友子の場合のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 友子の場合
 > (レビュー・クチコミ)

友子の場合

[トモコノバアイ]
1996年【日】 上映時間:61分
平均点:4.00 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
コメディ青春ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2003-11-22)【】さん
タイトル情報更新(2013-09-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
キャストともさかりえ(女優)田村友子
西村雅彦(男優)田村道弘
布川敏和(男優)
きたろう(男優)ロープウェイのおじさん
六平直政(男優)沢井
小木茂光(男優)島巡
美保純(女優)松葉屋の若女将
仲間由紀恵(女優)嶋田咲子
新山千春(女優)五十嵐理沙
高橋一生(男優)岡田時雄
萩原聖人(男優)電車の売り子
高杉亘(男優)キザな車掌
原ひさ子(女優)電車のおばあさん
河原さぶ(男優)電車の夫婦
松本じゅん(女優)電車の夫婦
茅島成美(女優)たこばしら売りのおばさん
音楽大島ミチル
作詞秋元康「くしゃみ」
主題歌ともさかりえ「くしゃみ」
製作フジテレビ
プロデューサー松下千秋(エクゼクティブ・プロデューサー)
配給東映
編集田口拓也
照明加瀬弘行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 女芸人ともさかりえの一人漫才、一人旅。
そこにたまたまミニスカ眩しい新山千春が出てますね みたいな。
この丸顔メガネの子が仲間由紀恵なのね だとか、じゃぁ、あと一人は誰 名前知らんけど ・・みたいな。
深夜のTVでたまたま見かける感じの深夜ドラマってことなら別にそれならそれで何も言うことないし、それでいんだけど、この61分間のテレビ映像のようなこの映画を映画とは認めたくないでし。とんでもなく面白くないところがとても致命的。
ただ ともさかりえさん その後、あんな魚船の上から白鶴まるのCMやってませんでしたか? そこはなんか意図的に繋がってたんやろうか この人まさか漁船に縁があるんじゃろうか どうなんだかな どうだかな~
3737さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-04-02 21:49:32)
6.とにかくつまらない。何がつまらないといって、ウケを狙ってまったくおかしくない話ほどつまらないものはないです。それだけならまだマシだと思うのですが、ネットで調べたら「忠実に原作のセリフや場面を再現している」という評を発見。原作は読んでいないのでわからないのですが、その通りなら原作を読めばすむことで、わざわざ映画にする必要がないのでは? これもあえて狙ったのかも知れませんが、それで面白いのならまだしも、まったくつまらないわけですから。ということで、0点を差し上げます。

【追記】鑑賞後に得た情報を元に点数をつけるのもどうかと思い、変更します。貫禄の原ひさ子さんに2点、あら出てたのネの仲間由紀恵に1点。ともさかりえにはあげない。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-10-06 21:21:08)
5.《ネタバレ》 本作がコメディ?とんでもない!大オカルトですよ!超ホラーですよ!軽妙なBGMと効果音、コメディ然とした演技に騙されてはいけません。よくよく観れば、本作は身の毛もよだつ恐怖譚である事が判ります。それでは確認してみましょう。まずはプロローグ。ひょんなことから、主人公はこっくりさんに参加します。そこで示された「呪い」のメッセージ。そう、全ての惨劇はこっくりさんの呪いによって引き起こされたのです。主人公の荷物にも、この事が示唆されていました。父のおつまみ「ちーちーかまかま」は、「血~血~鎌、鎌」と聞こえるし、マンガ本『タッチ』は主要人物が死ぬ縁起の悪い話。リリアンは絞首刑の縄の暗示でしょうか。だって長さが45(死後)メートルですもの。ちなみに主人公のお泊り道具一式をアナグラムしたところ、実に奇怪な文章が浮かび上がったのです!“ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ~”(長いので省略しますが、大変危険ですので検証はしないように。)バッグは血を連想させる朱色。おびただしい量の荷物は、彼女が背負ったカルマの重さでしょうか。3時間に1本のローカル線で迂闊に下車し、乗り遅れるアクシデントも常識では考えられません。げに恐ろしきは、高校生の分際で芸者をあげてのドンチャン騒ぎ。おまけに美人女将から「松葉崩し」のレクチャーを受けるなんて、うらやまし過ぎる!てか、ふざけるなッ!!青少年にあるまじき行為です。末恐ろしいったら、ありゃしない。これがホラーでなくて何でしょう。極めつけは漁船を使った拉致及び人身売買!恐怖のせいか、友子の顔面が歪んで見えます。まさに悪夢。イッツ、バッドドリーム。この純然たるホラーをコメディに偽装した監督の手腕を、自分は高く評価したいのだ!
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-09-28 17:57:26)
4.テレビの方が良かった。
あしたかこさん 5点(2004-09-17 17:44:32)
3.《ネタバレ》 ともさかりえが演じる友子って、かわいいバカさ加減が原作漫画の野暮ったさを遥かに超越しててとっても好きなんですけど、この映画はちとハズしちゃってる、って感じでした。出だしは快調に飛ばしてて、こりゃ面白いわ!と思ったのも束の間、電車に乗り遅れて駅に取り残されてからの展開は、もどかしさのみを映画の動力としちゃってるために、見ているこちらはひたすらイライラ。せめてスレ違うにしても、ひたすら友子の爆走を見せてくれれば、まだ楽しめたんですけれどねぇ。しかもラストは物語を放り投げておしまい、ですし。放り投げた結末に向かってゆく物語って、なんでもアリなんで作る方はラクでしょうけれど、そこをスカッ!と気持ち良くまとめ上げるのがプロの仕事なんでないの? ハイビジョン撮りのフィルムプリントは、今のHD24Pに比べるとグダグダな見づらい画面ですし、まあ、フジテレビ製お手軽映画ではありました。ともさかりえの魅力に対しての5点ですわなぁ、こりゃ。
あにやんさん [映画館(字幕)] 5点(2004-06-16 00:25:45)
2.世にも奇妙な物語でやってるときのほうが面白かったかなぁ。
kanekoさん 4点(2004-05-10 19:20:31)
1.《ネタバレ》 ありゃ、カキコミされてませんね(笑)
2年くらい前に漫画で友子の場合を知って超おもしろくて、そういや昔映画化してたなぁっと思い出して観ました。
何か、、漫画が面白いから比較しちゃうところもあるけどあんまり面白くなかった気が、、(・_・)テンポが悪くてイライラしちゃったり、、
最後、なんで友子が清々しい笑顔だったのか謎ですっ!(笑)
アイコ十六歳さん 4点(2004-01-15 17:06:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2114.29%
3114.29%
4228.57%
5342.86%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS