サンダーバード6号のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サンダーバード6号
 > (レビュー・クチコミ)

サンダーバード6号

[サンダーバードロクゴウ]
THUNDERBIRDS SIX
1968年【英】 上映時間:89分
平均点:6.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
アクションサスペンスSFシリーズものパニックもの特撮ものスパイものTVの映画化
新規登録(2003-12-08)【_】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・レイン
演出加藤敏(日本語吹き替え版【DVD/VHS】)
シルヴィア・アンダーソン〔脚本〕ぺネロープ
中田浩二スコット・トレーシー(日本語吹き替え版【DVD】)
福島潤ジョン・トレーシー(日本語吹き替え版【DVD】)
龍田直樹ブレインズ(日本語吹き替え版【DVD】)
里見京子ミンミン(日本語吹き替え版【DVD】)
黒柳徹子ぺネロープ(日本語吹き替え版【DVD】)
松岡文雄パーカー(日本語吹き替え版【DVD】)
中田和宏船長(日本語吹き替え版【DVD】)
山口眞弓占い師(日本語吹き替え版【DVD】)
咲野俊介ホワイト・ゴースト(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木敏新世界航空社長(日本語吹き替え版【DVD】)
阪脩ジェフ・トレーシー(日本語吹き替え版【VHS】)
大塚芳忠スコット・トレーシー(日本語吹き替え版【VHS】)
大滝進矢バージル・トレーシー(日本語吹き替え版【VHS】)
難波圭一アラン・トレーシー(日本語吹き替え版【VHS】)
宮本充ゴードン・トレーシー(日本語吹き替え版【VHS】)
堀秀行ジョン・トレーシー(日本語吹き替え版【VHS】)
富山敬ブレインズ(日本語吹き替え版【VHS】)
榊原良子ミンミン(日本語吹き替え版【VHS】)
小原乃梨子ぺネロープ(日本語吹き替え版【VHS】)
及川ヒロオパーカー(日本語吹き替え版【VHS】)
笹岡繁蔵ザ・フッド(日本語吹き替え版【VHS】)
千田光男ホワイト・ゴースト(日本語吹き替え版【VHS】)
村松康雄(日本語吹き替え版【VHS】)
稲葉実(日本語吹き替え版【VHS】)
荒川太郎(日本語吹き替え版【VHS】)
大塚明夫(日本語吹き替え版【VHS】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS】)
中村正[声優]ジェフ・トレーシー(日本語吹き替え版【LD】)
石丸博也スコット・トレーシー(日本語吹き替え版【LD】)
村山明バージル・トレーシー(日本語吹き替え版【LD】)
石立鉄男アラン・トレーシー(日本語吹き替え版【LD】)
青野武パーカー(日本語吹き替え版【LD】)
飯塚昭三ザ・フッド(日本語吹き替え版【LD】)
脚本ジェリー・アンダーソン〔製作&脚本・1929年生〕
シルヴィア・アンダーソン〔脚本〕
音楽バリー・グレイ〔音楽〕
撮影ハリー・オークス
製作総指揮ジェリー・アンダーソン〔製作&脚本・1929年生〕
特撮デレク・メディングス
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【DVD/VHS】)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.映画的なゴージャス感のある前作よりシンプルでテレビシリーズに近い印象ですが、「サンダーバード」本来のハラハラ感はこちらの方がありそう。 出動シーンが省略され、オープニングもちがうので少し地味な気はしますが。 IRの頭脳ブレインズが大きくフィーチャーされた作品で、ジェフに依頼されたサンダーバード6号の試作品を作っては壊すのがもったいない。 一方で彼が開発した人工重力飛行船スカイシップ・1をめぐる陰謀が進行、ぺネロープも巻き込まれてしまいます。 彼女の声を録音するテープレコーダーや前作のトランジスタなど、今ではレトロなアイテムが使われるのもこのシリーズの興味深いところ。 サンダーバードよりも黄色い複葉機が活躍するのも特色で、アクロバティックな飛行が楽しめます。 サンダーバード6号のお披露目シーンは「やっぱり!」なのですが、なんともほほえましいラスト。 既存5機の中では2号が一番人気があり、輸送能力だけでなく発進シーンやズングリとした愛嬌のある生物的なフォルムに加え、渋いグリーンもきいてます。
レインさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-06 06:59:57)
5.《ネタバレ》 一番すごいのはペネロープ嬢。彼女に比べるとトレーシー一家が単細胞で間抜けに思えてきます。ていうかそんなんで大丈夫か?全体的にのんびり悠長なんですが、ここでは悪役もかなり悠長。(といいながらハイジャックシーンはあっという間に終わる。)サンダーバードに偽の出動要請を出すために、ペネロープの声を録音してキリバリするという悠長さに、その間メンバーは悠々世界旅行を行う。まぁ、その悠長さが良かったりするわけで。でも、ミンミンに活躍の場があるのかと思えば(すごい飛行テクニックを披露)、何もないのも肩透かしだし、メカの活躍も6号を無理やり持ち上げるために、他のやつらはおとなしめなのが残念なよーな。ピンクの車、もっと活躍できそーなのに…。執事のパーカーは、いたぶられキャラでとてもかわいそうでした。
元みかんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-07-25 14:10:12)
4.ハイジャック事件に立ち向かう国際救助隊の活躍と平行して新兵器サンダーバード6号開発に苦心するブレインズの姿が描かれる。サンダーバード6号がなんなのかは最後のほうで読めたけど、事件部分が面白すぎて6号のことなんか途中から忘れてた。
イニシャルKさん [地上波(吹替)] 7点(2005-09-16 22:07:39)★《更新》★
3.悪人達を容赦しないで全員始末するところは驚きました。特にサンダーバード1号、2号を待ち伏せた悪人達に一斉砲火を浴びせるシーンなどは凄すぎます。また、観客をからかったようなタイトルはいただけません。私はいつ最新兵器サンダーバード6号が出てくるのかと期待して、それが見事に裏切られ落胆しました。マジで。
クロさん 6点(2004-08-28 10:55:36)
2.タイトルにもなっている(ブレインズの秘密兵器^^)サンダーバード6号とはなんぞや。というのが見所..、なのかもしれませんが、要するにサンダーバード。それ以上でもそれ以下でもなし。映画としてそれほど高い点ではありませんが.....
CG全盛の今、サンダーバードのようなものはもう作られることはないでしょうが、サンダーバード2号のプラモデルでめっちゃ遊んだわれわれの世代にとってはサンダーバードは永遠です。
あばれて万歳さん 6点(2004-01-25 21:27:52)
1.1967年製作の前作と同様にすごく面白かったです(面白すぎて90分という時間がすくに経っちゃった!)。改めて60年代のSF人形劇の素晴らしさを知りました。さて今回の見所の方ですが、やはり今回初めての登場のサンダーバード6号の大活躍するシーンですね。なかなか見応えがありました!それにしても・・・中田浩二さんや黒柳さんらの声が30年昔も今も変わらないなんて「スゴイ!」の一言です。
ピルグリムさん 7点(2004-01-02 22:05:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
6233.33%
7350.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS