スター・トレック5/新たなる未知へのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スター・トレック5/新たなる未知へ
 > (レビュー・クチコミ)

スター・トレック5/新たなる未知へ

[スタートレックファイブアラタナルミチヘ]
Star Trek V: The Final Frontier
1989年【米】 上映時間:106分
平均点:5.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
SFアドベンチャーシリーズもの特撮もの
新規登録(2003-12-13)【USS_Barcelona】さん
タイトル情報更新(2012-06-20)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィリアム・シャトナー
演出グレン・R・ワイルダー(スタント・コーディネーター)
キャストウィリアム・シャトナー(男優)ジェームズ・T・カーク
レナード・ニモイ(男優)スポック
デフォレスト・ケリー(男優)ドクター・マッコイ
ジョージ・タケイ(男優)スールー(ミスター・カトウ)
デヴィッド・ワーナー(男優)ジョン・タルボット
ハーブ・ベネット(男優)ロバート・ベネット
ジェームズ・ドゥーアン(男優)モンゴメリー・スコット
矢島正明ジェームズ・T・カーク(日本語吹き替え版【DVD】)
菅生隆之スポック(日本語吹き替え版【DVD】)
小島敏彦ドクター・マッコイ(日本語吹き替え版【DVD】)
小林修チャーリー(日本語吹き替え版【DVD】)
朴璐美ウフーラ(日本語吹き替え版【DVD】)
小林勝彦サイボック(日本語吹き替え版【DVD】)
手塚秀彰ジョン・タルボット(日本語吹き替え版【DVD】)
筈見純ジェームズ・T・カーク(日本語吹き替え版【機内上映】)
仁内建之スポック(日本語吹き替え版【機内上映】)
島香裕チャーリー(日本語吹き替え版【機内上映】)
竹口安芸子ウフーラ(日本語吹き替え版【機内上映】)
嶋俊介ドクター・マッコイ(日本語吹き替え版【機内上映】)
牛山茂スールー(ミスター・カトウ)(日本語吹き替え版【機内上映】)
西村知道パヴェル・チェコフ(日本語吹き替え版【機内上映】)
大木民夫サイボック(日本語吹き替え版【機内上映】)
原作ジーン・ロッデンベリー
ウィリアム・シャトナー(原案)
デヴィッド・ロッカリー(原案)
ハーブ・ベネット(原案)
脚本デヴィッド・ロッカリー
音楽ジェリー・ゴールドスミス
アレクサンダー・カレッジ(追加音楽)
編曲アーサー・モートン〔編曲〕
撮影アンドリュー・ラズロ
製作ハーブ・ベネット
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ラルフ・ウィンター〔製作〕
ジーン・ロッデンベリー
配給UIP
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ジョン・ゲイター[特撮]
美術ジョン・M・ドワイヤー(セット装飾)
字幕翻訳岡枝慎二
スタントケニー・ベイツ
デヴィッド・R・エリス
スコット・ワイルダー〔スタント〕
その他ジェームズ・D・ビゼル(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》  TOSの中に、アポロンを名乗る宇宙人が登場、と思いきやその巨人は本当に「我々の」アポロンだったという話があったのを思い出した。

 一方、本作では意味ありげに銀河の中心にいたのは、超常的な力を持ってはいるが、詳しい事情は明かされない囚われの生命体。もう今更、神と名乗る進化生命の話なんて、ありきたり過ぎてつまらない。というか、だれか知らないけど、こいつをここに閉じ込めたやつこそが、多分神だ。…でも神と呼んだのは人間側だけだし、幽閉されているなんて一言も言ってない。ひょっとしたら植物のように、動けない生き物なのかもしれないなあ。こいつは神じゃない時点で、物語の面白さ的には前述のTV版一エピソードの方に軍配を上げたい。
 スポックの兄なんてのも出てきて、人の苦しみにとらわれた心を開放するとか、人の心的なものを描くのかと思いきや、そっちは終盤トーンダウンで残念。

 そうそう、TOSの中の「緑の踊る女」を見てうわっ何だこれ?と思った瞬間、本作のウフーラの踊りを思い出した(他の人とは順序が逆だろうな)。こういうセンス、好きなのかね?スターシップの船長は。

 総合的に、シャトナー自身の監督作なのに、これではガッカリ。
Tolbieさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2018-10-10 23:24:55)★《新規》★
6.トレッキーに評判の悪い本作だが、期待せずに観ればけっこう楽しめる。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2017-11-09 01:02:45)
5.《ネタバレ》 僕のスター・トレック映画に対する評価は世評と真逆なようなので少々心配なのだが、なにこれ超おもしろいんですけど!演技・特撮・ストーリーどれも凄く良い。たしかに主要キャストみんな初老の域だが、その歳でしか出せない深みを全員が出している。全体としてはとにかく映像と演技と物語がよく出来ている。じゃあ満点だよね。特に台詞が素晴らしくてどれも面白く含蓄がありストーリー性とユーモアが両立している。主要3人、主要クルーの絆と個性が存分に発揮されている。チェコフ艦長立派だぞ。

カーク、クリンゴン人、サイボックはエモーションで強烈に共鳴い合い、それゆえ問題を引き起こす。面白いのはカークとスポックが対立した時に珍しくスポックに肩入れするマッコイ。マッコイの行動原理は常に一貫していて、この映画でもそこに焦点が当てられる。奴はただの因業じじいじゃないんだよ。

シリーズ映画の出来を決めるのは敵役だが、このサイボックは素晴らしい。感情を開放したバルカン人である彼は理性と感情と不可思議な力を駆使して人を洗脳する。このプロセスに説得力があるし役のローレンス・ラッキンビルがまた見事な演技だ。ぐぐると大して成功しなかった役者のようだがなんでだ。この映画では名優にしか見えないのだが。

この映画の評価の低さの一つに「偽物の神」というのがあると思う。しかしこれはものすごく普遍的なテーマだ。アンタそんなに凄いならなんで俺の助けが必要なのさ?本物の神が存在しようがしまいが、偽物の神は常に、そこらじゅうに居るのだ。

この映画の唯一不満なのはセクシーに踊る女が白髪交じりのウフーラと知って落胆するシーン。お前ら目が付いていないのかっ!十二分に色っぽいだろっ!!男なら勃てっ!!!(あとボイジャーがクリンゴン人に気まぐれで撃墜されるシーンはなんなのだろう?記憶から消し去りたいのだが)

最後にスタトレ映画は字幕より吹き替えというのが定説ですが、これに関しては字幕版がおすすめ。吹き替えは、特に重要なサイボックの演技がすべってる上に台詞が意味不明になってるぞ。とりあえずこれがラジー賞3冠とかいう世評の低さにアタッマきたので10点喰らいやがれ。(後でボイジャーの件を思い出したので-1)
tubirdさん [DVD(字幕)] 9点(2017-07-19 23:53:23)(良:1票)
4.《ネタバレ》  この作品が公開されたとき、監督でもあったカーク艦長ことウィリアム・シャトナー氏は、「もともとTVシリーズは、シリアスものからコミカルなものまで様々なレパートリーがあった。だから、この映画は、アクションものにしたかった」という趣旨のことを述べていました。中盤は、そのコンセプトを実現していると思いましたが、【神】の正体へと近づいていく後半は、残念ながら息切れしてしまったような印象を受けました。
 また【神】と共に、ストーリーの要として取り上げられていたものに【悩み】がありましたが、これについても、4作目のラストで父子として敬愛しあったサレック(父)とスポック(息子)の関係について、出生時にさかのぼり蒸し返すような場面があり、私は首をかしげてしまったものでした。
 思いきって【神】や【悩み】を持ち出さずに純粋にアクション映画・ファン向けのアトラクション映画に徹したほうが、より伸び伸びと展開できたのではないか…と思われます。個人的には、1作目の序盤に流れていたクリンゴン戦艦のテーマ曲が、当作品ではアレンジされて全編にわたり活き活きと【活躍】していたことが、とても嬉しく感じましたが…。
 さて、採点ですが、【残念な面】を差し引いて8点とさせていただきます。一般的な評価からすると、かなり甘めだとは思いますが…。
せんべいさん [DVD(字幕)] 8点(2015-01-11 19:46:57)
3.なんだか良くわからん世界に入っていって、うやむやに結末。この緩さも含めて、スタートレックらしくはあったかな。
MARK25さん [DVD(字幕)] 5点(2007-01-13 22:44:59)
2.スタートレック映画の中で一番つまらないかも。スポックに腹違いの兄貴がいたんだーってくらい
鈴都丸子さん 3点(2004-05-06 14:44:15)
1.後半にいけばいくほどつまらなくなります。ウィリアム・シャトナーが「スッポクの主役を食うほどのカリスマ的な人気」をこころよく思っていなかったというのは事実らしいです。自らメガホンをとってカーク艦長の英雄的活躍を描こうとしたと思われます。というわけで、この鑑賞に耐えない駄作が生まれました。
USS_Barcelonaさん 3点(2003-12-13 20:39:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.57点
000.00%
100.00%
200.00%
3228.57%
400.00%
5228.57%
6114.29%
700.00%
8114.29%
9114.29%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 10.00点 Review2人
5 感泣評価 8.00点 Review2人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1989年 10回
最低作品賞 受賞 
最低監督賞ウィリアム・シャトナー受賞 
最低主演男優賞ウィリアム・シャトナー受賞 
最低助演男優賞デフォレスト・ケリー候補(ノミネート) 
最低脚本賞ウィリアム・シャトナー候補(ノミネート) 
最低脚本賞ハーブ・ベネット候補(ノミネート) 
最低脚本賞デヴィッド・ロッカリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS