(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高乃麗(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
島香裕エルマー(日本語吹き替え版【VHS/DVD/BD】)/ジェイコブソン(〃【BD】)
山野井仁バトラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ビーン(日本語吹き替え版【BD】)/デビッド・ラングレー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
納谷六朗デビッド・ラングレー(日本語吹き替え版【BD】)
相沢恵子アリソン・ラングレー(日本語吹き替え版【BD】)
城山堅会長(日本語吹き替え版【BD】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【BD】)
沢木郁也ブルータス(日本語吹き替え版【BD】)
西村知道バトラー(日本語吹き替え版【BD】)
滝口順平ビーン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希アリソン・ラングレー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
川久保潔ジョージ・グリアソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生ニュートン将軍(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大平透ブルータス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
松井菜桜子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
玄田哲章エルマー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
岩崎ひろしビーン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
中尾隆聖デビッド・ラングレー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐々木優子アリソン・ラングレー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
中村正[声優]ニュートン将軍(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
池田勝ブルータス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ローワン・アトキンソン(キャラクター創造)
リチャード・カーティス(キャラクター創造)
脚本リチャード・カーティス
撮影フランシス・ケニー[撮影]
製作ティム・ビーヴァン
ワーキング・タイトル・フィルムズ(共同製作)
エリック・フェルナー
ピーター・ベネット・ジョーンズ
製作総指揮ローワン・アトキンソン
リチャード・カーティス
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク]
美術ピーター・S・ラーキン(プロダクションデザイン)
録音ピーター・グロソップ[録音]
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
129.日本でTV版がヒットして、それにかこつけて映画版を作った、ような印象を当時はうけました。
TV版は短編集のようなものだから、サクッと見れますが、映画となると、やはり長い。
こんなちょっとアレなおっさんとは、場面場面で付き合う程度がいい。
物語となるとね、さすがに、しんどいですね。笑うに笑えなくなってくるというか。
面白さより気持ち悪さの方が目立ってくるというか…ちょっと言い過ぎですが。
でもまぁ愛すべきキャラクターですよね。
がらんどうさん [DVD(字幕)] 7点(2017-10-15 10:17:28)
128.大学の時三条河原町の映画館で観た。
20年たってもまだ面白い。
これを素直に面白いと言えない人はかわいそうだな。
バカバカしくていいじゃん。
Skycrawlerさん [DVD(吹替)] 8点(2016-11-18 23:39:17)
127.《ネタバレ》 子供の頃に見て大爆笑した思いで深い映画。
Mr.ビーンとの出会いはコレが初めてだった。今はTVシリーズが最高だと思っているけど、コレもところどころギャグで笑わせてくれた。
馬鹿と天才は紙一重、ビーンの行くところトラブルの連続。
拳銃の“真似”をして空港をパニックに陥れたかと思えば、遊園地では迷子ではなく機械を魔改造して呼び出しを喰らい、仕舞いにゃクシャミで肖像画の顔をメチャクチャにしてしまう。二人(主にデヴィッド)はヤケクソで泥酔、一方ビーンは子供にピーナッツを空高く投げて食べる芸をまだ披露していて呆れる。が、なんとビーンは夜の美術館に潜入して警備員をトイレ送りにして絵まで“変え”てしまう。その後のスピーチの素晴らしさとデヴィッドの唖然とした表情がまた。
でも「凸」の意味は正確に知っとこうぜ(笑)
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-26 19:01:05)
126.「もしもビーンが医者に間違えられたら」「もし空港で警察に追われたら」等一度は考えそうな妄想を現実化した作品。周りを困惑させながら起こす小さな奇跡。じわじわ笑えます。
spputnさん [DVD(字幕)] 6点(2009-05-20 12:51:59)
125.堪え性がなく自己中、そしてほとんど喋らず「顔芸」が独特なMr.ビーンのキャラ、英国テイストであり、短編ならではのコメディ…観た人の多くはTVシリーズのファンだろう(元々肌に合わない人は、始めから観ないと思うので)。私もTV版ファンだが、言われてるほどつまらなくはなかったものの、やっぱりTVほど笑えなかった。ただ、短編を長編にするという難しさはスタッフも重々判ってたようで、それをクリアしようとした大きな努力のアトが見えることは好感がもてる。長編としての1つのストーリー(よくまとまってる。でもファミリー感動系に持っていくアメリカンテイスト)を考案し、その中で笑いどころの配分を工夫しようと努力したのがわかる(短編ネタの挿入にも工夫がみられる)。惜しむらくはその努力があまり実っていないこと。TV版のことを頭から退けて、まあ一応は笑えるコメディ映画としてこの点で。
あっかっかさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2009-03-12 13:48:00)
124.「映画だから」ということで、変に肩に力が入ったのだろうか?TVシリーズとは比較にならないほど酷い出来。
woodさん [DVD(字幕)] 3点(2008-11-16 12:25:20)
123.さすがに映画の尺では、あのキャラはきつい。
Yoshiさん [地上波(吹替)] 2点(2008-03-24 23:15:01)
122.この映画好きです。でも平均点数低いですね。
テレビシリーズは未見ですが、とても楽しめました。

eurekaさん [地上波(吹替)] 8点(2008-02-28 23:20:01)
121.《ネタバレ》 自分はTV版よりこの劇場版が好きです。テンポが良くて見終わるとスッキリする映画です。テレビでやるたびつい見てしまう映画
かさぶたさん [地上波(吹替)] 8点(2008-02-13 13:07:21)
120.Mr.ビーンは大好きで、いつ観ても笑えますが、劇場版はいまいちでした。ただのファミリー向けコメディに出来上がってしまってます。
色鉛筆さん [映画館(字幕)] 3点(2008-02-09 06:47:53)
119.《ネタバレ》 全編通してくすりとも笑えない。どんなにお馬鹿でも構わないけど、名画をダメにするという流れはコメディとはいえ嫌だな。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 0点(2007-07-31 20:28:02)
118.《ネタバレ》 4点にしようと思ったが、最後の最後で自分の好きな、催眠術にかかってコクンが見れたんで5点。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-07-22 20:12:11)
117.ちょくちょく笑わしてくれるおバカ。なに最後にいい事してるんだよ。
仲良くなってよかったじゃないか
甘口おすぎさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-07-08 19:28:11)
116.お馴染のビーンが巻き起こす大騒動。彼の振る舞いは、TV版と何ら遜色がないように感じます。しかし印象は大分違います。ひとつはシチュエーションの違いでしょうか。TVの場合、視聴者は傍観者です。自分とは関係ないから深刻さがない。でも本作では学芸員という、観客自身を投影させるキャラがいます。そのため、笑いよりも居た堪れない気持ちが勝ってしまう。各エピソードの深刻さ(被害の大きさ)も、そのことに拍車をかけます。もうひとつは、ビーンのキャラ付けの問題。本作のビーンからは悪意(イタズラ心)があまり感じられません。どのエピソードもアクシデントと言っていい。毒がないから物足りない。確かにタイトルには、Mr.の冠はありません。すなわち、本作のビーンは“大人ではないよ”という意味。“子供のような大人”と“大きな子供”の違いは大きいと感じました。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-07-08 17:43:28)
115.《ネタバレ》 ストーリー性も何もあったものじゃないけれどこれはこれでよろしいでしょう。いつどこでだれと何をしていてもやっぱりビーンはオモシロい。そういう意味で感泣。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 6点(2007-01-30 00:41:27)
114.うわっ~えらい低評価!まぁ予想通りで私の周囲の人々も酷評しております。しかし…困った事に?私はゲラゲラ笑ってしまったのですよ、ええ。それでもこの映画を面白いと言うと人格が疑われそうなので大笑いしたことは機密事項にしています。でもここでは勇気を持って叫びたい〝おもろいぞっ~ビーン!〟。確かにTV版とはかなり違います、と言いますかシーンだけを切り繋げた全くの別物です。ビーンが言葉を発するのはもちろんですが彼の人格そのものが異なります。TV版では悪意とは言わないまでもイジワルするような皮肉めいた騒動でしたが、映画版では偶発性の事故による騒動となっておりホームコメディの無垢なる愚者となっています。それでもいくつか笑いのツボだったのですよ、はい、抱腹絶倒ものだったのです。…疲れていたのかもしれません;。しかし洋画コメディでこんなに笑ったのは数えるほどしかないのです。という事で、このたび初めて匿名性という強大な力を借り公の場で好評価をつけさせていただきます!
ミスター・グレイさん [ビデオ(字幕)] 8点(2007-01-03 15:52:04)
113.《ネタバレ》 TV版は面白いのに・・・。TVを見た人は絶対に見るべきではない。
θさん [DVD(字幕)] 1点(2006-12-28 22:55:04)
112.映画とは関係ない話ですが、この映画を見てビーンがやっていたネタの一部を学校でやって、その後テレビで放送されてそのことを後悔しました。今でも後悔しています(笑)映画自体はそこそこ
ラスウェルさん [ビデオ(吹替)] 4点(2006-04-26 23:41:43)
111.あーつまらないですね、これ。短編で人気でたからって、これは痛い。
あしたかこさん [地上波(吹替)] 3点(2006-01-19 22:04:10)
110.短編のビーンはまだ愛すべきバカだったがこれはやりすぎ。他人に散々迷惑をかけた挙句姑息な手段で批難を突破しただけの悪人。
Arufuさん [地上波(吹替)] 3点(2005-12-25 16:44:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 129人
平均点数 4.05点
053.88%
1107.75%
21612.40%
32720.93%
42015.50%
51813.95%
61410.85%
7107.75%
875.43%
910.78%
1010.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review4人
2 ストーリー評価 4.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review6人
4 音楽評価 5.25点 Review4人
5 感泣評価 4.50点 Review6人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS