利休のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > 利休
 > (レビュー・クチコミ)

利休

[リキュウ]
1989年【日】 上映時間:135分
平均点:6.47 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
ドラマ時代劇歴史もの伝記もの小説の映画化
新規登録(2003-12-25)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2018-09-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督勅使河原宏
助監督本木克英
演出観世栄夫(「明智討」指導)
キャスト三國連太郎(男優)千利休
山崎努(男優)豊臣秀吉
三田佳子(女優)りき
松本幸四郎(九代目)(男優)織田信長
中村吉右衛門(二代目)(男優)徳川家康
坂東八十助(五代目)(男優)石田三成
中村橋之助(三代目)(男優)細川忠興
田村亮(1946年生まれ)(男優)大納言秀長
岸田今日子(女優)北政所
北林谷栄(女優)大政所
山口小夜子(女優)茶々
丹野由之(男優)喜作
矢野宣(男優)鳴海
嵐圭史(男優)古田織部
観世栄夫(男優)鳥飼彌兵衛
今福将雄(男優)長次郎
織本順吉(男優)今井宗久
久保晶(男優)前田玄以
中村獅童(男優)和仁親王
勅使河原宏(男優)富田知信(ノンクレジット)
財津一郎(男優)古渓和尚
江波杏子(女優)ちか
井川比佐志(男優)山上宗二
森山潤久(男優)村上刑部
加島潤(男優)
原作野上彌生子「秀吉と利休」(中央公論社より)
脚本勅使河原宏
赤瀬川原平
音楽武満徹
撮影森田富士郎
製作山内静夫
博報堂
製作総指揮奥山融
企画勅使河原宏
藤井浩明(企画協力)
配給松竹
特殊メイク江川悦子
美術西岡善信
重田重盛
勅使河原宏(生花)
衣装ワダエミ(衣装デザイン)
松竹衣裳株式会社
編集谷口登司夫
宮島竜治(編集助手)
録音西崎英雄
藤丸和徳(録音助手)
照明中岡源権
その他IMAGICA(現像所)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 細部までこだわった、某局の大河ドラマといったとこか・・
話のクライマックスが見えづらく、ただ歴史通には面白い会話が続く。

山上宗二の打ち首がひとつのポイントである。
まぁ秀吉は利休にコンプレックスを抱いていて、かつ生き死にの局面を迎える侍たちには
利休のしたり顔が面白くなかったのも、分からないでもない。

利休の伝記といった感じの映画である。
利休がなぜ秀吉に許しをこわなかったか?そこに肉薄しているのは
熊井啓監督の映画「本覺坊遺文 千利休」である。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2019-10-26 18:48:12)★《更新》★
16.《ネタバレ》 原作通りだから仕方ないのだろうが、両者の確執の原因が朝鮮出兵の是非(史実ではないらしい)に絞り込まれているので、ミステリーもなく、歴史ドラマというか物語としてはあまり面白味はない。役者陣の演技は素晴らしいとは思うが、全体的に静かな雰囲気で説明不足だし、盛り上がりにも欠けるので少々退屈する。自分も歴史に詳しくはないのだが、前提知識がある程度ないと殆ど理解不可能に思える。先日、山崎の茶室や大徳寺や一条戻橋にも行ったのでそれなりの臨場感で見る事はできたが、切腹場所は聚楽第だったらしいので、この竹林切腹のラストも演出というか捏造なんだよね。秀吉・利休と言えば、北野天満宮大茶会だがそのシーンもないし、もうちょっと利休の生涯を追いかける形での多面的な利休像のようなモノを期待していたので残念。ただし、最近のチャライ大河ドラマと比べると重厚感があって、全然よいのだが。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-11 12:34:20)
15.《ネタバレ》 素晴らしい。全ての意匠に破綻がなくシーンシーン毎への心配りには感動しかない。音楽や演技は最低限で必然性しかない。特に秀吉の目尻に金を塗って狂いゆく天下人として見せ、幼児の秀頼の前では老を覆い隠すように白塗にした意匠は素晴らしい。黒澤明の『乱』が民衆の持つ「動」を用いたのに対して、本作は勅使河原宏のハイカルチャーを用いた「静」なる答えか。 偉大なる作品。
reitengoさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-02-06 22:40:49)
14.この映画の利休と秀吉もそうですが、本能寺の信長・光秀や関ヶ原の家康・光成等、結果は明白な日本史の重大事件の中でも当事者たちの本音は思いめぐらすしかないのでしょうね。利休と秀吉の描き方もデフォルメされているかもしれませんがあり得ることなのかなと思わせる映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-08-04 21:02:02)
13.《ネタバレ》 なんといっても、ワダエミが手がける衣装でしょう。人の内面とかキャラクターを、衣装によって表現する。本作もそのスタイルが貫徹されていて、美しい和服の数々を堪能することが出来ます。同時にまた、全体的なセットも良かったです。ただ、ワダさんの衣装というのは綺麗そのもので生活感がなく、外道キャラの豊臣秀吉も漫画的に感じるところもあり、全体としてリアリティの重みに乏しいなとも思う。勿論、その外道キャラの秀吉と感情を押し殺す利休の対比が面白ので、それ自体は悪くはないんだけれども。映像的には、定位置からの長回しショットなど、どことなく黒沢映画を意識しているようにも感じられ、三国連太郎と熱演にも特段の不満はありません。ただ利休のキャラクターが、ずっと我慢し続けて最後の最後に自我を貫いた一人の男というだけで、その生き方や考え方と、茶道の精神とがもっとリンクして伝わってくるような構成であれば良かったのになという気がします。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 6点(2012-10-09 19:10:57)
12.《ネタバレ》 残念ながらわたしには合いませんでした。黒澤明ばりの重厚な作品を期待していたのですが、ドラマチックといおうか音楽・音声を使ってオペラチックにストーリーを展開していく黒澤明監督とは対照的に全編を通じてバックグラウンド音楽はほとんどなく、音楽らしい音楽で耳に残っているのはエンドロールのバロック風シンセサイザーのものだけでした。一番気になったのは主人公利休のとぼけた無表情と前半の秀吉の品の無さでした。もともと茶の湯を題材とするのに大げさな音楽が合わないのはわかっていますし「よく噛みもしないうちにスルメをゴムと言うな!」というお叱りを受けるかもしれないことは重々承知しております。だったらそもそも茶の湯の心といもの自体が映画という舶来の(でなければ近代の)メディアには合わないということなのではないでしょうか?十分に咀嚼してこの作品は絶品のスルメだとわかった方のコメントを期待しています。
かわまりさん [DVD(邦画)] 5点(2012-04-27 05:15:24)
11.2011.9/13鑑賞。久し振りに私好みの作品。歴史的有名人利休も私は余り知らない。色々な逸話も組み込まれた作品らしく楽しめた。
なんとなく黒澤作品の構図、衣装、メーキャップが似ている感じがするが利休、秀吉の性格を旨く表現。また単純素朴と豪華絢爛の対比も衣装、小道具、背景などと共によく演出されている。切腹に到る経緯が豊臣滅亡の経緯と良く似ており面白い。

ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-09-23 12:11:10)
10.《ネタバレ》 意外に、美術とか衣装関係は妙に安っぽい感じがするし、俳優陣の演技も、台詞をそのまま読んでいる部分が多く、本領発揮には全然至っていない。また、茶人を主人公としながら、茶道がもたらす効果や機能を撮り切れておらず、普通の時代劇みたいに撮ってしまったのが敗因でしょう。なので、何で利休が政治面でも重宝されたのかというところについての説得力が出ません。最後、秀吉がちょっとカッとなったくらいでさしたる理由もなくあっという間に死罪まで行ってしまう容赦なさが、何とか作品を引き締めています。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-09-19 01:54:22)
9.調度品、セットがすばらしかった。利休も秀吉も名演技でした。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 7点(2011-09-15 20:46:49)
8.三國連太郎、山崎努をはじめ、脇も媚びたようなところが無く、実力派キャストで丁寧に作られた映画という印象。しかし地味というか、盛り上がりを欠いた面もあると思う。三船版「千利休 本覺坊遺文」も併せて放送してくれると嬉しかったのだが…。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-09-12 22:00:19)
7.日本的って言葉がよく表現されているし、役者に関しても文句なしの二人、三國連太郎の利休と山崎努の秀吉、この二人の親しみから憎しみへと変わって行く様がきちんと描かれている。そういう意味では非常に良く出来てはいるものの、この二人を取り巻く他の者との駆け引き、ドラマ的、いや、映画的と言った方が良いかもしれない興奮という意味で観ると物足りなさが残る。全体的にまとまっていて、よく出来ているが、何かあと一押し、二押し的な要素に欠ける為につまないとは思わなかったが、特別凄いとも思えず、それなりに楽しめはしたものの物足りない。この同じ監督の映画なら私は「砂の女」の方が好きなのと、凄み、強烈さにおいても上であると思う。
青観さん [ビデオ(邦画)] 6点(2009-05-17 16:14:55)
6.《ネタバレ》 尺が長すぎることと、ラストで利休が自刃するまでの演出が大げさ過ぎること、この2つがひっかかって、どうも満足がいかなかった。
ただし、終盤での三國連太郎と山崎努とのガチンコシーンはしびれるほどの緊迫感があった。
ワダエミの衣装は相変わらず、わざとらしい。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 5点(2009-01-21 23:42:09)
5.《ネタバレ》 勅使河原宏監督の「利休」です。さすがに活花が違います。ワダエミさんによる衣装は日本の美しさを凝集したような素晴らしさと斬新さで、ハリウッドが認める世界の衣装芸術家だと思いました。山崎努の下卑た秀吉は「さすが!役者」と思わせる芸達者ぶりでした。三国連太郎の利休は、小生の利休像にかなり近いものと感じていました。この二人の白熱した演技は当然のことながら、家康(中村吉右衛門)と利休との二人のみの茶会での緊迫感は稀にみる名優同士の対決とも感じられました。ただ、分けの判らない雑魚どものちゃらちゃらしたシーンが幾つか挿入されていたために、緊張感が一気にダラケタものに成り下がり、マイナス点となりました。
亜酒藍さん [ビデオ(邦画)] 8点(2007-09-28 17:29:53)
4.《ネタバレ》 1にリアル。2に美しい。勅使河原って、何かの家元?「美」である。
秀吉が顔を赤く塗って、金粉まではたいていたのは本当の話らしい。ものすごい顔だ。
救いのない話であるなあ。しかし、「偏屈」を「美」として撮ろうという発想はよい。
日本人が、宗教以外の信念で殉死するのは利休が最初かなあ。「わび」は宗教とはいえないように思う。死んでも曲げない。普通に考えたら「偏屈」。芸術家なら「自己の信念に殉じた」。
山口小夜子が怖すぎる。
パブロン中毒さん [ビデオ(吹替)] 9点(2005-11-09 22:09:32)
3.三船利休と続けて鑑賞。華やかさではこっち、厳かではあっちって感じかな。個人的好みではこっちのが好きだけど、まあ同じ点数で。「美は、ゆるがない」とか書かれてるとなんかかっこいいなぁと思う。山崎努の秀吉がとてもおもしろくていい。
バカ王子さん 6点(2004-06-18 23:42:36)
2.地味な作品ではあるが、見所はあると思う。とりあえず役者は粒揃い。この面子で大河ドラマにしてもらいたいくらいで、三國連太郎と山崎努のやり取りは迫力がある。映像も美しい。まあ、残念ながら物語としては盛り上がりに欠けるので、歴史物が好きなら損は無いという程度でお薦めします。
もとやさん 6点(2004-03-10 13:24:40)
1.草月流の家元で陶芸家でもある勅使河原監督の自らの美を追求したのであろう映像。侘び寂びの利休の究極的なシンプルな世界と「豪姫」にも出て来る古田織部の斬新で型にはまらない世界と対比するといいかも。あと同時期公開された「本覚坊遺文 千利休」との対比をすると利休の実像が見えてくるかも。
亜流派 十五郎さん 6点(2004-01-15 21:55:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 6.47点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5317.65%
6847.06%
7211.76%
8317.65%
915.88%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS