クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー
 > (レビュー・クチコミ)

クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー

[クリントイーストウッドアウトオブシャドー]
CLINT EASTWOOD: OUT OF THE SHADOW
2000年【米・英】 上映時間:91分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドキュメンタリーTV映画
新規登録(2003-11-23)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2006-06-14)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
モーガン・フリーマン
出演クリント・イーストウッド
ディナ・イーストウッド
ジーン・ハックマン
リップ・トーン
ジェームズ・ガーナー
イーライ・ウォラック
ドナルド・サザーランド
フォレスト・ウィテカー
マーティン・スコセッシ
ウィリアム・ゴールドマン
カーティス・ハンソン
ジャック・N・グリーン〔撮影〕
ドン・シーゲル
ジェフリー・ルイス
ベルトラン・タヴェルニエ
バディ・ヴァン・ホーン
メリル・ストリープ
音楽レニー・ニーハウス
編曲レニー・ニーハウス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.俳優イーストウッドを愛しているのだが、中でも、70年代の彼(若すぎず老けすぎず)が一番好きである。で、この作品の中では、彼の「俳優」としての側面に主に光を当ててくれていたのが良かった。もちろん、「監督」についても語られているが、私的には、監督イースドウッドはあまり共感できない部分が多いので。俳優としての彼を(勝手に)愛して20年以上だけれど、考えてみれば、彼の人生観が反映される監督作品は軒並みあまり好きではないし、ソンドラ・ロックとの泥沼破局なんかを見ても彼の女性観も多分、私には受け入れ難いものがあるんだろうから、恐らく人間イースドウッドとなると、私は彼のことがあまり好きじゃないんだと思う。でも、私が彼に触れるのはスクリーンを通してのみだし、詰まるところルックスと佇まい(と演技)だけで20年以上愛してきたわけだ。・・・という感慨(?)を、この作品を見ながらかみしめた。Ultimate Collector's Edition、購入して良かった!
すねこすりさん [DVD(字幕)] 7点(2008-11-20 15:17:06)
2.『真昼の決闘』の有名なワンシーンが盛り込まれていたり…西部劇を愛している俳優さんなんですね。生い立ちなんかも紹介されていて、私の知らなかった若い彼の姿を見ることが出来て、ホントもう魅力満載でした♪
SAEKOさん 7点(2004-03-03 21:33:08)
1.ん~いいねいいねこういうの~。イーストウッドの映画人生についてとにかくとにかく迫る!!!!ファンにはたまらない一品ですな。
M・R・サイケデリコンさん 7点(2003-12-30 20:38:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
73100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS