ジャスト・マリッジのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジャスト・マリッジ
 > (レビュー・クチコミ)

ジャスト・マリッジ

[ジャストマリッジ]
Just Married
2003年【米・独】 上映時間:97分
平均点:6.19 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-11-01)
ラブストーリーコメディロマンス
新規登録(2003-11-27)【腸炎】さん
タイトル情報更新(2018-07-15)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ショーン・レヴィ
キャストアシュトン・カッチャー(男優)トム・リーザック
ブリタニー・マーフィ(女優)サラ・マクナニー
デヴィッド・モスコー(男優)カイル
デヴィッド・ラッシュ(男優)サラの父 ダン・マクナニー
レイモンド・J・バリー(男優)トムの父 リーザック氏
ジョージ・ゲインズ〔男優〕(男優)ロバート神父
タラン・キラム(男優)ディッキー・マクナーニー
ヴァレリア・アンドリュース(女優)ウェンディ
ヴェロニカ・カートライト(女優)サラの母 "プッシー"マクナニー夫人(ノンクレジット)
音楽クリストフ・ベック
ミシェル・ブランチ
ピート・アンソニー指揮
挿入曲アヴリル・ラヴィーン"Mobile"
撮影ジョナサン・ブラウン〔撮影〕
製作ロバート・シモンズ〔製作〕
アイラ・シューマン(共同製作)
20世紀フォックス
製作総指揮ローレン・シュラー・ドナー
トレイシー・トレンチ
配給20世紀フォックス
特撮ジェルマーノ・ナターリ
編集ドン・ジマーマン
字幕翻訳古田由紀子
あらすじ
ラジオの交通パーソナリティのトムは、超大金持ちのお嬢さまのサラと、結婚することに。アツアツのまま、新婚旅行に出発する2人だが、次々と見舞われるトラブルの山、山。果たして、トムとサラは、離婚の危機を乗り越えられるのか? 主人公を演じた2人が、実際に恋人同士になったと噂される、演技か本気か全く見分けがつかない、ロードムービー&コメディの快作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 「愛し合ってるだけで充分幸せだったのに、なんで俺達、結婚なんてしちまったんだろう?」
 という台詞が印象的。

 実家の経済格差やら何やらが原因となり、愛し合っていた新婚夫婦が破局を迎えそうになる話……と書くと、何やらシリアスな恋愛映画のようにも思えますが、基本的には「トラブル続きの新婚旅行」を面白可笑しく描く事に終始しており、リラックスして楽しむ事が出来ましたね。

 旅行パートが始まる前の「二人の出会い」終わった後の「二人の和解」も非常にシンプルな描き方で、手短に纏めている辺りも好印象。
 そこを長々やられるとダレてしまいそうだし、変に凝った内容にしたりせず、ラブコメ映画の王道的な「良くある出会い方」「良くある和解の仕方」にして時間短縮してみせたのは、正解だったんじゃないかなと思います。

 それと、元々自分は主演のアシュトン・カッチャーが好きなので、そういう意味でも満足度は高めでしたね。
 セクシーな美男子なのに、不思議と親しみやすい雰囲気があって「等身大の、どこにでもいそうな兄ちゃん」に思わせてくれるという彼の魅力が、如何無く発揮されており、自然と感情移入する事が出来ました。
 妻が他の男とキスした現場を目撃し「落ち付け、俺に怒る権利は無い……」と自分に言い聞かせていたのに、いざ妻と会ったら「このアバズレ!」と我を忘れて怒鳴っちゃう場面なんかは、特に可笑しくって、お気に入り。
 相方となるブリタニー・マーフィも、お嬢様ヒロインなサラを嫌味なく演じており、もし女性が観たら、自分がアシュトン・カッチャーに抱くのと同じような親近感を彼女に対して抱くのではないかな、と思えました。

・主人公のトムがラジオ局で働いているって設定を活かし切れていない。
・妻の「酔った勢いで一度だけ浮気した」という秘密に対し、夫の秘密が「飼い犬の死に責任がある」ってのは後者の方が酷くて、バランスが悪い。
・英語を「アメリカ語」と言っちゃうとか「本場中国のカラテをマスターしてる」発言とかの国際的なギャグは、ちょっと微妙。

 等々、不満点も多い映画なのですが……
 それが然程気にならなかったのは「散々な新婚旅行だったけど、それでもやっぱり彼(彼女)が好き」という主人公達の気持ちと、映画を観ている自分との気持ちが、上手くシンクロしてくれたのが大きいんでしょうね。

 観ている間は、物凄く面白かったという訳じゃないのに、今思い出すと「雪に埋もれた車から抜け出せた場面の爽快感が良かった」とか「飛行機の中で二人が痴話喧嘩を終えると同時に、機内の乗客達が揃って拍手する場面が良かった」とか、そんな「良い思い出」ばかりが鮮明に蘇ってくるんだから、不思議なものです。
 「サラを幸せにする為には、分厚い財布なんか必要無いんだ」と我が子を諭すトムの父親に、最初は「負け犬」呼ばわりしていたトムの事を何だかんだで認めてくれるサラの父親の存在なども、良い味出していましたね。
 彼らを「夫側の家族の代表」「妻側の家族の代表」として分かり易く描き、二人の仲が家族からも認められ、祝福される事になるハッピーエンドに、最短距離で繋げてみせた辺りも、お見事でした。
 
 そんな「分かり易さ」と「手短さ」を重視した結果なのか、ラストシーンは少しアッサリ気味に感じられ(もうちょっと長く「寄り添う二人の幸せな姿」を見たかったな)と思ったりもした訳だけど……
 そんな風に思う時点で、自分はこの映画と、この映画の主人公達に魅了されちゃったって事なんでしょうね。

 色んな不満もあったりするけれど、なんだかんだで好きな映画です。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2019-07-22 21:19:27)
25.《ネタバレ》 途中までは少し退屈な展開で不満にされ、後半ぐらいから笑わせてくれ、ラストは感動させてくれました。それにしても、入口の門から玄関までが遠い遠い。期待せずに見れば良作。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 8点(2012-06-05 22:22:01)
24.《ネタバレ》 まぁドタバタ能天気ラブコメですな こういうのはあんまり深く考えない方がよろしい様で いろいろ面白いとこ(最後に車で門を突破…あれ?破れない;;(笑)) が、あったから ちょっとわざとらしい気もしたけど… いいんじゃないですか  ベタだけど新しいとこもありのなかなか面白かったデス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-01-08 08:28:35)
23.この映画に出る夫婦はとことん典型的なアメリカン。なんか素直に冗談として受け止められない恐さがここにある。旅先でも恥をかかない日本人でありたいものだ。
たいがーさん [DVD(字幕)] 3点(2008-08-23 21:32:42)
22.《ネタバレ》 おバカラブコメの王道って感じで、退屈せずに観れました。でも、犬が死んじゃうのはちょっとヒドイ。。。
☆きなこ☆さん [地上波(吹替)] 6点(2008-02-25 16:02:09)
21.期待しないで見たせいか結構良かったです。はたから見たら微笑ましいですが実際あんな夫、勘弁してほしいですね^^
しゃるさん [地上波(吹替)] 7点(2008-02-12 18:24:21)
20.笑いながらも感動できる王道といえば王道だが要所要所を押さえた流れのいいとても見やすい作品。
A.O.Dさん [DVD(吹替)] 7点(2007-09-25 09:17:00)
19.アシュトン・カッチャーの頭にぶつけられた灰皿の音だけで、5分ちかく笑いころげました。いくら愛し合っていても、紆余曲折を経て、夫婦になる。アルバムの中の笑顔と笑顔をつなぐ時間こそ夫婦にとって大事。とても安心して観ることができるラブコメですが、言ってるテーマは真剣で、とても良かったです。3歳の甥と一緒に観ましたが、ゲラゲラ笑っていたので、やはり面白い映画だと思います。主人公が2人とも真剣にバカやってるし。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 9点(2007-09-05 18:05:24)
18.特に目新しいことは一切ないが、こういうアメリカ映画にしかない味わいのラブコメ映画が作りつづけられる限り、なんか安心できるのも事実なのである。
wunderlichさん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-14 13:34:02)
17.普通に楽しめる映画ですよ^^中身がないといえばないですけど(良くも悪くも)。アシュトンカッチャーもいい味だしてますし、笑えるシーンも多いですし観ても損はないとは思いましたよ。余談ですがアシュトンカッチャーを観るとデミムーアかぁ・・・とか連想しちゃいますけどねwww
kalynさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-04-16 01:58:09)
16.安心して見れる映画でした。ラブコメのストーリーとしてはごく普通なんですが、アシュトン・カッチャーの演技が良かった。最後は心温まる結末で、休日に1人でゆっくり映画を見たいときなんかにこの映画はベストだと思います。一見の価値ありです!
映画大好き人!さん [DVD(字幕)] 9点(2005-12-04 00:57:37)
15.う~ん、わからん、なんで皆さん揃いも揃ってトム(だったけか?)を非難なさるのか敬遠なさるのか・・  ってなこと言ってるようだから私も結婚生活うまくいかなかったんだなきっと。うむ、納得。  作品的にはめちゃめちゃオモロイ。どちらも憎めん。ブリタニーのキャラ作りにはかなりいつも関心させられる。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-07-01 23:54:27)(良:1票)
14.映画を見ながら、きっとハッピーエンドで終わるんだろうなと思っていたら案の定。笑 好きだからという衝動で結婚しようとするのはアメリカで少なくない話しだと思う。ブリタニーは何をやっても可愛いので許そう★新婚旅行でこんな災難続きだったらある意味「この人と離れるな」って言ってるように思っちゃうかも。
アンナさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-05-30 19:54:48)
13.《ネタバレ》 パンツがダルダルの馬鹿っプル演技に加えて、短気でわがままでモノをよく考えない旦那。まあ、ブリタニー・マーフィーの方は性格のいいお嬢様風の感じだったけど、アシュトン・カッチャーの役はひどすぎ。恋敵の男の方が良い奴に見える。映画の重要な部分でもあると思うのだが、社会的地位の違いを乗り越えて愛し合う2人を応援する気持ちになれない。だって、せっかくヨーロッパに行ってるのに野球中継みたり、ホテルで火事出しておいて、「注意書きを英語で書け」とか逆ギレしてる奴、友達になりたいですか? 私は嫌です。ラストのインタホン越しの愛の告白はいいけど、いかにもとってつけたみたいだった。何だかなあ…。これ、アメリカでヒットしたんですかね。アメリカ人の一般人はああゆう「わがまま男」をほほえましいと感じるんだろうか。頼むから新婚旅行で日本には来ないでねと思ってしまった。ラブコメディには点数甘めなんですけど、この作品は後味も良くなかった。
しまうまさん 1点(2004-12-01 02:35:14)
12.トラブルだらけのハネムーンがおもしろかった。笑えるシーンが結構ありました。ブリタニーが可愛かったです。
ギニューさん 7点(2004-10-11 17:14:30)
11.《ネタバレ》 ブリタニー・マーフィーの可愛さが炸裂するのを期待して見ました。想像される展開に沿って、想像していた以上にハチャメチャな新婚旅行が楽しい。素直に楽しみました。セックスに関してあっけんからんとしているのも、なんだか楽しい。
しかし、復縁するのにもう少し話しの深さが欲しかった。門のモニターに向かって、自分の愛情を熱弁を振るうのも良いけど、自分の気持ちを言うだけじゃなくて、相手を理解する言葉が欲しかった。例えば、夫がブリタニーの美術趣味を少し理解しようとするとか、そういう展開がちょっと欲しかった。ブリタニーは可愛かったけど、役柄の性格をもう少し掘り下げたら、もっと魅力的になり得たのじゃないかと思う。
カオナシ3号さん 6点(2004-10-04 13:23:07)
10.幸せそうな二人を見ると笑顔になります。この後同じことを繰り返すとしてもそれもよし!今愛してると思えて一緒にいたいならそれでいいじゃないですか!
はなこさん 5点(2004-09-25 23:28:12)
9.思ったより面白かったです。私もあんな旦那さんはやだな~。あの二人、周囲の人にも言われていたように結婚するには若すぎるというかガキっぽすぎると思います。
ジョナサン★さん 6点(2004-09-20 20:59:22)
8.《ネタバレ》 彼女ができるってことは、同時に彼女が他の男と寝ちゃうんじゃないか
他の男に心惹かれてしまうんじゃないか、そして 彼女に言い寄って
こようとする男達の強引な押しにどう対処したらいいのか等々、常に
気をもんで、嫉妬し心配し自らの頼りなさを責め、辛い思いをし
続けないといけないのかな?だとすると、そういう意味で彼女がいたことの
ない俺は、そんな思いをせずにいられて幸せなのかな?少なくとも人付き合いの
苦手な俺には、あんなの到底耐えられないよww
お話の方、物語中盤までのオノロケ馬鹿ップルぶりは、(^^;)って
感じで、うん普通に暇つぶしとして見るのにちょうどいい感じかな。
大人のオモチャで5つ星のお城ホテルの電気ダメにしちゃったり、ユキの中に
車ごと突っ込んで一晩狭い車の中で明かしたり、ボロイタリアホテルに泊まって
一晩中他人のセックスの声聞きつづけたり、(^^;)
でも、ピーター(恋敵役のお金持ち男)が絡んできて、ハネムーンにつけいって
ブリタニーを落とそうと企む部分は見ててなんか疲れたw
ラスト、アシュトンカッチャーが必死で彼女への思いをインターフォンに語ってる
シーンは好き。。なんかちょっと本気っぽくて良かった。
あと、ピーターがブリタニーを友人の宅に連れていった時、紳士的なおじいさんが
「新婚夫婦は最初の数ヶ月が山なんだよ」って優しそうな目で言ったところと、
アシュトンカッチャーのお父さんが彼に優しくそれでいて真剣に
「彼女と一緒に苦労して乗り越えていくことが必要なんだよ」って語り掛けてるとこ
ろにはちょっとジーンと来たw
アキトさん 6点(2004-09-13 02:20:50)
7.《ネタバレ》 言われてるように夫の方、どう考えてもひどすぎ。ありえない。そりゃ妻もキレるわ、これは。で、復縁?ほんとに何で?
コーヒーさん 5点(2004-09-02 22:06:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 6.19点
000.00%
113.85%
200.00%
313.85%
427.69%
5311.54%
6726.92%
7726.92%
827.69%
9311.54%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.66点 Review3人
4 音楽評価 3.00点 Review2人
5 感泣評価 2.33点 Review3人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2003年 24回
最低主演男優賞アシュトン・カッチャー候補(ノミネート) 
最低助演女優賞ブリタニー・マーフィ候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞アシュトン・カッチャー候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞ブリタニー・マーフィ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS